スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドシタノワサワサwwwwキルミーベイベーwwナンデモナーミンwww

2012/01/22 Sun

アミティ「いつまでふたりでいるのかなー?」

アルル「おいしくできたらいただきますー」

りんご「しらないままでもいいのかなー?」

ラフィーナ「ほんとのきもちはひみつだよー」

シグ「ひみつなのー?」

クルーク「すーきよーあなーたがー」

アミティ「えっ、キモイ」

アルル「ごめんクルーク。ボク粗大ゴミに興味はないんだ」

りんご「おとなしくちくわ吸ってろ」

クルーク「∑なんでやねんっ!!(泣)」

アミティ「えーと、今日は寝よう」ビリッ

アルル「∑うぇえええっ!?;いきなり炸裂アミティのハガキ破り!!(汗)」

りんご「な、何ですか!?;いったい何が書かれてあったんですか!?;」

アミティ「ちゃうねん。書かれてあったとかそれ以前の問題やねん(泣)」ガクガク

シェゾ「おかしい……;アミティの消耗が異常だ、立てなくなるまでに……;」

ラフィーナ「ど、どれどれ……?;H.N『アコー

「「「さらばだっ!」」」



レイ「逃げるな」ガシッ

アミティ「離してレイくん!;あたしの命の灯火が危険区域に入ってるんだ!(汗)」

アルル「アカンって!!;これはアカンって!;却下!この投稿はなし!;ボツ!」

レイ「……投稿は絶対、やれ」

シェゾ「イヤだと言ったら?」

レイ「……ひどい事をする」

シェゾ「へー、ひどいこと、ねぇ……?つまらないハッタリはよすんだな、
    具体的にどんなことか言ってみろよ」

レイ「……とにかくひどいこと」

シェゾ「ハッ!やれるもんならやってみな!」


ガッ(足払いの音)


ドスッ(レイがシェゾのマウントを奪う音)


ゴッゴッゴッ(レイがひたすら拳を振り下ろす音)



レイ「……やってみた」

シェゾ「∑ひどいっ!!本当にひどすぎる!!(泣)」ヒリヒリ

レイ「……とにかくさっさと読め、さもなくばパラシュートなしスカイダイビング」

アルル「それって飛び降りだよね」





アミティ「……じゃ、じゃあ読むよ……H.N『アコール』先生から……!;

全員でペットを飼ってほしいです。
尚アミティにはケロティ、アコール先生にはポポイ、クルークにはオニオン、シ
グには虫、リデルにはフィーバード、アルルにはカーバンクル、フェーリにはバ
ルトアンデルスがいるので飼ってはいけません。

