スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよアンサー★キュー!

2011/11/10 Thu

アミティ「あー、こたつあったかいねー」ぬくぬく

アルル「いつも思うんだけど、日に日にこの部屋ネコが増えていってない?」

アミティ「いいんじゃない?可愛いしあったかいし」

りんご「そうですねー……実は私が拾ってきてるんですけどねー」

アミティ「そうなんだ、ちゃんと返しておけよクズ野郎」

りんご「これくらいで友達をクズ野郎呼ばわりするなァッ!!;」ガタタン

アミティ「えっ!?;何怒ってるの!?」

りんご「ネコを拾ってきて何が悪い!可愛いじゃないですかアミテー!」

アミティ「これくらいであたしをアミテー呼ばわりするなァッ!!;」ガッタン

りんご「えっ、何怒ってるの?」

ラグ「……シグ、何故柿ピーのピーナッツだけ食べるのかな?」

シグ「だっておいしいんだもん」

ラグ「あははは、ふざけたことを言うね。柿ピーというのは『柿の種』と『ピーナッツ』が入っているお菓子なんだよ?ピーナッツが食べたいならピーナッツだけ買ってきなよ、見ていて腹立たしい。それにピーナッツというのは

シグ「ラグ」

ラグ「はい」

シグ「黙れ」

ラグ「あい」

アミティ「ラグが入ってからずっとこんな感じなんだけど、なんなんだろうね」

ラグ「ボクは食にハマっているんだよ」

アルル「前は狂ったようにビックリマンシールだけ集めてたのにね」

りんご「あっ、その前シャブ中みたいに絵を書いてた所見たことありますよ!」

シェゾ「熱しやすく冷めやすいタイプなんだろうな」

ラグ「う、うるさい!」


アミティ「えーと、今日は『希望の光……かどうかわかんないけどらんらん』さんから!」

アルル「キーラーキーラーひーかーるー♪って言うのと、
    えーびーしーじーいーえふじー♪って言うのどっちが早いんだろうね?」

りんご「どちらが早いかは知りませんが、どちらもフランスの
    『Ah! vous dirai-je, Maman』という曲の替え歌ですよ」

アミティ「脳を圧迫する無駄な知識をありがとう」

シェゾ「えーと、

らんらんの~…
いろんな質問を考えようっ!
大作戦週間~!!

というわけで今日から1週間、一日一回(できなかったら次の日2回)
質問を考えるよ!

今日の質問!

サタンとアコール先生を戦わせてみてください!

