ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「うう、あいたたたた……」

クルーク「どうしたんだい?とどめ刺してあげようか?

アルル「キミより痛い人間なんているの?

ラフィーナ「とうとう自分が犯してきた数々の罪に気づきましたか?

りんご「少しは心配してあげましょうよ…;

シグ「どうしたのアミティ」

アミティ「うう、それが……飲むヨーグルト飲んだらお腹が…

シグ「あれ牛乳って書いてあった気がする」

アルル「はい解決

アミティ「だ、誰か……腹痛に効く薬持ってない?」

まぐろ「バファリンならあるけど★

シェゾ「いったいバファリンの何がお前らを駆り立てるんだよ

アミティ「はいはい、今日は『アスカ』さんからです!」

アルル「13日放置安定

りんご「えーと、

皆さんの苦手なものや
怖いものに立ち向かっていってください!

誰がどうなっても責任は取りません!

……その心意気よし!その調子でどんどん無茶振りを投下するがいいです!


アミティ「もうやめて!;あたしのライフはゼロよ!(汗)

シェゾ「そういえば、アルルに苦手なものってあったのか?」

アルル「シェゾ、ボクの瞳を見て。そこに答えが映しだされるから

シェゾ「……悪かったよ…;

アミティ「キノコいやだキノコいやだキノコいやだ

まぐろ「そんなにキノコが嫌いじゃおちおちマリオワールドもできやしないね★」

ラフィーナ「わ、私に苦手なものなどなくてよ!」

りんご「あっ、ラフィーナの後ろにバルが

ラフィーナ「あーわああああああん!!ぶわわわわっ!!うえっ!おえっ!」ブンッブンッ

りんご「こいつはひどい」

まぐろ「じゃ、順番にやろうか★」


~~~



アルル「はいアミティ、キノコのフルコースだよ」

アミティ「さやかはボクをいじめているのかい?

りんご「キノコも、毒も、あるんだよ

アミティ「えええええっ!?;毒キノコあるの!?;ムリ!生命的にムリ!(汗)

アルル「早くしろ!いいかアミティ、キリキザンに逃げるのがクレセリアで、
    逃げないのがよく訓練されたクレセリアだよ


アミティ「ならあたしはただのクレセリアでいいよ!;

レイ「…(プレート:早く食え)」

アミティ「れ、レイくんまで……!?;くっ、いいよいいよ!やってやるです!


パクッ


りんご「あっ、意外に潔い!

アミティ「た、食べた!グルグルキノコを食べちゃったよぉ!

ラフィーナ「な、なんて懐かしい……(汗)

アミティ「ま、まずー……;まずい!このキノコを栽培したのは誰だァァァァッ!!」がばっ

アルル「謝れ!原料であるキノコ農家とアスカさんとボクに真心込めて謝れ!!

アミティ「ごめんなさいお百姓様、悪いのはキノコじゃないんです、悪いのはこいつなんです」

アルル「ぼ…ボクが悪いっていうのか…!?;ボクは悪くねえぞ…!

りんご「はいはいそこまでー!;頼むからボケにボケを重ねないでください!

「「キミが言うか!!(汗)」」




アミティ「さて、次はアルルだけど」

アルル「やだなー、ボクに苦手なものなんてないよ?」

りんご「思い出せ、安藤りんご……!
インスピレーションが刺激されるような脳内をフル回転させるんだ!
アルル・ナジャは今まで何に対して拒否をとっていた!?
何を苦手としていたっ!?
」ドドドドド

アミティ「すごい、本気だ…!;

まぐろ「そこまで血眼にならなくとも★

りんご「…出ましたっ!!パターン青!エコロです!

アルル「うっ!!(汗)

アミティ「そ、そうかっ!アルルが常に嫌がっていたもの!それはエコロ!

エコロ「呼んだ?」シュタッ

りんご「えころん丁度いいところに!アルルにバタフリーもびっくりの熱烈アピールをしてください!

エコロ「えっ、アルルちゃんもらえるの?」

りんご「さぁアルル!がっつりやってしまえ…ってあれ?」


探さないでください アルル


りんご「逃げたかっ!!(汗)

レイ「(プレート:いってくる)」

アミティ「あれ、なんかデジャブが…まあいいか」


アルル「きゅー……」

レイ「(プレート:しかしまわりこまれてしまった!)」

ラフィーナ「さすがレイさんできるスタッフ」

アミティ「なんかアルルが非常に弱ってるけど何かした?

レイ「(プレート:ちょっと魔法薬を……いや、なんでもない)」

りんご「その話後でじっくり詳しく教えてもらいましょうか

エコロ「と、いうわけでアルルちゃーん♪ボクと一緒に遊ぼうよー!」

りんご「デートなんかいいんじゃないでしょうか、デートなんか

アミティ「待って、色々待って!;それやったら数人からクレームが来る可能性がある!

