う か ば な い ア イ デ ア

アミティ「……」キョロキョロ



アミティ「…………」キョロキョロ


アミティ「おるかー」コンコン




『おるよー』




アミティ「ってええええっ!?;だ、誰!?誰がいるの!?;ユウレイ!?;

『うん、レイだけど』

アミティ「って、ああ、レイくんか……。;なんでレイくんがココに?」

『いや、違うよ。別にヒマだったから地雷とか仕掛けてないから

アミティ「警察

『はい』






ガラッ


アミティ「おおっ、掃除されてるー!なんで?」

レイ「いや、いくら使ってないからって掃除しないのはどうかと思って

アミティ「れ、レイくん……あたしたちのことをそこまで……」グスッ

レイ「とか言いながらあやクルが掃除してたよ

アミティ「あやクルかよ

レイ「……今日はどうしたの?忘れ物?そういえば此処に
  『男と女の夜の駆け引き』とか『受けの美学』って本が届いてたけど


アミティ「それあたしじゃないッ!;誰か知らないけどあたしじゃないってそれ!!;

レイ「……そう」

アミティ「ねえレイくん。なんで心なしかなんか残念そうなのかな

レイ「なんでもねえよ

アミティ「そ、そうだった!;今日はぷよキューだよぷよキュー!;」

レイ「……でも、みんなの姿が見えないけど」

アミティ「呼ぼうとしたけど全員着信拒否されてたんだよ

レイ「うわあ


アミティ「誰もいないなら一人でできる投稿内容を探すまでよ!

レイ「うわあ」

アミティ「えっと……これはダメ……これもダメ……これも……
     あはは、こうして見るとあたし、本当にみんながいないと何も出来ないんだね

レイ「……アミティ」

アミティ「これも……これも……全部みんなでやることだ……」

レイ「……」

アミティ「あっ、これなんかどうだろう?『in』さんから!

どうも、inです。

まだまだ寒い日が続きそうですね。そんなわけで、
ぷよキューの女性メンバーにマフラーを作らせて下さい。
でもって、その手作りマフラーを誰かにプレゼントさせて下さい。
誰にプレゼントするかは自己判断で。
たまにはこういう企画があっても良いんじゃないでしょうか????
ではでは~。


……とのことだよ!」

レイ「一人じゃないが

アミティ「いや、でもさ!;こういう企画なら皆だって来てくれるはずだって!;

レイ「………どうだか」





アミティ「もしもしー」

『はい、もしもし』

アミティ「うわっ!;プリンプ広場の公衆電話にかけたら出てくるって噂本当だったんだ!;

『……切れるよ?』

アミティ「えっ、何が!?;ごめんごめん!;ていうかアルルって家あったんじゃなかった?

『うん、それなんだけどりんごとの借金設定が混同して
 カオスになってきたので一度リセットするとかどうとか


アミティ「ああ、そういえば別にりんご借金なんかしてないよね」

『うん、そこらへんの勘違いのせいでボクはまた広場送りだよ

アミティ「ねえ、今どんな気持ち?ねえねえ、今どんな気持ち?

『……穴があったら殺したい

アミティ「うん、ごめんアルル。今の日本語はすごく変だよ」

『で、何?ボクは広場の住人となった今をどう生き抜くかで必死なんだよ

アミティ「ああ、それなんだけど。かくかくしかじか」

『マフラーかー。それは面白そうだね、一緒に
うぇぇぇえええええ!?;

アミティ「ぎいゃあぁぁぁっ!!;鼓膜が!鼓膜がァァァァッ!!;」ジタバタ

『ご、ごめんごめん。ぷよキューなんてもう終わったコンテンツだとばかり

アミティ「グサッと来たよ今の一言

『わかったよ、よーし、おるな!いくわ!』

アミティ「ちくわ!」


ガチャン





アミティ「……えっ、最後の方の会話なんだったの?;今のとこ編集でカットしといてね








りんご「貴方を殺せば、チキュウに帰してもらえる。エコロと取引しました

まぐろ「いいよ……もう、好きにして」

りんご「っ……何でも受け入れて……そういうのがムカつくんだよ!」チャキ

まぐろ「………」

りんご「…………っ!」



カチッ


ラフィーナ「ダメッ!!」バッ

りんご「なっ……」

バン


りんご「このっ!」



バン



バン



ラフィーナ「逃げて!」

まぐろ「……」

りんご「くっ」ジャラッ

ラフィーナ「くっ……」ガシッ




アミティ「おっはろー!皆戦じゃ戦じゃー!!」ガラッ



アミティ「………」

アミティ「」






りんご「あら、アミティ。どうしたんですか急に」

アミティ「あばばばばばばばばばば

まぐろ「おや、アミティちゃん★そこはかとなく久しぶり★

ラフィーナ「どうしましたの?アミティさん」

アミティ「しゅらしゅらしゅらしゅらシュララ軍団!!;;

