あたしって、ホントバカ

あなたは、どこまでついていけますか?




ある一人の少年と、あなたは友達でした。
その少年がいじめに会ったとします。
そのいじめっ子は『コイツに近づくヤツ全員病院送りにしてやる』と脅したとします。
あなたは、どうしますか?
助けますか?
逃げますか?


あ、

警察に通報とかはナシの方向で…(



基本的に、この状況だと普通に考えて誰でも逃げるでしょう。
私だって逃げます。

もうひとつ、例をあげてみましょう。


あなたの友達が、悪いことに手を染めだしたとします。
あなたは、それを引き止めますか?
それとも、彼から離れますか?



人間というのは安息を求める生き物です。
第三者の助けがなければ生きていけない生き物なのです。
しかし、基本的にはその『助け』は来ません。
なぜなら人間は基本的に何の見返りもない行動はしないからです。
もし誰かに助けられたとしても助けたぶんのお金請求とかの方が多いでしょう。





もう一度言います。


基本的に『助け』は来ません。



しかし、あなたはどうでしょう?



助けに行かなくとも、『助けたい』とは思いますか?
『引き止めてあげたい』と思いますか?


この条件なら、それなりの数が『助けたい』『引き止めてあげたい』と答えるでしょう。
そういう人間が、多数を占めているのです。
当然、その気持ちは『助けて欲しい』と思っている人には届かないんですけどね。


いや…



だからどうって話じゃないんだけどさ…



P.S.助ける勇気が欲しい方は『金色のガッシュ!!』1巻を買いましょう。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