「ステマステマステマ」「効いてる効いてるww」「よほど都合が悪いようだな」

アミティ「ステマ乙

アルル「シリアスだったのに第一声がそれかよ

アミティ「効いてる効いてるww

アルル「アミティがおかしい

りんご「多分流行りに弱いミーハーちゃんなんですよ

アルル「流行りと言えば、一時期シャツの重ね着が流行ったよね

りんご「どんだけ昔の話してんですか…;

アミティ「よほど都合が悪いようだなwwwww

ラフィーナ「アミティさん、どうしましたの?;もうカメラ回ってますわよ」

アミティ「効いてる効いてるwwwwww

ラフィーナ「骨まで燃えろ

アミティ「ごめんなさい。心の底からごめんなさい」ドゲザァ

シグ「すてまってなに?」

アミティ「今のナウでヤングなトレンドだよ

シグ「なう?」
アミティ「えーと、今日は『キャリー』さんからの投稿だね!」

アルル「おお、久しぶりー!伝説ポケモンキャリーさん!

りんご「えーと、

元、現ぷよキューメンバーで闇鍋……すでにやったかな?、闇鍋をやって下さい
。すでにやったなら普通の水炊きで
やってないなら闇鍋で、ちゃんと食べ物を持ってくる事、毒を含む食べ物や化学
物質、青酸カリとか薬物や生き物(オニオンとか)持ってきたらフルボッコ投稿を
送ります

では


……闇鍋はすでにやりましたが個人的にはまたやってもいいかな的な気持ちもありますね」

アルル「そういえば、Zeroさんあれ以来投稿くれないねー……(汗)

アミティ「泣くなアルル、ぷよキューは出会いと別れの場…そういうものなんだよ…

シェゾ「厳しい現実だな」

アミティ「じゃ、今日はフツーの鍋で行ってみようか!」

シグ「みずたきってなに?」

りんご「オーキド博士が最初にくれるポケモンの3匹の中の1つですよ

アミティ「それは水タイプ

りんご「じゃあ、積もり積もったぷよらーの恨みがぶつけられた例のブログ

アミティ「それはみずスタ●●

りんご「じゃあ、マグマ団とアクア団のイベントが見られる」

アミティ「それは流星の滝

りんご「じゃあ、鈴木さんことサイネリアさんの親友で尾崎さんがプロデューサーの」

アミティ「それは水谷

シェゾ「なんだこの流れ




アミティ「で、水炊きってなんだっけ」

アルル「何言ってんだこやつ

りんご「えーと、博多の鍋料理みたいですね。まあ適当に何でも入れれば
    いいんじゃないですか?」

アミティ「そうだね、もともと闇鍋だったしルールなんて飾りですよ!
     エライ人にはそれがわからんのです!


りんご「というわけで各自家から『食べられる』食材を持ってきてくださいな!
    いいか、もう一度言う!!『食べられる』食材だ!
    笑いを取るのは『ビッグ・ボイン』だけだ!;後の11人はカッコイイのを頼む!




「おおおぉおおっ!!」







りんご「持ってきたな!?

アミティ「うん、バッチリバチバチだよ!」

アルル「……ばっちりばちばち?;

アミティ「えっ、テイルズオブハーツ知らないの!?;

ラフィーナ「パーペキですわ!

アルル「そしてラフィーナ、さすがにパーペキは古いと思うよ!?;

ラフィーナ「えっ、そうかしら?;

シグ「なんかよくわからないからとりあえずムシもってきたー」

アミティ「オーケーシグ、月曜日の夜が終わったら次の日は何曜日だか覚えてるか?

