PONPONうぇいうぇいうぇい PONPONうぇいPONうぇいPONPON!

りんご「亡い女を想うと書いて妄想って読むんですよ♪

アルル「え……あ……うん……そうだね……;

アミティ「出オチだったね」

りんご「人の為やら漢字は色々皮肉が多いですねー」

まぐろ「くそっ★くそっ★」カチカチカチ

りんご「まぐろくんまぐろくん、今日は何をやっらっしゃると?」ちらっ

まぐろ「アマゾンギフト券のメールって貰うとちょっと嬉しいんだけど、
    気がつくと期限が切れててすごい悔しくなるよね★
」カチカチカチ

りんご「いやいや、それより500円分をもらった方が使い道に困りますよ

ラフィーナ「突っ込む所はそこ何ですの?;今ポイントですし

まぐろ「……負けた★」プチッ

りんご「あああああぁぁっ!!;まぐろくん!;ダメっ!;最低の行為っすよ!;
    いくら負けたからって回線切断なんて!!;


まぐろ「えっ、チャンネル変えただけだけど★

シェゾ「意味がわからねえ……;

アルル「カタルシスを感じるね

ユウ「カタルシスってなんだっけ?」

クルーク「さあ?なんか名前が片栗粉っぽいし、片栗粉の一種じゃないの?

アミティ「えーと、今日は『歌多音らんらん』さんから!

アルル「ボクは僕音●ンが好きかな

りんご「えっ

アルル「えっ

アミティ「えーっと!

ランラン今日もげーんきにー♪
せーかいてらすほど元気にー♪

…今の歌は気にしな…いわけないか

フェーリの髪型を色々と変えてみてください!

アミティ、大丈夫だよ!あたいはアミティ好きだから!
「イェーイ!」とかけっこう好きだから!フェーリやユウちゃんの方が好きだけ
どね!!
ってわけで、らんらんでしたったった!




………最後いらねええんだよぉぉぉぉおおおおっ!!;;;」ビリビリィ

りんご「で、出たっ!!;

アルル「久しぶりに出た!!;

ラフィーナ「アミティさんの謎のエフェクトが入るお葉書刻み斬り!!;

りんご「はがきは死ぬ!!;

レイ「…(プレート:……ちなみにそれを修復するのは誰か考えて欲しい)」

アルル「そうだよアミティ、わざわざそのたびにレイくんが
    血の滲むような思いをして直してるんだよ


りんご「そうですよ、その白魚のような綺麗な指に傷をつけて……
    増える傷にも動じず健気に直し続けるんですよ……!
」ウッ

アミティ「そ、そうだったんだ……;ご、ごめんねレイくん!;」

レイ「(プレート:絶対に許さない、顔も見たくない)」

アミティ「そ、そんな!;どうすれば!?

アルル「それじゃあまああれだよ。死んでワビよう♪

アミティ「∑嫌だよ!;早いよ!;ていうかなんでそんなにワクワクしてるの!?;
      死ぬのは最後の手段だよ!!;


りんご「どうにもならなくなったら死ぬのはオーケーなんですか!?;

アルル「じゃあ死ぬのが嫌なら土下座しかないね」

アミティ「ど、土下座かぁ……;いつも結構してるけどいざしようとすると緊張するね

アルル「ちなみにロシア人ならロシアンルーレット、フランス人なら断頭台だよ

アミティ「あたし日本に生まれてよかったよ

りんご「いや、だからここプリンプですって……;」

レイ「しくしく」

アルル「さあアミティ!自分のやったことを悔いて
    レイくんに懺悔しなさい!神はきっと許される!


