いっくよー!せーの!ぷよぷよ!(オーニオーン!)

アミティ「赤字だ……!!」

アルル「えっ」

りんご「私のノートパソコンのクリアブラック液晶も真っ赤だからいいです」ギャー

アルル「あっ、りんご!;ブラクラ踏んだね!?;」


アミティ「キミたちには言ってなかったけど、『ぷよぷよアンサー★キュー』にはあるシステムがあるんだ


「「???」」


アミティ「コメントや拍手、投稿といった応援系のものが
     あたしたちにPtsとして帰ってくるんだよ!」

アルル「∑な、なんだってーーー!?;」


りんご「通りで10人以上のメンバーに給料あげられてると思いましたよ、
    アミティっていつも30円くらいしか持ってないのに

アミティ「もらったPtsは主に生活費や家具、娯楽などに使われるんだけど」

アルル「へえ……そんな裏事情があったんだ、よく考えたらここ電気通ってるしね

アミティ「赤字だよっ……!;圧倒的赤字……!
     コメント激減……!拍手激減……!投稿激減……!
;」ガーン

レイ「……(プレート:まだローンも残ってるっていうのに)」

りんご「マジかよ」

アミティ「ヤバイよこれは!;こうなったら賄賂でもなんでも使ってコメントを!」

アルル「∑待ったアミティ!;それもう犯罪だから!立派な犯罪だから!」

アミティ「でもこのままじゃロケット団も真っ青の生活になっちゃうよ!?;」


りんご「なら私たちが頑張って企画を盛り上げて面白くすればいいじゃないですか!」

アミティ「えー、なんか面倒くさいしやだなー

アルル「アミティ、バカって罪だよね。逮捕されちゃうくらいの」

アミティ「そう思うならキミたちは今すぐ自首するべきだと思うけど」

アミティ「はいはい、今日は『チョコ…誰かはわかるよね♪』さんから!」

アルル「ああ、ハルカさんか」

りんご「えーと、はぁぁぁぁぁぁ…………;

※息をめいいっぱい吐いて読んでね&息継ぎすんなよ♪ではでは!

おいーっす!このリクはいつ頃出てくるのか!まーったく予想できない私だよ!
ヘンタイから連想するとちょっぷんとかラグナスとかも思いついたんだ。ちょっ
ぷんはいいけどラグナスとハーピーぐらい復活してほしいな~とかとかー、ラグ
ナス&ウィッチ&シェゾのヘンタイパーティとかもうサイコーだよねー!
で、リクだよ!
えーっとあくちゃんとクルールを思う存分いじり倒しちゃってー!そうだねぇ。
まぐろくんのばつゲームとかりんごのコスプレとかとか!?ほかにも言葉で…!
ふふふふふ♪まあまあ、好きなようにしちゃってね!ああ、あくちゃんをきのこ
漬けにしてもいいしクルールはあやや様にしないでね~。ほかにも集団リンチ級
の…まあ、好きなように。あ、いろんな人呼んでいいよ!うん、最近あくちゃん&
クルールいじりにはまってるんだ!じゃ、よろしく!


アミティ「……死亡確認

アルル「りんご!死んじゃダメだよっ!;誰か!酸素ボンベを!酸素ボンベを!」

アミティ「輝石ゴンベ!?絶滅すればいいよ!」

アルル「∑ゲームのやりすぎだよ!;りんご息してない!」

りんご「ブルスコ……ファー……」

ユウ「おや?お仲間が増えそうな予感……♪」


アルル「また懐かしいネタを……;えーと、とにかく
    クルークとアミティをいじり倒せばいいんだよね?


