タイムリーなぷよぷよ小話!

アミティ「これから皆さんに死んでもらいます…


「「「ばさらだっ!!」」」ダッ



アミティ「待った!;なんで奈良で行われたストリートダンスの祭りの名前を!?;

アルル「ボクも長いけど、ここまで直球なのは久しぶりだよ」

りんご「アミティ!も少しソフトに包めないんですか!?;
    オブラート!ビブラート!ビブラーバ
!」

アミティ「わかったよ、じゃあ今から皆さんに果てない道で
     安らかな笑顔になってもらいます…


りんご「よし、合格」

アミティ「キミはこれで満足なの?

クルーク「それで、死ぬって何?もしかしてまた料理でも食わされるの?;」

アミティ「そうだったぁぁぁぁぁぁ!;イヤだァァァァ!死にたくないぃぃぃ!」ゴロンゴロン

ラフィーナ「ど、どうしましたの!?;自分から言い出したんじゃ!?;

アミティ「わっかんないかなー!?;今日は予防接種の日だよ!」

アルル「あぁ……」
アミティ「というわけで、予防接種をいかに回避するかを真剣に考える会議!

ラフィーナ「受けろよ

アミティ「いきなりひどいっ!;受けれるか!;あんな針刺されるんだよ!?;死ぬ!

りんご「お、思ったより怖がりですね…;いつももっとグロテスクな光景見てるのに」

アミティ「人に針を差しておいて……金を取れるんだよ……!?
     わけのわからぬ制度だよ、あれは……!
」ゾッ

アルル「ボクはキミの方がわけわからないけどね

アミティ「じゃあ皆は予防接種でもなんでも受けてきなよ、あたしは逃れるっ!」

りんご「ええいっ!;甘えを捨てろ!ムドーはステロ!注射くらい受けてくださいよ!;
    受けないとインフル
……あっ」

アミティ「えっ、どうしたの?」

りんご「いえ、なんでもありません。すまん津田、今の発言は取り消す

アルル「そうだね、ボクたちが悪かったよ。キミは予防接種を受ける必要なんかない

アミティ「えっ、えっ!?;と、とうとう皆もわかってくれた!?」

シグ「うん、うけなくていいよ」

クルーク「そうだね……受ける意味がないからね

アミティ「な、なんか照れるなー!あはははは!」

ラフィーナ「馬鹿にされてんですわよ

アミティ「ええええええっ!?;おのれ邪気王!;騙したなっ!?;;

アルル「いや、嘘はついてないよね」

アミティ「皆は怖くないの!?;あたしは改造人間にされるなんていやだっ!;

りんご「いやいや、だから予防接種ですって」

アミティ「いやだいやだいやだいやだ死にたくない死にたくない」ガクガクブルブル

ラフィーナ「いますわよねー……;こういう人」

りんご「そうですね、ハットリくんはカエルが苦手、私はお化けが苦手、
    人間はゴキブリが苦手、人それぞれありますよ


シグ「今サラっと人間のカテゴリーから外された気がしたんだけど

りんご「ゴキブリに触れられる奴は全員人外とみなします

アミティ「というわけでみんな、あたしが予防接種を受けない方法を考えて欲しいんだ

アルル「そうだね……とりあえずキミが受けたテストを全部見せたら
    わかってくれるんじゃないかな…


りんご「ていうか、そこまで受けたくないなら受けなくてもいいのでは?;」

アミティ「そうもいかないんだよ、学校で強制されるんだよ予防接種

りんご「なるほど…ズバリ、アキラメロン!

アミティ「諦めれないよ!;諦め切れないよこんなの!;こんなの絶対おかしいよ!

アルル「何?予防接種の何が怖いの?;おいちゃんに話してご覧?」

アミティ「予防接種って痛いじゃん」

アルル「キミの中では予防接種>アコール先生のお仕置きなの?

アミティ「そうさ」

アルル「大丈夫だって!痛くないから!きっとヤブ医者に当たったんだよ!

アミティ「ほ、ほんとに?」

ラフィーナ「本当ですわよ!全然全く痛くないですから安心して受けてきなさい!

アミティ「本当だね!?;信じるよ!?俺はダイコのこと信じてるからな!?

りんご「あなた達が本当のことを言わないなら私が言ってやろう…!
    注射は痛いもの…その認識をはぐらかす輩は一生号泣…!


アミティ「今日は篭る」

アルル「ああっ!;ちょっとりんご!もう少しで行けそうだったのに!;

ラフィーナ「なんで事実を教えてしまったんですの!?;」

りんご「黙れッ!親友なら……それがどんなに辛い真実でも教えてやるべきだっ!

