なぜ殺した 殺すつもりはなかった

アミティ「いつからぷよキューが終わったと錯覚していた?

アルル「こんな企画倒れ、始まる前から終わってたよ

アミティ「そういうの割りと本気で傷つくからやめてくれない?(汗)

アルル「……?;ところで今日はえらく人が少ないね」

アミティ「うん、はっきり言ってぷよキューはこの二人だけでいいと思うんだ

レイ「……(プレート:今のは僕達への挑戦状と判断した)」

ユウ「いや、今のは逆に『ユウちゃん&レイくん』で
   新たに新生ぷよキューが始まると予想!


アミティ「誰得だよ

アルル「アミティ、今キミは世界56億人のユウちゃん&レイくんファンを敵に回したよ

アミティ「世界にどんだけユウちゃん&レイくんファンがいると思ってんの!?(汗)

レイ「……僕達にはたぶんサイレントマジョリティーが多い」

ユウ「そうだね、あたしたちウィットあるしディティールもスペックもそこそこだもん」

アミティ「黙れ、適当に難しい言葉を使って誤魔化そうとするな!;
     隠れファンがいたとしても56億人はないよ!;


アルル「……まあ……キミが言ってもねぇ……(汗)

レイ「……まあ……生きてたらいいことあるよ

ユウ「そ、そうだよ!、人気投票とかでトリプルAなのにひどい位置にいても気にしないで!

アミティ「クソがんも
アミティ「えーと、今日は『ちょっと久しぶりの投稿しますよオォォ!!!あかりんごオオオォオ!』さんから!

アルル「な、夏の覇者あかりんごさんだ!;

レイ「……最近は猛威も落ち着いてきたみたいで残念だね」

ユウ「ところでアミティ、今投稿で一番勢いのある人って誰なの?」

アミティ「んーとね……ごそごそ、らんらんさんとかチョボさんが結構すごいかなー?」

アルル「自分で『ごそごそ』とか言って媚びちゃう人って……

アミティ「今のはリデルとミラへの当て付けと判断したよ

アルル「じゅるるるはもういいだろ

アミティ「えーっと、

工作♪工作♪
みんなで工作してね♪
作るものわ♪
棚♪
一番上手だった人わ♪
アコールせんせから♪
お年玉♪
ヨロシクね♪


……とのこと♪」

アルル「工作か♪」

アミティ「楽しそうだね♪」

アルル「たのし・そうだね♪」パン

アミティ「たのし・そうだね♪」パン

アルル「た・の・し・そうだね♪」パンパン

アミティ「た・の・し・そうだね♪」パンパン

レイ「まるで白痴だな

アルル「おい」

ユウ「危ない人なのかなって思っちゃうね

アミティ「うおおぉぉおいお二人さん!?;キミたちこそ
     コミニュケーション能力が決・定・的に危ないよ!?;


レイ「……『コミニュケーション』じゃなくて『コミュニケーション』だけど

アミティ「……」

レイ「……」

アミティ「フッ……まったく、レイくんときたら
     揚げ足取りをさせれば右に出るものはいないね
」フウ

アルル「すごい!;何がすごいってあそこまで的確に突かれたのに
    当たり前のように切り替えしてみせた!;


ユウ「それも顔色ひとつ変えずに…!;さすがの古株、硬い!;

レイ「年の功ってやつだろうね

アミティ「マジレスすると年齢的にはキミたちの方が上のはずだけどね

レイ「……褒めても何も出ないよ」

アミティ「割と褒めてないからね

アルル「さて、じゃあみんなを呼んで棚を作ってみようか!