飼うペットは犬猫ハムスターモルモットウサギなどです。
まぐろの気持ちもわかりますが魚類はいけません。

……ちょっと何言ってるかわかんないですね」

クルーク「待った、何でボクにおにおんがいるの!?;アミティは
    百歩譲ってわかるとしてボクとおにおんになんの関連性があると言うんだ!!;」

アルル「そりゃ、おにおん→タマネギ→泣く→泣き虫→クズ→クルークみたいな……」

アミティ「キミのように情けない上に生活力もなく、性格も悪くて
     この上なく不細工なヤツにはタマネギがお似合いさ」

クルーク「そろそろガン泣き入るよ!?;ていうか今
     アミティサラっとおにおんを罵倒しなかった!?;」

まぐろ「そしてボクも魚類には興味ないんだけど★ていうかトラウマしかないんだけど★」

りんご「ナスグレイブがナス嫌いなのと同じ理屈ですね」

まぐろ「ボクとナスを一緒にしないで★」

アルル「キミたち全国のナスグレイブに平身低頭で謝れ」

りんご「えっ、ナスグレイブってそんなにいるんですか?;」

アミティ「しかしアコール先生の割には簡単かつ生ぬるい投稿だね」

アルル「うん。てっきり肝臓を売り払えくらいは書いてあるかと思ったんだけど」

クルーク「キミたち教師に向かって何言ってるかわかってんの?」





アミティ「というわけなんだよマスクメロン」

マスクド「私と縞々模様の甘いアンチクショウを一緒にするな」

りんご「私は黒猫のチチャがいるからいいとして、他はどうしましょうか」

アルル「キミさも基本設定のように初出の設定を口走らないでくれない?(汗)」

アミティ「あたしは何でもいいかなー、どっちかというと猫派だけどりんごと被るしね」

アルル「そうだね。ところでりんごって猫アレルギーじゃなかったっけしね」

りんご「待った!;今アミティはともかくアルルは明確に『死ね』と言いませんでした!?」

アルル「猫アレルギーってのは何だったんだ!;フェイクだったのかよ畜生っ!!」ガンッ

りんご「クックック…マルディーニミス!あまり信用するなよ……人を!!」

アミティ「あれっ、ていうことはもしかして動いてる生き物を
     食べられないっていうのもウソなの?」ワクワク

りんご「いえ、それは人間として本当ですが何でそんなに目を輝かせてんの?;」

アミティ「……ッッくっ!!」ガンッ

りんご「うわめちゃくちゃ悔しそう!!;何ですか!?;
    私に一体何を踊り食いさせるつもりだったんですか!?;」

アミティ「∑待って!;踊り食いは指定してないよ!?;」

りんご「ああ、すみません……;ちょっと頭のネジが4.3本ほど飛んでしまって」

アミティ「何!?;残りの0.3はなんなの!?;」

りんご「若者の肝臓は高く売れるそうですね」

アミティ「知らないよそんなこと!;何でこのタイミングでそんなエグい話するの!?;」

マスクド「……ゴール直前で……トゲゾー……!!;」

シェゾ「あるよな…;ていうか150CCだと計ったように毎回来るよな、星3つ返せよ畜生」

まぐろ「キノコ残して突破しようにもその前に雷とか来て消されるしね★」

シェゾ「全部1位ってのは無茶だぜ……;CPUのやり方が陰湿すぎる」

ラグ「そうだね。トゲゾーはバランスブレイカーすぎる、この世から消えればいいと思うんだ」

マスクド「超強力なくせに防御手段が少なすぎるんだよな……;」

シェゾ「さらにキノコのタイミングもシビアになったから持ってても突破できないことあるしな」

ユウ「あれ、レイくん。何やってるの?」

レイ「……日本ってニートになりやすい国だよね」

ユウ「いや、いきなりそんなメタ発言されても……(汗)」

レイ「……最近あやクルにノートパソコンを貸したんだけどさ」

ユウ「ふむふむ」

レイ「……数日後、様子を見に行ったらニコニコ見ながら大笑いしてた」

ユウ「……;;」

レイ「……しまいには荒らしに反応してしまって周囲から叩かれ泣いてた」

ユウ「………;;;」

レイ「……これはまずいと思ってすぐパソコンは没収したよ」

ユウ「うん、たぶんそれが一番賢明な判断だよ……;」

レイ「……浸かりすぎると戻れなくなるからね」

あやクル「ほう。それは面白い話だな」

レイ「割と本気でごめんなさい」

あやクル「お前、ホラ話を顔色ひとつ変えず話すよな……;」

アルル「あれ、ボクたち何しに来たんだっけ?」

アミティ「えっ、サタンの城に遊びに来たんじゃなかったっけ?」

マスクド「おい、なあおい」

ラグ「ねえシグ。カリフォルニアロールって洋食かなぁ?」

シグ「多分洋食だと思う、Wikiによると長さ30メートルの
   『世界一のカリフォルニアロール』が作られた事があるらしいよ」

