スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かのために強くなれる 誰かのために踏ん張れる

2011/12/11 Sun

アミティ「わん!

アルル「アミティがおかしい

りんご「久しぶりですね、それ

アルル「で、なんで犬ッコロみたいな声出してるの?コロ的な意味で殺せっていうメッセージ?

りんご「大丈夫かお前

アミティ「違うよ、なんで殺されたいがために犬の鳴き声をしないといけないんだよ」

りんご「アルル、怪我は大丈夫ですか?

アルル「え?ああ、大丈夫だよ」

りんご「昨日なんかクルークばりの不幸スキルでドリフのごとくバナナの皮に滑って
    頭コンクリに撃ちつけてさらに上から瓦礫が降ってきてましたからね


アルル「世界が滅んだのかと思ったよ

ラフィーナ「それで、アミティさん?なんで犬の鳴きまねなんか?」

アミティ「ご飯だよ

りんご「アミティ、頭は大丈夫ですか?

アミティ「え?;ああ、大丈夫だよ?;

アルル「ご飯ってどういうこと?『俺の主食は犬だぜ!』ってこと?;

アミティ「違うよ!;犬が鳴いたら餌をあげないといけないんだよ!

りんご「最近、アミティが本気で知的障害になってきましたね

アルル「まあつまり、噛み砕くとメシくれと

アミティ「はい

りんご「ご飯ならここに、某騎士団長と某遺跡マニアと某巨乳ピンクが
    力をあわせて作った料理が


アミティ「お引取りください

シェゾ「腹減ったのか?ならこれ食えよ」

アミティ「ん、ありがと!……これなんてお菓子?」

シェゾ「『富士山の石』

アミティ「イナズマ落としッ!!;」ガッシャーン

まぐろ「人まねはよくないね★

シェゾ「ああっ!;それほんとに食えるんだぞ!?;

※実在します

アミティ「えーと、今日は『いつものひと2の座はわたさない!!!なあかりんご』さんから!

りんご「もう何もかもが遅い気もしますけどね

アルル「思えば結構繁盛したよねー、この企画」

アミティ「正直絶対お蔵入りだと思ってたけど、奇跡もあるもんだねー!」

りんご「投稿のひとつひとつに感謝しましょう!マジで感謝!感謝するでしゅ!

ラフィーナ「えーと……ああ、りんごさんとまぐろさんとシグはどっか行ってください

りんご「3ピーー!?;

ラフィーナ「∑どういう思考回路してたらそんな単語が出てくるんですの!?;

りんご「い、いえ、組み合わせがあまりに絶妙すぎたもので……じゃあ私は
    スタコラサッサと退場してまぐろくんとマリカしてきます!


まぐろ「りんごちゃん、ドリフトくらい覚えようね★

りんご「私カーレース系のゲームは苦手なんだよまぐろくん、
    どうしても事故る光景が目から離れないんだ

まぐろ「?★もしかしてりんごちゃんって車の事故にあったの?★」

りんご「デリカシー。この言葉の意味がわかるかな?ハヤテ君

まぐろ「ごめんなさいでした★」ドゲザァ

シグ「かみさま、こいつらのテンションについていけません」








ラフィーナ「えーと、


はーいハロー久しぶりですねアミテー達。
なぜりんごとまぐろとシグを外へ出したかわかるかい?
今からりんごとまぐろとシグには真っ暗で血がしたたっていて生暖かい風がてい
ていて狭くて暗くて怖くて狭くて暗くて怖くて狭くて暗くて怖い所に、・・・。
そうですねえ、10日くらいでいいです、ぶちこんでください。
んでもって次の中から好きなやつを2つ、選んで3人にやらせてください!
1. 3人のいる部屋にゾンビを100匹くらい押し込む
2. アコール先生とレイくんに何か恐ろしいものを考えてもらってそれを実行す

3. ひたすら肝試し
4. そこにいるメインキャラさんに何か恐ろしいものを考えてもらいましてそれ
を実行する
2つですよ?2つ選んでくださいよ?
あ、食料とかはイナゴとかでいいんじゃないですか?
んで10日たって、部屋から出てきた3人の反応かなんかを調べてくださーーーーい

お願いします!(^∇^)
最近らんらんさんとかそこなへんを目指しているあかりんごでしたっ!