あれ、これ前もやった……?
ネタは半分以下は自分で考えるらんらんでしたー♪

……サタン、無茶しやがって……;」

アミティ「い、いや、でもさ!そう言えばそうだね!
     サタンって自分の能力自由に変えられるでしょ?」

アルル「ねえアミティ、レベル100のアルセウスがレベル1のコラッタに100%勝てる?」

アミティ「なるほど、無理だね」

りんご「でもそれはそこはかとなく興味がありますね!早速サタンを

サタン「誰かにやらなきゃ、誰かにやられる」シュタッ

アルル「キミの場合、殺ろうとしても殺れないけどね」

サタン「仕方ない!だって私、魔王だもん♪」テヘペロ

シェゾ「そんな魔王とやらに朗報だ、今日でお前の死が決定した」

サタン「フン、寝言は寝て言うから許されるんだぞ?とうとう脳が逝ったか?」

シェゾ「バカだな、脳が行くわけないだろう?足も生えてないんだから」

サタン「そうだな、いっそ脳が外出してたほうがマシだったな」

シェゾ「ほら見ろ、今回の投稿内容だ」

サタン「………オワタ……(泣)」

ラグ「そういえば、まだまともに対面したこと無いんだけど、アコール先生って誰なの?」

アミティ「そうだね、アコール先生にやられた人を見れば
     一年間はハンバーグが食べられなくなるよ」

ラグ「それは困るなあ。チーズハンバーグ好きだし」

サタン「なんだ!?;この『らんらん』とやらは私に恨みでもあるのか!?;」

シェゾ「ハハハッ!よかったな!久しぶりに地獄が見れそうだぞ、アホ魔王!」

サタン「ぐ、ぐぬぬ……こうなったら、無敵魔法をかけて!」

アルル「アコール先生に近づくだけで魔法解除されるだろうね」

サタン「なら、チートコードで『HP減らない』!!」

アルル「ねえ、不死身のケイローンの話知ってる?」

サタン「ぐっ、ならば攻撃全回避スキルだ!」

アルル「精神的な苦痛で攻められるだろうね」

サタン「どうせえちゅうねん!!(泣)」

りんご「やめれやめれ、魔王さん。
    アコール先生とファイティングすることになった時点で諦メロン」

アミティ「そうだよ、先生と戦ったが最後、ひき肉になるだけだというのに」

ラグ「あはは……今日は寒いなあ……;さっきから鳥肌が止まらないんだけど……」

シグ「こわい」

アルル「えっへへー、じゃあボクアコール先生呼んでくるよー♪」

りんご「∑なんかすごい嬉しそう!!;」

アルル「ただいまっ!」

アコール「皆さん、こんにちは♪アミティさんは早く宿題を提出してくださいねクソが」

アミティ「∑うわあすごい怒ってる!;ごめんなさい!宿題せずに厨ポケ刈り講座受講してました!」

アコール「アミティさん、明日は廊下」

アミティ「やぶへびだった」

アルル「じてゃっ……こほん、実はですねアコール先生、かれこれこういうことで
    サタンをミンチにしてハンバーグにして欲しいんですけど」

アコール「アルルさん、あなたはもう少し女の子らしさというのを学んだほうがよろしいかと」

サタン「く……;こうなったらヤケだ!おいそこのアコール!私と勝負だっ!!」












アミティ「さあ、面白い事になって参りました」

アコール「うふふふふふ♪」

サタン「あ、アコールといえど全能力ダウン+全状態異常+
    全弱点化+魔法禁止の呪いなら……!」

アコール「はじめますよー♪」





アミティ「さあ、どうなるんでしょうか、司会のイオルさん!」

イオ「おそらくこの試合、サタン様の勝利と終わるでしょう」

アミティ「ほほう、それはどういうことで?」

イオ「何故ならアコール先生は天才と言うより努力する秀才です、
   秀才は無敵には勝てない。彼は表で笑い裏で泣くタイプなのです、
   所詮人間は魔族には勝てません」

アミティ「お、おう……;アコール先生って努力するタイプだったんだ」

イオ「ええ、いつも魔法の特訓をしていますしね。教師なのに、健気なことです」

アミティ「なんでキミがそんなん知ってんねん」

イオ「幻聴です。盗聴なんてしてません」




サタン「ゆくぞ、アコール!」

アコール「はい♪」

サタン「喰らえ!今考えたアコールが立っている場所だけ局地的に大地震が起こる魔法!」バン

アコール「「「「「ああああらららら」」」」

アミティ「∑うわアコール先生すっごい揺れてる!;どうなってるのこれ!?;」

サタン「次に相手の動きを封じる魔法!」バン

アコール「あらら」

アルル「おお、アコール先生の動きが止まった!?;」

サタン「今だ!カイザージャッジメント!!






ドオオオオン






アミティ「どうすんだよこれ……;」

イオ「煙でよく見えませんが、おそらく直撃しましたね」

アルル「さ、さすがにアコール先生といえどサタンには勝てなかったの……!?;」

サタン「え、えーっと、あれ?;ちょ、煙が晴れたらミンチになってたりしないよな!?;」オロオロ

りんご「あーあ、やっちゃいましたね」

シグ「つうほうした」

ラグ「もしもし、警察ですか?今、緑髪の魔族がプリンプタウンのプリンプ魔導学校の教師を……

サタン「え、ええええええ!?;わ、私はそんなつもりじゃ






アコール「甘いです」











バタン




アミティ「ありのまま今起こったことを話すよ、
煙が晴れたと思ったらサタンの真後ろに無傷の先生がいた」

アルル「そしてサタンがオロオロしたポーズのまま銅像のように倒れた」

アコール「煙がかかってて『やったか!?』は死亡フラグですよ」

りんご「そ、そうだった……基本を誤るとは、この安藤りんごまだまだでござる……!」

アミティ「さて、ゲストのイオさん。言い訳をどうぞ」

イオ「ごめんなさい、適当にそれっぽい言葉を並べただけです」

アミティ「帰れよ」

アルル「そういえば、なんで今日はルナじゃなかったの?」

アミティ「ルナは過去編の収録が忙しいとかどうとか」

りんご「ああ、そういえばアレ再現ドラマでしたね……;」

アルル「ええっ、そうだったの!?;どうりで昨日スタジオに呼ばれたわけだよ……」

りんご「さて、サタンがなんかちょっと人間っぽくない倒れ方をしてる所でシーユーネクストタイム!」










終われ

ひどく頭痛がして強制終了みたいな形となってしまいました。
あたまがいたいよ!すっごくいたいよ!
そういえば前頭痛で死んだニコニコの……いえ、考えるな俺感じるんだ。






コメント

Secret

闇の貴公子サタン様でも
無敵代表アコール先生には勝てなかったか・・・
やっぱり誰であろうとアコール先生を倒すことは出来ないんですね。
今度チート組に頑張ってもらおうか・・・
りんごの諦メロンが地味に面白かった!

役に立たないムダ知識
名前の後に付いたり付いてなかったりする(改)とは
テンションが高かったり変だったりするときに付けてます。
以上 役に立たないムダ知識でした!
では!

コメントありがとうございます!

彼女が敗北したのは確か一回だけです。
アコール先生……恐ろしい子!
テンションの差ですか、わかりました!

ではー!

恨み?いいえ、ただのラスボスいじめです(笑)
誰か!アコール先生を何とかして!
助けてえーりn…誰か!
たくさんの投稿=いろんな質問を考えよう(ry
私もこういうブログ書いてみたいけどよくわかんない…

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>らんらんさん

ラスボスいじめがお好きなようで。
アコール先生に敵うものなどいない、アコール先生は絶対無二の存在。
すなわちそこはすばらしきせかい。
( ゚∀゚)o彡°えーりん!えーりん!
こういうのはとにかく感情のまま突っ走ればいいんですよ、ええ。

では!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。