ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「パトラッシュ……ボクもう疲れたよ……

アルル「動けっ!動けよぉ!

りんご「今の会話は結構高度でしたね

アミティ「ミルキィ再放送してたんだ、気づかなかったよ」

アルル「まどかほどとはいかなくても、あれは結構すごかったねー

りんご「まさかのダークホースでしたね、最後には独走状態!

ラフィーナ「おい、ぷよぷよしろよ

アミティ「そうだね、なんか最近ぷよぷよの話をした覚えがない

シェゾ「某所もそんな感じだし問題ないんじゃないか?」

ルナ「細かいことは気にしない!」

シグ「そーそー、こまけぇこたぁいいんだよ」

ルナ「うんうん。全くだよ」


「「「殺せぇっ!!」」」


ルナ「待った!;せめて話を!話を聞いて!;あっ、ちょっと誰だ今バケツ投げつけたの!

レイ「(プレート:わたしです)」

ルナ「なぁんだ、お前か

クルーク「帰れ

ルナ「はい」とぼとぼ

アミティ「な、なんだったの?;

アルル「さぁ……?(汗)」
アミティ「えーと、今日は『らんらん』さんからの投稿です!」

アルル「懐かしい名前すぎて涙出てきた

りんご「初期を思い出しますねー………

シェゾ「なんでも進めば進むほどつまらなくなっていくもんなんだよ……

シグ「自己規制が激しくなってくるよね……

アルル「はいはいそんな裏事情はどうでもいいからアミティそろそろいつものよろしく!」

アミティ「はいどうぞ、前から頼まれてたお医者さんセット

アルル「ああわかった、キミボクを羞恥で殺す気なんだ

シェゾ「あ、アルル……お医者さんセットって……」ゾワッ

アルル「∑うええええええんりんごぉぉぉ!!;シェゾに引かれた!よりによってシェゾに!

りんご「よしよし、辛かったですねー。
    あなたの電話番号をケータイから消してからゆっくり話を聞いてあげますからねー」

アルル「∑待った!;今さりげなくボクとの友情を断ち切ろうとしなかった!?

ラフィーナ「待ってりんごさん、消してしまっては着信拒否ができませんわよ?

アルル「∑消してくれたほうがマシだよ!!;ラフィーナまで引かないでよ!笑顔やめろ!;

アミティ「まあ、それは半分冗談として。読みあげるよー!

はいらんらんでーす!
質問!!?????!!

アコール先生よりも強い人はいますか?ラスボスでもおkです!

ラスボスいじめとルナとフェーリが好きならんらんでしたー♪


……だってさ。アコール先生より強い人かぁ……」

アルル「一応結構前に、りんごがアコール先生を負かしたという記録があるね

りんご「あれはほとんど脅しですしね、
    詳しく知りたい人はこのブログのぷよキューと小話を全部読みつくせ」

シェゾ「鬼や」

シグ「うーん、あやクルとか?」

アミティ「あっ、そういえば今まであやクルとアコール先生が直接戦ったことなかったね!」

アルル「ねえラフィーナ、さっきから珍しくケータイいじって何やってるの?