アルル「本音は?」

りんご「無理やりやらされて涙目になる光景が見たかったから

アルル「たまに君のことがわからなくなるよ……;

ラフィーナ「歳が?」

りんご「ええいっ!;アミティ!じゃあ私も一緒に注射受けますから!

アミティ「えっ、りんご……何億分の1の可能性から生まれた自分の命、粗末にするもんじゃないよ

アルル「赤信号、みんなで渡れば大惨事!ボクも予防接種受けてなかったし行くよ!」

クルーク「じゃ、じゃあボクも!」

シグ「ノリでボクも」

ラフィーナ「ええっと、私も?;」









病院



アミティ「………」

アルル「見てください、天井を見上げては時計を見て、
    髪をくるくるしたり帽子の位置を調整したり


りんご「突然立ち上がったかと思えば、あてもなくグルグル歩いたり

ラフィーナ「み、見てられませんわ…;」

アミティ「ああっ……;なんで病院って待ち時間があるんだろう、もう一思いに殺してよ

アルル「あっ、ヒカルの碁がある!この病院選本いいねー」

りんご「大体の漫画って読んでたら内容わかってくるもんですけど
ヒカルの碁だけは最後まで囲碁のルールがイマイチ理解出来なかったですよ……;


アミティ「うう……」

ラフィーナ「お会計、全部で18000円なんですわね?

アルル「またCMみたいなことやってるし、
    ていうかラフィーナに注射代任せちゃったけどいいのかな

りんご「大丈夫ですよ、『私のカードの限度額は108万まであるぞ』とか言ってたし

アルル「どんだけお金持ってるんだ、あのお嬢様……;



『はーい、アルル・ナジャさーん、アルル・ナジャさん、診察室前でお待ちください』




アルル「おっと、最初はボクだね。行ってくるよ!大丈夫って証明してみせるよ!」

アミティ「お、おおっ!頼もしい!今だけはアルルがとても遠い存在に見える!
     姉貴と呼ばせてください!


りんご「ヘイ!アルルの姐さん!

アルル「いや、ここ煽るところじゃないから。じゃあ行ってくるよ」





『うぎゃぁぁぁぁぁぁあぁお!!;;;』


『ぎゃおおおおおおおん!あーあー!;おーん!』




『あびょぉぉぉぉ!!』





アミティ「」

りんご「あ、あの古代髪型…怖がらせてどないすんねん…

アルル「私は神を信じます」

りんご「アルル!;しっかりするんだ!グーフィー、ご飯だぞ!;

アルル「」

アミティ「」

りんご「駄目だ、完全に放心してる。何されたんですかコイツ

ラフィーナ「アルルさん、起きないと我が家の権力を振りかざし貴方を社会的に殺しますよー

アルル「何その地味に怖い囁き!;くそっ、死んでたまるか!」ガバッ

りんご「グッモーニン、おめめぱちくりした?」

アルル「はっ、ボクは何を……!?;

りんご「記憶が混乱しているようだな、ここは病院です」

アルル「えっ、病院!?;もしやボク大怪我して運ばれたとかそういうアニメ的なことに!?

りんご「どこから覚えてますか?私があなたにチョコを奪われたこと覚えてますか?

アルル「ぜんっぜん」

りんご「じゃあ、私の懸賞で当てたからくり忍者ハグルマン小梅版を
    あなたに貸したまま放置されてるのも?


アルル「すっかり忘れちゃった!」

りんご「そう。じゃあ私があなたからこっそりネコババした43万円のことも忘れてますよね

アルル「覚えてる!;それは明確に覚えてる!!;

りんご「都合のいい記憶だなぁ」

アルル「うーん……ポケモンゼミに落ちてチャリンコ暴走族に入ったところまでは
    覚えてるんだけど……


シグ「節子、それコジロウの記憶や

アミティ「」

りんご「見てくださいよ、このトランプタワーを倒してしまった人のような真っ白な顔を

アルル「燃え尽きてるね」

りんご「あなたが注射中R15指定くらいいきそうな悲鳴を上げたせいですよ

アルル「だ、だって……だってアレ……!!;」



『ふ、フリーザさまー、フリーザさま、診察室前でお待ちください』




りんご「ああ、私です

ラフィーナ「マジかよ

クルーク「なんでそんな恥ずかしいことするんだよ!;見てよみんなの白い目!

りんご「やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいっていうじゃない?」

クルーク「場合にも寄るよ!;何事にも限度があるよ!まっすぐ最強説にだって限度があるよ!

りんご「アミティー、起きろ!起きないと脱がして
    適当なエロサイトに編集してアップしときますからねー


アミティ「されてたまるかァッ!;そんなことされたらあたしはもう人間として見られなくなる!

