マミ「交換生活しましょうよ」     

アミティ「これから皆さんに交換生活をしてもらいます…

りんご「は?性交狡猾?

アミティ「ウィー・ムー・ウォー……

りんご「ま、待った!;ジンガムルディオボロスだけはやめてください命に関わりますよ!;

アルル「交換生活って何?家を交換するってこと?

アミティ「うん、でもそれだけじゃ面白く無いからもうひとつルールを追加しましたー!」

アルル「勝手に追加してろよ

りんご「壁に向かって話しかけてろゴミ

アミティ「えっ

アルル「いやー今のトレンドは刺繍でしょ!見よ!この手さばき!
    メキシコ流プント・デ・クルスの魔力を受けるがいい!
」シャシャシャ

りんご「さすがアルル、やりますね!しかしこちらも負けませんよ!
    見よ!オリジナル奥義りんご流ダブルスニードル!
」ズザザザ

アルル「じ、ジグザグの縫い目をミクロン単位でまとめている!?;これがりんごの新奥義…!

アミティ「どういう誤魔化し方!?;いきなり刺繍始めても
     キミたちが造り出した空気は消えないからね!?


ラフィーナ「空気が消えないなら…上書きすればいいじゃないですの…!

りんご「…そうですね。きっと私達なら、変えられる!この世界を!

アミティ「何RPG風にまとめてんの!?;ちくしょー、後で泣いても知らないからね!」


アミティ「はい、まずはこのくじを引いてね」

アルル「くじかー、これで部屋でも決めるの?

アミティ「そう、これは引くほどリアルに作られたくじだからね。何が出るかわからないんだ

ラフィーナ「引くほどリアルにって、それあか

シグ「Police.

ラフィーナ「Yes.




結果:

シグ&りんごペア→ラフィーナの家
アミティ&クルークペア→アルルの家
ラフィーナ&アルルペア→シグの家



アミティ「で生活してもらいます

アルル「な、何か本当にメチャクチャな組み合わせになったね…(汗)

アミティ「なんてったってリアルくじだからね、
     そんじょそこらの引きすがりのくじとはワケが違うのよ」

りんご「シグ、よろしくお願いします!ナイスチュミーチュー!

シグ「よろしくー」

アミティ「クルークかー、中学生男子の一日を観察できるのは興味深いなー!

クルーク「ボクとしてはむしろキミの方が色々心配だけどね…;

アルル「ボクたちは女子ペアだねー、まあ安全そうでいいけどちょっち寂しいかもね」

ラフィーナ「せっかくですからアルルさん、昔の話を色々聞かせてよ」

アルル「いいよー!たまにはこういうのもいいかもねー、今夜は寝かせないよ!」

ラフィーナ「……悲しいけど私達…シグの家なのよね……(泣)

アルル「たまにでもこういうのは勘弁だね……今夜は絶対眠れないよ……(泣)

アミティ「さて、それでは各自かいさーん!」







りんご「さて、ここがラフィーナの家ですね…あ、相変わらずでっかいなこの屋敷…;

シグ「おっきぃ…

りんご「……今日は録音フォルダが異様に潤いそうですね」カチッ

エフィール「貧乏暇なし三十六キィィック!!」ガシャーン

りんご「今窓を割って誰かが二回から飛び降りた気がするけど私は何も見ていない、うん

シグ「トレーニングかなー」





アミティ「ここがアルルの家だね、意外となんにもないなぁ」

クルーク「あれ?;アルルってマイホームなしのホームレスじゃなかったっけ?

アミティ「うん、前まではそうだったんだけどりんごと色々あって家は立てれたみたいだよ」

クルーク「そう。…それにしてもまさかキミとひとつ屋根の下で過ごすことになるとはね…;
     頼むから勉強の邪魔だけはしないでおくれよ!


アミティ「せめてちょっとくらい顔を赤らめてくれてもいいのにっ…!無情っ…!;
     やっぱり胸がないのがいけないのかなぁ……;


クルーク「うん、ボクBカップ以下に興味ないから




クルーク「前が見えねぇ(泣)」フラフラ

アミティ「い、いきなりセクハラ発言しないでよ!;びっくりしたー!;

クルーク「びっくりしたのはこっちだよ!;顔面に正拳突きはマズイって凹むって!(泣)

アミティ「誰が凹凸なしだ!(泣)

クルーク「∑言ってないよ!!;;





アルル「お、おじゃましまーす…;」おそるおそる

ラフィーナ「うっ、思ってた以上にムシかごだらけ…!;どこの松笛の家ですのここは!;

アルル「我は…確率を述べるもの!来たれ相撲部!」ダッ

ラフィーナ「意味不明なこと言いながらリビング行った!;
      ちょっと、あんまり暴れると色んな意味で危ないですわよ!?


アルル「ゼル伝のごとくいきなり降ってくるかもよ!クモとか!」



ゴツンッ



アルル「………キューピー人形の頭が……降ってきた……

ラフィーナ「だ、大丈夫?;びっくりしたー、どこから落ちてきたんだろ?」

アルル「まさかのキューピー人形だよー、しかも頭だけとかコワッ!;質悪っ!

