スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサーズカード

2011/11/14 Mon

アミティ「ひゅー、ひゅー」

アルル「アミティがおかしい

りんご「どうしたんですか?アミティ、口をすぼめて息を吐いて。まるでキス魔ですよ

アミティ「違うよ、口笛の練習をしてたんだよ

りんご「……で、今度は何の影響ですか?;」

アミティ「たまゆら!ああいう風に吹けたら面白そうじゃない!?

ラフィーナ「あなたはいつもそうやってアニメに影響されて……;」

アミティ「何を!かっこいいものや可愛いものに憧れるのは
     人間として当然のことじゃないの!?


ラグ「キミはすごいよ、いつも真理を口にする

ラフィーナ「だからといって、なんでも影響されればいいと言うものではありませんわよ?」

アミティ「そうだね、あたしが悪かったよ。ところでなんでトランペットを持ってるの?

ラフィーナ「……趣味ですわ

アミティ「∑ウソだっ!;そんな趣味があるなんて今まで知らなかったよ!?
     絶対何かに影響された!


ラフィーナ「~♪」

アミティ「しかもなんかめちゃくちゃ上手だし!;

ラフィーナ「お金持ちな家に生まれるとこういうことも教育されますのよ……;」

シェゾ「ほう、他には何ができるんだ?」

ラフィーナ「ピアノ、バイオリン、フルート、アコーディオン、バグパイプなど

シェゾ「すごいな、でも1つだけなんかマイナーな楽器があった気がするな

ラフィーナ「べ、別にマジロウとニコラウスのお話を見て憧れたわけじゃないんですからね!

シェゾ「おい、なあおい

アルル「お金持ちも大変なんだねー」

アミティ「そうだね、あたしはもう貧乏人でいいよ

アミティ「えーと、今日は『現実って・・・』さんから!」

アルル「現実は醜いものだよ

りんご「この世は美しくなんかない、それ故に美しい

アミティ「それこそがこの世の真理

アルル「世の中なんてなるようになる

「「「すなわちそこは素晴らしき世界」」」


シェゾ「お前ら宗教でもやってんのか

アミティ「じゃ、読むよー!

アコール先生の
授業って連鎖以外に
何を教えてるんですか?
それと、ポポイって
腹話術なんですか?


……アコール先生の授業については前やったけどねー……(汗)

アルル「そういえばポポイってどっちだっけ?」

ラフィーナ「え?ポポイはアコール先生の腹話術でしょう?

シグ「うん、ふくわじゅつ」

クルーク「そうだね、腹話術だろ」

アミティ「ハァ……キミたち、クルクルパーだね。
     アコール先生のポポイは本当に生きているんだよ?それくらいわかんないかなぁ


クルーク「この流れでそう言えたキミをある意味尊敬するよ

シェゾ「マジレスするとあいつは生きてるな、
    魔力でわかるし第一前その類の事件があっただろ

アミティ「イヤな事件だったね……」

アルル「ルルーが大暴走したアレだよね

シェゾ「本当だぜ……ルルーのサタンへの想いは度を超えてるな

ラフィーナ「え?え?;なんの話ですの?」

アミティ「いや、こっちの話だよ」

アルル「では、もう一度授業風景をダイジェストでどうぞ!」





アコール「今日は防御の魔方陣について勉強しましょう」

ポポイ「これは魔方陣を描くことでその範囲にバリアーを設置するニャ!」

アコール「空から美少女が降ってきてもこけしが降ってきてもしっかり防御できまーす

ポポイ「覚えて損はニャいニャリねー」

アミティ「先生!」

アコール「なんですか?アミティさん」

アミティ「この魔方陣の詠唱部分の魔法理論がわからないんですが…

アコール「ああ、そこは――で――を――して―」

アミティ「なるほど!じゃあ――の部分の――にした方がいいってことですね!」

アコール「そうですね、内側はどうしても疎かになり易いので、
そこを克服すればもっと強度が上がると思いますよ」

アミティ「よーし、頑張るぞ!」


ラフィーナ「まったく、アミティさんったら、あんなこともわからないなんて…

アミティ「てへへ…だって魔方陣の詠唱は久しぶりだったし…」

クルーク「これだから落ちこぼれは…」

シグ「ムシー」

アミティ「あ、そうだ!前習った睡眠の魔法の理論ってさ、――が――でいいんだっけ?」

ラフィーナ「そこに――を――したら大丈夫ですわよ」

アミティ「へー、ありがとうラフィーナ!」





エコロ「何言ってんだこいつら

アルル「アミティ…頭よすぎじゃない!?;」

アミティ「そうかな?あたしなんて全然だよー、この前も――が――になったし…」

アルル「もうボクは兜を脱ぐよ

シグ「カブトがなんだって!?」ザザァッ

アルル「(・∀・)カエレ!!