シグ「かよーび?」

アミティ「オーライお前にしちゃ上出来だ。月曜の次は火曜日。
     火曜日の前の日は月曜日。これは雨が降ろうとイエスキリストが口から
     メイちゃんを吐き出そうと未来永劫変わらない絶対的常識だ。ここまではわかる?
     たとえ理解できなくてもそういうことだと脳味噌にナイフで刻み付けておけ


シグ「う、うん」

アミティ「そしてここらが本題だが、昆虫をお鍋に入れたら昆虫と人間は死ぬし
     お鍋はあたしたちをまもなく確実にブッ殺す。
     これは雪が降ろうとブッダが手からカセギゴールドの台本を出そうと
     未来永劫変わることの無い宇宙規模の法則だ。
     なぜ?なんておこがましいことを考えるなよ?
     『昆虫は お鍋に 入れちゃ いけない』
     それさえ知ってりゃあたしたちはとりあえずすぐには死なないし、
     誰かが悲しむこともないオールハッピーウィアザワールドってなもんさ


シグ「………」

シグ「???」ポカーン

アミティ「さて、東宮ぼっちゃんのしつけも済んだし本題入ろうか

りんご「はい、まあ、と言っても鍋なんて材料入れてコトコトするだけですがね」

シェゾ「……その前に、おいシグ。お前ムシ以外はなんか持って来てないのか?;

シグ「えーと、もしもの時のためにロープと台とバナナを

シェゾ「お前はどんな事態を想定してその3つを持って来たんだ

アミティ「そしてそのアイテムには何か謎の既視感が……(汗)

りんご「あーもう!;こうなりゃバナナでも何でもいいからさっさと始めましょうよ!;

クルーク「そうだね、もう元々闇鍋だったしルール無用でいいよね」

りんご「各自持って来た食材を入れよ!、タマムシシティのポケセンで左端に行って
    レポートしちゃった時くらいに取り返しはつかないぞ!


アミティ「よーし!もう何でもいいや!死なばもろとも!入れちゃえー!





トポッ(クルークがキノコを鍋に入れる音)




アミティ「俺は怒ったぞクルークゥゥゥゥゥゥ!!;」ガッターン

クルーク「うわああぁっ!?;アミティがいきなりボクを押し倒したー!!;

アルル「だ、ダイレクトアターック!!;」

クルーク「畜生!;もしこの状況で命の危険がなければ泣くほど嬉しいのに!!;

アミティ「キミはあたしがキノコが大の苦手と知っての行動か!;
     当て付け!?;当て付けなの!?;バカ!きのこの山!クルーク!!


クルーク「待って!;その言い方だとまるで『クルーク』が罵倒用語みたいじゃないか!;

アミティ「えっ、そのつもりだけど」

クルーク「えっ

アルル「当たり前じゃん、ボクならクルークに例えられた時点で死を選ぶよ

りんご「シャアに例えられたら嬉しい、クルークに例えられたら悲しい、これは
    工藤新一がコナンなのと同じくらい有名なことですよ


クルーク「そんなに有名なの!?;ていうかボクだっていい所あるでしょ!?;

ラフィーナ「ぷよ勝負も弱くてゲームも出来なくてその上性格も最悪と来た」

クルーク「べ、勉強とか!

アミティ「勉強できても性格悪かったら最悪だしクルーク頭悪いし

クルーク「」

りんご「あっ、そうだ!ダメガネほど歌が下手なヤツ滅多にいませんよ!

クルーク「」

りんご「にゃっはっは、やっぱりあれだね!貴方ダメ人間ですね!!

クルーク「」

りんご「明日に向かって~♪ワン・トュー・スリー~♪

アミティ「込み上げてくる涙を何回拭いたら~♪伝えたい言葉は届くだろう~♪





アルル「さて、じゃあ気を取り直して次の食材!」



トポッ(アルルがカーバンクルを鍋に入れる音)



サタン「俺は怒ったぞアルールー!!;;」ガッターン

アルル「∑うわあぁああっ!?;サタン今どこから!?;

サタン「いや、普通に玄関開いてたし……

りんご「ああ……;そういえばアルルってカーバンクル虐めてるんでしたっけ…;

