太陽は、誰にも怒らない。

アミティ「うあーしぬーうあー」

アルル「せーの!きつね!」

りんご「年金特別便」

アミティ「終了」

りんご「長い……戦いでしたね……」

ラフィーナ「ちくわ大明神」

アミティ「さて、じゃあ今日も元気にぷよキュー始めて行こうか!」

アルル「改めて思うけど『ぷよキュー』ってタイトルセンス皆無だよね」

りんご「誰だ今の」




アミティ「ご、ごめんラフィーナ…;まさかそんなに傷つくとは思わなくて…;」

りんご「よりよい土下座を追求した形、逆立ちをしますから許してください!;」サカダァ

アルル「キミにとっての土下座の頂点は土下寝じゃなかったっけ」

りんご「ただのうつ伏せになんの意味があるの?」

アルル「その言葉、だいぶ前の意味にそっくりそのままクロスカウンターでよぉーしするよ」

ラフィーナ「いいんですの……;どうせ私なんてもう役立たずの木偶の坊なんですの…」

シグ「あなたがしんでもかわりはいるもの」

クルーク「まあ、代わりはいくらでもいるよね」

シェゾ「そもそもラフィーナ自体がルルーの代わりみたいなもんだからな」

まぐろ「ラフィーナからルルー要素を取ったら巻き毛くらいしか残らないよ★」

ラフィーナ「死のう」

アミティ「あああ待った待った!!;ていうかなんで寄ってたかって
ラフィーナがいじめられてるの!?;とうとうラフィーナがクルークポジになる時代!?」

クルーク「いや、みんながやってたから今ならいけるとつい……」

シェゾ「同じ理由でつい……」

まぐろ「イライラしててつい……」

アミティ「みなさん見てください、これが集団心理です」

りんご「えーと、今日はP.N『シェナ』さんからの投稿DEATH!」

アミティ「おー、初めまして!……っていうのもなんかおかしな話だけど」

アルル「シェナって聞くとシェナンドー渓谷思い出すよね」

シェゾ「アルル、そのフリはあまりにも無茶すぎると思う」

りんご「えっと、

始めまして、こんにちは♪
えーっと、私からはですねぇー…皆さんでマ○オの世界に入ってください!
ゲームオーバー=罰ゲームで
全クリ=何かプレゼントを
みたいなものをやってください。ちなみに実況、解説はあやクルとユウちゃんで
、クルークとあやクルは別々。
サタンが、世界を準備。かたずけも。あとの人は強制参加。
ちなみに、ピ○チ姫やマ○オなどの役割はテキトーでいいです!(ピ○チ姫は女装
でも可)よろしくお願いします!

……イエスッ!!」ガッツ


「「「四散っ!!」」」


「「「マグルガァ!!」」」




アミティ「逃しはしない!!空破絶掌!朧と消えろ!灰燼の焔!」ガシッ

シェゾ「畜生ッ!;この投稿完璧だ!;いらねえんだよ『女装可』とか!;
    そんなこと書いたら確実にコイツら男しか選ばねえ!!;」

シグ「……シス、ふたたび?」

クルーク「キミたち考え直すんだ!;シグ以外の男メンバーじゃ
     ビジュアル的にピーチ姫を助けるシーンで感動が120%削がれる!!;」

アミティ「少ない可能性にすべてを賭けるのがマグロ漁なのよ!!」キッ

クルーク「じゃあボクらに構わずキミ早く海行ってマグロ獲ってこいよ!!;」

アミティ「やだなー、まぐろくんならここにいるじゃん」

シェゾ「そのごまかし方はさすがに無理があると思うぞ!?;」

りんご「大丈夫ですって、きっと光子力研究所の研究くらいサクサク進みますよ」

まぐろ「絶対進まねえ★」

クルーク「くっ、逃げるよシェゾ!!;」

シェゾ「ダメだ、鍵がかかってる!;内側から

アミティ「あ、ちなみに逃げたらアコール先生のお仕置きがあるからねー」

シェゾ「もうダメだ…;俺達はここで死ぬんだ……;」

クルーク「くっ、諦めてたまるか!;ボクはまだこんな所で
    (社会的に)死ぬわけにはいかないんだ!;そうだろ!?;」






アミティ「というわけで神聖なる審議の結果、クルークをピーチ姫に

クルーク「ちょっとアコール先生に殺されてくる」スタスタ

りんご「諦めたらそこで試合終了ですよ?」ガシッ

クルーク「安藤先生……女装を……やりたくないです……」ボロボロ

りんご「まるで成長していない……;」

シグ「……クルス」

クルーク「わーわー!!;シグ!;その名前はダメだ!;」

アミティ「?くるす?クルスって、あのだいぶ前の合宿の時
     ポッと現れたシスとクルスのこと?」

クルーク(ちゃっかり覚えてらっしゃいましたか!!;;)