シグ「うー…」とぼとぼ

エコロ「魔導学校ってこんなに難しかったんだ…」

アミティ「今日の宿題の新しい魔法理論を完成させよってどうするんだっけ?」

シグ「たしかじつざいのものでもいいからじりきであらたなまほうりろんをどうとか

アミティ「なるほど、わかった!ありがとうシグ!」

アルル「…あれー?ボクって頭良かったはずだよね…ぜんっぜんわからない…;





アミティ「はい解決

アルル「次ぎ行ってみよー、『キャリー』さんから!」

アミティ「きゃ、キャリーさんだ!;」

りんご「無茶振りと書きにくさと長さが全体的に高いバランスタイプのキャリーさんだ!

アミティ「無茶振り度はブロン教官に勝るとも劣らず、長さはハルカさんに引けを取らない

アルル「圧倒的種族値……!伝説ポケモン……!!」

りんご「じゃ、読みますよー!

シェゾいじめのリクエストの内容忘れたから違うのにする
シェゾ、あやクル、まぐろ君、ユウちゃん、レイくん、
除くぷよキューのメンバーで俺が作ったサイコロ(元ネタ有り)をして下さい!
でたマスの書いてある内容をサタンの力を使ってでも絶対に実行して下さい。
パス何て一部除いて出来ませんので。ちなみに1位になった人が「罰ゲーム」です。
内容はとっても簡単!
ヘッドフォンをつけて、人通りの多い所で「なんだよこれー!」と大声で叫ぶ事です
じゃ、頑張れ!


マス目の数は50と書かれてないマス25合わせて75のマスです
さてと……サイコロのマスの内容ですが
1、普通通りに進む、戻る
2、自分のターンがくるまで自分が嫌いとしてるモノに追われる
3、ふりだしに戻ると同時に2ターンの休み
4、このマスにいる時に誰かが通過すると金縛りにあう。強制ストップで1ターン
の休み
5、1発芸をする。受けなければゴール手前まで進み、受ければふりだしに戻る
6、運が悪かっ……いや、良かったな。ゴールまで進む
7、嫌いなものに立ち向かえばふりだしに、拒否すればゴール手前まで進む
8、牛乳100cc5本一気のみ。2分以内に飲めば5戻り、2分超えれば5進む
9、次の人からサイコロの数が2個になる。またここで止まればサイコロ3個4個に
……です
10、黒歴史暴露(笑)パスで3進む
11、自ターンが来るまで音痴の人の歌を聞き続ける
12、新聞紙とかで良いから白羽取りを成功する事。8進むで回避。ちなみに成功す
ればゲームから退場。罰ゲームもしなくて良し。失敗したらゴールまで進むか、
白羽取りを再びする※
13、りんごが考えたサイコロのマスの内容をお願いします。これは5進むで回避
※新聞紙→ハリセン→本→ケース入れ→辞書→玩具の剣→木刀→刃引きした剣→
真剣→ゴールに逝く
ではレイさん、無茶難題ですが頑張って下さい


アルル「肺活量に定評のあるりんごでもだめだったか……

アミティ「りんご!しっかりするんだっ!キミはこんな所でくたばっちゃいけない!」ゆさゆさ

りんご「……もう……ダメかも知れない……

エコロ「くっ、誰がこんな惨いことを!」

アルル「酸素ボンベを!誰か、酸素ボンベを!;

シェゾ「これが同封されていた双六か……」

ラグ「説明されているマスは13コだけだけど、後は自分で考えろってことかな?」

アミティ「まあいいや、双六開始開始ー!戦じゃ戦じゃ!

りんご「なんだかオラワクワクしてきたぞ!すごろくですよイエア!
    OK伊藤ラッシャー板前ラッキー池田チグリスユーフラテスチーグルブタザルデス!


アミティ「りんごってすごろくになるとテンション上がるよね

りんご「きょきょきょwwwすごろくすごろくwwwwうぇへへwwwwあびょおおおwww

アミティ「前から思ってたけど、すごろくの何がりんごを駆り立てるの?

りんご「えっ、味かな?

アミティ「ごめんねりんご、あたし頭悪いんだね。
     キミの言ってることが一切理解出来ない、理解したくない






りんご「いいですかみんな、双六をやるものとしてのマナーがあります。
1.サイコロを投げるときの掛け声は必ず『イッサッサー!』

2.アルティメット阿修羅バスターは2回まで

3.必ず語尾に『。』をつけること

4.途中の食事は切干大根とメントスのみ


アミティ「みんな、こいつの言ってること8割は無視していいから

アルル「よし、じゃあまずボクからねー。ほいな!
    ……5だね」

『1発芸をする。受けなければゴール手前まで進み、受ければふりだしに戻る』


アルル「∑いきなりハードル高いよチクショウ!;

アミティ「さあ、アルルさん!一発芸をどうぞ!」

りんご「やんややんや!ヒューヒュー!グワッパ!」

アルル「えーっと……;あ、アルル、いきますっ!






