「なんだ…ただの猫か…」死亡フラーグ!「やったか!?へへっ、ざまあみろ!」死亡フラーグ!

アルル「ねえ、アミティ」

アミティ「うん?」

アルル「……アミティって、胸ちっちゃいよね






アルル「あの右、世界を狙えるよ…;

りんご「アルルはMなの?

アルル「何が…いけなかったんだろうね……;」

りんご「うん…多分すべてがいけなかったんだと思いますよ…(汗)

かわエコ「まあ、貧乳とスレンダーは違うよねー」ウンウン

りんご「大丈夫ですよ、痛みは一瞬ですから。下手に動かない方がいいですよ

かわエコ「待って!;いきなり殺害宣言!?;
     りんごちゃん落ち着いて!ホラ、この鎮魂錠を飲むんだ!;


りんご「んっ……ふぅ、落ち着きましたよ。さすが鎮魂錠、精神安定に定評がある

アルル「それで?何でわざわざかわエコ姿で遊びに来たの?;」

かわエコ「いやー、りんごちゃんと一緒に遊びに来ただけだけど

りんご「黙れガチヘンタイ!;警察呼びますよ!

かわエコ「よいではないかよいではないかー!ボクに身体を提供してよー!」

りんご「あなたの身体は節穴ですか?

かわエコ「そ、そんなこと言われたの初めてだよ……;実際には
     これも幻術みたいなものだから身体があるとは言いにくいんだよ」

りんご「へー、それは初耳ですね。身体がないなら刺殺もできませんね、残念です」スッ

かわエコ「……う、うん…;ボクヤンデレはちょっと……(汗)

アルル「エコロ。デレがあるとは限らないよ
アミティ「えーと、『チョボの名言紹介コーナー!!今回の名言は•••「君の
ことを必要な人が必ずいるよ」 歌「ひとりぼっちじゃない」より』さんから!


アルル「ボク、ラティオスの映画あんまり好きじゃないんだよね。なんでだろう

アミティ「さあ?巨乳だから心が小さいんじゃない?

アルル「今日はいやに根に持つなぁ……(汗)

かわエコ「えーと、

とゆうわけで、みなさんにはみんなのトラウマ
「もりのようかん」に行ってもらいます。あっ、りんごは別室で
雪を海苔で巻いた雪おにぎり、銀シャリならぬ雪シャリのりまき、
ネタの乗ってない雪のお寿司(醤油付き)、シロップのかかってない
プレーンかき氷(食べ放題)を食べながらモニタリングしててね。


……り、りんごちゃんドンマイ」

りんご「よし、このチョコビだからチョコボだか知らない奴が
    私のことが嫌いなのはよくわかりました


アミティ「も、もりのようかんはやめて~~!;あれ割とマジでトラウマなんだよ!」

アルル「ひとつだけの石像、夜中に出る少女の霊、電子機器に潜むポケモン

アミティ「やめてーーーー!!;

アルル「ウラヤマさん、ゴミ箱の毒消し

アミティ「胸が大きいから器が小さいんだね、女の子いじめて楽しい?

アルル「∑もういいよ胸のことは!;ボクもそんなに大きくないよ!やめてよもう!;

アミティ「いいや、限界だ!『やめない』ねッ!!

りんご「まあ、それはともかく森の洋館に行くにはサタンの力が必要ですね」

サタン「呼んだか?

りんご「ほら、魔人ブウを倒してみろよ、ホラ

サタン「∑それはサタン違いだ!(汗)

アミティ「サタンーー!;アルルの胸が大きいよー!(泣)」がばっ

アルル「∑もう本当にやめて!;ボクの羞恥プレイじゃんそれ!;
     ごめん!ボクが悪かったから!;


サタン「貧乳はステータスだ!希少価値だ!胸を張れ!!

アルル「∑うるさいわヘンタイ!;今さり気なくセクハラが行われた!

アミティ「張る胸がない

アルル「∑うわものすごい可哀想!;哀愁ただようよ!(泣)

りんご「貧乳はステータスだなんて幻想ですよ、所詮世の中巨乳が正義なんです」

アルル「∑こっちはこっちでなんか落ち込んじゃってる!;
     胸なんてどうでもいいよ!今は森の洋館の話をしてるんだよ!


サタン「は?モスの羊羹?正月はとっくにすぎたぞ」

アルル「全然違うし意味わかんないよ!;正月となんの関連性があるんだよ!!

