ぷよぷよ小話!

アミティ「これから皆さんに羽つきをやってもらいます…」

アルル「ううっ、この入り…懐かしい…(泣)」

りんご「すばらしきこのせかい……美しきぷよ小話かな…(泣)」

ラフィーナ「ていうか羽つきですのね……;なんというか、マイナーですわ…」

りんご「バカヤローッ!!」バシーン

クルーク「∑マルタァッ!!;痛ぁっ!?;ぶったね!?
     親父にもおぶられたことないのに!ていうかなんでボク!?」

りんご「羽つきはなぁ……羽つきはなぁ……!;
    みんなの心のキャッチボールができる素晴らしい遊びなんですよ……!」フルフル

アミティ「前から思ってたけど、りんごってヘンなスイッチあるよね…;」

シグ「スイッチはむやみにおしちゃダメ」
アミティ「というわけで羽子板でーす!」

アルル「ていうか、羽つきって2人以上でできるゲームだったっけ?

アミティ「終了

りんご「できないこともないんじゃないですか?、
    ほら、人生ゲームだって2人以上でもできますし

アルル「ごめん。もぉほんとごめん。キミがあまりにもまぶしすぎて…(泣)

アミティ「人生ゲーム、一人でやってたの……?;

りんご「∑うぇええっ!?;人生ゲームって一人でやるもんじゃないんですか!?;

アミティ「ごめんね……ほんとごめんね……(泣)

りんご「えっ、だって自分の人生誰にも邪魔されたくないじゃないですか!;
    だから人生ゲームって名前なのかと……ええ!?;えっ!?


ラフィーナ「りんごさん……今度みんなで人生ゲームをやりましょう……!!

りんご「え、ええ?;はい、わかりました?;えっ、ええ?」

アミティ「おお、慌ててる慌ててる

クルーク「りんごらしからぬ慌てっぷりだね」




アミティ「さて、それでは恒例のじゃんけんたーいむ!!」


「「「最初はグー!ジャンケンポン!」」」

「「「あいこでしょっ!!」」」

「「「勝負でしょっ!!」」」

「「「冒険でっしょっでっしょっ!!」」」

「「「∑なぜかぶった!?」」」

「「「先攻後攻じっけった!!」」」

「「「地方がバレるっ!!;;」」」











アミティ「だから……;大人数でのジャンケンは禁忌の箱だと……;;

アルル「うかつだったね……;どうしようか?;」

りんご「そうだ!、あれを使いましょうよ!だいぶ前やってたアレ!

アミティ「アレ?;何それ?;

りんご「だ、だからアレですよ!;ほら!
    あいこの数で勝負を決めるこの、アレがそれでアレですよ!;


アルル「えー、全然わかんない……あっ!もしかして!」ゴニョゴニョ

りんご「ピンポーン♪アルルチーム一ポイント追加!

アミティ「えー、アルルわかったのー!?;えーと、えーと……」

ラフィーナ「あ、わかりましたわ!」ゴニョゴニョ

りんご「ハズレ!確かに食後のコーヒーは大事ですが名倉にはかなわない!

ラフィーナ「そ、そんな……

りんご「さあ、アミティチームマイナス一ポイントで後半戦突入だ!!」ベベベン





アミティチーム     アルルチーム

アミティ        アルル
クルーク        ラフィーナ
りんご         シグ



りんご「というわけで、何とかチームわけできましたね」

アミティ「なんとも言いがたいまさにランダムチームだね……;

アルル「チームバランスとしては若干アミティチームが不利だけどほぼフェアだね」

クルーク「今更だけどこれジャンケンする必要性全くないよね

ラフィーナ「それどころかチーム分けする必要性すらありませんわよ

シグ「そもそも羽つきやる必要性もない

アミティ「あたしたち人類がこの世に生まれる必要性もなかったんだよ

アルル「つまり宇宙もビックバンもいらない、全て無に帰すべきなんだ

りんご「黙れニュータイプ共






ルナ「レディースエーンドダンスホール!!、やって参りました
   お正月の行事にしてはいまいち伸び悩み気味のマイナー羽つき!
   司会は私、最近地味に出番が増えてギャラおいしいですな
   ルナ・クォルティックがお送りします!ルールは簡単!
   チームに別れて羽つきをしまくります!といってもチームとは名ばかり、
   とにかく誰にパスしてもいいので落とさなければよしとします!
   また、羽子板に5秒以上羽子を待機させるとルール違反で落としたことになります!
   もしチーム内の誰かが落としてしまった場合、
   そいつに墨が塗られる上にマイナス1ポイント!
   最後に残ったポイントの多いほうが勝ちとなり、負けたチームは罰ゲームです!


