リザレクション

カテゴリぷよキュー 1/33

まだ何も伝えてない

「「「ハッピバースデー、シグ!!」」」パァン(クラッカーが弾ける音)シグ「え、なに」アミティ「というわけで誕生日おめでとうシグ!」アルル「おめでとう!」りんご「コングラッチュレーション・・・!おめでとう・・・!誕生日おめでとう・・・!」パチ・・・パチ・・・シグ「え、きょうたんじょうびだっけ」アミティ「そりゃそうだよ。シグの誕生日が6月16日なのはエジソンが偉い人ってくらい有名なことだよ?」アルル「とこ...

  •  -
  •  0

なぜ山/

アミティ「どうも皆さんおはこんばんちわ!久しぶりのぷよキューだよ!」アルル「誰も待ってないと思うけどね」りんご「これを見る時間で来週の小テストの勉強とかした方がいいですよ」アミティ「なぜキミたちはそんなにネガティブなの?」...

  •  -
  •  0

時々 消える命

アミティ「いや~、楽しかったね!大自然クイズ」アルル「あ、それまだ引っ張るんだ。話もカテゴリも変わったのに……(汗)」りんご「まぁ、いい企画でしたね。次こそは優勝狙いMATH!」ラフィーナ「み、皆さんなんの話をしてらっしゃるんですの?;」アルル「『マニア10』!って叫ぶのが楽しいだけの企画の話だよ」クルーク「え、なになに?クイズ大会でもやってたのかい?ボクも呼んでくれよ!;一応成績最優秀者だぞ!」アミテ...

  •  -
  •  0

思い出して何泣いてんだ今

ユウ「では第73問!ゲーム『ぷよぷよフィーバー』で、アルルとアミティが初めて出会った場所はどこ!?」アミティ「つけもっ!」ピポーンユウ「アミさん早かった!さあ解答は!?」アミティ「ラクティ街道!!」ユウ「あ~惜しいッ!;確かにフィバ2ではラクティ街道のイメージが強いですが初代は違うッ!」アミティ「Σえ、マジ!?;素で間違えちゃったよ!」アルル「オラァ!!」ピポーンユウ「Σ掛け声が汚いよ!;さぁアルルさん、...

  •  -
  •  0

素晴らしき日々の途中

アミティ「やっほーみんな!あたしアミティ!赤ぷよ帽がトレードマークの女のコ!夢はステキな魔導師!」アルル「そしてボクはアルル!カーくんといっしょに異世界から来た魔導師のタマゴ!」りんご「でも本当は?」アミティ「あたしアミティ!前世は女神だけどパラレルワールドに力を分かち合ったため本来の力は出せない!」アルル「そしてボクはアルル!創造主に唯一太刀打ちできるすべての因果律を超えた輪廻外超生命体!」シグ...

  •  -
  •  0

俺の彼女はそこそこ美人

アミティ「みんな~~~~~~~!!」アルル「       ____         / ̄ ̄ ̄\        /___ \      /  ___ ヽ     /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ みんな~    /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)    |  i          ヽ、_ヽl |        |   └二二⊃         l ∪  |          |      |   ,、___,    ノ...

  •  -
  •  0

此処に居てはいけないよ

アミティ「一日を変え、一生を変えるカクテルを!」アルル「アミティがおかしい」りんご「いつものことじゃないですか」アミティ「それ、もう『いつものことじゃないですか』まで含めてテンプレになっちゃってるよね」アルル「で、どうしたの?いきなりカクテルなんて言いだして。とうとう未成年飲酒に走っちゃった?」アミティ「いや、バーテンダーっていいな~って思って」りんご「コタツの中でポポイと腹話術しながら家賃の請求...

  •  -
  •  0

愚かな二人でいよう

アミティ「はいはいやってくよまだまだ今日はもう!摩耗!すり減って残るすっぱいぶどう!」アルル「あえて今までツッコまなかったけど、何で今日こんなにやってんの?;歴代で一番更新してない?」りんご「リストラにでもあったんじゃないですか?バッターを操っている人が」アミティ「そんなことないからね」レイ「……(プレート:今回はハガキ消化じゃなくてハガキの整理)」シグ「はがきのせいり?」りんご「ハガキの生理?」ア...

  •  -
  •  0

BAZAAR

アミティ「茶番は不要。ただ”終わらせる”のみ。『らぶ』さんから!今回はぷよキューのお休みとして「ショッピング」にいって、思いっきりせを伸ばしてきてください。お金は一人五万円差し上げます。メンバーは、お休みなので行きたい方でかまいません。 ……とのこと!」アルル「な、なんだ…!?この優しさに満ち溢れた投稿は!?」りんご「胸から湧いてくる……この温かさ……感謝の気持ちは……!?」シグ「投稿が………投稿がただ…そこに在...

  •  -
  •  0

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか

アミティ「考えたんだよ」アルル「あれ、デジャヴ?」アミティ「ふつおたがないなら、『被り投稿』を墓地に送り続ければいいということに!」りんご「いよいよ卑劣の極地みたいな場所まで到達しましたねあなたも」アミティ「いや~、実際300回もやってるのに100枚も来てたら投稿内容死ぬほど被ってるはずなんだよね。     今回はそれをデストロイデストロイデストロイ!していきたいと思います!」シェゾ「『デストロイする代...

  •  -
  •  0