アルル「……あ、指が……」ススス































アミティ「あ、あはは……

りんご「お、おう……

アルル「殺して……もういっそ殺して……(泣)





アミティ「あたしは……4だね。金縛りか……;誰も4以上出すなよ!?絶対だよ!?

りんご「ほいっと。あ、6です

アミティ「∑ヴォオオオオオオオオオオイ!!;

アルル「さて、アミティ1回休みだね。まさか本当に金縛りに合うなんてことはないだ

アミティ「う、動かない……身体が……動かない……!;

アルル「えっ、マジ!?;どんな感じ!?」

アミティ「なんか、力を入れようとしても入らないっていうか……
     筋肉が動かなくなったっていうか」

りんご「精神は起きても身体が眠っている状態ですね、
    そのまま思い切り横に転がれば幽体離脱できますよー


アミティ「やめてよそういう地味に怖いこと言うの!;

りんご「私はゴール前までワープですね、
    ラッキークッキーもんじゃ焼き!オーケーオーケー太陽系!」トントン

ラフィーナ「次は私ですわね……2ですわ」

アルル「カモン!バル!


バル「ワオーーーーーンッ!」


ラフィーナ「いやあああああああ!!;;;」





アミティ「おーおー、駆けまわっとる駆けまわっとる」

ラフィーナ「来ないで!でないとあたしコンパイルの2階にあるぷよまん全部持って帰っちゃう

バル「わんわんお!」はっはっはっ

アルル「な、懐かしいネタを……;」

りんご「なんであの時『あたし』って言ったんでしょうね

ラグ「ボクは1だね、特に何も無いかな」

エコロ「ぼっくはー、3だね!最悪だ!(汗)






クルーク「」ぴくぴく

りんご「さあ、次は辞書ですよー

アミティ「もうやめて!;りんご!クルークのライフはとっくに0よ!
     もう勝負はついたのよ!;


りんご「でもこの電車は熱海まで止まりませんよ!マリアさんもお嬢様が
通常の3倍のスピードで事件に巻き込まれてるって知ってるじゃないですか!
」ガーン

クルーク「」ピクッ

りんご「さー、次はこの玩具の剣ですよー」ガスッ

アミティ「やめろミュウツー!もうやめてくれぇぇぇぇ!;

クルーク「」

りんご「うーん、全然成功しませんねー。次は木刀で!

アミティ「それ以上やるとナイスボートなうえにキミをガチで通報しなきゃならなくなるよ

りんご「じゃ仕方ないですね、ここらでやめますか」




りんご「お、私が1位ですね!ぅやったねたえちゃん!きゃっほう!

アルル「おー、おめでとー!はいヘッドフォン

りんご「ふぇ?」

アミティ「現実の女は『ふぇ?』とか言わない

りんご「いいんですよ、私非現実の女ですから

アルル「ちゃんと読んだ?;1位の人はネクにならなきゃいけないんだよ

りんご「∑あ、ああ!;そんなことも書いてあった!;
    長引いてすっかり忘れてましたよヘクトパスカルが!


アミティ「さあ、ゼタ叫べ!サインコサインタンジェントォ!!

りんご「オウケイウェイヴ!タイタルウェイブ!ターンウェイブソウルタイムフィニッシュ!

アルル「ビナフ ケーヤタ キ リビス!!;






ざわざわ




ざわざわ









りんご「……」



りんご「……なんだよ……」







「なんだよ、これえぇぇぇっ!!!」








終われ






コメント

Secret

おはこんばんにちは、キャリーです

リクエストを応えていただき、ありがとうございます。それとすいませんコメントが遅れてしまって(汗)ちょっとリアルの方が忙しかったので(汗)
……俺のリクってポ○モンに例えるとそんなに凄い種族値なんですね……ぷよフィバの性能で例えるとフィバだとフィバ逆並の強さで通常は自力並に強くツモもお手頃って所ですかね?……言っといてなんだけど、これなんてチート?
りんご、投稿内容ちゃんと読もうな、でないと罰ゲーム受けるよ。なんだよこれー!の叫びは何故すばせかネタなんだと、1位になったのに罰ゲームさせられてるのに対して出た言葉と捉えても可笑しくないでしょうね(笑)

ではではー

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

すごいですよ、フィーバーで例えばツモはカーくん、
通常時威力はクルーク並、フィバ威力はりんご並ですよ。
持ってる、この人何か持ってる。
一人マスブラ楽しいです^q^

では!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。