ラグ「シグ、キミ5+3が何かもわからない時があるのに
   カリフォルニアロールには詳しいんだね」

シグ「5+3は6だよ?」

クルーク「ねえラフィーナ。人から好かれるにはどうしたらいいと思うかな」

ラフィーナ「死ぬ」

クルーク「今世紀最大の奇抜な回答だね」

ラフィーナ「ほら、本来ソイツがどんな奴であれもし死んだら
     『あ、あいついい奴だったかも』って雰囲気になるじゃない?」

クルーク「なるかも知れないけどボクはそのために
     命を投げ打つ覚悟はないよ!;本末転倒だよ!!;」

シェゾ「う、うわー……;ウーフーアイランドで
     飛び降りとかないわー……プライドないの?バカなの?」

ラグ「ボクは戦うのが好きなんじゃない……勝つのが好きなんだよ。
   負けた奴が後から何を吠えても負け犬の遠吠えさ」

ラフィーナ「最近、ラグさんもいい感じに歪んできましたわね……;」

ユウ「まあ、赤ちゃんがこんな腐った環境で育てられたようなものだからねー…;」



マスクド「ラララァァアァァイイッ!!;」ゴーンッ



「「「ハイジャマカイツコプリスゴー!?;」」」



マスクド「何だその混沌な悲鳴は!;まともな悲鳴をあげろまともな!」

アミティ「人間、本当に驚いた時『キャー』とか『イヤー』なんて言えないもんだよ」

アルル「いいかカイル。本気の姿ってのは怖いもんなんだ」

マスクド「だからってハイジャマカイツコプリスゴーはないだろ」

ラグ「それで、いきなり大声出してどうしたの?
   またりんごが食器割った系のトラブル?」

りんご「私そんなトラブルは割りとマジで記憶にないんですが」

ラグ「前やってたじゃん、お皿をくるくる回して
   『いつもより多く回っております!』って」

りんご「それは……アレですよ、多分目の錯覚でそう見えたんですよ」

ラグ「えー、光の屈折?」

シェゾ「ないわー。それはないわー」

ラグ「ボクの視力1.8の目はそこまで簡単に歪まないんだよ」

シェゾ「いいこと言った!今いいこと言ったよ!」

ラグ「女の言い訳ほど見苦しいものはないね」

シェゾ「実に耳が痛い!!」

りんご「若者の肝臓は高く売れるそうですね」

シェゾ「∑今回は重いぞその言葉!!(汗)」

マスクド「ペットの話はどうなったんだ畜生ッ!;私の城は
     キサマらの遊び場じゃねえんだよ!帰ってオレンジジュースでも飲んでろ!」

アルル「ボクはグレープジュース派だッ!!」

アミティ「まあ、もう何か色々面倒だしテキトーにペットちょうだい。
     テキトーにかわいくてテキトーに扱いやすそうな奴」

マスクド「お前なんかペットにトラウマでもあるのか?;」





りんご「あれ?そういえば指定の人たちは
   ペット飼っちゃいけないっていうのはどうなったんですか?」

アミティ「クルークにおにおんがいたりとよくわからなかったから白紙にしてきた」

アルル「前から思ってたけど最近キミ投稿無視しすぎじゃない!?;
    投稿は絶対じゃなかったの!?」

アミティ「じゃあお前は先生が死ねと言ったら死ぬんだな!?」

アルル「関係ないよ!;小学生みたいな言い訳しないでよ!!;」







マスクド「じゃあ何かテキトーに順番に渡すぞ。まずアミティ、来い」

アミティ「はいはーい!」テクテク

マスクド「とりあえず選択肢をポケモンよろしく3つほど用意した、好きなのを選べ」

アミティ「ふむふむ。選択肢は……」


→ヘビ
→パンダ
→クルーク


アミティ「……あ、ごめんマスクド」

マスクド「好みなのがなくても文句は言うなよ」

アミティ「うん、それ以前にペットとしての選択肢が見当たらないんだけど」

マスクド「バカ、よく見てみろ」

アミティ「う、うん……;」



→ヘビ
鋭い目付きとクールな胴体が一部の中学生に大人気の上級者向けな一品。
決して女子がペットに飼うものではない。


→パンダ
愛らしい姿と模様が老若男女問わず大人気のスタンダードな一品。
問題点といえば握力で骨が一発で死ぬこととワシントン条約で禁止されていることくらいか。


→クルーク
動物ではない。



アミティ「………」

アルル「ああっ、アミティがゆっこみたいな顔に!!;」

マスクド「飼わないなら次行くぞ。アルル」

アルル「あ、はい。マスクド先生」


→サタン
→マスク・ド・サタン
→クールでナイスガイなイケメン魔王




アルル「………」

りんご「ああっ、アルルが清麿みたいな顔に!!;」

マスクド「次、ラフィーナ」

ラフィーナ「こ、この流れは……;」



→ウサギ
→ハムスター
→犬


ラフィーナ「あ、あら?意外に普通ですわね……」