りんご「どこの教徒ですか貴方は




アミティ「れ、レイくん!あの、ごめんなさ

レイ「……ヒーリング



シュウゥゥ(はがきが元に戻る音)




アミティ「……」

レイ「(プレート:ああ、大変だった)」

アミティ「どぅこがじゃぁぁぁっ!!;;






アミティ「はぁ……;はぁ……;フェーリ?珍しいチョイスだね、
そういえばフェーリ好きなんだっけ。ルナとかも。
過去編はしばらくフェーリディスりが続くからキツイかもね

りんご「ああ、そういえばいつの間にか4話目投稿されてましたね……;

アルル「フェーリなら今ルナとレムレスと一緒にクレープ食べてるって言ってたけど」

ラフィーナ「あの三人仲良しですわよね」

クルーク「隣町組だね」

りんご「そうですね。ところでアミティ、夏目漱石の『こころ』という小説があってですね

アミティ「縁起でもないこと言わないでよ!!;この泥棒猫ーっ!!;

アルル「三角関係って死亡率高いよね」





フェーリ「な、何?;いきなりオル●ロス並のスピードで何もわからないうちに
     連れてこられたんだけど


アミティ「ようこそ、こちら側へ」

アルル「というわけで今からキミの髪型を怪獣ポプ●ドンも真っ青なくらい掻き回すからね

フェーリ「えっ!?;ちょ、ちょっとやめてよ!髪の手入れが

りんご「大丈夫ですよ、警察もいきなりイング●ムで攻撃してきたりはしませんよ。
    まずは軽いジョブです







フェーリ「…………;;;」






アミティ「昇天ペガサスMIX盛り

アルル「ジョブどころか右ストレートじゃないか

りんご「人を油断させておいて最初からクライマックスを叩きこむのがリオウなんですよ

アルル「ラウザ●クで難なく避けられてたけどねアレ

フェーリ「ひ……ひどい屈辱だわ………;;」

ラフィーナ「さ、さすがに可哀想ではなくて……?;」

りんご「正直後悔している

まぐろ「つ、次行ってみよう★」






フェーリ「………」





アルル「おっ、ポニーテールだね」

りんご「はい、古代髪型ポニーテールです

アルル「おいお前今なんつった

りんご「『今夜は右脳で抱きしめて』って言いました

アルル「何それ!?;そんなこと一言も言ってないよね!?;

りんご「すみません、『正直後悔している』って言いました

アルル「その後!」

りんご「『すみません、『正直後悔している』って言いました』って言いました

アルル「もっと前!!;

りんご「『いくら私が出オチ主人公とか言われてるとしても
    この扱いは酷過ぎると思うのDEATH!』って言いました


アルル「半年前じゃないか


アミティ「それはともかく、ポニーテールにすると何かオトメって感じで素敵だねー♪

フェーリ「それは私は普段乙女じゃないと

アミティ「はい


フェーリ「素直なのはいいことね。でもその生き方には体力がいるわよ

アミティ「身体…鍛えるよ…;」ボロッ

りんご「ふむふむ、ポニーテールも悪く無いですねー。
でも私『ポニー』って発音がなんか不快で吐き気をもよおすんですよ

アルル「キミそろそろ病院行ったら?;





フェーリ「………はぁ…;」




りんご「じゃっじゃーん!金髪ではないけどツインテールでーすっ!はい!

アミティ「なんで金髪ツインテってあんなに多いんだろね」

アルル「さあ?日本人に黒髪ショートが多いのと同じじゃないの?

アミティ「えっ?

アルル「えっ

フェーリ「あの、そろそろ帰っていいかしら……;」

りんご「今夜は帰らせませんよカエラちゃん!いや金糸雀かしら!!
    キャッホウワロス!イトオテルミー!てるみんマジゴッドノウズ!


フェーリ「……りんご、辛いことがあったら誰かに相談してもいいのよ?

アミティ「キミ、水曜は早く帰るんだね……

アルル「休息も仕事のうちだよ、無理するのは自分にも相手にもよくないよ……?;」

ラフィーナ「ほら、ここに丁度都合よくベッドがありますから…今日はもう休みなさい

りんご「私は大丈夫ですよカテジナさん、元気有り余って
今ならNyanyanyanyaのやつも歌えそうですよ!でもあれ舌噛むんだよ!
噛むというより動かなくなるんだよ!;


アミティ「これはもうだめかもわからんね」





フェーリ「…………♪」



アルル「おっと、ここでフェーリ初の好感触!
ていうかショートヘアー!?;大丈夫なのそれ!?;

りんご「ええ、魔法の力でなんとかなりますよ。多分

アミティ「髪は戻らない。それが自然の摂理

アルル「言ってないから!;プ●セアそんなこと言ってないから!;
    ちょっと違うだけでだいぶ変わるから!


