俺の名前は、リア。記憶したか?

アミティ「そういえばさー」

アルル「何?」

アミティ「まだ『ぷよ!!』が発売する前に、あたし
『髪切ったらパンティストッキングみたいにまぐろショックが起きるよ!』って言ったよね


アルル「ああ、そんなことも言ってたね」

アミティ「これ当たってない!?あたし預言者としてお金もらえない!?

アルル「……」

アミティ「どうしよう。アルルがまるでゴミでも見るかのような目で見下してくる

アルル「そうですね。きっと神様はいますよ」

アミティ「あたし無神論者だからね!?;神についての話題出してないからね!?

アミティ「えーと、今日は『キャリー』さんからの投稿!」

アルル「キャ、キャリーさんだ!」

アミティ「絶妙の書きにくさと鬼畜さを備えたキャリーさんだ!」


アルル「えーっと、

レイ君とまぐろ君とユウちゃんとシェゾとアルル除いた元ぷよキューメンバーと
現ぷよキューメンバーで、レイ君とアコール先生とまぐろ君とサタンで考えたア
トラクションに挑んで下さい
当たり前ですが、最下位の人はまぐろ君が考えた罰ゲームをこなしてもらいます
ので
後弱音はいたり、一定時間止まったり魔法使えば強制的に始めからやり直しです
ので
救済として、クルークだけ最下位になっても罰ゲーム無しです、その場合は下か
ら2番目が罰ゲームDA!あ、だからといってクルーク、立ち止まってたらド○フ風
のアフロになる程度の爆破するからな?
じゃあ頑張れー?



………OH…」

アミティ「えーと…元ぷよキューメンバーと…ってことは…?」

アルル「アミティ、りんご、ラフィーナ、シグ、クルーク、エコロ、ラグかな?」

アミティ「な、なんかこれまた絶妙なメンバーだね…;」


アルル「とりあえず呼んでくるよ」







アミティ「これから皆さんに死んでもらいます…」




「「「散開っ!」」」



アミティ「逃がすかァッ!!;」ガシッ

りんご「言い方ってもんを考えろよピート!;
    私はまだやり残したことが638コくらいあるんです!;」

ラフィーナ「いきなり死ねって、どういうことですか?あなたには社会の常識がないのですか?」

アミティ「わかったよ。言い方を変えるよ、
レイくんとまぐろくんとアコール先生が考えたアトラクションをこなしてもらいます」

クルーク「変わってないじゃないか」

シグ「死と同義」

エコロ「あの三人がチカラを合わせたらファウードも一撃で壊されるレベルだよ」


ラグ「?そんなにすごいの?」

アミティ「というわけでクルーク、アコール先生を呼んできてくれる?

クルーク「キミはボクに死ねと?」

アミティ「大丈夫だよ、クルーク。あたしはジョークは言ってもウソはつかないから、
     騙されたと思って!


りんご「そうですよ、クルーク!アコール先生にちゃんと事情を話せばわかってくれます!」

ラフィーナ「そうですわよ。人は見た目と中身だけでは判断できませんわ

シグ「使者役はクルークにしかできない」

ラグ「そうだよ、立派に者の役を果たしてくれ」

エコロ「大丈夫、キミならできる!

クルーク「……ボクはなんていい仲間を持ったんだ、ボクキミ達を信じるよ!
     行ってくるよ!みんな!」



「「「クルークーーー!!」」」










クルーク「騙されたァッ!!;」ゴロゴロ

アミティ「うん、やっぱりこうなったか」

クルーク「ブチ殺すぞコラ」

ラフィーナ「く、クルーク!大丈夫ですの?こんなにぼろぼろになって、おいたわしや…」


クルーク「えっ?;あ、うん、大丈夫だよ、ほとんどかすり傷だし」

ラフィーナ「そうですの…よかった、私が殴れるくらいの体力はまだあるんですわね」

クルーク「ああっ!!;もうダメ!;死にそう!」ゴロゴロ

アコール「うふふふふ♪」

レイ「……ククククク」

まぐろ「エフフフフフ」

アミティ「お前らそんな笑い方じゃなかっただろ」







アコール「じゃあ、まずは軽いジャブということで…」

レイ「あの有名なジャッキーのNGシーンを…」

まぐろ「やってもらおうかな★」

アミティ「ほえ?じゃっきー?」

りんご「ジャッキーってアレですよね、ハリウッドの酔拳使いですよね

ラフィーナ「そのNGシーンって…」







ヒョオオオオオオ




ジャッキー・チェンのもっとも有名なNGシーン、時計台落下NG。
20数メートルもの時計台からの落下シーンで、首の骨を折り本当に死にかけたという。






アミティ「なるほど…ジョブね…」ヒョオオオ

りんご「アミティ…無茶しやがって…」グスッ

ラフィーナ「さようなら、アミティさん。ありがとう、アミティさん」

アミティ(いかん!;この流れ久しぶりに血を見ないと終わらない流れだ!;)