アミティ「つくって!わく

ラフィーナ「残念ですわ……我が親友を手にかけることになろうとは

アミティ「心の底からごめんなさい

エコロ「つくって!ぷよぷよー!」

りんご「そして何であなたがここにいるゥッ!!;」キシャー

エコロ「待て八九寺!;いきなり襲いかかるのはやめてよ!;ボクが何をしたと!?;

りんご「全部……聞きますか?」パラパラ

エコロ「いや、そんなリストアップされるほど何かした覚えはないんだけど……(汗)

アルル「よく言うよ、ガチヘンタイ。略してガチヘン

エコロ「どうあがいても変人としか認定されない最悪なあだ名をつけるなーっ!;

シェゾ「いや待て、少し頑張ればいいあだ名になれるかもだぞ……
    例えば…………………」

エコロ「……」

シェゾ「……」

エコロ「……あ、あのさ、そういうの考えてから言ってくれない?(汗)

シェゾ「……『ガチンコヘンリー』とか

エコロ「∑考えた割に最悪の答えじゃないか!;
     それがいいあだ名になる意味がわからない!;


シグ「なにつくるのー?」

ラグ「タナってなんだろう、『棚から牡丹餅』のタナのことかな?

まぐろ「だいたいあってる★

ラグ「じゃあ今から牡丹餅が食べられるの?でもボクお餅って喉に詰まって死ぬって言うし怖いなぁ。前から思ってたことなんだけど、魚然り食べるのにリスクが必要な食べ物は食べ物を名乗っちゃいけないと思うんだよ。そもそも食事というのは生物が生きるために必要な

アルル「ラグ」

ラグ「なんだい?」

アルル「黙れ

ラグ「はい

アミティ「ていうか、棚ってどうやって作るの?;」

アルル「さぁ?、適当に台をくっつければいいんちゃう?」

りんご「そんな簡単に棚が作れたら今頃大工は塩ラーメンですよ

アルル「ごめん、それはちょっとよく意味が分からない

りんご「えっ、今の言い回しわからなかった?伝わらなかった?

アルル「これそんなにふくらませるネタでもないよね?