フェーリ「いつも髪が長すぎてちょっと邪魔だと思ってたけど、
     これなら気にならないわね。まあ見た目的にはロングのほうが好きだけど」

りんご「ほう。ところで、今の現代には髪が全く気にならなくなる
   『ナミヘーイヴ』というヘアーが


アルル「どれだけ誤魔化しても●平だよねそれ





フェーリ「………;」





りんご「さあ!あのモグモグゴニョっとフィギュ@された金髪外人
アフリカ原住民も愛用!私も愛用!シェリーも愛用してたような気がする!
そんなロールヘアーです!!じゃん!


アルル「ロールってクセが強いよね、合う人はすごい魅力的だけど
    合わない人はとことんひどい


アミティ「塩ラーメンみたいなものだね

アルル「えっ?

アミティ「えっ」

フェーリ「うーん……;微妙だわ

りんご「おいコラロールなめるなよ!!;ロールケーキ美味しいでしょ!?
ゾンビがいきなりムーンウォークしながら買い物カゴで襲いかかってきたら
びっくりするでしょ!?;えっ!?;
」ぐい

フェーリ「えっ!?;あ、はい!!」ビクッ

アミティ「りんご落ち着いて!それ以上いけない!;ほら、この鎮魂錠を飲めっ!

りんご「んぐっ!?;






りんご「ふう、落ち着きましたよ」

アルル「どうでもいいけど、なにか食べるときの声っていつも『んぐっ』だね

アミティ「なんで今このタイミングでそんな所に突っ込むの?;

まぐろ「そろそろだいたいの髪型をやったんじゃないかな★」

りんご「よし、そうですね。フェーリおつかれー、
    もうハケていいですよー。お土産に半額弁当あげますから

フェーリ「あ、ありがとう?;じゃあね、それなりに楽しかったわ」

アミティ「ふぇーりー!また遊ぼうねー!」ぶんぶん

フェーリ「♪」




アルル「今フェーリは後ろを向きながら軽く手を降ったわけだけど
    こういう動作って小話で表現するの難しいよね


りんご「アルル、今日は絶不調ですね

アミティ「それでは!シーユー★ネクストタイム!」






終われ





恒例のおまけ






フェーリ「……疲れたわ…;

レムレス「あ、フェーリ!おかえり。いきなりいなくなったからびっくりしたよ」

フェーリ「すみませんセンパイ、ちょっと拉致られまして

ルナ「だ、大丈夫?;誰に?もしかしてまたあのヘンタイ?;

フェーリ「いえ、アミティたちよ」

ルナ「なんだ、あのヘンタイじゃん

レムレス「フェーリ、手に何か持ってるけどそれは何かな?」

フェーリ「ああ、半額弁当がどうとか」

ルナ「狼かアイツらは

レムレス「うーん、お弁当にお菓子は合わないね。
フェーリはボクのお菓子とお弁当、どっちが食べたい?」

フェーリ「………そうですね……」






フェーリ「じゃ、両方で

ルナ「あっ、太るよー

フェーリ「旋律の戒めよ、ネクロマンサーの名のもとに具現せよ!!ミスティック

ルナ「待って!;私が悪かったから広場を破壊するのはやめて!;

レムレス「あれ?;ボク2つじゃ合わないから選ばせたはずなんだけど……あれ?;







終われ

最近やっと気づいたんですけど、
『プリンプ広場』じゃなくて『ふれあい広場』なんですね……
まあ今更ですしプリンプ広場で通しますが。

コメント 2件

コメントはまだありません
チョボ  

アミティもイメチェンすればいいのかもね、帽子とか、帽子とか、帽子とか…それとも、他のキャラが濃すぎるのか…まあ、アミテー頑張れとしか言いようがないな

2011/12/14 (Wed) 19:00 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>チョボさん

アミテー好きなのに!帽子がだめなんですかね。
他のキャラは濃すぎだと思うんです、あまいあままとか敵わねえ…

では!

2011/12/14 (Wed) 21:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