………らんらんさんは最近見ませんわねー」

アミティ「色々言いたいことはあるけどイナゴはヤバイってマジで寄生虫入るって

アルル「そ、想像させないでよ!!;

アミティ「ていうかさっきから咎めてなかったけど文章読むのは
     あたしの役目なんだよクソがァァァァァッ!!;
」ガッシャーン

ラフィーナ「きゃ、きゃあっ!!;そんなに怒らなくても!;

アミティ「真面目な話…あたしもうこれくらいしか役目がないんだよ…;;

アルル「ああ…;」

シェゾ「正直アミティいなくてもりんごとアルルがいればキャラ的に足りるからな

アミティ「デリカシー。この言葉の意味を身体で教えてやろうか?ハヤテ

シェゾ「正直すまんかったと思っている」ドゲザァ

アルル「よし、じゃあクルーク!」

クルーク「えっ、何!?;いきなりご指名!?;話全然聞いてなかったんだけど」

アルル「ちょっとアコ

「さらばだっ!!」


「「「逃すなァッ!!!」」」ダッ




クルーク「ええいっ、通せ!!;もうボクは我が生き血を無意味に散らしたくない!!;

アミティ「ディーフェンス!ディーフェンス!ディーフェンス!!」サササササ

アルル「す、すごい反復横跳びだ!!;」

シェゾ「岩島並のスピードだ!!;

クルーク「くっ、そこをどけろ!!;」

アミティ「カバディカバディカバディカバディ!!

ラフィーナ「アミティさん、カバディは攻撃側ですわよ!?;

シェゾ「突っ込むところはそこなのかよ!;

クルーク「ええい、エキサ●トバイクとエ●シリアの転泡で鍛えた
     ボクの転倒スキルを舐めるな!!;
」ザッ

アミティ「あうちっ!!;」ガツン

クルーク「抜けた!!

アルル「通すな!!

シェゾ「ホーリーシット!!

ラフィーナ「ガッデム!!

クルーク「一瞬の風になれ!!」ダッ

アミティ「スタイリッシュ足掛け!!」ガツン

クルーク「ハイジャンプブーツ!!;」ダンッ

ユウ「ね、粘る!!;」

レイ「(プレート:今日は粘りを見せるぞこのメガネ)」

アルル「こころなしか身体能力が上がってる気がする!!;」

クルーク「ドーピングコンソメスープと神のアクアとエイリア石を服用したボクは
     今まさにバーサーカーソウル!!止められるものなら止めてみろ!!;


アミティ「服用しすぎだよ!;身体壊れるよ!?

クルーク「ボクは今アコール先生のもとに行くほうが壊れると判断する!!;

アルル「くっ、こんな時ボブリアスがいてくれれば…!!;」

レイ「(プレート:みんな『岩島並』あたりから変なテンションだね)」

ユウ「もうどうでもよくなってるんだろうね





りんご「もうマリカーはいいから…;スマブラでもやりましょうよ」

まぐろ「ボクスマブラやったことないんだ★

りんご「人生56%損してるよ

まぐろ「そういうリアルな数字出されると結構傷つくからやめて★

りんご「じゃあアレやろうか、いつものまぐろくん大好きなお手製双六!!

まぐろ「バッチコイ★」





シグ「わびしい









あやクル「騒がしいな、なんだ?

クルーク(魂)「ーーーーッ!!;ーーーーーッ!!;;

アミティ「あやクルナイス!!ナイスアシスト!!

あやクル「あ、あしすと?」

アルル「実はこれこれこういう訳であの3人組をいじめ倒すためにアコール先生を呼びに行こうとしてたんだ

あやクル「私にさりげなくいじめを自白されても

アミティ「ちょうどいいや、ねえあやクル!そのままあたしたちの学校に行って、
     先生に会ったらクルークに変わってよ!


シェゾ「それなら逃げられる心配もないな」


あやクル「よ、よくわからないがわかった。行ってくる

アミティ「うん、頑張ってねー」





クルーク「言い訳を聞こうか」ボロッ

アミティ「やあ、予想通りボッコボコだね

アルル「前から思ってたけど、なんでそんなにボコボコにされるの?;
    腐っても学校の先生だし滅多なことでも言わなかったら…

クルーク「『(シグとりんごとまぐろを)恐ろしい目にあわせてください』って言ったら

シェゾ「お前は俺か

ラフィーナ「主語は大事ですわね……;」

アコール「聞こえてますよー


「「「命だけはぁっ!!;;;」」」ドゲザァ





アミティ「そうだった、いたことすっかり忘れてたよ」ボロッ

アルル「いつもアコール先生になんか聞いてきて終わるパターンだったからね」ボロッ


クルーク「ボク……もう……瀕死……なんだけど……;」ボロボロ

アコール「レイさん、一緒に恐ろしいことを考えましょう♪」

レイ「(プレート:今僕は貴女が恐ろしい、後
    レイさんっていうと色々危ないのでレイくんでお願い
)」

アコール「わかりました、レイくん♪」



アミティ「さて、次はあたしたちで考えようか」

アルル「選出は2と4だね、ボクたちも考えよう」

ラフィーナ「まぐろさんがあちら側に行ったのはせめてもの情けでしょうか…;

