もう失敗、もう失敗。間違い探しに終わればまた回るの

あなたは、喧嘩をどう思いますか?
「喧嘩するほど仲がいい」とは言いますが、やはり本能に従った殺し合いに近い存在です。
互いの意思の相違から生まれる争いに決着をつける時、あなたはどうしますか?
謝りますか?

謝れますか?


こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは喧嘩した時、自分から謝りますか?」です!皆さん最近喧嘩はしましたか?昔に比べると減ってきましたが・・私はなかなか自分から素直に謝れないです・・完全に自分が悪かったり、その状況にもよりますが、お互い怒ってる状況や、拗ねてる状況だとなかなか素直に自分からって謝りにくいですよね・・そんな中で素直に謝ったり、仲直りをしようと自分から冷静...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたは喧嘩した時、自分から謝りますか?」




私は最近は『喧嘩』へのイメージが固定されました。
それは、ある方のおかげです。
ナナリー・フレッチ。
彼女とリアラという少女の会話があるのですが、
何というかもう『その時、レイに電流走る』ってくらいショックでしたね。
正論でありながら誰もがなかなか気づけなかったことだと思うんですよ。
『何が喧嘩するほど仲がいいだ、知らないよあんな奴』そんな風に思うときもあるでしょう。
喧嘩というのはそういうものです。実際暴力も振るわれますし罵倒もされます。
それを良いものだと捉えろと言っても、無理な相談というものでしょう。
しかし彼女の発言は違います。確実な所を突いています。


「……あたしもね、ルーと、ケンカしたことがあるよ。もう、何回もね」

「本気で怒鳴って、怒って、手が出るときだってあった」

「仲がいいから、ケンカするんじゃないか。
 どうでもいいやつと、ケンカなんか、しないだろ?」

「自分をわかってほしい。間違いに気づいてほしい。もっと、もっと、わかりあいたい」

「そんなふうに、本気で、相手のこと思ってないと、ケンカなんかしないし、できないだろ?」

「だから、納得できないことがあったら、どうしても、ゆずれないんだ。
 なんせ、こっちも向こうも本気だからね」

「そしたらケンカするしかないのさ。おたがいの本音、ぶつけあってさ、
 どなって、怒って、泣いて……」

「それでやっと、おたがいの事が、わかるんだよ」

「ケンカって、痛いし、ツラいけどさ」

「それをのりこえて、はじめて本当に仲良くなれるし、幸せにもなれるんだ」

「あんたたちは、はじめて本音をぶつけあって、はじめてケンカをした」

「だから、これでやっとスタート。終わりなんかじゃ、ないんだよ」

「それは、何度も、本気でケンカしたから、そう思えるのさ」

「だから、あんたたちも、これからさ。安心しな!」


この発言は私に革命をもたらしましたね。
私も何度も何度も喧嘩をします。怒って、怒鳴って、泣いて。
でも、決して嫌いにはならなかったと思います。
喧嘩の後って気まずいですよね。お互い、その時にはもう許してるんですよ。
でも、どう接すればいいかわからなくて。お互いぎこちなくなってしまう。
そんな時はどうか、思い出して欲しい。
相手も仲直りしたいのだと。怒ってなんかいないのだと。





……まあ、ダラダラと並べましたが……



これ、別に全てには当てはまらないよね。




P.S. 人生なんてそんなもんですよ。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