アルル「へー、そんなことがあったんだ。ボク知らないなー」

アミティ「うん、そりゃもう2年くらい前の話だからね」

りんご「まあ、地味に未開の面白い話が聞けたことは置いといて
    久しぶりにサタンの所に行きましょうか!」







アミティ「……というわけなんだ、マスカットサタン」

マスクド「∑誰がブトウだ!;違うよマスク・ド・サタンだ!;覚えておけ!」

りんご「わかりました、デント・サタン」

マスクド「待て。いきなりお前の考えが読めなくなった、
    どこをどうしたらデントになったんだ?;おじさんに言ってごらん?」

りんご「ブドウ→ブドウジュース→デント」

マスクド「わかった。わからないけど」

アルル「マスクド先生、お願いできますか?」ニコッ

マスクド「よし、やろう!!」ワーイ



アルル「……余裕だったね」

アミティ「久しぶりだね、このパターン……;」







ユウ「さて始まりました!スーファミ版スーパーマリオブラザーズを基調とした企画!
   実況は私、光子力研究所のバリアってなんであんなにパリパリ割れるの!?
   セウシルなの!?なユウちゃんと!」

あやクル「私だ、あやクルだ。分離に慣れ過ぎると
     面倒なので少し卑怯な手段を使わせてもらった」

ユウ「へー、どんな?」

あやクル「ええとだな、まずドッペルに私をコピーしてもらい、
     その後にクルークの身体から抜けだしてドッペルを乗っ取るという感じだ」

ドッペル(魂)「ややこしいことするよね、素直にサタンの力借りとけばいいのに。
        ていうかそうしろ身体返せ

あやクル「いや……分離できると便利と思ったが、意外と寂しいものだな……

ユウ「ああ…;話し相手いないもんね……;

あやクル「そうだ、おかげで私は鏡花水月を使って
     話し相手を作ることになってしまったのだ…;






アミティ「では、主人公は当然あたしだよー!」

アルル「アミティって……ネロだよね

アミティ「パトラッシュと共に死んだ天使みたいな人のことだよね?
     あたしが天使ってこと?


りんご「アミティ。現実から目を逸らすな

アミティ「え、違うの?じゃあ、ローマ帝王のような威厳があるってことかなー?

シェゾ「クズってことだろ

アミティ「言った!;あたしが必死に眼をそむけていた事実を
     シェゾが包み隠さず言ったぁーーっ!!;


アルル「ここは元祖主人公のボクがマリオでしょ!、正直キミ需要ないんだよ!

アミティ「何 が 嫌 い か よ り 
何 が 好 き か で 
自 分 を 語 れ よ ! !
」ドンッ

アルル「っ!?;」

アミティ「アルル……あたしはね……皆から嫌われて罵倒されて
     いじめられるのはもう生まれた時から慣れっこなんだよ……


アミティ「でもね……それでもあたしはみんなの心の主人公でいたいんだ……
     この日常を守りたいんだよ……


アミティ「変わらずにいたいんだよ………!!

アミティ「どれだけ嫌われても、罵倒されても、心はあたしのまま……
     心はいつもアミティ!!正義の心だ!!