ラフィーナ「では、みんなで棚を作ってみましょうか。
      作り方ならシェゾさんが教えてくれるそうですわ」

シェゾ「お前たまにとんでもないロングバス出すよな

ラフィーナ「見たところ知ってそうなのが貴方くらいしかいないんですもの

シェゾ「いや、まぁいいんだけど…;野郎ども!一度しか説明しないからよく聞けよ!


~~~



シェゾ「ということだ、わかったか?」

アミティ「はいはーい、質問!」ハーイ

シェゾ「大人は質問に答えたりしない

アミティ「答えないとりんごの実家にプチプチをこれでもかというほど送り込むよ

りんご「∑やめろっ!;そんなことをしたらきっとうちのマザーはプチプチに
    夢中になってすべての家業が滞ってしまう!ていうかなんで私!?(汗)


アミティ「いや、りんごって何でも知ってるし」

りんご「そりゃあ棚の作り方くらいは知ってますが……;」

アミティ「じゃあ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

りんご「ふむ、言うだけ言ってみなさい」

アミティ「どうやって作るの?

りんご「お前ふざけんなよ

アミティ「あれっ、あたし今そんなに変なこと言ったかな?;」

シェゾ「お前はなんなの?耳がイカレてるの?頭がイカレてるの?

アルル「たぶん両方だと思うよ

りんご「もう話さん

アミティ「え、ええーっ!?;





りんご「何だかんだでみんな完成しました!」

シグ「なんだかんだときかれたらー

ラグ「答えないのが普通だが!

「「まあ特別に答えてやろう!」」

クルーク「シグのフリからあえてそっちの方に持っていった所は評価するよ」

アミティ「さて、じゃあアコール先生を

クルーク「ボクちょっと急用を思い出したのでさよならさよならハリウッド」スタスタ

アルル「何がスタスタだこの野郎させるかバカ野郎!



ダンッ


アミティ「あっ!;

アルル「ハァッ!!」シュバァァ

りんご「と、飛んだ!!

ラフィーナ「アルルさんが飛んだ!;

シェゾ「クララが立った並の感動だな!;

アルル「」シュビドゥビバァァァ

ユウ「猛禽類さながら!

りんご「すごい飛んでるんだけど大丈夫なのこれ!;激写!ブログにアップしよう!」パシャ

ラグ「大丈夫みたいだよ!;すごい、アルルサムズアップしてる!;

クルーク「∑イヤこれ滞空時間おかしいでしょ!?;くそっ、捕まってたまるか!;

アミティ「というかりんご、ブログやってたのか……(汗)」

アルル「クルーク!今日こそキミの命日だっ!安らかに沈め!!」シュバァァ

クルーク「くっ、空中に浮いてるから秘技足掛けもできない!;万事休すか!?

アルル「」シュタッ

シグ「あっ、降りてきた」

アルル「」ゼェゼェゼェ

りんご「すごい息上がってますが大丈夫何ですかコレ

アミティ「サムズアップの代償は大きかったね

アルル「く、クルーク…;おとなしく……アコール先生の所に……」ハァハァ

クルーク「前から思ってたんだけど、なんでキミたちは
     自らの身を粉にしてまでボクを死の淵に追いやろうとするの?


ラフィーナ「楽しいからですわ

クルーク「最高の笑顔で最低の回答をもらったぁっ!!;何その超晴れやかな笑顔!;
     ボクみたいないじめられっ子逆さに振ってまだ取ろうってのかよ!;
     いい加減その『サディスト』って考え捨てろよ……!やめるぞ……!
     あんまり無茶苦茶言うとボクたちはみんなぷよキューをやめるっ…!
」ボロ…ボロ…

りんご「さて、ここでいいツッコミと悪いツッコミを解説しよう

クルーク「∑何がどうしてそうなったの!?;

りんご「まずは3つ上のセリフを見て欲しい、おかわりいただけただろうか?」

クルーク「無視すんな!、ていうかそれさっきのボクのセリフじゃないかァァァァ!;

りんご「ツッコミと言うのはボケのおかしな点を分かり易く教える役目を担っていますが
    基本二行以上のツッコミは長すぎて蛇足としか言い用がない、冷める


クルーク「もうやめてっ……;ボクのライフは心身ともにゼロよ……(泣)

りんご「というワケで罰ゲームとしてアコール先生を呼んできてください

クルーク「許されない…罰ゲームなんてものが…そもそも…!仏国は法治国家…
     その法で罰は禁止されている…!故に無効っ…!きれいさっぱり無効っ…!
     なーしっ……!今回のことなどなーしっ……!
」ザワ…ザワ…

りんご「早く呼んでこないと貴方の家にタワシを大量に送りつけますよ!

クルーク「やめてっ!;そんなことをしたら我がお母さんは
     間違いなくウニと勘違いして食卓に並べてしまう!;





アルル「なんか、いつの間にかりんごの独走になってるね」

アミティ「『飛んだ!』あたりから全体的に変なテンションだね

レイ「(プレート:もうどうでもよくなって来てるんだろうね)」

アルル「りんごも最近地味に目立たなかったから目立とうと頑張ってるんだろうね

ラグ「暇だから早くぼた餅食べようよ」

アミティ「なんなの?;キミは腹ペコグルメキャラにボルトチェンジしたの?;

ラグ「ボクはおいしい物が食べたい、それだけだよ






クルーク「やっほー、連れてきたよ!」ボロッ

アミティ「ああ、とうとう弱音すら吐かなくなっちゃった……(泣)

アルル「おいたわしや……いくらクルークといえど
    やはり精神崩壊するのはかわいそうだね……;


クルーク「もう何を言っても無駄だと理解しているからね

りんご「これが生物の進化の瞬間ってヤツなんですね……;




