スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強え王よ…どんな荒くれも一殴りで黙らせる強え王よ…どんな力にも屈しない最強の王よ!

2012/01/09 Mon

アミティ「うーん……」

アルル「何唸ってるのよ唯」

アミティ「あっ、ねちゃん!」

アルル「ねちゃんじゃないよ♪わちゃんだよ♪」

アミティ「失礼、噛みました」

アルル「いいや、わざとだ」

アミティ「かみまみた!」

アルル「わざとじゃない!?」

アミティ「ファミマ見た?」

アルル「ファミマは見なかった!!」

アミティ「垣間見た」

アルル「ボクの才能を?」

アミティ「マミマミった!」

アルル「もう何も怖くない!!」






りんご「……えっ、何だったの?;」

アミティ「昨日偽物語見たんだよ」

シェゾ「お前はもう何も見るな」

アミティ「今日は『ホワイト』から!

アルル「おっ、久しぶりかな?

りんご「もう誰も呼び捨てにされていることに突っ込まないんですね……(泣)

アルル「えーと……あ、ボクなんか急にステーキが食べたくなってきたな

ラフィーナ「アルルさんは私たちに一体何を伝えようとしているのでしょうか

アルル「つまり出てけってことだよ!、言わせんな恥ずかしい!!」ドンッ

アミティ「あべしっ!!;








アルル「えーと、

まず進行はアルルとハタンとカコロ(かわエコ)とまぐろとウちゃんでお願いしま
す。それ以外の奴等あやクルであろうと出てけ。

「生きていて~ごめんなさい」~いつのまにか~口癖~♪

今回は白ノ娘歌って登場のホワイト???。もう実際にある歌歌ってたら私に確定し
てください。(おま

今から言うペアをラブラブにしてください。
シェゾ×ウィッチ
シグ×アミティ
クルーク×フェーリ
サタン×ルルー
エコロ×りんご
シェル×リルル
ハグ×リティ
ラグ×レティ
あやクル×ホーリー
ぐーたん×スルー
ココロ(怖いエコロ)×りん(大人しいりんご)
ちなみに進行がこのメンバーなのは相手がいなiゲホッゲホッこのメンバーがよか
ったからです。
あとラブラブと言ってもよくイチャイチャしてる感じのですよ。非リア充をイラ
つかせる。
夢オチとか異世界いくとかなしです。いまいるプリンプで行ってください。
あやとクル分離???もうめんどくさい、私の投稿内容は全部あやクルとクルーク分
離してください。

???無論今回も責任とりませんよ?


………さてまぐろ、天下のイケメンのキミが相手がいないって
   言われてるけど今どんな気持ち?ねぇねぇ、今どんな気持ち?
」ハッハッ

まぐろ「殺したいほど妬ましい★

かわエコ「……まぐろ、我々の仲間にならないかい?世界の半分をやろう

まぐろ「……★」パシッ

かわエコ「契約成立だね。よろしく、そしてようこそ!リア充撲滅委員会へ!!」パシッ

アルル「これが友情の誕生なんだね

ユウ「たぶん今日中に崩れるだろうけどね


ハタン「さて、では指定されたペアを手っ取り早くラブラブにするぞ。
    ドラえもん的なやり方で都合をあわせてペアを合わせるか」








シェゾ「……フッ、この洞窟はやはりいい……洞窟は地形の生み出した文化の極みだよ」

ウィッチ「あちょー!!」ドーン

シェゾ「∑ぐはっ!?;オイ誰だ文化の極みを妨害するヤツは!!;

ウィッチ「やりましたわー!ついに捕まえましたわよ、バルトアン…デ……ルタ?

シェゾ「デルタフォースは関係無いだろ

ウィッチ「なんだ、ヘンタイさんですの?;はぁ……逃がしてしまいましたわ……」

シェゾ「おい待て!;お前何か俺に一言言う事があるだろう!?;一言!!

