ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「邪念があった……」

アルル「は?

アミティ「邪念が…ありましたんや……」

アルル「アミティがおかしい

りんご「アミティがおかしいのはいつものことじゃないですか?

アルル「それもそうだね

アミティ「ここ最近、なーんかだらけてない?」

ラフィーナ「…まあ、確かに一理ないこともないですわね」

りんご「そうですか?;結構毎日命の危険とリアルファイトしてる気がしますが

アミティ「なんというかさー、中途半端というか……突き進んでないというか…リミッターというか

りんご「で、今度はなんのアニメに影響されたんですか?

アミティ「鷹の爪団

りんご「ちょっと何言ってるかわかりませんね

アミティ「さあ!今日はなんと初投稿!『シーラビット』さんからのご投稿です!」

アルル「か、かっこいい!

りんご「名前かっけえええええええ!!

ラフィーナ「そ、そう?;」

アミティ「えーと、

初めまして。2ヶ月前から、楽しく読ませていただいています。
さて本題ですが、フィーバー以降の皆さんでぷよ通の敵(サタンさんとかはのぞ
く)
とふれあってみてください。
お願いいたします。


…そういえば、アルルの世界ってどんな感じなの?」

アルル「えっとねー、内蔵を自分で踏んじゃったりする人とか、
    目に見えないレベルのノミとか、鼻輪をつけて恍惚とする牛とか、
    後は目玉を落としちゃうような


アミティ「オーケーこの葉書はなかったことにしよう」ビリビリッ

りんご「やめろアミっちゃん!;またテープで貼り直さなければっ!

アミティ「えっ、そんな地味なことやってたの?(汗)

りんご「そうそう、それはもうレイくんとユウちゃんがその白魚のような指に傷をつけながら…

アミティ「えっ……ご、ごめん!レイくん!ユウちゃん!」

りんご「嘘ですけどね

アミティ「あたしはいつでも後ろから狙える位置にいるってこと忘れないでね

りんご「怖っ!;今とんでもなく怖いセリフを吐かれた!;やめてください訴えますよ!

アルル「ま、何はともあれボクの世界にレッツゴー!」

アミティ「ストォォップアルルッ!;『ボクの世界=地獄』が発覚した今そんな所には

りんご「ゾンビ!?アンデッド!?そして牛!?半牛!?ミノタウロスですか!?ああ!調べたい!解割したい!骨の奥まで実験しつくしたいっ!諸君!私は実験が好きだ!諸君、私は非科学的生物が大好きだ!異世界で、現実で、霊界で、天界で、屋上で、部室で

アミティ「ダメだっ!;じゃあ、シグ

シグ「ムシもいるよね珍しいムシだらけこれは虫かごが潤う胸熱もしかしたら全く見たことのないムシもいるかも絶対捕まえるみよこのモンスターボールの網でねったツクシも愛用のキャプチャーネット&世界樹発光時のみ使えると言う超鈴音も愛用の

アミティ「――失敗っ!!;ラフィーナ!

ラフィーナ「ちょ、ちょっと待って!;
      そんな異世界、何の準備もなしに行ったら危険じゃありませんの!?


アミティ「ラフィーナァァァァァァっ!!

ラフィーナ「きゃっ!?;ちょ、ちょっとアミティさん!?;いきなり抱きついて来ないでっ!

アミティ「やっぱりラフィーナはハートフレンドだよ!

りんご「キマシタワー!?」

アルル「来てない来てない





アルル「はい到着っと」

アミティ「おせーよ

アルル「えっ?;

りんご「よーっし!ここがハイラル城か!!

ラフィーナ「き、緊張しますわ……」

アルル「えーと、何から話したもんかなー」

インキュバス「ヘイ、ハニー!おおっ、今日は大勢だね…!ボクと向こうでお茶でもいかが?

りんご「ウホッ!いい男…

インキュバス「えっ?;」

りんご「ちょいとそこのヴァンパイアさん、あっちで解剖でもいかが?

インキュバス「さらばだっ!!」ダッ

りんご「ああっ!;逃げるな!大丈夫です!うちはローンもオーケーですからねー!

インキュバス「∑なんでいきなり関係者口調!?;この子はダメだっ!;さらばハニー!