アコール「こんにちは赤ちゃん」ガチャッ

アミティ「あたしがママよ

りんご「∑えええぇえええあおおぅっ!?;アミティママになったんですか!?」ガタガタンッ

アミティ「黙れ

りんご「はい

アコール「……それで、みなさんで棚を作ったんですか?」

アルル「あ、はい。こんな感じなんですけど」







絵にも書けなかった!▼






アコール「…………;」

シェゾ「さすがのアコール先生にもこれには苦笑い

アミティ「ええっ!?;何かいけなかった!?;

アコール「ええっと……;まず、なんで溶けてるんですか?;

アミティ「え?棚って溶かすものじゃないんですか?

アコール「もういい、お前はそれ以上しゃべるな

アミティ「はい」

アコール「次にアルルさん。なんで収納スペースがひとつもない
     ただの正方形なんですか?


アルル「いや、正直めんどくさくなってきて

アコール「なぜベストを尽くさないのか、廊下に立ってなさい

アルル「はい…;」

アコール「次にりんごさん。とても上手に出来ていますが何かしまってありますね」

りんご「え?、あ、はい、強度テスト的な意味でしまってみたんですけど」

アコール「なるほどなるほど。ところでコレ、『R18』の数字が大々的に出てるような

りんご「週刊リビドーの18号なんです

アコール「廊下

りんご「ごめんなさいでした

アコール「……;次にラフィーナさん、これはなんですか?バカには見えない棚ですか?

ラフィーナ「すみません、単純に人数ミスで資材の数が合わなくて……;

アコール「あら、なら仕方ありませんね。次にシ

ラグ「嘘だよ。ホントは作るのほったらかしでこっそりパネポンやってたよ

アコール「死ね

ラフィーナ「∑オイ教師!?;

アコール「次にシグさん。これはなんですか?」

シグ「ムシ」

アコール「そうですね、よくできました。それではここからが本題ですが、
     今回作れと言われたものは何ですか?


シグ「ムシ

アコール「今回作れと

シグ「ムシ

アコール「頭に虫沸いてんですか?

アミティ(∑キレたああああぁぁぁぁ!!(汗)

シグ「うん、テントウムシがね

アコール「廊下

シグ「はい

アコール「次にクルーク……は飛ばしてシェゾさん

クルーク「∑待った先生!;今サンセット荒野のカーブ並に
      緩やかな流れでボクをスルーしませんでした!?;


アコール「レイくん。お掃除頼めるかしら?」

レイ「……(プレート:死体処理は慣れてる。大丈夫)」

クルーク「∑えええっ!?;発言しただけでDEATH確定!?;ザスミクス、
      今までの暴言は謝るっ!;だから命だけは!
」ドゲザァ

アコール「……さて、次はシェゾさん。文句のつけようのない
     いい出来と言いたいところですが」

シェゾ「ですが?」

アコール「大きく『お前が欲しい』って書いてあるのはなんなんですか?;

シェゾ「存在証明です

アコール「廊下

シェゾ「ええっ!?;

アコール「最後にまぐろくん。今度こそ完璧ですね、おめでとうございます」

まぐろ「それほどでも★」

アコール「というわけで、お年玉を進呈します♪

アミティ「ぶーぶー、ずるいないいなー卑怯だなー!;まぐろくん、後でちょっと

アコール「見たいのか、現の悪夢を

アミティ「見たくないです」ドゲザァ

りんご「まぐろくん……ちょっとこれくらい……」パチッ(そろばん)

アコール「血祭り

りんご「動じぬ

まぐろ「りんごちゃんもちょっと手伝ってくれたし、三割くらいはあげるよ★」

りんご「ははっ、ありがたき幸せ!」

アコール「それでは、まぐろくん。これを受け取ってください♪」




→10円




「「「くたばれぇっ!!」」」


「返り討ちだ!!」







終われ

10円はひどいと思うんです。

コメント 4件

コメントはまだありません
埼玉のしマDA  
ヴェルタースオリジナル

10円はひどいですねw
棚とか作れるまぐろ君に憧れてしまふ(´∞`)

掃除機者はカバを見る
SMDネットワークでした。では。

2012/01/15 (Sun) 00:01 | 編集 | 返信 |   
レイ  
なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。

コメントありがとうございます!

>Dさん

前本当に10円だけしかもらえなかったことがありました。
どつきまわしたろか。
掃除機より雑巾掛け。レイネットワークでした。

では!

2012/01/15 (Sun) 13:37 | 編集 | 返信 |   
あかりんご  
No title

やっぱまぐろ君は天才ですね!
10円とかこれはひどいwww
アミティはなんですか?棚に塩酸でもかけたんですか?
すごい面白かったです!ありがとうございました!

2012/01/15 (Sun) 15:02 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>あかりんごさん

お久しぶりです!投稿届きましたー。
もいもいってフィンランド語だったんですね。
10円はひどすぎる、せめて100円あれば……!
アミティが多分かけちゃったんでしょうね。不器用なコ。
面白いと言っていただけて感謝感激雨あられ槍隕石です!

では!

では!

2012/01/15 (Sun) 21:09 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