アミティ「ルナって時々わかんないよなぁ……;」

アルル「肺活量が?

アミティ「ううん、身体の構造

りんご「きっとエラ呼吸なんじゃないですか?

ルナ「それでは、はじめーっ!!」






「「「くたばれぇっ!!」」」


「∑オイ味方!!(汗)」




クルーク「ちょっ、何その変則的な軌道!?;キミら味方だよね!?;」コンッ

りんご「黙れ!俺はじいやとばあやの味方なんだぁぁぁっ!!ジャリボーイ!」コンッ

アミティ「受け取ったっ!くたばれクルーク!、その小汚い顔をふっ飛ばしてやる!」コンッ

クルーク「そこはせめて綺麗な顔って言ってよ!!;」コンッ

ラフィーナ「くたばりなさい、クルークっ!!」コンッ

クルーク「∑くたばってたまるかァァっ!!;
     本当にマックロクロスケになりそうだから!;
」コン

シグ「いやにねばるなー」コンッ

アルル「クルーク、安らかに眠れッ!!」コンッ

クルーク「これで全員か……)」コンッ

ラフィーナ「こ、こいつ……硬いぞ!?;ですわ!」コンッ

アルル「クルーク!;キミもしかして羽つき上手なの!?;」コンッ

クルーク「………フッフッフ」コン…

シグ「……!!」

クルーク「……クハハハハハ……」


クルーク「ハァアアーッハッハッハッハ!!」ゴッ


「「「………!!;;」」」


クルーク「あっ、ごめん。今の昨日のジャンプの思い出し笑い

アミティ「思い出し笑いなら仕方ないね

シグ「うん、思い出し笑いなら許した

アルル「いくらクルークといえど許さざるを得ないね

アミティ「あっはっは。ところでクルーク……」

クルーク「ん?何?」



アミティ「タイムオーバーだよ

クルーク「教えろよっ、畜生!!;」ガンッ





ラフィーナ「さあ、嬉し恥ずかし墨塗りのお時間ですわよ?」

アルル(ラフィーナすっごい楽しそうだなぁ……

クルーク「う、うぅ……変な落書きはやめろよ?;一筆だけだよ?」

ラフィーナ「もちろんですわよ!……じゃあ目を瞑って」

クルーク「う、うん…………」



カキカキカキカキカキカキ



ラフィーナ「ふぅ、終わりましたわ♪

クルーク「∑いまの絶対一筆じゃなかったよね!?(汗)

アルル「(ラフィーナ本当にものすごい楽しそうだなぁ……)」

アミティ「く、クルークっ……ぷぷっ……こ、これは……」

りんご「羽つきって面白いですよね、墨で書かれてるの見ると何でも面白く見える!
    そしてエロスもある!!これぞ羽つき・マジック!!!


クルーク「そ、そうだ!;何書いてあるの!?;自分でわからないんだけど!;」

アルル「『キム・ジョンイル』

クルーク「………(泣)

アルル「じょ、冗談だよ……;そんなマジ泣きしなくても……;;

ラフィーナ「そうですわ、ただちょっと顔にお花を書いてあげただけで……

クルーク「そんな周りくどい嫌がらせするくらいなら
     『バカ』とか書かれたほうがマシだよ畜生っ!!;;






アミティ「くたばれアルル!その顔に『モブ』って大きく書いてやるっ!!」コンッ

アルル「やらせるかっ!、キミこそその顔に丁寧に
    『ゴミはゴミ箱に』の注意書きを書いてやるっ!!
」ゴンッ


「「………(泣)」」

りんご「だからお互い傷つくなら何も言わなければいいのに……(汗)