アルル「エ、エコロだけは勘弁してよ……;あいつ本当もうやだ…」

りんご「…時にえころん、貴方アルルに何やったんですか?(汗)

エコロ「え、何って普通に乗っ取っただけだけど」

りんご「……ふむ、予定変更!

まぐろ「どうしたの、りんごちゃん★

りんご「いいこと思いついた。お前オレの身体の中に入れ

エコロ「え、ええっ!?身体の中に…ですかァ!?

アルル「や、やめときなよりんご!;アレは一生モノのトラウマになるよ!」

りんご「女は度胸!なんでもやってみるもんさ!きっとやな感じだぜ!

アルル「わかってるならやめときなよって!;軽い気持ちじゃ済まされないよ!

エコロ「では、遠慮なくー♪」

アルル「くっ…エコロに取り憑かれると
ホラー映画を延々と見せられるよっ!!


りんご「FOFキャンセルッ!!;」ズジャジャァッ

エコロ「あ、あれれー?;」

アルル「ふ、ふぅ……危なかった……」

エコロ「むー、釣れないなー」

りんご「…ところでアルル、あそこまでして止めるって……どんなことされたんですか?;

アルル「だから、聞かないでよ……;また思い出しちゃう」

りんご「まあまあ、そんなつれないこと言わずに。優しく言っているうちに

アルル「なんでいきなり悪徳業者口調なの?;

りんご「まあ、ヒントだけでも教えて下さいよー」

アルル「わかりやすくいえばバルギルド・ザケルガ

りんご「今後エコロとはかかわらないようにしよう、絶対に



りんご「さて、次は私ですね」

アミティ「次はっていうか、ずっとキミのターンだった気がしなくもない

アルル「りんごが苦手なものははっきりしてるからいいよねー」

ユウ「およっとぉっ!?これはひっさしぶりにあったしの出番かにゃー?」ふわふわー

りんご「ひ、ひぃっ!;来るな化物!

ユウ「ば、化物……」ずーん

シェゾ「お、おいおい!;幽霊が落ち込んでどうするんだよ!;

レイ「(プレート:ユウちゃんの仇)」ふわふわー

クルーク「ああ、そういえばこいつシスコンだっけ

りんご「み、みぎゃぁぁああっ!;来るなっ!来るなーーーーッ!!!」ドドドドドッ

レイ「ちょ、それデザートイーグ

りんご「うわぁぁぁぁぁあああああっっ!!」ドドドドドッ

レイ「M870はまず

りんご「ぐぬおぉああああああああっ!!!」どどどどどっ

レイ「88式地対

りんご「失せろぉぉぉぉおおおおおっ!!」ガッドッドドッドガッガチャンッゴッゴッッ

レイ「わかった!わかった!失せる!失せるからもうやめて!;

アミティ「れ、レイくんまさかの降参……だと……

ユウ「れ、レイくんの仇ー!」ふわふわー

ラフィーナ「なんという負の永久機関

りんご「…………」

アミティ「し、しまった!;とうとうりんご壊れちゃった!?

りんご「ありがとう、最後の一押しをしてくれて……

アミティ「どういうことだと聞いているっ!!」

りんご「克服したのよ!過去のいまわしき記憶を!自分の中の弱さを!恐怖を!

まぐろ「ブルー姉さん★」

りんご「私は非科学的生物霊物無機物が苦手なだけであり
    今たしかにここに存在する生物には興味ありません!


りんご「非科学的なものというのはそこに存在しないから非科学的なのであり
    こんなおちゃらけた幽霊はもはや幽霊として失格!!


「「失格!?(汗)」」

りんご「幽霊というのは……!!もっと誰にも邪魔されず!自由で!なんというか、
    救われてなきゃダメなんです!独りで!静かで!豊かで……!


アミティ「キミは幽霊が嫌いなの?;それとも好きなの?;

りんご「苦手です

アミティ「なんなんだよ!;




アルル「さー、次はダブルでいくよー!

ラフィーナ「?誰と誰をダブル、ですの?」

レイ「…(プレート:?)」

アミティ「キミたちのことだよ鈍感

アルル「というわけでバルさん、よろしくお願いします」

りんご「バルサン!?;ゴキブリ出現!?;Gが現れた、コマンド!?

シグ「ニアつかまえる

りんご「惜しい!後ちょっとの所だったのに!

シェゾ「なんだこいつら

バルトアンデルス「ハフハフハフ」

「「ひっ!!;」」

バルトアンデルス「「わふわふ」」

「「おすわりっ!!;」」

バルトアンデルス「「ばう!」」スワリ

「「さらばだっ!!」」

バルトアンデルス「!わんわんわんわん!!」ダダダダッ

「「うわ超追ってきてる!!;」」

バルドラール「わふわふはふはふはふ!!」ダダダダッ

「「来るな!;来るなーーーーっ!!」」ダダダダッ


アミティ「やあやあ、楽しそうに仲良く追いかけっこかー

りんご「犬は己を恐怖する人を好むとか何とか…

アルル「へえ、勉強になるね」