アルル「そのような事実は認められておりません

サタン「それよりアルル!;カーバンクルちゃんを鍋に
    ボッシュートとはどういうつもりだ!?;」

アルル「いやほら、マスコット的な意味でマスカットな味がするかなと

サタン「お前 それで納得する人類がいると思ってんのか

アルル「キミ人類じゃないじゃん

サタン「おおっと、これは一本取られたな!さすがアルル!我が后にふさわし

アルル「あっ、後ろにルルーとリデルが

サタン「駆け抜けろ星のようにっ!!;」ダッ






アルル「さあ、邪魔モノも行ったし、続行しようか」

アミティ「今現在鍋の中身はキノコという絶滅して欲しい菌類と
     蒸発していく謎の生物一名の微妙な均衡状態で保たれている


ラフィーナ「この時誰もがその終末を予想した

りんご「しかし、安藤りんごの眼の光いまだ失われず

まぐろ「そう、彼女は勇者★白金の勇者★

りんご「行くぜぬるりと!リンゴとハチミツを用意しろ!!

アミティ「えっ、りんごとハチミツならもうここにあるじゃん

りんご「超高度なエロ発言をありがとう

アルル「しかしりんご、どうするつもり?リンゴとハチミツと言えば
    カレーにピッタリの組み合わせだけど…」

りんご「フフフ、アルル。私はあなたのことを高く評価していますが
    まだまだ場数が足りねえな…逆に考えるんだ、今の鍋の状況を考えるんだ!




・キノコ
・カレーのにほひのする生き物


りんご「そう……この2つとリンゴとハチミツが織り成すもの……!」

アルル「はっ……!!;ま、まさかキミってヤツは……!!

りんご「もういっそカレーにしちまえばいいんですよ!!

アルル「な、なんて逆転の発想だっ!;高嶺清麿も真っ青だね!!

シェゾ「さすがりんご、神算鬼謀すぎる!日本の金融システムより完璧だ!

シグ「わんだふぉー、いえすいえすいえす

アルル「これからは安藤りんごの時代だね!

レイ「…(プレート:盛り上がっている所悪いんだけど
          投稿に背いてるのでそういうのはダメ
)」

クルーク「次の曲は折笠富美子で『Destiny -あの日に帰ろう-』






アミティ「さて、ではカレー案はなしとして次の方ー」

シェゾ「よし、じゃあここは無難に俺が」




トポッ(シェゾが闇の剣を落とす音)



闇の剣「俺は怒ったぞアルージーーーーー!!;;」ジャバァ

りんご「キエェァァァアアァァシャベッタアァァァァァ!!

闇の剣「我が主よ!;私をこんな熱闘甲子園に落とすとはどういうつもりだ!;」バシャバシャ

アミティ「ウワアァァァマァタシャベッタアァアァッァァ!!!

アルル「キエェァァァァァアアアアアアアア!!

シェゾ「次の曲は谷本貴義で『君にこの声が届きますように』

ドサクサ妖精「ダイッコンッランです!!;ダーイコンランッ!!」ダイコーンラーン

クルーク「ええい、なんだキミは!;帰れ!;ジミナ村に帰れ!!;

野口「と、隣のクラスの野口だけどアサガオの観察日記を一緒に……」

シェゾ「知らん!;お前なんか知らん!;帰れ!;隣のクラスに帰れ!!;

アミティ「ねえねえ、なんで今闇の剣喋ったの!?;腹話術!?;それともキッド的な?

りんご「ああぁぁ!;危なァーいッ!;暴れている闇の剣の矛先がカーバンクルに!;

アルル「当たる当たる!;危ないって闇の剣!(惜しい、あと少しで切り裂けたのに!)

クルーク「あれ、今見えてはいけないカッコの中が見えてしまったような

シグ「次の曲はえちうらで『今日より明日は』








シェゾ「……というわけで、闇の剣は普通に喋れるんだよ」

アミティ「はー、知らんかった……;

アルル「そういえばそんな設定もあったっけ、よく覚えてないや」

シェゾ「そうだ、コイツが『問おう、あなたが私のマスターか?』
    的なことを言ったせいで俺は悪の道に……;


りんご「えー、どっちかと言うとそこは『お前…この本を読んでみろ』でしょ?