ウィッチ「ヘンタイ死ね

シェゾ「∑違えよ!;今お前が言うべきことは俺への罵倒じゃねえんだよ!!;

ウィッチ「ヘンタイさん、もしここをバルトアンデルスが通ったら
     教えてくれませんこと?、素材集めに必要なんですのよ


シェゾ「∑お前俺と会話する気ねえだろ!!;俺のティータイムを邪魔するな!;

ウィッチ「お願いだ!ヘンタイにはもったいないほどの金をやる!!」ジャーン

シェゾ「∑俺が欲しいのは金じゃなくて謝罪の言葉なんだよぉぉぉっ!!;









ハタン「………とりあえずふたりきりにすればラブラブになる、
    そう思っていた時期が私にもありました

アルル「いや、でも、ある意味ラブラブとも言えないかな?;

まぐろ「さすがにこれはラブラブ無効★

かわエコ「ハタン、次からはもうちょっとこう、
     ボクたちがポケットからガソリンを取り出すくらいのイチャイチャ度でいいよ

ハタン「お前はポケットに何を忍ばせているんだ

かわエコ「ファンタジーさ

アルル「はやく大人になりたいーなー♪




アミティ「ねーねー、シグー」

シグ「マ?

アミティ「ずっと気になってたんだけど、その赤い手ってどこら辺まで赤いの?;

シグ「……しりたい?

アミティ「うん、ぜひ!これが知りたくて夜も眠れず昼眠る毎日だったんだよ!

シグ「授業中の居眠りをボクの左手のせいにされてもなぁ

アミティ「教えて教えて教えてー!教えてくれないと
     紙くずをゴミ箱に投げても必ず外す呪いをかけるよ

シグ「なんて陰湿な脅迫なんだ

アミティ「最初は手で止まってると思ってたけど、ひじまで行ってるしねー。
     ひじまでいったのは最近なの?それとも前から?

シグ「………」スッ

アミティ「∑ドクターストップシグ!!;公共エリアでストリップはダメだ!;
     通報どころか最悪キミの貞操の危険性もある!;
」ガシッ

シグ「……?みたいんじゃないの?」

アミティ「うっ……;で、でも、こんな人目につくところで……」

シグ「思い立ったが吉日ってばっちゃが言ってた」スッ

そういってシグはその上着に手をかけ、続いてベルトを
省略されました。続きを表示するにはここをクリックしても無駄です。







かわエコ「それで?、ガソリンって何℃以上で発火するんだっけ?」スッ

ハタン「∑ダメだかわエコ!;ガソリンはマジで危ないからダメだ!!;

かわエコ「じゃあ、メントスにコーラで……

ハタン「メントスコーラもダメだ!;お前らはアイツらの胃を破裂させる気か!

かわエコ「しまった……ここはウナギと梅干しだったか……!

アルル「ていうか、これはラブラブって言えるのかなー……?;

まぐろ「さあ★そもそもここにラブコメなんて存在しない★次いってみよう★」





クルーク「オンカワキリソワカァ!ピンコロピンコロ!!
ジャンボウゲー!!アピポロピョーン!ブビデ・バビデ・ブーーーーーー!!


フェーリ「………」

クルーク「∑待ったフェーリ!!;これには事情があるんだ!;
     だからそんな人を殺せる冷たい目でこっちを見ないで!!;


フェーリ「……この場合、黒と白の車がいいかしら……それとも赤と白の方かしら?

クルーク「わー待った待った!!;まずケータイを置いて!;
     せめて事情を説明させてよ!!;


フェーリ「……まあ、私も鬼じゃないわ。遺言くらい聞いてあげる

クルーク「ボクこれを最後の言葉にする気はないんだけど

フェーリ「言いたいことはそれだけかしら?、……もしもし、警察

クルーク「違うんだって!!;あれはボクが相変わらずぼっちで机に突っ伏していた時だ!