シェゾ「ああ、まぐろとアコールとレイが力を合わせたら放送コードが壊れる

アコール「アコール?」

シェゾ「アコール先生、です(泣)」ガクガクブルブル

アコール「よろしい♪」

アミティ「先生ゴキゲンですね、何かありましたか?
     もしかして彼氏でも…ああ、できるわけないですね


アルル「えっ、アミティ?;」

ラフィーナ「アミティさん…自殺はよくないですわ

シェゾ「すまん、お前がそこまで追い詰められていたとは…

アルル「気づけなくてごめんね、アミティ…」ブワッ

ユウ「逢えたらユウレイとして会おうね、アミティ……」ウッ

レイ「(プレート:おや?お仲間が増えそうな予感……)」

シェゾ「その台詞お前のじゃないだろ

アミティ「むちゃくちゃ言うねキミたち!!;アコール先生はこれくらいじゃ
     殺しにかかってこないよ!


アコール「そうですよ、私は優しいんです♪」

ポポイ「アコールは大人ニャから生徒が煽ってきたくらいでは怒らないのニャー」

アルル「えっ、マジで?;なんで?」

アミティ「そもそもアコール先生は怒らせるようなことでも言わない限りは
     普通に優しいし教え方もうまい先生なんだよ?


ポポイ「ニャー」

アルル「こ、怖っ!!;襲ってくるより怖いよそれ!;しかもなんかメチャクチャ笑顔だ!

シェゾ「この『ちからをためている』感が怖い!;まるでびっくりフラッシュのようだ!;

アコール「ニコニコ♪」

アミティ「ね!?怖いでしょ!?ほら、あたしは
     コレいけると思うんだよシグたち怖がらせるのに!


シェゾ「なるほど、アコール先生自ら出陣させるわけか」

アコール「ええ、今日はりんごさんに用があったので一石二鳥です♪」

アミティ「よーし、4はクリアしたね!じゃあ次は
     レイくんとアコール先生でなにか考えて!」

アコール「その前に

アミティ「ほえ?」







アミティ「」ボロボロ

アルル「うわあ、これが半殺しってやつだね

アコール「あまりに自信満々ですしりんごさんが監視してるかと思って
     攻撃しませんでしたが、りんごさんは不在のようですね


シェゾ「ああ…;りんご関係で2回も負けてるからりんご恐怖症に……;

ユウ「いや、でもわかんないよー?;あのりんごちゃん、
   何か此処にも監視カメラ63コくらいしかけてるって言ってたし

レイ「(プレート:鼠の国の珍事を撮ったのもしずちゃんのお風呂シーンを撮ってるのも彼女)」

シェゾ「何者だよアイツ



―――――――話し合いタイム―――――――

アコール「……で………だから……」ヒソヒソ

レイ「……なら………を……」ヒソヒソ









りんご「喰らえ!!最速11手究極連鎖法や!!

まぐろ「中の人ネタだね★

りんご「中の人などいない

まぐろ「じゃあボクはホーリーカウンターちゃん★」

りんご「11手の間にホーリーカウンターとか化け物か貴様

まぐろ「化物といえば化物語だけど、ジョジョ四部で出てきた磯辺焼きってミソ味?★

りんご「大丈夫かお前

まぐろ「あっ、ごめん、ちょっと思考が飛んでた★」

りんご「ねーねー、まぐろくんや!『海』『もやし』『政権交代』のお題で即興落語してよ!

まぐろ「無茶振りすぎる★

りんご「それにしても、アミティたち遅いですねー。この遅さ、
    もしかしてお楽しみタイムに入れということなのでしょうか

まぐろ「たぶん普通に時間かかってるだけだと思う★

りんご「ねーねー、どうせヒマですし最近やってなかったしやりましょうよ!

まぐろ「えっ、仮にもシグもいるのにだめだよ★」

りんご「大丈夫だって、シグに当たらないように調整してくださいよ!」

まぐろ「ええっ★撃つ時そんな暇ないよ★」

りんご「じゃあもういっそ当てちまえ!!