アルル「アミティ……」グスッ

りんご「おい流されるな

ラフィーナ「何かいいこと言ってるようですがようは
      主人公じゃなきゃヤダヤダってことですわね


アミティ「そんなテッド並に端折った理論を言われても








アミティ「よーし、ステージ1だね!さすがにステージ1で死ぬことはないでしょ」

アミティ「あっ、コインだ!!金だ!金が欲しいっ!!金は命より重い!」コイーンコイーン

アミティ「おや、あそこになにか見えるね」



→クリボー(シェゾ着ぐるみバージョン)


「∑うわあああキノコ!!;;」



アミティ「キノコいやだぁぁぁぁああっ!!;」ダッ

シェゾ(スルーされた!!;)ガーン

アミティ「ふう、1-1はなんとかできたね」

りんご(キラー)「ドーンwwwwwwwww

アミティ「ぐはっ!?;」テレッテレテーテテン♪




アミティ「い、いきなりキラーに迎撃された…;あんなトラップあったっk

りんご(キラー)「ドドンガドーンwwwwwww

アミティ「あべしっ!!;」テレッテレテーテテン♪



アミティ「∑おいマスク!!;キミステージの構造変えただろ!!;

マスクド「当然だ、友人マリオも裸足で逃げ出すくらいの出来だぞ

アミティ「いばるな!;認めるな!;もう残機1しかないんだけど!?;

マスクド「強く生きてください






りんご(キラー)「わほーいwwwwwwww」ドーン

アミティ「見えた!、紙一重で回避っ!!;」ヒョイ

りんご(キラー)「アンドブーメラン」


クルクルクルクル



アミティ(野郎……戻ってきやがった……)グハッ テレーテテテテレン♪


テーテーテンテーテーテテー♪





アミティ「がめおべらったー!

アルル「思ったよりひどかった

まぐろ「罰ゲームとして今日一日語尾に『モジャ』をつけてね★

アミティ「∑地味にキツイモジャ!!;

まぐろ「怨むならシモ・ヘイヘを恨め★

アミティ「くそっ、なんて時代だ!!;株式会社ディンプスに訴えてやるモジャ!

アルル「そういえばさ、ディンプスってテイルズオブザテンペストの他に
    うなれ友情のザケルも作ってたんだよね。なんか運命感じたよ


アミティ「前から思ってたけど、キミの辞書には話の流れって言葉がないの?

アルル「ボクの辞書にあるのはスターフォックス64のアンドルフおじさんだけさ






アルル「というわけで一度死んだら主人公交代!、
    ボクはアミティみたいなミスはしないよ!一発クリアいくぜ!」ダッ

りんご(キラー)「ドラマチック手に入れるまでワンダーランドwwwww」ドーン

アルル「見えた!!リグロンへの道!!」ヒョイ

りんご(キラー)「アンドハーベストwwwwwww」クルクルクル

アルル「帰ってくるの見てしゃがみ余裕でした」



アルル「よしよし、ファイアもとって順調順調♪…おや、あれは何かな」

シグ「………」

アルル「………;」

シグ「………」

アルル(た、倒せない……!!;)

アルル「避けていこう……;」スタスタ

シグ「!!……!」ウルウル

アルル「うっ……!!;」



『シグは なかまにしてほしそうなめで こちらをみている』



アルル「∑ええっ!?;何このナレーション!?;これマリオだよね!?;」

シグ「ぷよぷよ。ぼくわるいシグじゃないよ」

アルル「悪いシグもいるの!?;」

シグ「いるでしょ、そこらへんに適当なのが」

アルル「自分で言ってて悲しくならない?」

シグ「ちょっとウルっときたよガラハドさん」



『シグが なかまにしてほしそうなめでこちらをみている!』



シグ「いれていれてー」

アルル「おい、マリオしろよ」






ユウ「あー……暇だねー」

あやクル「あっち異次元飛んでるからなー」

ユウ「一応ここから様子は見えるんだけど、
   なんかシグとりんごが仲間になってるしアミティが
  『ここはあたしに任せて先にいけ!』とか言ってるしどうなってるのかなー」

あやクル「さあ?いつもの設定ミスだろ?」

マスクド「というわけでグダグダなままインスパイア★ザ★ネクストだ!!」









終われ

ああ、もうダメだ……(´・ω・`)




コメント 2件

コメントはまだありません
ミルルラム  
生きろ。

ま、まりを……;土管工は土管工らしく土管修理してろy(ナイフ投 そういえば、オレが送ったのってどれくらいあって、あとどれくらいで読まれますか?ステーキステーキ!ミルルラムでした~

2012/01/10 (Tue) 19:30 | 編集 | 返信 |   
レイ  
死ぬ。

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

近日に(`・ω・´)
催促入ってすぐやるとさすがに持たないレイでした。インスパイアザネクスト

では!

2012/01/10 (Tue) 20:40 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