りんご「ちくしょうめ、シャイだなー」

アルル「いや…シャイとかではなく……;

アミティ「いや、でも思ったより人間の形を保ってうわぁアアアアアアアアア!!」ドッスーン

アルル「あっ、落とし穴…ということは」

パノッティ「やーい!引っかかった引っかかったー!

アミティ「くっ、いったい何なんだ!」

パノッティ「一体何なんだ!と聞かれたら!……って違う!;アイツらと間違えるな!;

アミティ「あれ、ロケット団じゃないの?;

パノッティ「えーい!ボクの歌を聞けえええええっ!!」ピーヒャラ

りんご「なんなんですか、このいたずら大好きな色違いリンクは!

パノッティ「い、色違いリンク……」ずーん

りんご「あれ?;意外とメンタルが弱い」

アルル「というかプリンプ民の耐久力がおかしいだけだよ

パノッティ「も…ももっ、もー怒ったぞー!男は全員固まれー!

クルーク「うわぁっ!;男組の存在感を覆すような大ピンチ!」カキーン

シグ「フリーズ、ブルースクリーン、レイジングハート、モードリリース」カキーン

アミティ「なぜ男だけ!?」

パノッティ「そして女の子にはえっちな踊りをさせるっ!」ピーヒャラ

アルル「待った!;それ別世界のモンスターの……うわぁっ!;

アミティ「…あたし脱いじゃおっかなー

パノッティ「ヒューヒュー!あっぱれ!

りんご「えっ、何この状況?;」




自主規制




パノッティ「」

アミティ「よーし、こんな所かな!」パンパンッ

アルル「半殺しか、生ぬるいね…

りんご「不義には罰を、駄犬に鞭を

ラフィーナ「な、なんですの…あの使いようでとんでもないことができそうな魔法は…」ドキトキ

アルル「あー、ここらへんは足元注意ねー。たまにぞう大魔王がボコっと来るから

りんご「えっ、ぞう?;なんですかそれ、エレファントまでいたんですかここ」

アミティ「ああ、そういえばりんごが来たのはぞう大魔王が帰った後だっけ

りんご「えっ、そんな奴いたんですか!?;くぅぅぅっ、もっと早くプリンプに来るんだった!

クルーク「それはそれで色々ややこしいことに……(汗)

「お注射でござる!」


ブスッ


「アガァァァァアァァッァァッァッ!?!?;;;」




クルーク「しししっしいっし神経が!;脳髄が!;頭が!頭蓋骨がァァっ!?」ジタバタ

アミティ「危ないなー、いきなり道端でのたうち回らないでよ」

クルーク「おかしいでしょ!;今甲高い掛け声と共にボクの頭に
     人生アウチランキングベスト3に入るレベルの痛みが走ったよ!?;


アルル「『薄い存在感を覆す』あたりから妙なテンションだね

りんご「もうどうでもよくなってるんでしょうね

クルーク「心配してよ!;そして抜いてよ!この凶器を!

アルル「仕方ないなー、えいやっ!!」ズボッ

クルーク「アパガァァァッァィッ!!!;」ジタバタ

シグ「またのたうちまわり出した

りんご「何がしたいんでしょうね、このメガネは

ラフィーナ「まったく…これだからクルークは…大丈夫ですの?」スッ

クルーク「いえ、正直言うと口の中が血の味で充満して非常に痛いです

ラフィーナ「高畑先生………


ふふふ「ふふふ、買うのな?」

アルル「ううう、買わない

ふふふ「ふふふ、何を売るのな?」

アルル「ううう、何も売らない

ふふふ「じゃあ、何しにきたのな?」

アルル「ふふふ、何をしにきたんでしょォォォオオオオオオオ!!!」ガバァッ

アミティ「な…何やってるの…?;

アルル「平穏な日々ですよ

りんご「それで納得する生物がいると思ってるんですか


さそりまん「あっ、アルルはん!相変わらず儲かっとるようで!」

アルル「あっ、久しぶりー!20年ぶりくらい?

さそりまん「そ、そこまで久しぶりでもないんですけど…

アルル「みんな、あちらを御覧ください。さそりまんです」

りんご「へ?;これただの人間がサソリっぽい着ぐるみ被っただけじゃないんですか?

さそりまん「わては怒りましたで真っ赤なあんさんんんんんんんっ!!!

りんご「カカロットォォォォォォォ!!




セリリ「そ、そんな大勢で来るなんて……やっぱり私を大勢でいじめに来たのね?