りんご「傍から聞くともはやただのいじめですね」

アミティ「まあ待ってよふたりとも。我ら霊長類、話しあえばきっと心は通じる」

アルル「どうしよっかなー?アミティをボコす機会なんてなかなかないもんねー」ウキウキ

りんご「とりあえず高圧電流を用意して……そうですねー、
    エロ漫画でもドン引きするレベルのあんなことやこんなことを……」ドキドキ

アミティ「キミたち駄目だ!;それはもう女の子云々の前に
     人間としてやっちゃいけないことだッ!;」

りんご「でもクルークなら許すんでしょう?」

アミティ「うん」


りんご「まあ、とりあえず生きたまま脳髄を引きずりだすか
    頭蓋を砕くかくらいにしときましょうか


アルル「そうだね、アミティはそういうのにあんまり慣れてないし妥当だと思うよ」

アミティ「もうそれメキシコも泣いて命乞いするレベルの拷問だよね」




クルーク「ていうか、こんなのもはや警察事のレベルだろ!?;」バターン




りんご「えっ、誰?」

アルル「カツマタくん並に誰?」

クルーク「∑ひどっ!?;最近あまり出番がなかったからってひどいよマサルさん!;」


アミティ「あー、それで、クルークさんでしたっけ?私に何か用ですか?」

クルーク「いきなり他人のふりしないでよ!;こんなのもうスキンシップの域を超えてるよ!」

アルル「当たり前じゃん、ボクたちただ殺しにかかってるだけだから」

クルーク「とうとう『殺』の文字が出てしまった」

りんご「調度良かったダメガネ、10円あげるから腰骨を砕かせてください」

クルーク「……………ちょっと悩んだけど10円じゃ安すぎだね」

りんご「すみません。もぉほんとすみません。あなたがまぶしすぎて」ウッ


アルル「く、クルークってそんなにお金ないの?;」

クルーク「ああ、もやし1本もろくに買えないくらいないよ

アミティ「だ、大丈夫……?;それ死なない?

クルーク「大丈夫だよ、プリンプ広場のタイヤとか意外と美味しいんだよ?ガムみたいに

アルル「もうやめて、ボクたちが悪かったからホントやめて」

りんご「よーし、じゃあ今回はアミティとクルークをいじり倒しますよー!