ラフィーナ「いえ、ちょっとヨシュアのマネを」

アルル「ひどい言い逃れ方法だ!(汗)」

アミティ「よーし、じゃあ早速あやクルとアコール先生を戦わせよう!」

アルル「戦わせる × 殺し合わせる ○


~~~


アミティ「あやクル、思えばキミは今まで
     どんなことでもさらりと交わすフラグ回避スキルがあったね


あやクル(魂)「断る

アミティ「キミは古代の魔物ということで魔導力も並じゃない」

あやクル(魂)「断る

アミティ「そんなキミに折り入ってのお願いがあるんだ」

あやクル(魂)「断る

アミティ「もしかしたら……いや、多分断られるだろうけど、聞いて」

あやクル(魂)「断る

アミティ「どうかあのブラックアコール先生と戦ってチクショオオオオオオ!!!(汗)」

アミティ「どのヘンからダメだった?」

あやクル(魂)「お前がこの世に誕生した瞬間からじゃないか?

アミティ「∑冷たっ!?;こんな●ャダルコ食らったくらい冷たいあやクルは初めてだ!

アルル「あやクルもクルークを通してアコール先生の恐ろしさはよく知ってるからねー

りんご「さすがに勝てる気しないんでしょうね」

アミティ「お、お願い!;もうこの世界を救えるのはキミしかいないんだよ!

アルル「あやクル、アコール先生と戦って!

りんご「お願いします!!」

「「「お願いします!!」」」


あやクル(魂)「黙れ。一瞬スポ根と見間違えるほど爽やかに実質的死亡を懇願するな

アミティ「ここに新型の掃除機があるんだけど」

あやクル(魂)「連れて行け。今すぐアコールのところに連れて行け

アルル「げ、現金な……(汗)

りんご「現金なのはお互い様だと思いますけどね




~~~




あやクル「……」ザッ

アコール「……」ザザッ



りんご「えー、これよりあやクルVSアコール先生のバトルを始めます!
    使用ポケモンは三体!尚、交代はチャレンジャーにのみ認められます!

アミティ「∑りんご違う!;それ違う!色々違う!

レイ「…(プレート:カンペ間違えた)」

アルル(わざとだ…絶対わざとだ……(汗))

りんご「えー、スリー!ツー!ワン!ゴーーー……

アルル「ストォォォォップッ!!;シュートしちゃダメ!シュートしちゃダメだから!

りんご「じゃあ、レディーファイッ!!カーン!」



あやクル「ポムガラニッド!!


ドォォォン


アミティ「ぎゃあああぁぁぁぁぁ!?;今放送機材全滅したんじゃない!?

ルナ「おーっと!あやしいクルーク選手いきなりの準最強呪文だーっ!これは直撃か!?

アルル「ああ、だからルナが来てたんだ」



アコール「残像です」スゥッ

あやクル「っ!?後ろか!」ブンッ

アコール「それも残像です」スゥッ

あやクル「こ、こしゃくなっ……」



アミティ「で、出た!アコール先生の必殺技『残像』!!

アルル「フハハハ!バカめ!そっちは残像だ!」

ルナ「残像残像残像!気づけばあやクルの周りは残像で囲まれているっ!



あやクル「………サンディークス」



ドォォォン



ルナ「おーっと、あやクル選手地面にサンディークス!?これはどういうことだー!?

アミティ「あやクルの呼び方安定しないねー」

アルル「おっ、でもサンディークスを地面に打ったことで煙で残像が消えて行くよ!


あやクル「そこだっ!オクスブラッド!」ドンッ

アコール「パルテシオン」スッ



あやクル「くっ!」ダッ




ドォォォン



アミティ「エロイムエッサイム!エロイムエッサイム!!」

アルル「環境破壊反対!環境破壊反対!;」

りんご「レスキュー119!!;」

ルナ「アコール選手に向けてオクスブラッドを放つも、それを返されてしまう!とっさによける!」




アコール「そこですね?ランボア!」ドンッ

あやクル「残像だ」スッ

アコール「………!」



オクスブラッドー!

ドーン


クレランス!

バーン

ハイドレンジアー!

ファンデチュードー!



ドドーン


大作先生大作先生!二人を止めてください!
環境破壊反対!環境破壊反対!
ガンホー!ガンホー!





~~~



結果:プリンプ半壊 勝負つかず



終われ


コメント 3件

コメントはまだありません
めと  

あやクル怖いですw
神の領域に達しそうだ・・・

おい、ぷよぷよしろよw
自分もやりたいけど時間が・・・

2011/10/05 (Wed) 20:45 | 編集 | 返信 |   
レイ  

コメントありがとうございます!

おい、ぷよぷよしろよ。
私も最近時間に追われる日々です。

では!

2011/10/05 (Wed) 20:55 | 編集 | 返信 |   
まつこ大佐  
すごい

アルル可哀想に

2012/09/02 (Sun) 14:47 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