サタン「わかってるわかってる、森の洋館だな。
    私は迷いの洞窟の女のほうが好きだが」

りんご「ミル派ですかー。私は断然マイ派ですね、にじみ出るエロス!

アミティ「ごめん、なんの話してるの?

アルル「まあ、そういうわけだからサンタ。森の洋館に連れていってよ」

かわエコ「ああ、りんごちゃんはお留守番でね

りんご「えころん、さっき私と遊びたいって言ってましたよね?遊びましょうよ、ここに居残って

かわエコ「あはは。何言ってるのさ、そうしたいのはヤマヤマだけど
     投稿者命令は絶対だからね。りんごちゃんだけで残らないと」

りんご「いいんですよ、ある程度の改変くらいぷよキュークオリティで許されますから。ね?

かわエコ「あはは、お気遣いなくー、心配無用だよ………マジで

りんご「遠慮しないで一緒に遊びましょうよ………マジで

アミティ「これが恋愛ってやつなんだねー…青いねー

アルル「全然違うからね

サタン「まあ、よくわからないが適当に飛ばせるだけ飛ばすぞ。えーい」

アルル「ええっ!?;ちょ、なんの準備もなしに――









アミティ「う、ううーん…;ここはドンタコス?あたしはダレスバッグ?

シェゾ「うう、どこだここは……;俺は確か草原で昼寝をしていたはずだが」



「「あ」」



アミティ「怖いようヘンタイさん怖いようヘンタイさんと2人きり怖いようヘンタイさん怖いようヘンタイさん怖いようヘンタイ」ガクガク

シェゾ「うるせえ!!俺はお前には興味ねえよ!;(汗)

アミティ「ところで…何でヘンタイがこんな所にいるの?」

シェゾ「それはこっちのセリフだ、そもそもなんでこんなヘンな屋敷みたいな所に…」

アミティ「げげっ!;ていうことはここは森の洋館!?;

シェゾ「は?ヤモリと消しゴム?国語の教科書には面白い話があるよな

アミティ「ヤバイ、怖いけどヘンタイに抱きつくわけにもいかないしそもそも
ヘンタイ自体が怖いしナニコレ拷問!?;誰か助けて!こんなのと心中なんてヤだー!!;


シェゾ「さっきから散々言うなてめえ!;ギャーギャーうるさいんだよ、男だろ!

アミティ「女です!!!(泣)

シェゾ「えっ、マジ?悪い」

アミティ「なんでそんなにドライな返し方するの!?;
     まさか本気で男だと思ってたの!?(泣)








あやクル「うぅむ…此処は何処だ……;」ガサッ

ラフィーナ「いたた…まったく、何ですの?;
      いきなり飛ばされるなんて、ギャランティ払っつーの」




「「あ」」




あやクル「…何か、このペアどこかで…;

ラフィーナ「ストーップ!;ストップですわあやクルさん!;忘れろ!忘れろ大河内!

あやクル「おじゃばぶる……;ダメだ、思い出せん…

ラフィーナ「それにしても、いきなり飛ばされるなんて…;ここはどこなのかしら?」

あやクル「見たところ、どこかの屋敷のようだ…が……あああぁぁあっぁっぁああ!!;;

ラフィーナ「ん?何ですの、あやクルさ…




スー(幽霊が台所を通過する音)




ラフィーナ「……」

あやクル「で、出た……!!;」

ラフィーナ「なんだ、ただの幽霊か……

あやクル「∑お前その反応は人としてどうなんだ!?(汗)

ラフィーナ「何今更幽霊程度でビビってますの?私ならもうゾンビが
いきなり大変グロテスクな光景で飛び出してきても涼しい顔をできるくらいに気の集中を

あやクル「あ、バル

ラフィーナ「間に合えあやクルバリアーっ……!!;;

あやクル「なるほど。窮地に陥った時お前がどういう反応するかはよくわかった、
     ちなみにお前にとっての私の扱いもな





リデル「ええと…ここは…?;」

クルーク(魂)「目が覚めたら、身体がなくなってました

リデル「宇宙人に細胞を取られ、検査された挙句

クルーク(魂)「宇宙人に『ありえないなこの髪型』と言われたので
     ホットペッパービューティーでヘアサロン探します


リデル「まあ、確かにその髪型はいかがなものかと…;

