ぷよぷよ小話ー

アミティ「これから皆さんにストーキングしてもらいます……



「「「………」」」



アミティ「何!?;その『いきなり何を言い出すんだろう、この靴下は』って目は!

アルル「っ!?;て、テレパシー開眼……!!

アミティ「しかも図星かよ!;ひどいよみんな!」

ラフィーナ「で?今日はどんな動機ですの?」

アミティ「うん、それがさ、百点取ったんだけど

ラフィーナ「アミティさん、今まで色々罵ってごめんなさい

シグ「アミティ、そこまでおいつめられてたんだね

アルル「アミティ、気持ちは痛いくらいわかるけどそういうのはよくないと思うんだ

クルーク「……役に立つ参考書あげようか?

アミティ「うん、まあ予想の範囲内だね」
アミティ「昨日のことなんだけど……」





アコール「……アミティさーん?」

アミティ「あ、はーい!アコール先生ー!なんでしょう!?」

アコール「昨日出したテストですが、すべて正解だったので0点です♪

アミティ「ごめんなさいアコール先生、今の日本語はすごくおかしいです

アコール「カンニングはいけませんよー」

アミティ「カンニングじゃないですよ!?自力ですよ!?;

アコール「アミティさん、言い訳は聞きたくありません♪」

アミティ「言い訳じゃないです!;弁解です!;くっ、汚名挽回だ!

アコール「汚名返上もまともに覚えてない人が百点なんて取れるはずがありません

アミティ「………あはっ、まったく……アコール先生は揚げ足取りがうまいなぁ

アコール「んー、私のその反応は完全に予想外でした

アミティ「で、でもでも本当なんです!信じてくださいよ!」

アコール「いつもテスト中ぐっすり気持ちよさそうに眠ってる人に言われても

アミティ「いつもテスト中ぐっすり眠ってて、
そんな人がいきなり百点取ったからって―――よくよく考えるとおかしいですね

アコール「わかってもらえて何よりです」

アミティ「って違うっ!;本当なんです

アコール「アミティさん」

アミティ「はい」

アコール「黙れ

アミティ「あい







アミティ「というわけなんだよ」

アルル「りんご、風邪引いちゃったんだってー

ラフィーナ「ええええっ!?;あ、あのりんごさんが!?

シグ「……ありえない……!!」

クルーク「バカは風邪ひかないって言うのに……!世界一のバカが風邪ごときで休むなんて!

アルル「いないからってボロクソに言うのはどうかと思うよクソメガネ

クルーク「ちょっと待った!;いる時に言うのはもっとダメだと思うよ!?

アミティ「聞けよ」

アルル「はい」

アミティ「まあ、というわけでりんごがいないストーキングという異例のことをやろうと思う

ラフィーナ「トイレに行って手を洗ってないところまでは聞きましたわ

アミティ「トイレのトの字も言ってないよ

シグ「いや、言ってるじゃん」

アミティ「アコール先生のあの強さの秘密は、やはり隠れたところにあると思うんだ!

アルル「確かにねー、生まれつきあんな超人だったようにも見えないし

ラフィーナ「気になる所ではありますわね……」

クルーク「いや、アコール先生はこっちがおとなしくしてれば普通に良い先生なんだけど

アミティ「なぁんだ……年上好きかぁ……」

クルーク「そのセリフ古い上に知ってる人少ない!!;
それよりアコール先生をストーキングだって!?バカも休み休み言えよ!


シグ「いくらなんでもやっていいこととわるいことがあるとおもうんだ

ラフィーナ「そうですわよ!私は降りますわ!
先生をストーキングなんて命がいくつあっても足りやしない!

アルル「あばよ涙よろしく勇気

アミティ「まあまあ、そう言わずにさ!お願い!」

アルル「よく考えたらボク達に微塵もメリットがないじゃん

アミティ「キミたちにメリットがないのはいつものことじゃん

シグ「いきなりしんりをつかれた








アミティ「じゃ、紹介するよ!この子がだいぶ前話してたイオルくん!」

イオ「イオルです。イオって呼んでください

アルル「いおりんのペチペチ……いや、なんでもない

ラフィーナ「それより、この若干翼が生えてる男の子がイオル?;ていうか誰?

アミティ「んー、ストーキングするたびに電話で話してた人

シグ「オリキャラ帰れ」

イオ「はい」てくてく

クルーク「待った!;なんで普通に帰ろうとしてるの!?

イオ「帰れと言われたので」てくてく

アミティ「ごめん、この子冗談がまるで通じないんだ

ラフィーナ「りんごの代わりにしては絶望的なスペックですわね

イオ「すみません」

アミティ「大丈夫、こう見えてりんごくらいイカれてるから」

イオ「頑張ります」

アルル「お、おう……」






アコール「ー♪」

ポポイ「にゃー」



アミティ「さて、まずは学校帰りをストーキングだよ」

アルル「アンパンウマー

イオ「バカですか?頭隠して尻隠さずですよ

ラフィーナ「なるほど、確かにイカれてますわ

シグ「いまのところかわったようすなし」

アミティ「いい?絶対ストーキング中『エビ反りハイジャンプ打法!』とか叫ばないでね?