アルル「イエー!」パフパフ

ユウ「フー!レッツパーリィ!」イエーイ

レイ「おー……」パチパチパチ







りんご「というわけで、比較的ひどいことをしてくれそうな人のところに来ました!」

リデル「……あれ、アミさんとクルークさん?なるほど、昨夜はお楽しみでしたね

クルーク「∑速いよ!;何もかもが速いよ!;違うよ、
     ボクたちはただキミに拷問されにきただけだよ!」

リデル「それ聞いて五倍くらいドン引きです」

アルル「というわけでリデル、今日はこの二人に何してもいいよ」

リデル「??;クルークさんはともかくアミさんはどうしたんですか?;」

アミティ「いいよリデル、どうせあたしたちは奪われる側の人間だったんだ……」

リデル「ともかく、私はこれからシグくんと部

アルル「残念だよリデル、それ以上言うとさすがにキミといえど次の朝日は拝めないよ」スチャ

リデル「正直、すまんかったと思っている」

りんご「まあ、せっかく何してもいいんですし今日は
    ストレス発散もかねて思い切りこいつらで遊んでくださいよ」

リデル「そうですね、じゃあもらえるものはもらっておきましょうか♪」チャキ

アミティ「りんご……一ついい?」

りんご「はい、なんでしょう?」ニコッ

アミティ「あたしたち、友達だよね?」

りんご「イヤですねー、私の友達は……コレだけですよ」マネェマネェ

アミティ「∑嫌な人だーーーっ!;チクショウ、誰か!誰かいないのかい!?;」

クルーク「こ……この天才のボクと、やり合おうっていうのかい?;;」ガクガク

リデル「………」

クルーク「いいよ、受けてたとう!クリニスッ!」




ガスッ



クルーク「ば、バカなっ……!;」

アミティ「素手で弾いた……だと……?」

リデル「はしゃぎすぎたな、キュモール。そろそろ舞台から降りてくれねえかな?」

クルーク「き、キミごときがボクに歯向かった罪は重いよ!!;」

リデル「そうですか」

クルーク「ま、待て!;ていうかその武器何!?;銃刀法違反じゃない!?」

リデル「銃刀法違反?私、お嬢様を守るためならそういうのどうでもいいんで……」スチャ

クルーク「ど、どこの魔王だキミは……;」

リデル「それでは、リストラされた恨みと貴方に対する個人的な恨みを……



~~~~~~~~しばらくお待ちください~~~~~~~~~~




リデル「まあまあすっきりしましたー♪」

アルル「おお、まるでチャージル・サイフォドン後のような晴れ晴れとした澄み切った笑顔」

りんご「心なしかクルークよりアミティにダメージがいったと思うんですが……;」

リデル「いえ、別にアミティさんさえいなければ
    リストラ枠がひとつ減ったのにとか思ってませんよ♪」

アミティ「」

クルーク「」






りんご「次に比較的魔力が高い奴のところに来ました!」

サタン「………」

アルル「こんにちわー、サタン……ってあれ?何してるの?」

サタン「いや、ちょっと盗んだ下着の確認をだな」

アルル「おまわりさんこいつです」

サタン「ま、待て!;盗んだといってもいつものことというか相手も別に怒らないと言うか

アルル「そうです、そこの無駄にイケメンな緑髪の人です」

サタン「えっ、イケメン!?いやー、照れちゃうなアルルー!しかしそんなところもまた……
あ?なんだこの手錠は?お、おい、誰だお前!;魔界の貴公子たる私に向かって……
ちょっ、マジですみませんやめてくださいうわぁぁぁぁぁぁあ!!;

アルル「ふぅ、一件落着」

りんご「……まさか下着を盗むとは……;見損ないましたよサタン」

アルル「だよね、正直ドン引きした」

りんご「盗むなら下着ではなく靴下が基本だというのにっ……!全くなってないっ……!」

アルル「……ああ、おまわりさん?はい、もう一人、紅い髪の……」







りんご「気を取り直して無敵と噂高いあの人のところに来ました!」

アコール「あらあら、アミティさん、クルークさん、ボロボロじゃないですか」

アミティ「ええ、ちょっとリデルに生かさず殺さずのガチ拷問をされまして」ボロッ

アコール「あらあら、うふふ♪」

クルーク「先生、そこ笑うとこじゃないです」

りんご「アコさん、実はかれこれこういう訳でどういじればいいか悩んでてですね」

アコール「なるほど、それなら………を………して…………すればいいんじゃないでしょうか」

りんご「なるほど……ピアノ線プレイとはマニアックな……」

アコール「それでですね……から……を……して………」

りんご「なんだと……!?;さ、さすがの私もそこまで恥ずかしいことは……」



アミティ「ねえ、遠くてよく聞こえないけど何だかあたし
     何かを失わずには済みそうにないんだけど」

クルーク「仕方ないよアミティ、所詮僕達は奪われる側の人間だったんだ……」








「それでは♪」

「「あっ、アーーーッ!!;アーッ!アアアアッー!!!!!」」










終われ

ケツくらえのテーマを聞きながら書きました       ゆっこ

コメント 6件

コメントはまだありません
めと  

お仲間が増えそうな予感って4コマネタですか?
学園祭で読みましたw
赤字恐ろしいです><
リデルってこんなキャラだっけ?

2011/11/22 (Tue) 22:22 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
えーい、いっくぞー、(あやや)ハイドレンジア!(ケロケロー)

やったなー!ブレインダムト!うふふふ。ダルポ。よろしいかs…
ああ…長かったですね。このリクが来るまで。あと5つありますが。←
無駄にイケメンww
あの教師は生徒に何したんだろう…?あんなことやこんなことや(ピーー)を(ピーー)して…。
まあ、とりあえずスッキリしました!あみちゃんとクルールいじめは!腹黒腹黒、マジキチマジキチ!←
よくSだと言われます。はい。
コメで給料!?ふうん…。ならもうちょっと頻繁にコメしようかしら…。
ウフフフフ…ニャハハハハ!
ではっ!

2011/11/22 (Tue) 22:57 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>めとさん
四コマ持ってますよ、定価800円くらいのとこを2000円出して買いました。
笑えよベジータ!
赤字ワロタwwwwww
リデルはキャラ崩壊してていいんです、リデルにもはやキャラなんて存在しないんです。

では!

2011/11/22 (Tue) 23:33 | 編集 | 返信 |   
レイ  
フェルマータ(じゃんじゃかじゃーん!)いくぞう!やったぞう!

コメントありがとうございます!

>ハルカさん

ええ……長かったですね……
先生はピーーーーーー
クルールが打ち間違えによるあだ名とか懐かしい。
Sですか、私は肉体的にはMで精神的にはSです。
にゃはははは!って初出はポポイだったんですね。

では!

2011/11/22 (Tue) 23:38 | 編集 | 返信 |   
らんらん  

あの曲面白いよね☆
そういえばまた給食で林檎でてきた…
こういうとき、りんごは何を思うのか…
サタンは大変な下着を盗んで(ry
最後吹いたwww

2011/11/23 (Wed) 11:31 | 編集 | 返信 |   
レイ  

コメントありがとうございます!

面白いですよねー。
りんご「どう思う以前に最近の学校にはリンゴが出るんですか、私の学校では出たことないですよ」
想像してワロタwww >サタンは(ry

では!

2011/11/23 (Wed) 23:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