クルーク(魂)「∑ほっとけ!;ていうかなんでキミがいるんだ!?;

リデル「わ、わかりません…;なんだかいきなり飛ばされたような感覚が…」

クルーク(魂)「うーん…とりあえず適当に歩きまわってみよう」

リデル「そうですね」




クルーク(魂)「∑ってオォォイ!;本持って行ってくれよ!歩けないんだから!;

リデル「………」

クルーク(魂)「何その露骨に嫌そうな顔

リデル「………」ひょい

クルーク(魂)「ちょっ、逆さに持たないで!;血が!血が上る!!;」ジタバタ

リデル「今、血なんて流れてるんですか?;」





フェーリ「なんでアタシがこんなムシ気違いと……!!;」ガリガリガリ

シグ「あ、チノイロマダラドクアゲハー」

フェーリ「レムレスセンパイと一緒に(脳内で)デートしてる途中だったのに…!
     こんな辛気臭い洋館にいきなり押し込まれるなんて冗談じゃないワ…!!;


シグ「あー、グロテスクセツダンメンアゲハー」

フェーリ「そもそも何でよりによってアタシとコイツなの…?;
     どうせならレムレスセンパイと二人きりになって色々したかったのにぃ…!」

シグ「あー、ジサツチシブキクビシメアゲハー

フェーリ「ちょっと待った;!さっきから物騒な名前ばかり聞こえてくるけど
     本当にそんな蝶が舞っているの!?;


シグ「たぶん」





アルル「あいててて…;もう、サタンったらいきなり飛ばさなくても…;」

レムレス「ほ、箒から落ちたかと思った…;死んだかと思った…;」ガクガク


「「ん?」」


アルル「あ、こんにちわ」

レムレス「うん、こ・ん・に・ち・は」

アルル「何か知らないけどヘンな所に来ちゃいましたね」

レムレス「そうだね、まずはこの部屋から出ようか」

アルル「そうですね」










りんご「さあさあ、この寿司は私のおごりだ!じゃんじゃん食べてよ!

かわエコ「くぅっ、頭が…!;誰かが、何かが、ボクの中に……!;」キーン

りんご「それ貴方のセリフじゃないでしょ!;ほらほら、黙って雪を食え!」

かわエコ「はい、あーん」ぐい

りんご「え?あーん…うむっ!?;

かわエコ「かかったね!『あーん』と言われたら人間条件反射的に
     口を開けてしまうもの!これでキミは18分トイレ地獄だ!


りんご「まあ、私お腹壊したこととかないですけどね」もぐもぐ

かわエコ「えっ」

りんご「『鉄の胃袋』と呼ばれるくらい身体丈夫ですから」ごっくん

かわエコ「じゃあキミが食べてよ!;いくら身体がないといっても痛覚はあるんだよ!?

りんご「おっ、モニターが移りましたね…な、なんだこの組み合わせ!;異例!;
圧倒的異例!;イレギュラーすぎる!レムアルとかもはや何がしたいかわかりませんよ!


かわエコ「謝れ!全国のレムアル愛好者に謝れ!;

りんご「森の洋館って怖いんですよねー…;やだなー怖いなー見たくないなー

かわエコ「ボクは今何よりキミが怖い






アミティ「とりあえず、何とかしてここを抜け出さなければ…!;」

シェゾ「お、おい、あれ……!;」

アミティ「はい?」クルッ




ピカ●ュウ「ピッカー!




アミティ「あ、あれは!!;

シェゾ「そうだ!;黒い鼠よりは安全と呼ばれるあの伝説の電気ネズミだ!;


あ!やせいのピカチュウが あらわれた!▼



シェゾ「∑うわっなんだこのナレーション!;しっしっ!;

アミティ「どうぐ!モンスターボール!」スチャ

シェゾ「お前も何ノってんだよ!;10万ボルトとか食らったら普通に感電死するぞ!;
    『逃げる』んだよ!!