アミティ「あ、あのー、アコール先生?;命綱は…

アコール「当然そんなもの在りませんよ♪」

アミティ「」

りんご「アミティ…すみません、前あなたの大事そうにしていた
    星のカービィ鏡の大迷宮を盗んだのは私です」

アミティ「おい!!;;」

ラフィーナ「私も…あなたの帽子の中に一度だけ泥水を注ぎ込んだことが」

アミティ「なんで!?;;」

シグ「それをいうならぼくもぼうしのなかにカブトムシやクワガタやゴ

アミティ「ねえ!!;君達!?;ねえ!?;嘘だよね!?嘘だよね!?;答えてマイフレンド!」

クルーク「ごめん…本当にごめん…今まで隠してたけどキミの旧型帽子盗んだのボクなんだ」

アミティ「∑返せぇぇっ!;あたしの心の友を返せぇぇぇぇぇっ!!;」

レイ「さあ、それでは後3分以内に飛んで」

アコール「もう飛んじゃっていいですよー」

アミティ「そんなラフに飛べるか!!;」

まぐろ「アミティちゃん、ホネは拾っておくよ★」

ラグ「お葬式にはシャーマンキングのOPでいいよね」

エコロ「お供えはもちろん赤ぷよ帽★」

アミティ「ねえキミたち、何でもうあたしが死ぬ方向で進んじゃってるの?;」

りんご「アミティ、勇気を出してください!大丈夫、あなたならきっと空も飛べるはず!」

ラフィーナ「そうですわよ!あなたにはティ●カー・ベルの守護があるじゃないですの!」

シグ「さあ、いっぽをふみだせ」

クルーク「立ち止まってたら何も始まらないよ!」

アミティ「正論言ってるようだけど自殺を促してるだけだからね!?;」


りんご「逃げるなんて許さないですよ、さあ!飛べ!」

アミティ「う、うう…;あ…あ…」





レイ「あ、ちなみにアミティが終わったら皆にも順番に飛んでもらうから」

りんご「総員退避だ」

アミティ「さっきと言ってることが違う!!;」







アミティ「なんとか紐なしバンジーは逃れられたけど…;

ラグ「その後が地獄だったね」

アルル「へー、地獄ってどれくらい?」ひょこっ

アミティ「あ、アルル。えーと…」

アルル「…」

アミティ「えー……」プルプル

アルル「?」

アミティ「………」ガクガクガク

アルル「……;」

アミティ「…………」ガクガクブルブルガタガタブルガタガク

アルル「もういい!;ボクが悪かったよ!;どれくらいひどい事されたかは伝わった!」


アコール「それでは、最下位を発表です」










アコール「シグくんです!!




「「「な、なんだってーーー!?;;」」」






アミティ「シグかー…;あれは仕方ないと思うよ」

シグ「……」

アルル「えっ?;キミたち一体何されたの?;
    シグなんか藤木くんも真っ青なくらい顔色悪いけど」

シグ「…地獄」

りんご「まあ…あれはBLでもいける私でもさすがに…;」

シェゾ「お前ら本当に何があったんだよ…;」

アコール「というわけで、まぐろさん♪シグさんに×ゲームを考えて挙げてください」

まぐろ「オーケー牧場★」














終われ


最近マジでスランプ…罰ゲームは各自妄想してください


コメント 2件

コメントはまだありません
ホワイト  

一体何があったんですか。
…チッアミティが最下位になりゃよかったのに…。
アミティはあのままおっこってればよかったんだ、あんな奴の存在理由がすけとうだらの次に分からな(

乱文失礼しました。

後リクエスト質問フォームから送っときました。

では。

2011/12/23 (Fri) 11:32 | 編集 | 返信 |   
レイ  

コメントありがとうございます!

>ホワイトさん

アミティ嫌いはみんなネタというよりガチで嫌ってそうだから怖い。
私はぷよぷよキャラ全員大好きですよ、すけとうだらもナスグレイブも骨も。
ただしゲイはタヒね。

では!

2011/12/23 (Fri) 22:29 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