ラフィーナ「あら、りんごさん!足元がお留守ですわよっ!!」コンッ

りんご「気づいてラヘーナ!;羽つきに足は必要ないと!!」コンッ

シグ「なんせ『羽つき』だからね















アミティ「わ……わー、おもしろーい!は、羽根がついてるから
     足はいらないっていう高度なギャグだよね、わ、わー……すごいなー」

シグ「ちょっと旅に出てくる

アミティ「ああっ、若!;面白かった、面白かったですよー!!;

クルーク「隙ありっ!!」コンッ

アルル「あべしっ!!;

クルーク「よっしゃー!、アルル落としたね!!」

アルル「………ったいな」チッ

クルーク「えっ」

アミティ「ハァ……クルーク。何タダの遊びにマジになってるの?
    同じイージーミスでも自分だけなのと人巻き込むのではワケが違うんだよ?」ペッ

りんご「羽子って結構力あるから普通に暴行罪で警察沙汰ですよね……
    うわー、私第一発見者じゃないですか、こわー
」ハァ

ラフィーナ「まあ、私たちも連帯責任なんかになったら困るから
      今回は黙っておくけど次はないわよ?わかってる?


クルーク「ご、ごめん……」

シグ「ごめんじゃなくてさ。わかってる?、
   今度こんなことになったら注意じゃすまないよ?


アルル「………ッチッ

クルーク「すみません……」

アルル「じゃ、キミの顔に墨塗るよ?いいよね?

クルーク「はい……ってコラちょっと待て!!;
     今会話の流れに明らかにおかしい所がなかった!?;


アルル「よっしゃぁっ!はいと言わせればこっちのもんだよ!

クルーク「∑しかもなんかめちゃくちゃ元気そうだよ!;
     騙したァァアァァ!!;よくも騙してくれたなァァァァァアア!!;





アルル「さて、何を書こうかな……」

クルーク「もう一度言うよ、一筆書きだからね!?;
     それ以上は許されざる禁忌の領域だからね!?;


アルル「わかってるって!そぉい!


カキカキカキカキカキカキ




クルーク「うおおぉぉっ、うおおうぅぇえぉええぇぇぇ……」オロローン

アミティ「見てよりんご、大の男が膝をついて大泣きしてるよ

りんご「今のはアルルが悪い

アルル「ルールなんてぶち壊すためにあるんだよ、それがボクが習ったロックだよ

クルーク「こ、今度はなんて書かれたんだい……?;」

りんご「『焼き芋プー太郎』

クルーク「………(泣)

りんご「だ、だから冗談ですって……;そんな声を押し殺して泣かなくても……;

アルル「そうだよ。ただちょっと引くほどリアルに鶏の絵を書いただけで…

クルーク「もうホントいい加減にしてよ!!;ボクいじめもこれくらいにしてよ!;








アルル「やぁっ!!」

りんご「あうちっ!!;

アルル「よっしゃー、落書き落書きー!

りんご「ちょっと待ってくださいアミティ。何油性マーカー取り出してるんですか

アルル「……チッ

りんご「今チッって言いましたね!?

アルル「言ってない

りんご「言った!」

アルル「言ってない!」

りんご「言ったでしょ!?

アルル「……言った…;

りんご「やれやれ。皆さん、テレビの音量を元に戻してください

アミティ「エターナルグミ編はさすがに誰にもわからないでしょ……(汗)





アミティ「それっ!」

ラフィーナ「くっ!;」コトッ

アミティ「よっしゃー、ラフィーナの顔に落書きやー!

ラフィーナ「うぅ……;ヘンなことは書かないでくださいね?;」

アミティ「大丈夫だよ。ただ『劣化』って書くだけだから

ラフィーナ「ゴライオウ・ディバウ

アミティ「待ったラフィーナ!;カンフーはダメだ!;背骨が砕ける!;





シグ「えーい」

ルナ「あたっ」

シグ「あー、ルナー、おとした」

ルナ「∑ええぇっ!?;私は除外じゃないの!?;ただの司会だよ?;

シグ「そーいうもの?」

ルナ「そーいうもの!!」

シグ「…………」

ルナ「何、その勉強しようと意気込んでシャーペンを手にしたら
   とたんに芯が折れた時みたいな顔


シグ「…………」

ルナ「わかったよ!!;落としたよ!私は落としたよ!;
   もう煮くなり焼くなり好きにして!






