ブエノスディアース!私、折部やすな!十中八九高校生!

アミティ「ブエノスディアース!あたしアミティ!十中八九中学生!

アルル「スラマッパギー!ボクはアルル!おおよそ高校生!

りんご「ボンジョルノー!私はりんご!客観的に見ると中学生!

ラフィーナ「え、えーと、グッドモーニーング!私ラフィーナ!たぶん中学生!

シグ「アリーヴェデルチ、ぼくはシグー。ひょっとすると中学生

クルーク「グーテンモルゲーン!ボククルーク!中学生だったらいいなと思っている!




アルル「……陰湿なイジメ?(泣)

アミティ「いや、別にアルルをハブったとかそういう気はないんだよ!;」

りんご「あとセニョール・シグ、アリーヴェデルチは意味が違いますよ!(汗)」

シグ「ジョジョ4部おもしろいよね」

レイ「……(プレート:ブチャラティのそれは5部だけどね)」
アミティ「はい、えーっと、今日はラジオネーム『恋するウサギさん』からの

アルル「嘘こけ!;」バシッ

アミティ「あたっ!;もう、ちょっとしたジョークだよ。イッツ、ジョーク…パワー

りんご「∑イッツジョークパワー!?;

アミティ「というのは冗談で、今日はフィンランドからのご投稿です、
『ジュース一杯ココア2杯カルピス1杯飲んでリアルにトイレに18分こもったあかりんご』
さんから!


りんご「件名、『モイモイ★(フィンランド語でこんにちわ)』!

アルル「胃が痛くなるお話だね……(汗)」

ラフィーナ「あら?、今日からは件名も紹介しますのね?」

アミティ「そうだよ。もぉいつものぷよキューとは違うよ、
     今日は何かが違うぷよキューだよ」

りんご「どうせ紹介されないと思って件名に愚痴書いた人が青ざめるんですね、
    さすがアミティ、アクい!これからアミティはアク山たけしと名乗るがいい!

アミティ「色々と言ってやりたいことはあるけどあたし女だよ?;

シグ「えーと、

みなさんちゃお!あかりんごだよー☆
今日はみなさんに百人一首をやってもらいます…
ルールは簡単!ひたすらズルするだけ!((おm
何やってもいいです。とりあえず百人一首やってください。
1位は最下位になんでも命令していい権をあげます。
ヨロシクね☆
では、モイモイ☆


……ひゃくにんいっしゅ?

あやクル「百人一首とはなんだ?なんだか地味に物騒な名前だが」

クルーク(魂)「見てくださいこの滑らかな手際!体を乗っ取るという大胆な行為なのに!
        マジシャン・セロも腰を抜かします!まさに盗みの天才!


アミティ「く、クルーク……;」

アルル「あのねあやクル、百人一首っていうのは

りんご「あやクル!;あなたはあの地獄の行事を知らないんですか!?;

あやクル「∑!?;」

りんご「百人一首は世界大会もある知る人ぞ知る超・ハードスポーツなんですよ!
    百人を集めて首を取り合い、最後に生き残っていたものが勝ちという地獄の!
    プロの選手は世界一を目指してしのぎを削って、殺人技術を競い合い!、
『死の番歌( デス・ソング )』と呼ばれるサハラ砂漠耐久百人一首では毎年死傷者が!!


あやクル「(泣)」ガクガクブルブルガタガタブルガタガク

アルル「∑りんごーーーーっ!?;;

ラフィーナ「毎回毎回、よく瞬時にこんな設定思いつきますわね……;」

アミティ「りんごが昔のノリになってきたね……(汗)

あやクル「で、デス…;すまぬ、なにぶん長い時間眠っていたからな…
     そんな恐ろしい行事があるなぞ知らなかったのだ…生きて帰ってこいよ…;;

アルル「ほら真に受けちゃったじゃん!(汗)

りんご「ごめんなさい。心の底からごめんなさい」ドゲザァ

アミティ「えっとね、あやクル。百人一首って言うのは、まあかるたみたいなものだよ」

ラフィーナ「かるたとは少し違って、覚えているとかるた以上に有利になりますが」

あやクル「なるほど、かるたか。了解した」

アルル「ま、ルール無用ズル上等って書いてあるから大丈夫でしょ。やろうか!」


「「「おおーっ!!」」」






シェゾ「……また俺が読み手かよ…(汗)

アルル「もうシェゾ読み手が板についてきたね…;

アミティ「何でシェゾなんだろうね、そういえば」

りんご「さあ?;誰でもいいからじゃないですか?

シェゾ「意味がわかんねーよ畜生!;いくぞ野郎ども!準備はいいな!?

「「「イエスッ!!アイアムアヒーロー!!」」」



シェゾ「えー…秋の

シグ「はい」パシッ


(((……決まり字……!!;;)))


アミティ「何!?;何決まり字であっさり取っちゃってんの!?;シグどうしたの!?