シグ「ポケモーニング」

アミティ「はっ!;あ、あたしは何を……!?;」

りんご「記憶が混乱しているようだな、ここは病院です」

アミティ「病院……そうだ、確か注射のために来て……で、アルルが死んで……

アルル「待って、今流れるような動きでボクを死人にしなかった?

ラフィーナ「アミティさん…私達が、アルルさんが叶えたかった夢を叶えるんですわ

りんご「天国のアルルのためにも……行きましょう、栄光のロードへ…

アミティ「ストリート生まれ、ヒップホップ育ちのあたしたちの伝説が今始まる…!

アルル「始まらないから!始まらないから!;ボク生きてるからね!?

アミティ「ううっ……懐かしいな、アルルの声が聞こえてくる…

りんご「アルルはいつでも見守ってくれてるんですよ…

アルル「幻聴扱いされてるし!;おい!;なあおい!;

りんご「じゃ、茶番も程々に行ってきますよ」




「あっ、ちょっと!;私そういうのは



「ぎゃおおおぉぉん!!;;おーん!にょおおお!」



「ランペイジ・ジャクソン!ドーシャスライツワンスマオ!!」

「ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!;;;」




「ユニバァァァァァァァァァァァァス!!」






アミティ「」

りんご「私は卑しいメス豚です

ラフィーナ「いったい何が起きてるんですの……;

アルル「りんご、しっかりして!;ほら、起きないとフリスクをピーーにピーーするよ!?;

りんご「されてたまるかァッ!;私はノーマル!ノンケ!実にリーズナブル!」ガバッ

シグ「こんにピカ」

りんご「はっ!?;わ、私は何を……!?;」

アルル「記憶が混乱しているようだね、ここは病院だよ」

りんご「そ、そうだ…たしかアルルにお医者さんごっこセットを注文されて、梱包中に…

アルル「頼んでないからね!?;そんな上級者向けのおもちゃ頼んでないからね!?;

りんご「アルル…悪いことは言いません、やるならせめてフラスコくらいにしとくことだ

アルル「意味わかんないよ!;勝手に好き勝手言わないでよ、
    ボクはキミの破廉恥な通販なんて利用したこと無いね!

りんご「神様、今こいつウソつきました

アルル「うん、今のはほんとごめん






りんご「この後も同じようにラフィーナやシグやクルークがあへあへ言って終わったので
    テンポの都合で省略DA!


クルーク「変なこと言わないでよ!;ていうか全カット!?;各社社会め!





アミティ「さ、最後はあたし…もうダメだ、あたしは死ぬんだ……

アルル「いや、死にはしないよ。うん」

りんご「そうですね……ただひとつ言えることは、死んだほうが楽だったかもしれません

アミティ「ねえアルル。なんかあたし急に足が動かなくなったんだけど

アルル「わーそれは大変だーじゃあ匍匐前進で行けばええんちゃう?

アミティ「ねえアルル。今度は腕も動かなくなっちゃったよ

アルル「それは大変だね、じゃあ転がっていけばええんちゃう?

アミティ「ねえアルル。今度はあたしの身体も動かなくなっちゃったよ

アルル「わー大変だー。じゃあボクが抱っこしていくよ

アミティ「ねえアルル。今度はアルルの手足が動かなくなったんだけど

アルル「それは相当無理があると思うよ

りんご「アミティ、現実から目を逸らしちゃダメですよ。甘えを捨てろ」

アミティ「ねえねえ、あたしって何歳に見える?

りんご「世間話して長引かせようとしても無駄ですよ

アミティ「くっ、こんなの横暴だ!いじめだ!殺されるためにわざわざ向かって行けなんて!

りんご「黙れ!全ては天皇陛下のために!天皇陛下のために死ね!
    そんな世界よりはマシでしょうよ!えっ!?


アミティ「は、はいっ!;」

アルル「や、やったッ!さすがりんご!
    ボクたちが説得出来なかったアミティをあっさり説得してみせる!;


りんご「…いやー、しかし驚きましたね。どういうつもりなんでしょうアレ」

アルル「さあ?登場で壮大に滑った人の救済処置じゃない?

りんご「ひ、ひどい言い方だ…;」







「はい、ではそこに座って」


アミティ「は、はい、下衆野郎

どうしましょう、いきなり患者様にゲス野郎と言われたのは初めてかもしれません

アミティ「って、き、き、キミはっ!!;





イオ「…あれ、アミティじゃないですか」

アミティ「…誰ですか?」

イオ「ひどいですよ、マサルさん。ボクですよボク、イオルですよ

アミティ「いや、だから誰?真面目に誰?タネボー並に誰?