イオ「気をつけます」

アルル「普段は叫んでるんだ………;


カーリーガーネガキイテルヨーアーサヒナサーンノイレタオチャー

アコール「……あら、電話だわ」

ポポイ「にゃにゃーん」


アコール「……はい、20万?それくらいじゃ足りませんね、じゃ

アコール「……はい、はい。わかりました、例の場所に。持ってこないと命はありませんよ

プツッ

ポポイ「またニャ?」

アコール「さ、帰りましょう♪ポポイ♪」



アミティ「」ガクガクブルブル

アルル「え、え?え?;今ボクの眼と耳と頭が狂ってなければヤクザが何かしてたんだけど

イオ「ふむ」

ラフィーナ「い、いやいやいやいや!?;仮にも魔導学校の穏和な教師があんなことを!?

アミティ「こ、これは事件だよラフィーナ!;どどっどどうしよう!こんなことになるとは!」

シグ「アコールせんせいなにもの」

クルーク「と、とにかく、もうちょっと様子を見てみよう!」

アミティ「い、いや待ってクルーク!;もし見つかったらあたし達打首だよ!?

イオ「よくてマミマミ、悪くてティロティロ

シグ「おまえはそろそろだまれ」

アルル「で、でももしアコール先生がヤのつく人なら………連絡しないと!」

アミティ「どこに!?」

アルル「りんごに!!

アミティ「なんで!?;」




アコール「~~♪」

ポポイ「今日はごきげんニャリね」



アミティ「と、とりあえずついてきたけど大丈夫かな?

アルル「た、タブンネ………;」

イオ「大丈夫です、なにかあったら友達の丸山弁護士に手伝ってもらって
膨大な慰謝料を払わせることにします


ラフィーナ「やめてください、貴方が言うと冗談に聞こえませんわ……;

クルーク「あ、アコール先生……まさか本当に……」

シグ「あ、どっかにはいってく」



アコール「~~~♪」

ポポイ「晴れ晴れとした顔ニャ、さてはあの日が

アコール「そろそろポポイを使った新技を考えようかしら

ポポイ「アコールはいつも綺麗ニャリねー!



アミティ「な、なになに!?どこに入っていった!?」

アルル「何々……?『ガサ入れ上等!やらかしちゃうぜ!俺達のブラック競売所!』

ラフィーナ「もう私アコール先生のことがわからないっ!!;」ガバッ

イオ「バカですか?頭抱えて尻抱えずですよ

ラフィーナ「あなたはなんかさっきからズレてますわ!;なんですのここは!」

アルル「も、もうボクリタイア!;何ここ!もう完全にあれじゃん!先生の来る場所じゃないよ!

アミティ「よーし、盛り上がってきた!皆いこう!危険をおかさず利益は得られないんだ!

シグ「しにたくなーい」

クルーク「行くなら一人でいってくれよ!;どう考えてもぶっ飛ばされエンドだよ!;

アミティ「ほら、虎穴に入らずんば同人誌を得ずってことわざもあるじゃん!

アルル「似てる!似てるけどなんか違うよそれ!!;意味がぜんぜん違うよ!

アコール「ただしくは『虎穴に入らずんば虎子を得ず』ですよー

アルル「そう、モンスターが……




アミティ「無常にも、タイムアップとなってしまった

アコール「ふふ、ごめんなさいね♪」

アルル「カッターナイフだけは……カッターナイフだけは勘弁して下さい……

アコール「実は、私、皆さんに気づいてました♪


「「「ほえ?」」」





アコール「ふふ、ちょっとからかっただけですよ♪ごめんなさいね♪」

アミティ「な、なんだぁ……;びっくりしたぁ!;」

アルル「そうですよ、てっきり先生が本気でヤバイ人なのかと……」

ラフィーナ「び、びっくりさせないでください!;」

アコール「うふふふふふ♪」









アコール「……ええ。ええ。はい。……言い値ですね、わかりました」










終われ

コメント 2件

コメントはまだありません
めと  

「汚名挽回」は間違ってないという説があります
「劣勢を挽回する」の「挽回」の意味は?
「巻き返しを図って本来の良い状態に戻る」だから・・・?

新キャラは黒歴史にならないようにしてください
前記事のコメント見る限りではけっこう漫画知ってるようですね!

2011/10/15 (Sat) 10:40 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

新キャラは本当に補欠要員として扱っていきます、
断じてそこらのチート能力なオリキャラにはなりません(`・ω・´)
漫画はそれなりに知ってます。

では!

2011/10/15 (Sat) 12:54 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