シグ「いや、なんとなく勘で

アミティ「ナシ!;勘ナシ!!

アルル「勘禁止とかなんというかもう色々とひどいルールだね!;

シェゾ「えー…;じゃあ次行くぞ。春過

シグ「はい」パシッ

シェゾ「安

シグ「はい」パシッ

シェゾ「花の

シグ「はい」パシッ

シェゾ「連れて行け

シグ「うっ!?;何この黒服たち!?;やめて、たすけてー」ジタバタ

アミティ「シグ…;キミ、いったいどんなトリックを……;

アルル「怖いわー…;バーチャル世代怖いわー……;

シェゾ「さて、では気をとり直して…。わたの原ー、八十島かけて

あやクル「はい」パシッ

アミティ「おおっ、あやクル!?;」

アルル「す、すごい!;さすがあやクル!;
    百人一首を何も知らなかったのに、もう上の句を覚えたの!?;」

ラフィーナ「あやクルさん!」クルッ



→あやクル(手に持っている本は『百人一首の一覧』



「「「ストレーーート!!;;」」」ズコー


アミティ「だ、大胆だ…;何食わぬ顔してコイツ答え見てやがるぜ……;」ヨロヨロ

アルル「大胆なカンニングだね、満天完人も腰を抜かすよ

りんご「ルール何でもありとはいえまさかの初手答えとは…!;
    これは予想外にハイレベルDEATH・NE……;


ラフィーナ「ていうか、本なんて読まれたら対処のしようがないじゃないのよ!;

りんご「まあ待てカモくん。ボクに勝算がある」ビシッ

ラフィーナ「ね、ネギ先生?あの子に勝つ勝算が!?;


シェゾ「……;えーと、天つ風雲の通ひ路

あやクル「は

りんご(ここだっ!!)キュピーン


「はいいっ!!」


ゴッ(ハンマーを振り下ろす音)


「∑うわああぁっ!?;


サッ(あやクルが伸ばしていた手をどける音)


パシーン(りんごが札を取る音)




りんご「取ったどーーー!!」テンテレッテレーン

あやクル「∑殺す気か!?(汗)

りんご「ああそうさ、殺す気だ

あやクル「認めやがった

アミティ「な、なるほど!見つけられてもそもそも取らせなければいいんだ!

アルル「何それ!;もうそれ百人一首じゃないよ!;本末転倒だよ!(汗)

りんご「うおらー!飲め飲め!やっちまえ!トリガーハートエグゼリカ!!

アルル「飲んじゃダメだよ!;キミたち未成年でしょ!?;

シェゾ「∑待てアルル!;お前がそれを言うか!?魔導酒がぶ飲みしてただろお前!

アルル「なっ、そんなこと言ったらシェゾだってまだ未成年じゃん!」

シェゾ「俺は180超えてるわ!;お前の中の成年はどれだけハードル高いんだよ!;

アルル「200歳までが未成年です

シェゾ「そんな『家に帰るまでが遠足です』みたいに言っても納得できんわ
   抑えきれんわぁっ!;200歳とかもはや魔族じゃないと不可能だろ!(汗)


アミティ「いや!、でもフェーリから聞いた話だとアコール先生ももしかしたら

アコール「アミティさーん♪何か、言いましたか?」シュタッ

アミティ「ごめんなさい…オオアリクイは…オオアリクイだけは…(泣)」ドゲザァ

アコール「まあ、謝ったのでトンガリヤリマンボウで妥協しましょう

りんご「うえおおっ!?今何かとっても素敵な単語が聞こえてきたような気が!

シェゾ「∑お前はもう黙ってろよ!;思春期すぎだろ!(汗)

ドサクサ妖精「ダイッコンッランです!;ダーイコーンラーン!!;

アミティ「あっ、何この妖精!かわいいー!」キラキラ

アルル「だいたいキミはいつもいつも人につきまとってさ!;
    ストーカー規制法って知ってる!?;


シェゾ「∑お前こそ過失致死傷罪って知ってるか!?(汗)

アルル「そんなこと言ったらキミなんて生きてるだけで公然猥褻罪だよ!このヘンタイ!!

シェゾ「なんだよソレ!;ならお前は生きてるだけで銃砲刀剣類所持等取締法違反だ!;


皆さん落ち着いて……ああん!?…チャーハン!?……!?;……
ヘンタイ……ガリヤリ……!?……興……?;…(泣)…意味わかん……百人一首……
そんなの……酒持って……アンタ……こと言ってんじゃ……やめろ…っちゃん……
全力……いい加減ボクの……返せ……だが断……やク……!……ラバラ……



わいわいぎゃーぎゃー




アコール「何か言い訳は?