シェゾ「お前ガッシュ好きだな……;

アルル「さて、シェゾはなんで鍋に凶器を入れようと思ったの?」

シェゾ「いやー、魔が差したと言うかー、ええ、でもまあ、みんなやってますよ、ええ

クルーク「いやー、あの人ならいつかやるって思ってましたよー(副音声)

アミティ「ねぇアルル、もしかしてシェゾの住処に注射器とか転がってたりしない?

アルル「失礼だよアミティ、シェゾはナチュラルでこれなんだ

アミティ「それが失礼になる意味が分からない



現在

・キノコ
・カーバンクル
・闇の剣








ラフィーナ「そぉい!」




トポッ(ラフィーナが斧を落とす音)




アミティ「俺は怒ったぞラフィーナァァァァァァア!!;」ガッシャーン

ラフィーナ「えええええぇっ!?;結構会心のギャグでしたのに!;

アミティ「なんなの!?;キミは何を期待して斧を落としたの!?;女神でも出て





コオオォォォォ




女神「私だ

アミティ「お前だったのか

女神「また騙されたな

アミティ「まったく気づかなかった

女神「暇を持て余した

アミティ「神々の

「「遊び」」






女神「あなたが落としたのはこの金のアミティですか?
   それともこの銀のアミティですか?


ラフィーナ「どうしよう、突っ込みどころが多すぎて
      ツッコミストの私でも突っ込み切れない…!;


女神「あなたが落としたのはこの金のアミティですか?
   それともこの銀のアミティですか?」

ラフィーナ「しかもなんか繰り返してる!;私の落としたのは
      サルではありません!;ただの斧です!;


アルル「ラフィーナって忍者だよね

アミティ「アルルはいったいあたしに何を伝えようとしているんだろう

女神「なんて正直者でしょう、貴方にはこの二匹を両方上げましょう

ラフィーナ「待って、ていうかお前レティだろ。

女神「では、また76年後~♪」スゥゥゥゥ

ラフィーナ「ハレー彗星か!!;ていうか本当に待ちなさい!;どうやって鍋から!?

金アミ「ピーガガガ」

銀アミ「ガーピピピ」

ラフィーナ「∑しかもなんかものすごいやっつけ感漂うポンコツ!;

アルル「そうだ、じゃあこのポンコツを鍋に入れちゃったら?

りんご「もう一度言いますが『食べられるもの』を入れて下さいよ

アミティ「いーんだよ、今はまだダシとってるだけだから

りんご「新事実ですよ!?;後付けかよ畜生!;








アミティ「というわけでカーくんやらでダシは取れたからいよいよ材料!

りんご「いいか!?;もうウケはさっきで充分とった!;『食べられるもの』だ!
『食べられるもの』を入れるんだ!わかったな!?わかったなら返事をせんかぁぁっ!!




「「「ガンホー!!ガンホー!!」」」



りんご「手紙を奪え!吉井を殺せ!いざ尋常に鍋将軍じゃぁっっ!!





「「「Yeah!! Let's Party!!」」」






アミティ「……」

アルル「確かに、確かにボクたちは食べられるものを入れたはずだ…;

りんご「馬鹿な……どうして……;どうしてこんなことに……;

シェゾ「……もう表現する気もおきんな……;

ラフィーナ「……で、どうしますのよ…コレ……;」

アミティ「決まってるじゃないか、お百姓さんとじっちゃんの名にかけて
     食べるしか…;


アルル「よし、食べよう!;このまま悩んでたらもっとヤバイことになりそうだ!