ラフィーナ「∑なんですのシュララ軍団って!;

アミティ「な、なに今の!?;なんか色々と物凄いことになってたけど!?;

りんご「ああ、いえ、ちょっとアルヴィンごっこをですね

アミティ「アルヴィンごっこ!?;ていうか知ってる人じゃないと
     何が起こってるのか全然わかんないよ!;


りんご「では、わかりやすく」






「貴方を殺せば、チキュウに帰してもらえる。エコロと取引しました」

そう言って、りんごがゆっくり銃口をまぐろに向ける。
その冷たい口調が、冗談でないことを示していた。

「いいよ……もう、好きにして」

まぐろはぐったりとうなだれ、呟くようにそう言う。
その目には、もはやかつての輝きは感じられない。

「っ……何でも受け入れて……そういうのがムカつくんだよ!!」

そう言って、りんごは銃をまぐろの額につきつける。
銃を支えるその手は、わずかに震えていた。
まぐろは何も答えず、ただそれを死んだ目付きで見ている。

「…………っ!」

震える手で、指を動かす。





引き金が、引かれた。







りんご「みたいな感じにしたほうが良かったですか?

アミティ「いや、うん。やっぱりさっきのでいいや」

りんご「それで、なんですか?私はこれからまぐろくんにフルボッコされるというアレなプレイを楽しむ予定なのですが

アミティ「しかも勝ちルート!?;

りんご「そいで?」

アミティ「ああ、そうだった!実はかくかくしかじか」

りんご「ぷよキュー?何それ?おいしいの?

まぐろ「キューといえばモンテスキューの書いた『法の精神』についてどう思う?★

りんご「ああ、あれは素晴らしい本でしたね。他にも原油高騰に伴う諸々の値上げと
    サブプライムローン問題が及ぼす株価と経済への影響についての……


ラフィーナ「最近だとTPP問題による農産物や文化への影響、賛成派と反対派の……

アミティ「あ、ごめん、あたしそんな話題につながること言ったっけ?;

りんご「世の中わからないことだらけですよ

アミティ「ほら、この寒い季節!乙女って自覚があるならマフラーくらい作ろうよ!
     あのかの有名な『ルナ・クォルティック』さんだって
     マフラーをレムレスに届けて恋が成就したとかなんとか!!


まぐろ「ごめん、ボク乙女でもなんでもないんで★

りんご「いいえ、まぐろくんは正真正銘天地神明公明正大天下晴れて乙女ですよ!
    女じゃなかったら乙女じゃないと思うなよッ!!


まぐろ「ええええええ★

アミティ「あー、でも確かにまぐろくんがあぐらかいてガハハって所想像できないもんねー

まぐろ「どういう例なのそれは★

ラフィーナ「ありえないことでも、他に可能性がなければ真実になり得るんですわよ?」

りんご「『ハオの卵理論』ですね。何もない(=外的要因がない)空間において、
     ひとりでに卵がつぶれれば、その原因は卵の中にある……興味深い理論ですよ」

まぐろ「あるよ★ボクが乙女じゃないって可能性くらい無数にあるよ★
    後頭良さそうな会話すればごまかせると思わないでよ★


アミティ「おおっ、まぐろくんがツッコミ役を!;

まぐろ「ツッコミ要員がいなくなったせいで毎日苦労してます★」

りんご「さて、今日は何して遊びます?お医者さんごっこ~足を怪我編~でいいですか?

ラフィーナ「さも毎日そういう遊びをしているように言わないでくださいませ……;

アミティ「ええい!;とにかくきたきた!;久々のぷよキューなんだ!;」ぐい

りんご「キタキタ踊りは踊りたくないなぁ






アミティ「というわけで、一部例外がありますが女性陣集まれー!