アミティ「読み手が読むのを放棄して中止になっちゃいました

シェゾ「∑俺のせいかよ!?(汗)」クルッ

アコール「最期に言いたいことはそれだけですか?

アミティ「違います!;だって、だってシェゾが!;いや、アルルが!

アルル「ちょっと!?;誰かれ構わず当たり散らさないでよ!;

アコール「投稿は絶対、と言いましたよね?」

ラフィーナ「いえ、あの、アコール先生…


「ドゥヴォワール!!」


「「「久しぶりにこんなオチか!!;;」」」キラーン





終われ

ドゥヴォワールオチ最近やってなかったなと思った。後悔はしていない。





アミティ・アルル・りんご「「「今日の名言!」」」

アミティ「今日はー、ぐるぐるぐるー!

りんご「アルル・ナジャ!」ビシッ

アルル「オーケー!発言者はエヴァンジェリン・A・K・マクダウェル!いきます!」



一歩を踏み出した者が、
無傷でいられると思うなよ?   エヴァンジェリン




アミティ「し、渋いチョイスだね……;

アルル「それでは!まったねー!」

コメント 10件

コメントはまだありません
埼玉のしマDA  
No title

百人一首ですか。ずるしたら面白そうでうわやめろなにをすr


さ、さマDAです・・・。え、さっきの連中?「百人一首を愛する自由で優雅でsexyな友の会」っていう組合らしいでうわやめろなにをすr


ヒャクニン イッシュ オモシロ イヨ ウツクシク スバラ シイ アソビ ダ ヨ ミンナモ ヒャクニン イッシュヲ ヤロウネ


はっ!俺はいったい何を・・・そうだ思いだしうわやめろなにをすr

さ、サマDAネットワークでした!いやー!離してー


(この投稿者は行方不明です)

2012/02/01 (Wed) 19:07 | 編集 | 返信 |   
チョボ  
No title

キングクリムゾン!誰にだって消し飛ばしてしまいたい過去があるもんです… そういえば中1の時に百人一首大会が会ったなぁ、読み手の先生が滑舌悪くて何言ってるか分からなかった思い出が…あっ、そうそう上のキンクリは気にしなくておk。

2012/02/01 (Wed) 20:00 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
チャオッ!見た目は小学生、中身は一応中学生!(…あっちの知識は底知れn…)でも十中八九中学生!

チョーリッスッwww
ルナ小説を見た理由は、怖い物見たさとかですかね、やっぱり。あとは、あなたの小説が読んでみたかった。からでしょうか。
ハブラレルナティック(長っ!?)はキライですがリオr…じゃなくてイオイオ(イオル)は何か可愛いんで好きですけどね。
百人一首ですか。私はこの前スキー実習に行ってきたんですけど、そこで初めてやりました。あははっ←
りんちゃん!あやや様はシグと似たり寄ったりで純粋ですぐ信じちゃうんだからっ!
ヤバイ…件名何書いたか覚えてないぞ…オレ…。
ででで、ではっ!!

2012/02/01 (Wed) 20:09 | 編集 | 返信 |   
アスカ  
No title

百人一首か…
アレやっても途中で飽きるんですよねー
なんか集中力が続かないというか…
むしろ最初から私のやる気がないというか…
件名…?ちょっと待てよ…私何書いたっけ…?
やばい!全然思い出せない!
たいした事は書いてないから大丈夫!なはず!

そういえば今日ぷよぷよまん食べましたよ!
兄が買ってきてくれたんですよ!
もう売ってないと思ってたから感激でしたよ!
でも味は普通とでしたね…
では!

2012/02/01 (Wed) 20:43 | 編集 | 返信 |   
めと  
No title

百人一首・・・懐かしいですね
黒服ってカイジwww
ハンマーwww
そしてオチはそう来ましたかw
なんか昔のキレが戻ってきてますね!

2012/02/01 (Wed) 22:08 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>sさん

無茶しやがって…

では!

2012/02/02 (Thu) 18:04 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>チョボさん

ディアボロッ!!
百人一首は一時メチャクチャハマりました。決まり字覚えてとりまくるのたのしいれす。

では!

2012/02/02 (Thu) 18:05 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>ハルカさん

ルナはストーリーの主人公、イオルはストーリーのボス的な位置になっています。
スキー実習ですか。
貴方の場合件名ではなく内容でヤバイこと書いてるような。


では!

2012/02/02 (Thu) 18:08 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>アスカさん

件名に何を書いていてももう遅いですよ…クックック…
ぷよぷよまん食べれたんですか!
いいなー!
味は普通とでしたか…仕方ないとですね…

では!



では!

2012/02/02 (Thu) 18:09 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

ハンマー!
昔はぷよ熱が今の183倍くらいありましたからね。
昔のキレは二年後くらいにしか戻ってこないでしょう。


では!

2012/02/02 (Thu) 18:10 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