りんご「リーヤァァァァッ!!」コンッ

アミティ「なぜ呪文を唱えなかったァァァ!!;

りんご「へっへーん、アミティ落としましたね!お待ちかねの落書きタイム!!」

アミティ「うう……;変なこと書かないでね?;」

りんご「わかってますよ。ただ一筆であなたの顔面を真っ黒にするだけで

アミティ「∑もうちょっと綺麗になるようにお願い!!;

りんご「私だってTSUTAYAで借りたDVDなら綺麗に返しますよ

アミティ「あたしもTSUTAYAのDVDと同じように扱って欲しいなあ

りんご「図々しいですよ、あなたは口を開けばろくなこと言いませんが
    DVDは面白アニメやAVで私を癒してくれるんですから

アミティ「ごめんりんご、今どうしても聞き捨てならない一文が混じった気がする

りんご「ああ、すみません。AVじゃアニマルビデオと混合しますね、アダル

アミティ「帰れぇぇぇぇええっ!!;





アルル「とぉっ!」

クルーク「ひでぶっ!!;

アルル「やったー!落書きタイム!」

クルーク「うう、またボクか……;一筆だよ?」

アルル「わかってるって!……さてクルーク、ちょっとズボン脱いでくれる?

クルーク「キミはどこに何を書くつもりなんだ






りんご「ハァ……;ハァ……;ルナ、現在のポイントは……?;」

ルナ「えっと…;アミティチームマイナス12ポイント、
  アルルチームマイナス12ポイントのイーブン……;


アミティ「よし、次落とした方の負けでいいよね?」

アルル「依存はないよ!」

アミティ「じゃあ、いくよっ!!」


「デスソードォォォッ!!」


「パンサーブリザァァドォッ!!」



「「「これが超次元羽つきだ!!」」」









アミティ「で、結局爆風でどっちが落としたとかそんなレベルじゃなかったと

アルル「じゃー引き分けかー…いいバトルだったよ、アミティ!」ガシッ

アミティ「こっちこそ、アルル!」ガシッ

りんご「おい、羽つきしろよ

ラフィーナ「さあ、さっさと顔を洗いましょう!;
      乾燥して落ちなくなったら割と洒落にならないわ!;



「「「はーい!!」」」







終われ

羽つきは至高。ほのぼのを書こうとしたらこうなった、なんでなんだろう。


コメント 4件

コメントはまだありません
めと  
No title

羽根つきは昔の遊びって感じがします><
シグとルナのところで吹きましたw
落書きがカオスすぎるwww

2012/01/13 (Fri) 00:46 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

羽つきはいいね。羽つきは日本の生み出した文化の極みだよ。
ルナはオリキャラなのにクルークポジなかわいそうなコ。
カオスは褒め言葉です(`・ω・)
余談ですがこれからしばらく毎日小話が投稿されます。
対戦楽しみにしてますー。

では!

2012/01/13 (Fri) 17:00 | 編集 | 返信 |   
埼玉のしマDA  
ももも。

今日、羽根つきを久しぶりに友達としました。面白かったです!ちなみに

俺 された落書き
厨二乙
文字はそれだけでした。あとはどうなったかって?
真っ黒ですよ。隙間なく。顔の半分。
なかなか落ちないんですよコレ。

友達にした落書き
額に「肉」の字
両ほほにグルグルの渦巻き
あと、「厨二乙」と書かれた後、グサッと来たので落書きタイムのときに鼻の穴に筆をグサッとしちゃいました★てへっ★
何報告してるんだろ俺。もうつまらん話は終わりだ!
ってことでSMDAネットワークでした。

2012/01/13 (Fri) 21:24 | 編集 | 返信 |   
レイ  
ふふふ。

コメントありがとうございます!

>しマDAさん

厨二乙。
その気持ちに答えてく、SMDAネットワークでした。

では!

2012/01/14 (Sat) 11:13 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