スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新章第3話「歌」ぷよぷよ小話…

2012/01/08 Sun

アミティ「産業でわかるあらすじ!

・エコロヤバイ
・イオルとポポイもヤバイ
・未完の塔へGO!

以上!」

アミティ「さあ、やってきました未完の塔……だけど……

アルル「うわあ、なんかラスダンっぽい雰囲気が……;

りんご「今にも青色の雷が落ちてきて演出になりそうですね…;

アミティ「でも発生源はここっぽいね、勇気を出して入るしかないっ!」




スッ(アミティが扉を押す音)


シーン(反応がない音)



スッ(アミティが扉を引く音)



シーン(反応がない音)




アミティ「アァァアアアザァッァァァッァアアアアア!!!!

アルル「アミティ!;アミティ落ち着いて!;アミティ!!;

りんご「あ、開かない……?;どういうことだってばよ……;」

アミティ「開けゴマ!;アバカム!ゼアノート!ブライグ!ディラン!
     エヴェン!エレウス!イエンツォ!!;
」ガンガンガン

アルル「FM追加ムービーはマイナーすぎるよ!!;」ガシッ

りんご「イート・ハイリトー」




ゴゴゴゴゴ





「「∑なんで!?(汗)」」




りんご「イート・ハイリトーはもはやマスターキーですね」







アミティ「……;中に入れたはいいけど……;」

アルル「長い!;とにかく階段がバカ長い!!;

アミティ「エレベーターないのー?;

アルル「あるか!;

りんご「………」

アルル「あっ、今のは『エレベーターないの?』という疑問と
    アルカ文明をかけた高度なギャグで…


りんご「その報告はしなくていいです

アミティ「しかもなんかこの塔揺れてない?;怖いんだけど……

アルル「たぶん上で何か起きてるんだろうね……;怖いわー、セーブポイントないの?

りんご「そろそろボスと思われる所で回復アイテム使って万全の状態にしてたら
    すぐ先に回復ポイントがあった時のやるせなさは異常……;


アルル「あー……;たまにあるね、それ……;」






アミティ「もう……;26階だよ……?;」ゼェゼェ

りんご「頑張れ……;あと少しですよ、なんとなく……;」ハァハァ

アルル「そうだね、なんか揺れも激しくなってきたし……;」フゥフゥ

アミティ「怖いなー……;この階段、デモルト戦前を思い出してイヤなんだよね…;

アルル「いきなりウォンレイがぶっ刺されてて
    ティオが失神してるのはインパクトあったよねー……;


りんご「デモルト、バオウ浴びてもほぼノーダメでしたからね……;化物ですよ…」

アミティ「そして空気が薄くなってきてるんですけどー……;

アルル「酸素ポンプでも持ってきた方が良かったかなー……;

りんご「大丈夫ですよ、ミツルくんだって40階くらい登っても
    平気になってましたし…登ってるうちに肺活量は鍛えられますよ……






ドォンッ




アミティ「っ!?;」ビクッ

アルル「揺れた!;今震度6強くらい揺れた!!;

りんご「急ぎましょう!もうすぐ頂上です!ゴールインホールワーン!!




バッ














アミティ「な、何……これ……!?」

アルル「お、落ち着くんだ……落ち着いて今の状況を整理してみよう




・吹っ飛ばされて床に激突したルナ

・慌ててそこにかけよるレムレス

・中に浮いているイオル~エコロ乗っ取りバージョン~

・ルナの頭に乗ってるポポイ



アルル(……帰りたい…今すぐダッシュで帰りたい……!!;

りんご「な、なんですかこの修羅場……デモルト再来……!?;



ポポイ「おミャーら!何しに来たんだニャ!?

りんご「キエェアァァァァアアヒトリデシャベッタァァァァァァ!!!

ポポイ「∑うるさいニャリ!;今そんなギャグを挟んでるヒマはないニャ!

アルル「な、何何!?;どうなってるのコレ!?

ポポイ「回想入ります






ごにょごにょ


エコロ「ねえ、ぷよ勝負って楽しいよね?」

イオル「……まあ、うん」

エコロ「ボクはみんなを楽しませたいだけなんだー」

イオル「ふむふむ」

エコロ「でも、ぷよ勝負は楽しいけど、みんなを楽しませるには
    ちょっとまどろっこしいよね」

イオル「ふむ?」

エコロ「だから、ボクはもっと大規模にみんなに楽しんでもらうために
    みんなのヒミツの願いごとを叶えようとしたことがあるんだー」

イオル「なるほど」

エコロ「でも、結局いやがられちゃってー」

イオル「そりゃそうだろうね

エコロ「だから、ボクの中では発想を戻して
『みんなが一斉にぷよ勝負すればいいんじゃね!?』ってことで落ち着いたんだ!

イオル「はいそこおかしいよ

エコロ「それにはキミのチカラが必要なんだけどー、協力してくれない?
    世界の半分をやろう!

イオル「お断りします

エコロ「えー

イオル「ナンセンスです


エコロ「そこをなんとか!

イオル「譲れません」

エコロ「どうしてもダメ?」

イオル「ダメです」

エコロ「マジで?