クルーク「ううぅ……どうせ今日もベンチだ……;

クルーク「ん?、机の中に何か入って……」



『今から書く呪文を唱えればあなたの魔力は100倍になります』



クルーク「!!、こ、これは!;し、して、その呪文とはなんだい……!?」ペラッ

クルーク「ふむふむ。まず全裸になって……

クルーク「外に出て?」テクテク

クルーク「この呪文を叫べばいいと……」




クルーク「こういうことなんだ」

フェーリ「事情はわかったわ。ごめんなさい、私が間違ってたわ」

クルーク「わかってもらえたならいいんだ、勘違いは誰にでもあるさ」

フェーリ「呼ぶのは黒白でも赤白でもなく黄色の車よ

クルーク「∑やめて!!;ボクを精神病院に突き出さないで!!;
      そして救急車仕事早っ!!;
」ピーポーピーポー









ハタン「……おい、なあ、今回の投稿内容ってラブラブ…

アルル「いやー!!ものすごいラブラブだったねー!、ボクも思わず嫉妬しちゃう!!」

かわエコ「あっはっはー!リア充死ね!!即席ホルマリン漬けにしちゃうぞー!」

まぐろ「ホント、びっくりするほどラブラブだね★」

ユウ「ホントホント!!羨ましいなー!いいなー!」

ハタン「∑コイツら認めない気だ!!(汗)」







サタン「ギャーング・オブ・ニューヨーッ!!

ルルー「サタン様、何意味不明なこと言ってますの?

サタン「ワルさ……ワルの主張ってところさ…ルーパー……

ルルー「まぁ……♪そんなサタン様もかっこよくて素敵……♪」

サタン「えっ、途中まではノってたのにそこで崩すのか?;

ルルー「サタン様、実はサタン様に食べて欲しくて作った料理がありまして

サタン「すまんルルー、私は急用を作った。ルルーに呼ばれていたのだ

ルルー「サタン様、混乱しすぎです。急用は作るものではありませんし私はココにいます

サタン「くっ、私の嘘を見破るとはさすがルルーだな……

ルルー「いえ、ですから私は……;」

サタン「ルルー!!私は急用を思い出したっ!この埋め合わせは必ずする、許せルルー!」ダッ

ルルー「ああっ、サタン様!お待ちになって!!」








ハタン「……ラブ

アルル「ラブラブライクライクマイムマイムじゃないか!すっごいラブラブ!!」

かわエコ「いやーオジサマも隅に置けないなー!ものっすごいラブラブだわー!」

まぐろ「これはもう正真正銘天地神明公明正大天下晴れてラブラブカップルだね★」

ユウ「どう誤魔化してもラブラブとしか言い用がないパーフェクトラブラブだね!!」

ハタン「誰か助けてくれ……(泣)」






りんご「えっころーん!」

エコロ「もう乗らないよ」ガサッ

りんご「∑ウボアーーー!?;今あなた後ろの茂みから出て来ませんでした!?;」

エコロ「うん、なんかここらへんからりんごちゃんの匂いがして……」

りんご「行こう伊澄さん。ここももうじき腐海に沈む」

エコロ「待って!;いきなりマシェットだけは!
    ていうかマシェット懐かしいな!(汗)」

りんご「ほら、鞘付きってなんかカッコイイじゃないですか!?
    鞘投げたりしてみたいでしょ!?
    『ギルドのけじめをつけなきゃな』ヒュッパシッって感じで!」キラキラ

エコロ(りんごちゃんって時々わかんないよなぁ……;)