りんご「そ、そうですよ!病気も故障も金も人生も料理も早めに処理した方がいい!;

まぐろ「お百姓さまの思いは命より重い★

アミティ「じゃ、じゃあ、食べるよ……」



「「「ぱくっ………」」」




その後、アミティたちの姿を見たものは誰もいなかった……








終わってしまえ

投稿ありがとうございました(`・ω・)
なんか見ていい闇鍋的な感じになっちゃいましたがすみません。
あと元ぷよキューメンバーが登場してませんがすみません。
すみませんばかりですみません。

コメント 8件

コメントはまだありません
キャリー  
No title

こんばんにちは、キャリーです

リクエスト消化ありがとうございます!

くそ!アミティとアルルのフルボッコ投稿を送ろうと思ったら、まさか出汁として使うとは……!これじゃあ送れない!

ある意味りんごとラフィーナは元ぷよキューメンバーな気がするので謝らなくても良いですよ!

りんご「~タマムシシティでポケセンの~以下略」
?何かありましたっけ?進行不可のバグ?

ではではー
リクエスト思い浮かんだので、後日送りますね

2012/01/13 (Fri) 16:42 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>キャリーさん

お久しぶりです!消化遅れて申し訳ありません(´・ω・)
ダシだからセーフ!ダシだからセーフ!!
確かに二人共一度リストラされてますしね。
ポケモン赤緑青でタマムシシティのポケセンの左端にいくと、
ポケセンにいるおじいさんに道を防がれて二度と出れなくなるバグがあります。
そこでレポートを書いてしまったらもう初めからしかありません。

私もつい最近知ったことですし、まずこんなことにはなりませんがね( ・ω・)

では!

2012/01/13 (Fri) 16:58 | 編集 | 返信 |   
埼玉のしマDA  
No title

鍋ですかー。ぷよキューの皆さんが鍋をすると劇物ができますね…。何かに利用できそうな…あっ。

何でもないです。ホントに何でもないです。
そろそろリクエストをおくりましょうかねぇ…新しいアイデアもたった今浮かびましたし・・・
SMDAネトワでした。では。

2012/01/13 (Fri) 21:32 | 編集 | 返信 |   
Zero  
お久しぶりです!

レイ様、こんばんは!あれ以来消えてしまったみたいな感じですが毎日笑いに此処に来ています、Zeroです^^*Zeroは健在してますよー!

ですが投稿するネタが無くて…すっかり閲覧側になってしまいましたがまた思い付いたら投稿させて頂きますね。
毎日投稿お疲れ様です!レイ様の操る(?)りんごが好きすぎてヤバいです(笑)

2012/01/13 (Fri) 23:23 | 編集 | 返信 |   
シーラビット  
No title

カーバンクルくんと闇の剣、毎度お疲れ様ですw
今回のは、闇鍋ならぬ「金属鍋」ですね。
ちなみに、私が個人的に鍋に入れたらおいしそうだと思うのはバロメッツくんです。イタリアン鍋っぽくなりそう。(ごめんよ、バロメッツ・・・ちなみに、バロメッツの性別を知ったのはつい最近のことです。(古本屋で入手したすーぱーぷよ通の攻略本より))

2012/01/13 (Fri) 23:37 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>埼玉のしマDAさん

「あっ」ってなんですかー!「あっ」って!
投稿待ってます!

では!

2012/01/14 (Sat) 11:15 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: お久しぶりです!

コメントありがとうございます!

>Zeroさん

おおおおおぉおおおおおお!!!
本当にお久しぶりです!いや、
てっきりもう見限られたと思ってたので本当に嬉しいです!
毎日!毎日!?ありがたき幸せ!
確かにもうネタがないですよね、何しろ200回以上やってきてるわけで…
その中から被らない、かつ盛り上がりそうな投稿内容を考えるなんて…
無理…たぶん無理…っていうか不可能……!
何か思いついたら気軽に投稿してくださいねー。
私もりんごが大好きです。

では!

2012/01/14 (Sat) 11:23 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>シーラビットさん

し、シーラビットさんだ!
うさぎさんだ!(
金属鍋、確かに。バロメッツくんはもふもふかわいい。

では!

2012/01/14 (Sat) 11:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