イオル「ガチです

エコロ「本気と書いてマジと読むと先生に怒られるけどマジで?

イオル「どっちかと言うと真実と書いてマジと読んだほうが正しい気もするけどマジです

エコロ「1+1は?

イオル「

エコロ「じゃあ逆に……ボクに協力しないのをやめるっていうのはどうかな?

イオル「何をどう逆にしてそうなったんですか

エコロ「ボクに協力しないで!

イオル「はい

エコロ「絶対?

イオル「しつこいですよ

エコロ「……仕方ないなー」

イオル「ボクはこれから家でイナズマイレブンGOダークをやりたいので帰りますよ

エコロ「いただくぞー、そのカラダ!






ポポイ「……と、こんな感じニャ

アミティ「みんな一斉にぷよ勝負するためにエコロを大量発生させたのか……;

アルル「どうりでなんかところかまわずぷよ勝負を申し込んでくるわけだよ」

りんご「確かにぷよ勝負は楽しいですが、無理やり何度もやらされるのはちょっと……;

アルル「だよねー、ボクも常々そう思ってたんだ……;

アミティ「ってことは、あのダークイオがエコロを大量発生させてるの!?;

ポポイ「そういうことになるニャ。何か黒い影の挙動がおかしいから、
    こっそりアコールのところを抜けだして調べてみたんだニャ

りんご「で、そのことをあくまに報告して、そこからルナたちに伝わったと」

アルル「そうとわかれば話は早い!説得してみよう!




りんご「エロロ!どうするつもりですか!;

ダークイオル『こんなときにまでエロロって言うなー!;

りんご「ほら、バカな真似はしないでさっさと自首しなさい!;カツ丼食べれますよ!

ダークイオル『……そ、それなんだけど、どうやらこのコのチカラが大きすぎて
       暴走しちゃってるみたい★


アミティ「えっ」

アルル「えええええ」

りんご「ええええええぇぇえ!?;;

ダークイオル『このままじゃ、ボクがどんどん増えていって
       何もかもが埋まっちゃうかもー


りんご「ま、またこのパターンかよ!!;最悪だ!;最悪な世界滅亡の仕方だ!;

ダークイオル『あははははー!びっくりドンキー!!

ポポイ「一応、止める方法はあるにはあるニャ」

アルル「な、何何!?ていうかなんかアイツ魔法放ってきそうなんだけど!!;

ポポイ「『深海の魔石』という石をアイツの首元に当てれば、
     黒い影は離れるはずニャ


りんご「えっ?;何!?飛行石!?;なんか厨二な名前な石ですね!

ルナ「ああ、深海の魔石っていうのはコレね

りんご「しかもあなたが持ってんですか!?;ていうかさっき
    ものすごい叩きつけられてましたけど大丈夫なんですか!?;


ルナ「私はさやかちゃん並に回復能力あるから!」

アルル「でも……首元か……;遠いなー



ダークイオル「……ディザスターロアー






ドドドドドドド



「「「∑うわあああぁぁぁぁぁ!?;;」」」





アミティ「う、ううううう撃ってきた!;めちゃくちゃ撃ってきたんだけど!;

アルル「ものすごい撃ってきた!へびいちごでももうちょっと勢い弱いよ!;

りんご「まさにピクミン2のダマグモキャノン常時連射ですね!!;

ルナ「うん、力が暴走してるみたいでイオルの意識がないみたいなんだ」

アミティ「それはまたやっかいな……;しかもあんなに連射されたら塔崩れちゃうよ?

レムレス「そうだよね。だから早くなんとかしないと、ボクたちもこの30階から急落下だよ

アルル「え、ええええー……;





増え続けるエコロ!!徐々に埋め尽くされていくプリンプ!!
そして軋む塔、カウントダウン!!
アミティたちの運命やいかに!?









続け

コメント

Secret

ムシキング「ポポ、私の背中に乗れ!」ポポ「キィャァァシャベッタァァァァァァ!」

話が繋がってきましたね…!?
これからどうなっていくのか楽しみです!
どうなってしまうのでしょうか!?


ここまでの放送は
広がる話、縮む寿命。
さマDAネットワークの提供でお送りしました。


なんか今の気に入った。⊂(´∞` )⊃
では。

コンチュウオウジャムシキング!グレイテストチャンピオンヘノミチ!テッテッテーテ

コメントありがとうございます!

>しマDAさん

このブログにストーリーを期待してはいけない。
さまDAネットワークがなんかツボった。

では!

うおっしゃああああああ!!

来たぁあーー!!! うちの好きな、乗っとり来たあ!うっひゃうあー!ぎにゅぐあっふぅー!!らっほ~~~~~~~う!!!いきててよかったああああああ!!! と、言うわけで、もしかしたらそんな投稿するかも、です! ダークアルルとあやクルは素晴らしい。反対意見は一ヶ月と六時間メロンとハッk(ryダークイオルがどんなのか、見てみたいです!想像してみるか… 『…』は、ゲシュタルト崩壊しようが、カオスだろうが、気にならない素晴らしい記号。  ミルルラムでしたあああああぁ――――――――――――!!!!!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。