りんご「わかんないのはこの世の中ですよ」

エコロ「そうだね。それはそうと、何でボクの心が読まれてるんだろう」

りんご「それはね……お前を食べちゃうためさあああぁっ!!」ガオー

エコロ「いや、そういうのいいから真面目に何で今ボクの心読まれたの?;;」

りんご「違うんですよ」

エコロ「えっ」

りんご「ほら……私の実家、八百屋さんやってるって言ったじゃないですか」

エコロ「う、うん」

りんご「それでですね、たまに包丁持ちだしてうおあああーとか言ってて遊んでたんですよ」

エコロ「うん?;」

りんご「ある日ですね、包丁を投げて遊んでたら売り物の野菜にザクっと刺さってですね」

エコロ「??」

りんご「野菜が完全にダメになっちゃって、こっぴどく怒られて包丁で遊ぶなって
    釘刺されちゃいましたよ…」








エコロ「えええええ!?;だから何!?安藤家の家庭事情はどうでもいいよ!;
    誤魔化せてないよ!!;それと包丁投げて遊ぶとか危なすぎるよ!!;」

りんご「ああっ、あんな所にUFOが!!」

エコロ「キミボクをサルかなんかと勘違いしてない!?;
    そんなの今時アミティでも引っかからないよ!」

りんご「いえ、本当に未確認飛行物体が浮いてるんですが」

エコロ「ええっ!?;」クルッ





ふわふわふわ



エコロ「∑うわあああマジじゃん!!;りんごちゃん、捕まえに行くよ!」

りんご「合点承知之助城之内!!」ダッ







ハタン「……ラ

アルル「いやー……もう、模範的ラブラブだよね」

まぐろ「殺したいほど妬ましい★」

かわエコ「ほんとだよ、あの美男子許すまじ!!」

ハタン「いや、アイツお前自身だろ……;」

まぐろ「ついでに言うと美男子は言ってない★」

かわエコ「あ?リア充てめえ今なんて言った?」

まぐろ「美男子とは言ってねえっつってんだよ」



バチバチバチバチ


アルル「これが友情崩壊の瞬間なんだね」

ユウ「秋葉ではよくあることだよ」







シェル「………」

リルル「……カクテルの名前でしりとりしようか」

シェル「……スクリュードライバー」

リルル「ば、ば、馬刺しソーダ!;」

シェル「…そんなカクテルないだろ?」

リルル「ありますー!」

シェル「……あるのか?クーポン使える?」

リルル「リルルートから!」







シェル「……うん、今のネタはなしだ」

リルル「やっぱりダメー?;リルルートはいけると思ったんだけどなぁ……;」

シェル「……いや、そのリルルートの部分で一気に冷める。ヒャダルコ食らう」

リルル「また新しいネタを考える必要があるねー…;
    お笑い芸人までの道のりは遠いなー」

シェル「……遠いのはお前の気だと思う」

リルル「ボクはいつでもキミを後ろから狙える位置にいるってこと、忘れないでね」

シェル「……失礼、噛みました」






ハタン「∑いい加減にしろよ!?;こんなのもうただの日常じゃねえか!;
     ていうかあの二人お笑い芸人目指してたのかよ!!」

アルル「何言ってるのさ経営難、あの二人がお笑い芸人を目指してるのは
    中尾衣里さんが5月15日生まれなのと同じくらい有名なことじゃないか」

かわエコ「そうだよ、人間のくずタン」

まぐろ「今時そんなことも知らないとかおっくれてるー★」

ユウ「ヘイ!ピヨ麿!チキン!ヘイ!チキン!!」カモーン

ハタン「コイツらとは縁を切ろう、明日即日絶対に」





リティ「おーい、ハグ!」

ハグ「あ、いちー♪」

リティ「あたしは数字じゃないよ、ハグ」
ハグ「えっ、それくらい誰でもわかってるけど……」

リティ「畜生」





リティ「そういえばハグ、昨日の大雨の時
『ちょっと田んぼの様子見てくる。あと船と川の様子も気になるし。
なあに、すぐ帰ってくるさ。帰ってきたら結婚するんだ』
みたいなこと言ってたけど大丈夫?」