~~~



アミティ「さて、次はシグだけど」

アルル「シグ、おば

シグ「ぶわわわわっ!!ダアァァアアアァアアァァァアアア!!!!;
ああん!!ごえっ!ばひゃああああああああ!!!
ブルワアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!
あばばばばばばばばばばばーーん!! いぁーーーーーん!!!
」ジタバタ

りんご「私の百倍は重症ですね」

アミティ「うーん、シグは無理そうだねー………;」

アルル「じゃ、そろそろシーユー★ネクストタイム!!」


クルーク「あ、あれ?;誰か忘れているような………」









終われ


コメント 2件

コメントはまだありません
ハルカ  

おいいいっっすぅ!!
闇夜様での怒りもなくなり、普通に…な~りま~した~!(ユウちゃん風に)ピース☆
突っ込みどころ発見!!
1、デジャヴin闇夜さん…
2、ブ…ブログの名前を見た瞬間、闇夜さんのブログ名を思いだしたのは…偶然…ですよねぇ?(汗)
本日の小ネタ!
『シェゾ』とググってでたシェゾの説明。関連タグに『残念なイケメン』とあったことでっす!
そうそう!ツ○ヤに行くと、予約はまだ!なうえに商品の情報までまだでした!!来月ぐらいかなあ…。しみじみ
ちなみに裏ハルカよりさらに口が悪くなることがキレることにより、おこります。でもリアルでは、その『さらに口が悪い 裏ハルカ』ぐらいの毒舌だったりします!まあ、簡単に言うとツンデレのツンがどんどん増えてく感じでっす!!でぇはぁ!
see you again!!!

2011/09/23 (Fri) 19:11 | 編集 | 返信 |   
レイ  

コメントありがとうございます!

3:誰だバルドラールって
や、やややや闇夜さんなんててててししししりりませんんん
雛壌さんをバ…呼ばわりとは……大したやつだ
残念なイケメンはぷよキャラ全員に当てはまるようなんでもないです

では!

2011/09/23 (Fri) 19:24 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