アルル「わっほい!」

りんご「例外はレイくんとまぐろくんですかー、まあまぐろくんなんて人気過ぎて
    一周回って誰もあげないでしょうしね


まぐろ「喜んでいいのか嘆いていいのか★

ラフィーナ「マフラーですか、毛糸はありますの?」

りんご「はい、ルナから少し拝借して毛糸各種と道具箱、そして
   『アミティでもできる!わかりやすい初心者の編み物』という本を

アミティ「色々言いたいことはあるけどとりあえず後でその本を出版した会社を教えてね

アルル「このひのきの棒みたいなのは?」

りんご「編み棒だとか、マフラーなんて作ったこと無いからよくは知りませんけどね」

まぐろ「ボクは編んだことあるよ★


「「「うええぇぇぇぇっ!?;;」」」



「えええっ★」




アミティ「有効!!;乙女有効!!

りんご「でしょう!?もうこいつ女ですよ!女認定ですよ!;どうせ家では
    クッキーを焼いて午後三時にはハーブティーを飲んで一息ついてるんですよ!!;


まぐろ「えっ、経験者ゼロ?★」

ラフィーナ「編むか!;、普通人生の中で編み物なんて編むか!!;

アルル「そうだよ!そんなことする奴は余程の乙女くらいだよ!;

まぐろ「よってたかって乙女って言われても嬉しくないからやめてね★

ユウ「くっ、乙女って言われて嬉しくないとか贅沢すぎるよこの茄子!

まぐろ「五秒やる。神への祈りを済ませろ」チャキ

ユウ「そ、それはまさかP90……!?;どこでそんなレアモノを……;

レイ「……Personal Defence Weapon、つまり個人防衛火器と分類された
   特殊な形状の銃だね。特殊な弾を使い、強力な威力から非常に重宝されている


ユウ「えっ」

りんご「すみません、まぐろくんは自分の髪型のことを言われると一発でキレるんですよ

アミティ「キミといいエコロといい、いちいち面倒な人が多いねチキュウには

りんご「ちなみにりせぱは自分の身体のことを言われると一発で獲物を食べます

アミティ「コワッ!?;ていうかそれレオナルド

りんご「ストップそれ以上はマジでストップ






アミティ「いーとーまきまきwwwwwwいーとーまきまきwwwwwww

りんご「ひいてwwwwwwひいてwwwwwwwwwwww

アルル「トントントンwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ラフィーナ「笑うな

「「「はい」」」

アミティ「ぐぬぬ、意外と難しいな編み物って!;もうちょいサクサクいくと思ったんだけど

まぐろ「まあ、編むコツさえ覚えれば後はただの作業だよ★」

ラフィーナ「悲しい現実ですわね」

アルル「これって誰かにあげるんでしょ?みんなは誰にあげるー?

ラフィーナ「私はクルークに

りんご「ローエン!!赤飯のご用意を!!

アミティ「合点承知!ラフィーナ覚醒!繰り返す、ラフィーナ覚醒!!

アルル「ついに自分に素直になれたんだね、ラフィーナ!!

ラフィーナ「クルークに『マフラーあげましょうか?はい上げたー』ってやるつもりですわ

りんご「ローエン、ベレッタM92Fのご用意を

アミティ「合点承知。ラフィーナ殺害、繰り返す、ラフィーナ殺害

アルル「幻滅した

ラフィーナ「えっ!?;今の私が悪いんですの!?;

アミティ「で、そういうアルルはどうなのさ!」

アルル「シグだよ

アミティ「あははっ、やっぱりー!やっぱりシェゾにあ……えっ?

アルル「シグだけど」

アミティ「………」

アミティ「」

りんご「∑アミティフリーズ!!;繰り返す、アミティフリーズ!!;

アルル「ちょっとしたプリンプジョークのつもりだったのに!;
    アミティ起きろ!寝たら死ぬぞ!


アミティ「ピーガガガ

アルル「∑いやピーガガガじゃないが!;起きて!起きろ!起きないと殺すぞ!;

まぐろ「アルルちゃん、だんだん過激になってきてるよ★」

ラフィーナ「いえ、過激になっているように見えて何も変わってませんわよ

アルル「冗談だよ、ボクはサタンとシェゾにあげるつもりだけど」

りんご「両刀ですか……。で、本命は?」

アルル「うん、サタンには夜遅く、シェゾには朝早く渡すつもりだよ

アミティ「アルル、それだけでわかったらそいつは天才か大馬鹿だよ

りんご「難解なクイズですね、しかし私はわかったッ!!

アミティ「えええええっ!?;マジで!?どっちなの!?;

りんご「ほら、多分こういうことですよ。サタンは一日の時間ギリギリ、
    つまり義理!で、残るシェゾが本命!



























りんご「えっ、何この空白。私が悪い流れですか?