マスクド「好きなものを選ぶといい」

ラフィーナ「じゃあ、せっかくですしこの赤い目のウサギを

ウサギ「ウチ赤い目やないやん。真っ黒やん、まっ黒くろやん。アンタアホなん?」

ラフィーナ「殺しますわ」

ウサギ「割と本気でごめんなさい」ウサギィ

マスクド「ただの動物じゃつまらぬから喋れるようにしてみたが、どうだ?」

ラフィーナ「あなたがいかに魔王といえど私が本気を出せば
      二度と歩けない身体にくらいはしてあげられますわよ?」

マスクド「ごめんなさいでした」ドゲザァ







強制的に終われ

今日はダメだ、ていうか最近ダメだ。そろそろぷよキューや小話も潮時かもしれない。


コメント

Secret

No title

アコールだと…これまた凄い投稿者さんがきましたね。トゲゾーだけなら良いほうですよ、赤甲羅からのトゲゾーなんか一瞬で6位ぐらいまで落ちますからね…だめだと思った時はゆっくり休んだほうが良いですよ。私なんか受験勉強やらずにポケモンかマリカやってますから(笑)

No title

え?
ほぼ全部一発で星三つ取った私は異端ですか?
CPUは弱くなったような気がするんですが・・・

りんごww若者の肝臓って何回w

え?そういう風にネガティヴになるのが一番いけないんですよポジティヴになれよ明るくなれよ今日からお前は富士山だ!(

No title

トゲゾーをCPが持ってるのを見て減速してババァーイしようとしたら結局抜かれたうえに自分にトゲゾーが飛んできてホンワカパッパした俺はセワシ


飼ってる犬が散歩の時異常なテンションになって玄関に激突してるさまをよく見るさマDAです。

潮時なんて言わないでください。あなたには俺らがいますよ。あなたがこのブログやめたらあなたの96,43257倍ぐらい悲しみますよ。少なくとも俺は。まだおいらの旅館ネタ、紹介されてませんからねぇ…
やめると言うのなら…あなたを殺して私も死ぬからぁぁぁぁぁっ!
ティウンティウンティウン…
紹介楽しみにしてます!さマDAでした。
では!

No title

トゲゾーはチートですよね
避けれるんですか?
0.3本www
これからもがんばってください!
応援してます!
投稿を採用してくれたお礼も何かやりたいです

まだっ………まだいける………っ!………お前ならっ………!!…お前が…っ!お前がやらなくて誰がやるんだっ!似てたとしてもっ!同じものなんて…無いんだ!!!…そう………っ!… 

近所の小さな女の子たちに異様に人気なラフィーナの様に!!! マリカーはWiiしか無いけど、そういうのはWiiにもありますよ~ おにおんとくるくるくるーくの誕生日は一緒ネタですね!アミティたちがそこにきずいていても必ず、クルークは(泣)の運命デスネ! モンハンおもろいけと゛、2Gが良かったミルルラムでした ………かも?

あ…

これもいつかの私ですね。ご迷惑をかけて申し訳ない。

えっと…クルークとオニオンの関係性は誕生日が同じなので。
ラフィーナ怖いなおい。彼女は脅しと言うものしか知らないのかい。

久しぶりに登場ホワイトでした、では。

感謝……!みなさんに圧倒的感謝っ…!ぬくもり…!ボロ…ボロ…!

コメントありがとうございます!

>チョボさん

最近トゲゾーが来たら減速してるんですが2位になってもトゲゾーがこっち向かってくるんですけどなにこれこわい。
トゲゾー→赤甲羅→雷→ゲッソー なんてよくあることですよ。
ありがとうございます、無理せずやっていこうと思います!

>ブロン教官

『今日からお前は富士山だ!』が何かものすごいツボった、座右の銘にしていきます。
ぶ、ブロン教官強いですね……いや私が弱いのか。

>し

ホンワカパッパワロタ。
旅館ネタは覚えてますよ、ただ長くなりそうなのでコンディションとテンションが整ったらやろうと思います。

>ミルルラムさん

神様……!神様…ありがとうございますっ……!!
おにおんとクルークの誕生日が一緒というのは完全に盲点でした……orz
割りと落ち込む。何で一緒なんでしょうね?
モンハンはやったことない、興味もない、やる気もない。

>ホワイトさん

アコールリーとリデリルはあなたのですよね、IPでわかります(`・ω・´)
ホントにすみません、誕生日は盲点でした。ホントすみません。


では!

No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

トゲゾーはキノコダッシュとかで避けれたと思います。
応援ありがとうございます!がんがります!

では!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。