イオ「イオル。愛称イオ。13歳。半鳥半人族。ルナと同じくとなり町に住んでいるが
ルナとの面識はない。アミティと昔出会った。本来の姿は大きな鳥。


アミティ「いや、そんないきなり中二病ノートみたいな設定を暴露されても

イオ「知りませんよ、世の中わからない事だらけです」

アミティ「き、キミが医師?」

イオ「はい。心拍を図りますので服をあげてください

アミティ「へ、変態だー!;

イオ「違います。心拍を図りますので

アミティ「『心拍を図りますので』って言ったら服を脱いでもらえると思わないでよ!?;

イオ「どうしました?顔が真っ赤ですよ?熱冷ましのお薬も処方しましょうか、とりあえず脱げ

アミティ「だんだん本心が見え隠れしてきてるよ!?;絶対に脱ぐもんか!

イオ「図らないと注射の打ちどころがかわりますよ、げへへ」

アミティ「いやゲヘヘ言ってるし!;なんだって医師なんかに!?

イオ「いわゆるご都合ですよ、こんな設定すぐなくなりますよ。
レムレスだってレストランやってる設定がありましたし、
アコール先生も銭湯を開いてる設定がありましたよ


アミティ「いやそんな大人の事情を惜しげも無くサラサラと話されても!;

イオ「はい、お口を開けてください」ピカッ

アミティ「うおっ、まぶしっ!;」

イオ「はい、声を出して」

アミティ「

イオ「……熱は6度五分、体調異状なし……と」カタカタ

アミティ「あ、あのー」

イオ「ふぅ」カッポン

アミティ「げっ、そ、それは注射!;

イオ「はい、動かないでくださいよ。動いて刺す位置が変わると
   割と洒落にならないことになりますので


アミティ「いちいち怖いんだよキミの言葉は!;

イオ「では、いきますよ」











「そぉい!!」ドスッ


「」








アミティ「垂直に……垂直に刺すやつがあるか……」ガクブル

アルル「ヤブだ……ヤブ医者だよ、あれは……」ガクブル

りんご「ま、まあ…とりあえずこれで冬の病気はなんとかなる……はずですよね……

ラフィーナ「ど、どうだか……;」






終われ

季節ネタ。我がブログの過去回をすべて見なおしてスランプ脱出を測りました。

コメント 6件

コメントはまだありません
シーラビット  

私も注射がやや苦手です。
日本脳炎の注射受けてからですかね、あれは痛かった。
以上、学校の保健室から2階の図書室まで脱走し、
捕まったことがあるシーラビットでした。

2011/11/27 (Sun) 12:44 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

シ、シーラビットさんだ!
氷結の天使シーラビットさんだ!
注射は怖いですよね。

では!

2011/11/27 (Sun) 18:51 | 編集 | 返信 |   
キャリー  

おはこんばんにちは、キャリーです

ゴキブリとかメタルスライム並に出現するから慣れてしまったし苦手じゃない(笑)……ってことは、俺人間じゃねぇ……
ああ、アミティが注射しなくていい理由って、バカは風邪引かないの理論ですね
……にしても、垂直に射したらそりゃ痛いだろうな(笑)斜め?から射さないと
以上注射をしてもチクっと感じがするだけで痛く感じないキャリーでしたー

2011/11/27 (Sun) 18:53 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

お前ら人間じゃ(ry
馬鹿は風邪引かないって言うけど、本当なんでしょうかね。
……そういえば俺あまり風邪引かないな……
垂直は痛いですよ、拷問ですよあんなの。決して私が味わったわけじゃありませんよ。

では!

2011/11/27 (Sun) 20:56 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
最近はまってるもの:戦国BASARA←

同級生の友達に進められてやったらはまりましたっ!←
ちょっと前に3dsを親に隠され…ま、私がテスト前なのにネットばっかやってたからですけどね。ちなみに昨日テスト、今日テスト、明日テストの3日間テストです。で、ネットに来れない間友達ん家でBASARA3宴をやっとりましたっ!
で、コメです!私もあまり風邪はひきませんねー。バカじゃないけど←
注射は嫌いです。痛いですもんっ!ま、予防注射をほとんどしないからインフルになると約一週間学校を休んじゃいますねぇ。
ちなみに今はWiiのネットで来ておりますー。
ではーっ!

2011/11/29 (Tue) 14:08 | 編集 | 返信 |   
レイ  
ヘヘヘイ!ヘヘヘイ!

コメントありがとうございます!

久しぶりですねー。
私は最近テイルズオブエクシリアにはまってます。
3DS隠されたんですか。よくゲーム機隠されたとか聞きますが
私は一回もされた事無いですね。
風邪引かないんですかー、羨ましいです!

では!

2011/11/29 (Tue) 21:31 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