アルル「な、なんてしょうもない……;;

アミティ「見損なったよ……;;」

ラフィーナ「話の腰が折れましたわ……;」

りんご「∑ええええええぇぇっ!?;違いましたか!?結構ドヤ顔だったのに!;

アルル「いや、違うも何もなんかそれっぽく言っただけで意味はないよ

りんご「返せ!;私の思考に使った時間とプライドと
    金と社会的地位と羞恥心を返せェェッ!!;


アルル「待って!;今さりげなく全く関係ない金をせびらなかった!?;

りんご「それで、アミティは?」スイー

アミティ「あっ、言われる前に投げた!;ずるい!;

りんご「戦略的といってください」

アミティ「あ、あたしは、えーと、えーと…………タルタル!!

りんご「アミティ、私貴方のことがわからないっ!!;

アルル「アミティ……そういう趣味があったんだ……;

アミティ「ち、違うんだ!;弁解させて!;これはシグを除く
プリンプ学校に通っている人間で最初に思い浮かんだ人をあげただけなんだ!!;


アルル「ここはむしろクルーク涙目って言うところかな

りんご「まあ、今は女性陣だけですし今更シグのことバラしてもどうとも思いませんけどね

まぐろ「ねえ、もしかしてボク『女性』のカテゴリーに入れられてない?★

りんご「わかりませんよー、だってほら、最近では性別『秀吉』とかもあるくらいですし、
    性別『まぐろ』かも知れませんよ!?;


アルル「そうだよ!、男なんて戸籍上の話だし証明はできないよ!
    シュレディンガーだよ!!シュレディンガーのネコだよ!


りんご「アルル、あの言い回し気に入ったみたいですね」

アミティ「しっくりきたんだろうね

ラフィーナ「相変わらずナンセンスですわ

レイ「ところでさっきから完全にスルーされている男の僕について一言

アミティ「薄い

レイ「割とグサっと来た

アルル「レイくんは身も心も薄すぎるんだよ、もうちょっと
レイりんでーっす!特技は暗殺、将来の夢はお嫁さんですっ♪』くらい言ってもいいよ」

アミティ「そうだよ、ここの人たちはアクが強いんだし
『おっぱい!おっぱいプリーズ!ギブミーおっぱい!』くらい言っても許されるよ

レイ「絶対に言うもんか






まぐろ「できた★」

アミティ「黒シグの声真似うまいねー

まぐろ「えっ、別にそういうつもりじゃなかったんだけど★

りんご「ていうかはやっ!!;うまっ!!;安っ!!;

アルル「早い、うまい、安い!三拍子揃った自慢の一品です!

アミティ「お求めは0120-2424-4274、0120-2424-4274まで!!

まぐろ「なんて非道の限りを尽くした番号だ★

ラフィーナ「ていうか、前から思ってましたけど『2』のどこをどう読んだら『ぷ』に

アルル「ストップそれは世界の禁句だからストップ

ラフィーナ「はい」



アミティ「あーもうっ!!;モッチョレー!!;キロキロー!!」ガーッ

アルル「落ち着いて、落ち着いてアミティ!!;」わたわた

りんご「編み物って意外にストレス溜まりますねー」スラスラ

ラフィーナ「いや、そんな涼しい顔で言われても……;

りんご「いや、怒ってる時ほど笑顔になっちゃう時ってあるじゃないですか?私みたいに

ラフィーナ「……;;;;」ガクガクブルブル

りんご「よっしゃ、できた」プチン

ラフィーナ「綺麗ですわね、手馴れていたしやっぱり経験あるのでは?;」

りんご「いえ、子供の頃たまにまぐろくんが編んでるのを眺めてたので

ラフィーナ「∑子供の頃!?;






旅に出ます  アミティ

アルル「アミティが外で半裸になってロンダウ語で叫びまくってるけど
    気にしなくていいんだよね


りんご「ストレスが頂点に達したんですよ、そっとしといてあげましょう

アルル「ボクもできたよー、2つ作ったからちょっと時間かかっちゃったかな」

ラフィーナ「まだできてない私に一言

ユウ「半分もできていない私にも一言

レイ「作るかどうか迷って何も手をつけてない僕にも一言

アルル「甘えを捨てろ

りんご「ふむふむ、初めてにしてはなかなかの出来ですねー。基本的には
編み物って最初は失敗するつもりで練習用の毛糸を使うもんなんですが」

アルル「な、なんで上から目線……;」






ラフィーナ「私達も!