アルル「豆知識だけど、セリリって最初は鱗魚人っていう種族名だったんだ

セリリ「こ、これはもしかして…集団リンチ!?

りんご「え?おきらくリンチがどうしたって?

セリリ「こ、来ないでっ!来たら泣くわよ!?;

りんご「この場合、ペリドットネタと泣いても助けは来ないぜネタの
    どっちを選出すればいいんでしょうか


アルル「この子のメンタル的に前者で」

りんご「あ~あ、メソメソメソメソ……うざいっての!あたし、そういうの大っ嫌いなんだよ!!

セリリ「っ!?;」ビクッ

りんご「あんたねぇ……あたしが言うのもなんだけどさ。
泣いたって状況は変わらないんだよ。
女だからこそ涙をこらえて強く生きなきゃダメなんだ!ほら、涙をふいてしゃんとしな!


セリリ「ご、ごめんなさいごめんなさい生まれてきてごめんなさい
泣いてごめんなさいセロリみたいな名前でごめんなさい
」ガクガクブルブルガタブルガクガタ

りんご「おいこら状況悪化しましたよ

アルル「平穏な日々ですよ



スキュラ「ー♪」

アミティ「あっ、銀髪の女の子が温泉に入ってるー!

りんご「いいなずるいな卑怯だな!ちょっとそこのモブっぽい人!入れてください!

スキュラ「いいわよー、ゆっくり入ろうねー」

りんご「ひゃっほうっ!こんなところに秘湯があっただなんて!」ジャッパーン

クルーク「ちょっ!?;」

アミティ「忍法目つぶしっ!」グチャ

クルーク「オルァァァァァァァァ!?;今聞こえてきてはいけない音がァァっ!!;

アミティ「いやー、温泉っていいよねー」

スキュラ「心が洗われるー……♪」

クルーク「ボクは出血で現れるようだけどね

シグ「はいるー」

ラフィーナ「待ったシグ!;何いきなり脱ごうとしてますの!?;

シグ「え、だっておふろだし」

ラフィーナ「シャラップ。デリカシー、この言葉の意味がわかるかな?ハヤテ君。

シグ「すみませんなさい

ラフィーナ「じゃあ私も入りますわ……シグ、ちょっとあっちいってなさい

シグ「なんで?」

ラフィーナ「デリカシー。この言葉の意味を身体で教えてあげましょうか?

シグ「ごめんなさいでした」スタスタ

アルル「さすがラフィーナ、シグ相手でも容赦無い」





↓ここにいる

.





アミティ「???こ、ここにいる?」

りんご「ベイビーボーイ♪私はこーこーにいーるーよー♪

アルル「ああ、これは気にしないでー。向こう行こうか」

りんご「この矢印、どういう仕組みなんですか?;魔法で映像を見せている?いや、それとも

ラフィーナ「そ、そんな変なところに食いつかなくとも…;







アルル「んーと、だいたいこんなところかな?みんな、そろそろ帰るよ」

アミティ「おー!」

りんご「…ところで、ハニービーって確かぷよS

アルル「シーユーネクストタイム!」
















コメント 4件

コメントはまだありません
ハルカ  

カカロットォォォォッ!!
↑に吹きました!
と、そうそう今までキノ?とエルメス?てのが出てきてましたよね?ボク、それが誰かわからなかったんですけど、今日わかりました!図書室に本があったんですよ!なんとなく嬉しくなりましたっ!ハニービー…すごいなぁ、相変わらず…。でっはっ!
RPG楽しみにしてますね♪
see you again!

2011/09/26 (Mon) 16:24 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

カカロットォォォォォォォ!!(
キノの旅は神作品ですよー。図書室にありましたか。
ハニービーは鬼畜。
RPGは明日には仕上げるつもりです!

ではー!

2011/09/26 (Mon) 17:35 | 編集 | 返信 |   
シーラビット  

おお!ありがとうございます。
これからも、何か思いついたら投稿していきますので
お願いいたします。
しかし、スゴロクネタが入るとはw

2011/09/26 (Mon) 18:41 | 編集 | 返信 |   
レイ  

コメントありがとうございます!

ありがとうございます、これからもいつでも気軽にご投稿ください。
そして紹介が遅れて申し訳ありませんでした……。二週間以上前に投稿もらったのに。

では!

2011/09/26 (Mon) 22:12 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