『ダメだ! しょうぶの さいちゅうに あいてに せなかは みせられない!』


シェゾ「∑トレーナー戦なのかよ!!;」ズコー

アミティ「ハッ、待って!?;トレーナー!?;やばい、逃げるよ!;

シェゾ「え?」

アミティ「いいから早く!;リーグベスト4に挑む気!?;死にてえのか!」グイ

シェゾ「お、おう!?;」







あやクル「持っててよかった、どんぱうんぱ

ラフィーナ「…なんでよりによってどんぱうんぱですの?;
      テレポートの魔導書とか転送の魔法陣でよかったのに…;」

あやクル「どんぱうんぱが好きだからだ」キリッ

ラフィーナ「ああそう…;それで?『どんぱ』をどこに貼り付けましたの?」

あやクル「アルカ遺跡だ。では、飛ぶぞ」



シュンッ



あやクルと ラフィーナは にげだした!▼






クルーク(魂)「うん?、あそこにいるのってアミティとシェゾじゃないか?」

リデル「…本当ですね、何か走ってきますが……」



「「うわあぁぁああ!!;;」」



アミティ「リデルー!怖かったよー!(泣)」がばっ

リデル「大丈夫でしたか?;」

アミティ「うん、ホント怖かった…ヘンタイが

リデル「怖かったですねー…ここからは私が一緒ですよ、大丈夫です」よしよし

シェゾ「∑ちくしょぉぉおお!!(泣)

クルーク(魂)「ちょっ、ヘンなページに挟まった!;痛い痛い痛い!!;

アミティ「あ、いたんだ」

リデル「あれ、いたんですね」

クルーク(魂)「∑おい!今アミティはともかく
         リデルとんでもなくひどい事言わなかった!?(泣)


シェゾ「……」じー

クルーク(魂)「な、何?;まじまじと見て」

シェゾ「いや。お前もタマシイになると…なんか丸っこくて可愛いなーと






アミティ「……;」スッ

リデル「……;」ズザッ

クルーク「……;」ガクブル


シェゾ「∑やべえ!;またやっちまった!!(汗)

アルル「……シェゾ」

レムレス「………;;」

シェゾ「∑うわあああ何か最悪なタイミングでアルルと彗星の魔導師!!;

アルル「いや、別にボクはシェゾがホモだろうがクルークとデキてようがどーでもいいんだけどさー。
あれだけボクを欲しい欲しいってつけ回しといてそれはないんじゃないかなーって思うんだ


レムレス「人の恋愛のあり方にとやかく言うつもりはないけど…迷惑はかけないように、ね

シェゾ「アルルそのセリフは色んな意味でアウトだろ!;そして誤解だ二人共!

アルル「五回…ふーん、五回も一緒にデートしたんだー。お熱いことで

レムレス「シェゾ。そういうのはふたりだけのヒミツにしておいたほうが……ね?

シェゾ「∑被害妄想だ!;違う!誤解だと言ってるんだ!;

クルーク(魂)「ていうかちょっと待て!;レムレス誤解です!
        ボクはこんなヘンタイ生ゴミとしか思ってません!


シェゾ「やめろっ!これ以上寄ってたかって俺をいじめないで!!(泣)

ロトム「ビビビビ」

幽霊「……クスクス」

シグ「あー、アミテー!どうしたのー?なんかへんなかおー

アミティ「し、シグ!;変態が!;男にしか興味がない変態が!;

リデル「男と五回もデートした挙句アルルさんをフった変態が!

アルル「振られてないからね!;ていうかそんな気持ちもないからね!;

幽霊「……怖がってもらえないよぅ…(泣)」

レムレス「そーかそーか、キミも辛かったんだね…そういう時は甘いモノを食べるといいよ」

シェゾ「幽霊に同情!?(汗)



わいわいがやがや






りんご「…私たち、空気でしたね

かわエコ「ねーねー、みんなが帰ってくるまで二人で遊ぼうよー♪」

りんご「きょ、今日のえころんは積極的だね…やりにくいなぁ(汗)

かわエコ「何しようか?人生ゲーム?それともぷよぷよ勝負?それともえっちなこと?

りんご「全部外で済ませてきたのでノーサンキューですよ、えころんグランマ

かわエコ「今の発言は色んな意味で聞き捨てならないなー

りんご「それよりスゴロクやりましょうよ!
    二人でも盛り上がるように特別版を作って来ました!」

かわエコ「わおっ!二人でもってことは、もしかしてりんごちゃん、ボクのた

りんご「まぐろくんとやる予定だったのですが、不在のようなので仕方ないですね

かわエコ「え、ああ、うん……;やっぱそうだよね……;ツンデレ?;

りんご「えころん、デレがあるとは限りませんよ







終われ

エコりんの素晴らしさに気づいた。まぐりんとは違って
『りんごの照れる所が見れる』ということがわかった。素晴らしい。





アミティ・アルル・りんご「「「今日の名言!!」」」

アミティ「今日はー、ぐるぐるぐるー!