ユウ「できたよー!ピースッ!

りんご「ゥアァァァルヴィィィイイイインッ!!」バキボコ

アルル「ジュードォォォォッ!!お前がァァァァァッ!!」ドカバキ

りんご「飛鳥文化アタックゥゥゥゥゥッッ!!」ガスボカ

アルル「地獄の凱旋門ッッッッッッッッッ!!」ドスガキ

ラフィーナ「Oh……」

ユウ「な、何やってるの二人共!;喧嘩はダメ!ノー!
   喧嘩ノー!ノープロブレム!!;


ラフィーナ「ノープロブレムは心配無用って意味ですわよ店員さん!!

りんご「ああ、すみません、ちょっと本気の殺し合いごっこを

アルル「アツかったよ」

ラフィーナ「もうこの人達が何を言っているのかわからない

りんご「すみません、できましたか?これで全員できましたね」

アルル「そうだね、アミティなんていなかった

ラフィーナ「じゃあ、各自それぞれあげたい人の所に持って行くってことで

りんご「ポケサンカンパニー、解s



「ちょっと待ったァァァッッ!!;」




アミティ「ひどいよマサルさん!;あたしを忘れるなんてっ!!;」シュタッ

アルル「あっ、アミティ。今度からはもうちょっとネタっぽい登場セリフを考えてきてね

りんご「冷めるわー。超冷めるわー

レイ「……薄い

アミティ「えっ、今のあたしが悪い系?なの?なの?」

アルル「で、アミティはできたの?ボクは外で野生に帰ってたようにしか見えなかったんだけど

アミティ「野生に帰ってたように見せかけて空中で高速で編んでたんだよ

りんご「スゴテクですけど意味無いですよねそれ

アミティ「ま、まあ何はともあれできたから、それぞれ解散!おーっ!








終われ

あえてあげるところは見せない。各自妄想で補完したほうが面白いですよ。

コメント 6件

コメントはまだありません
フィオッカ  

アミティたちが田舎の人に喧嘩を売っていると判断しました(^^
幼稚園で編み物教えてもらうしやってる家庭多いのに…
私だって小学生の頃長いマフラーを編み棒で編んだんだぜ…

そしてミラ…異世界に忘れ物しちゃダメじゃないか…
……この場合イバルだったりするんですかね、
そうだったらイバルを締め上げてねじ切りますww
アルヴィンごっことかうああぁあぁあじゃないですかw
そこそこじんわりくるシーンが唯のネタにwwww
エクシリアネタ満載の回でしたねw

2011/12/01 (Thu) 19:56 | 編集 | 返信 |   
シーラビット  

ぷよキュー半復活(ですかね?)おめでとうございます。珍しくラフィーナが(いい意味で)いじられていたような?
アミティさんがんばれ、クルークさんは超がんばれ。

2011/12/01 (Thu) 22:14 | 編集 | 返信 |   
チョボ  

何気に初コメですね(•ω•;) ※このコメはちゃんと出来るかのテストです…マフラーねぇ…マミテーにも出来るんだったら私も出来るかな?っていうかクルークどうした!!…まっどうでもいいかww…てなかんじでいいのかな?

2011/12/02 (Fri) 07:09 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>フィオッカさん

アミティ「ヘヘヘイ!ヘヘヘイ!
りんご「ヘイヘイ田舎者びびってる!
私も編んだことあります。相当昔ですけどね。

エクシリアネタ満載なのは仕様です。
アルヴィンネタがやりたかった。後悔はしていない。
あのシーンは本当びっくりしましたよ。レイアェ……

では!

2011/12/02 (Fri) 11:10 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>シーラビット

し、シーラビットさんだ!
氷雪錯誤(フラクタルスリーブ) のシーラビットさんだ!
ぷよキューは(多分)半復活です。不定期になるかと。
全ては(風の赴くまま)気まぐれ。
クルークなんていなかった。

では!

2011/12/02 (Fri) 11:14 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>チョボさん

チョコボのテーマが思い浮かぶクールなチョボさんじゃないですか。
お久しぶりですね。
マミテー……ん?マミテー?
危険信号 SOS SOS SAN値低下 SAN値低下
編み物は練習すれば後は割りと簡単にできますよー。自転車みたいなもんです。
あとなんと言っても面白いです!編むだけなのになぜかはまります。
編み物まともに編んだことないけど。
コメントはどうぞご気軽に。なんでもウェルカム、『あ』だけでもウェルカム。

では!

2011/12/02 (Fri) 11:20 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