ハグ「だいじょうぶだいじょうぶー♪」

リティ「そっか、ならよかった。もう自殺志願者としか思えなかったから
    びっくりしたよ」

ハグ「でも、かわりになんかシェルがほうたいぐるぐるまきになってたきがした♪」

リティ「そっか。さすがトリッキーの代名詞ハグ、
    フラグ四散とはトリッキーきわまりないよ」

ハグ「それほどでもー♪」

リティ「あ、あそこでガリガリくん売ってるよ。食べる?」

ハグ「……この冬にアイスはちょっと……ないわ……」ハァ

リティ「しまった……ここはスイカバーだったか……!;」

ハグ「雪見だいふくなら許したー♪」

リティ「えー、雪見大福かー……;あたしあれなんか威圧されてる気がして
    苦手なんだよね」





ハタン「愛ってなんだろう」

アルル「コンビニに298円で売ってるものだよ」

かわエコ「それをスーパーで149円で売りだして
     今宵月が赤く染まり飢えた獣が群がって甘い匂いに舌なめずりするんだね」

まぐろ「スタイリッシュ愛争奪アクションだね★」

ユウ「愛は奪い合うものじゃないと思うんだけどなぁ」








ラグ「くそっ、くそっ!!」ピコピコ

レティ「あ、ラグ!やっと見つけた!ねえねえ、聞いて聞いて!」

ラグ「え、何?;今ボクは4倍速マリオをクリアするのに忙しいんだけど!」

レティ「……ラグの口調ってあ

ラグ「ストップレティ。気持ちはわかるけど
   ここまで侵食されたら完全に劣化になってしまう」

レティ「う、うん……;」

ラグ「それで、何?今タイムがものすごいスピードで減ってるから早くしてよね」

レティ「ポーズしろよ……;ねえ聞いて!あたしスタンドに目覚めたんだよ!」

ラグ「バイバイサヨナラロックンロールンベイビー」ピコピコ

レティ「ホントなんだって!;『10』を『0』に変える力を身につけたんだ!」

ラグ「なんだかものすごく使えなさそうな能力だね」ピコピコ

レティ「今やってるキミのマリオの残機っていくつ?」

ラグ「え?10機だけど……お、お前まさか……!!;;」

レティ「えいっ」

ラグ「」テレッテテレーテレン♪




ホーリー「やっほーりー、そこの物凄く目立つ服を着ているあなた。
     あなたは神を信じますか?」

あやクル「信じるも何も会ったことがあるが」

ホーリー「どうしよう…危ない人に出会っちゃった……;」

あやクル「いや待て。本当なのだ、あれは3000年前になるがアルカの女神が

ホーリー「お、おまわりさああぁぁぁんっ!!;」ダッ

あやクル「待てコラァァァァァァ!!!;」





ぐーたん「おい、スルー」

スルー「……」

ぐーたん「……」

スルー「……」

ぐーたん「……」

スルー「……」

カーバンクル「ちくわ大明神」

ぐーたん「あれくらい買えたんですよ」

スルー「あれは私のベンツですけど。」

ぐーたん「誰だ今の」






終われ

しにたい

コメント

Secret

Fire!

おれは・・・レイさんのおかげで今の俺がいるんだ!だから死ぬな、死んじゃ駄目だあああああ





なんなんだ今のはぁ・・・?
死んじゃ駄目ですよ、レイさん。
あ、ちょっとトイレ行ってきますね!
なぁに、すぐ戻ってくるさ タタタ








(このコメント投稿者は行方不明です)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

死ぬな、死んだら死ぬぞ!!!

おおー!ラブラブなような、微妙におかしい日常のような… というか、白フェリとあやクルでよくペア(ぷよ)組むんですけどーっ! そういえば、ぷよぷよ!!ショップで最初になにかいました? オレは、あやクルと白フェリを同時に。選択が先だったのはあやクルです。2番目はリルルでした~(ダルルっぽいので)マイフィールドは7のダルルのフィールドをパシャリ。3DSを満喫、暇さえ無くてもピンズを見る変態と化してるミルルラムでしたあー 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Fire!

コメントありがとうございます!

>埼玉のしマDAさん

あっはっは。おいおい、俺が死ぬわけないじゃないか?
しかしなんだ今の物音は……ちょっと様子を見てくる。
なーに、すぐ帰ってくるさ。帰ってきたらうまいチャーハンをたらふく食うんだ。
そして結婚するんだ。大丈夫、すぐ戻る。





(このコメント投稿者は行方不明です)


では!

Re: 死ぬな、死んだら死ぬぞ!!!

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

男は黙って初手隠し要素解禁安定。


では!

Re: No title

コメントありがとうございます!

>シェナさん

紹介しましたー!

では!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。