アルル「りんご!

りんご「はいな!発言者はクルーク!いきます!」



特定の人物を崇めたて奉り
他人が大嫌いで 自分が大好き

そのくせ

特定の人物に嫉妬し
他人を優先して 自分を大事にしない
その姿は
優しさの塊であると同時に
自らの首をすすんで絞める

自殺行為によく似ている    クルーク



アミティ「…クルークこんなこと言ってたっけ…;

りんご「こっちの話です、それではバイニャラニャライバー!」

コメント 9件

コメントはまだありません
アスカ  
「こんなとこにいたくない!私部屋に戻る!」タヒ亡フーラグ!

これ歌ったことありますよ!!
今回はちょっと怖かったです。いろんな意味で。
「ヘンなページに挟まった」で確信した・・・!!
あの場所レイさんも知ってたんですか?

てかりんごヒドイなwww
18分って微妙な時間ですねw
私はまぐりん派ですが
エコりんも悪くないですね!!

では!!

2012/02/06 (Mon) 22:00 | 編集 | 返信 |   
ミルルラム  
御愁傷様デス デス デスデスデスデス

エコロ「あ…頭が……(ry」と、シェゾ「いや、なんかおまえ…(ry」「しまった…(ry」が、オレ的名言!(謎) 今、モトネタを探したりしたり… 今日、『カイバ先生カイバ先生、ボクのいない世界こそ(ry』(人生リセットボタン)と、うごメモのパンダヒーローをYouTubeで見て来ました!リセットこえぇ!一般的に十万二十五歳のサタンより長生きじゃん…
後、ここからが本題。真剣に、重要事項。
貧乳はステータスだ!!
ロリショタコンのオレが言うんだ!間違いねぇ!ミルルラムでした~!   

2012/02/06 (Mon) 23:04 | 編集 | 返信 |   
キャリー  
No title

………凄いデジャヴを感じる
このノリ、どこかで見た感じがある……
どこだ……!?そうか、あそこか!みんなに知らせー……ぐはぁ!?

メッセージ
自力で連鎖タイプで15連鎖以上撃ちたい

2012/02/07 (Tue) 01:58 | 編集 | 返信 |   
レイ  
「素晴らしい!最高の化物が出来た!」

コメントありがとうございます!

>アスカさん

最近、昔見たのをふと思い出して探してみたら見つかりました。
やっぱりあそこのマンガは面白い。
まぐりんもエコりんもいいと思います。

では!

2012/02/07 (Tue) 13:34 | 編集 | 返信 |   
レイ  
金か!?金が欲しいのか!?いくらでもある!!

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

パンダヒーローのPVならむっかーしむかしに
うごメモで書いたことありますよ。
貧乳はステータスだ!そのことを何よりも主張したい!貧乳派として!

では!

2012/02/07 (Tue) 13:35 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>キャリーさん

ん?キャリーさん?キャリーさん!!
ダメだ、息がない……

メッセージ
15連鎖の発火直前に2連鎖で潰された系男子

では!

2012/02/07 (Tue) 13:36 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
ご愁傷様デス♪デス デスデス DEATE

どんな曲かうるおぼえだけどおもしろい曲だった気がする!

もりのようかんか…めちゃくちゃ怖かった。初めて食堂の幽霊見たとき寒気がしました。そしてすぐ逃走。
エコりんいいですよね!ね!?ね!?ねぇーっ!?
まぐりんもいいですがエコりんもいいですよねっっ!?
ではあああっ!

2012/02/07 (Tue) 20:30 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: ご愁傷様デス♪デス デスデス DEATE

コメントありがとうございます!

>ハルカさん

たまに歌いたくなる。
もりのようかんはマジでアカン。BGMと相まってホント怖いです。
ヨスガの教会といいDPは地味にホラーだった。
まぐりんもいいですがエコりんもいいですよねっっ!? と聞かれたらいいです!

では!

2012/02/10 (Fri) 18:04 | 編集 | 返信 |   
爆弾野郎  
No title

シおンたぅンはジごくダョ

2013/07/22 (Mon) 01:57 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