まぐろ「ダメだよ★シグの顔が汚れるよ★

りんご「そんなの私も同じだよ!どうせ後で洗うしいいじゃんよいではないかよいではないか!」

まぐろ「あーれー★」




シグ「ときメモおもしろい





アミティ「アコール先生ー、できましたかー?」

アコール「はい♪私とレイくんの案は固まりましたよ★」

レイ「……おk」

ラフィーナ「じゃあ、りんごさんたちを呼びに行ってきますね」

アルル「そういえば、りんごたちずっと放置しちゃったねー……大丈夫かな

シェゾ「大丈夫って、何が?」

アルル「いや、なんというかこういう時グッドタイミングで
    ガラっとするとたいていお約束が……;


アミティ「大丈夫だって、何もアニメじゃあるまいし。おーい、りんごー!」トントン







りんご「あ、アミティ!遅かったですねー

まぐろ「りんごちゃん速いよ★

りんご「マリカーの仕返しだよ!運動系なら負けないぜ!

シグ「おちゃにごすおもしろい」







アミティ「………」

アミティ「」










アミティ「あわわわわああわわわあわわわ

りんご「どうしたんですか?アミティ、まるでまぐろくんの目のことを
    始めて知った時のような興奮ようですよ」ガラッ

アミティ「さ、さっき部屋でしてたのって……」ガクガク

りんご「ああ、もうすぐ正月ですし」

アミティ「あ、あれがそれでそれがあれであれがあれでキョアァァァァオオオ!!;;」プシュー

りんご「落ち着け窓付き!!;こびとの無意味な虐殺はよくない!!;

アミティ「あわわわわわわあわわ」

まぐろ「これはボクのパソコンで言うとディスクガタガタところかブルースクリーンだね★

りんご「バックアップが欲しい所だ…;

アミティ「いや、うん!?;いやなんとなくわかってたけどえー!?;

りんご「理解しました、部屋でやってたのは羽つきですよ

まぐろ「ボクたち、ゲームブックとか羽つきとかちょっとマイナーな遊びが好きなんだ★」

りんご「最近ではお正月でもやらない所がありますが、私たちは
    お正月以外にも結構やるんですよ、結構白熱しますよー?リスクがありますからね」

まぐろ「手を抜いたりはできないよね★顔がカオスなことに★

りんご「そう!ヒマな時やることと言えば羽つき以外何を想像できようか!!

アミティ「えー、ちょっと残念」

まぐろ「なんで残念そうなの★

アルル「なんか、いっつもこのノリだね……;

シグ「ひまだった」





りんご「まあ、もうイナゴを頬張ることになろうと今更逃げも隠れもしませんよ

まぐろ「無駄なことだってわかってるからね★

シグ「あわてるだけたいりょくのむだしょうひ

アミティ「こいつら悟りすぎだろ

りんご「あと私が苦手なのは非科学的存在即ち霊的現象、
    ポルターガイスト現象などであり別に血とかゾンビとかは平気ですよ


まぐろ「ボクはどっちも苦手かな★ていうかボクがオバケ嫌いって設定よく覚えてたね★
    自分でもついさっきまで忘れてたよ★


シグ「くわしくはこばなしのきもだめしをさんしょう

アルル「もうこいつら人間やめてるね」

シェゾ「だが、そんな台詞が10日後も吐けるかな?さあ、専用部屋にレッツゴーだ!!

アルル「それにしてもこの白髪、ノリノリである

シェゾ「白髪言うな!!、銀髪と呼べ!;

アルル「わかったよ、銀髪

シェゾ「ごめんなさいやっぱりシェゾで

アミティ「なんでそんなノリノリなの?;」

シェゾ「え?いや、ただリア充の不幸が美味しいだけだが

シグ「真性の屑






そして10日後






アミティ「さて、一応皆覚悟しといてね

アルル「うん、手のひらを太陽にを歌いながら一糸まとわぬ姿で
    ライダーキックしてきてもビビらないようにね


ラフィーナ「それでビビらずにいられるかどうか不安ですわ

アミティ「それでは!たのもーーーっ!!」









ガラッ









りんご「あ ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう」(半裸)

まぐろ「るるいえ うがふなぐる ふたぐん 」(半裸)

シグ「いあ いあ」(普通)






ピシャッ


(((受け止められなかった。)))








終われ

久々に長いカオス回。エロ回でもある。

コメント

Secret

No title

アミティって、実はエッチなの?調べてくれ!!!

あれがそれでそれがあれであれがあれでキョアアァァァァァアアオ!!;;だったっけ?

最後のは見ていない見ていなーい!さーあ小話で『合宿』と検索しよーいってみよーおおおおおおおおじゃじゃんじゃんじゃかじゃんじゃんエースコックじゃんじゃん焼きそばそばそばそばそばそばそばそば我々はいつでも貴方のそばにっにっにっにににっにんぽう終われ召喚っ!((((((((
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。