ラフィーナ「思った以上にホラーハウスですわね、ここ……;







りんご「さあ、とりあえず写真だ!激写激写激写の雨あられ!甘やかしグラマー!
摩天楼の雨なんで消しちゃったんスか358さん!あーんスト様が死んだ!
死んじゃイヤであるリアラソラを消しちゃダメだっっしゅ!
」パシャパシャパシャ

シグ「何言ってんだこいつ

りんご「あ?」

シグ「クワガタコガネー、クギヌキコガネとも言うー。これは主にタイ・ウィアンパパウに生息

りんご「∑いきなり昆虫紹介始めても誤魔化されませんよ!?;

シグ「それにしても広い」

りんご「そうですね。これほどの豪邸、クランデスターン屋敷を上回るほどですよ?
    やはりクランデスターン家の一族と何か関係があるのか…」

シグ「……それで、さっきから気になってたんだけど」

りんご「にゃ?」クルッ

シグ「その頭の上に乗ってるねこは……;

りんご「ああ、申し遅れました。黒猫のチチャです、生後は不明、誕生日不明!

チチャ「にゃー」

シグ「にゃにゃー、にゃにゃんにゃ?」

チチャ「にゃんにゃん、にゃん!にゃにゃん!」

りんご「あっ、そういえばシグは動物の言葉がわかるんだっけ!なんて言ってますか?」

シグ「『にゃんにゃん、にゃん!にゃにゃん!』って言ってる!

りんご「嬲るぞ

シグ「ごめんなさい





クルーク「…ABCをとって並べて…逆さにする、多分ここまではあってるんだけど…シーザー暗号の鍵がわからないし、そもそもシーザー暗号なのかもわからないし、シーザー暗号をしても全ての暗号が解けるかすらもわからない…!;だいたいのキーは試したんだけど…」ブツブツ

アミティ「みかんにコールドすると冷凍みかんができるよ!」コンコン

アミティ「みかん同士でコンコンすると何か楽しいよ!」コンコンコン

アミティ「ヘイYO!調子はどう?イエア!それじゃ行こうか!
     響かせるぜ俺のマシンガントーク!俺のレボリューション!チェケラ!
」コンココン

クルーク「それにあの壁画…5階にあったあの鏡はルナが言ってた奴じゃないのか…?でもあの遺跡は3000年以上前に作られたものだし、となるとつまり、外部から誰かが手を加えたと?意味深にわざわざアイテムを置いてボクたちを惑わせているのか…?」ブツブツ

アミティ「ちょっwwwwwミカン婆wwwww何してんのwwwwww」カチャカチャ

アミティ「いやー、大神って評判悪いけど面白いじゃん!犬も可愛いし雰囲気出てるし!」カチャカチャ

アミティ「クソゲーと有名なオプーナ買ってきたけど普通に面白いやん…可哀想」カチャカチャ

アミティ「いや、でもこのキャラはないわ。ボンボンはないわ」カチャカチャ

クルーク「そんなことをして何のメリットが…?ボクたちを惑わせて得をする人物…思いつかない、エコロならこんな周りくどいことはしないだろうしサタンなら尚更そうだ…まずは暗号がわからないことには次に進めない…」ブツブツ

アミティ「みかんにコールドするといい感じに美味しくなるんだけど
     では更に威力があるブリザードをしちゃったらどうなるんだろう?」コンコン

アミティ「ものはためし!ブリザード!

アミティ「うっひゃー寒い!;ていうかみかんが破裂した!;えーん、あたしのみかん!

クルーク「∑やかましいわっ!;さっきから何ラップしたりゲームしたり破裂したりしてんの!?
      せっかくのシリアスシーンが台の無しだよ!


アミティ「インフレーション、インフレーション。びっくりするほどインフレーション

クルーク「意味わかんないよ!;静かにしててよ、今ボクは世界の謎について解明を

アミティ「うわああぁぁあああぁぁっぁっぁあああああ!!いきなりオバケ!(泣)

クルーク「キエエエエエエwwwwwwwwキョエエエエエエエwwwwwww

アミティ「はぁ…;『ホラーゲーやったことないけどホラー克服するぞ!』って思って
     サイレン買ったのに…;もう泣きそうだよ…;


クルーク「ヤッタコラサwwwwwwwエーンwwwwwwww

アミティ「ん?;クルーク?どうしたの?
     どじょうすくいをしながら奇声をあげて、新しい遊び?」






アルル「そういえば、シグのお父さんとお母さんって何してる人なんだろ?」

ラフィーナ「そういえば、シグのご両親は完全に謎ですわよねー」

アルル「シグがあんなんだからなんとなくムシ狂を想像しちゃうんだけど…;

ラフィーナ「今日は不在って言ってましたし、特に気にしなくてもいいのでは?」

アルル「そうだね。それよりシグの部屋だ、探すよ、『アレ』をッ!!

ラフィーナ「あ、あれって…?;」

アルル「前回は無情にもアレな結果に終わってしまったが今回はなんとしても見付け出す!
    彼の奥底に眠る性欲を!性欲なき人間などいない!さあ行こうラフィーナ!


ラフィーナ「な、何ですのそのテンション!?;し、シグにもプライバシーというものが…」

アルル「ないよ!とにかくボクは見つけるよ!ひとつもないなんてことは絶対にない!
    ボクはその証拠を今まで垣間何度か見た!必ず見付け出すんだ!宝を!秘宝を!


ラフィーナ「アルルさん、何かオバサンっぽいでs

アルル「政宗流……『月光』……」ユラァ

ラフィーナ「∑ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!(泣)」ドゲザァ







エフィール「ふー!いい汗かいたー!あれ?えーと、キミは…いちご?」

りんご「『ご』しか合ってないのに非常に近い気がする覚え方ですがしかし八九寺、
    何度も言うようにボクの名前は阿良々木暦こと安藤りんごです


シグ「よろしCALLING

エフィール「!!し、しししシグちゃーん!はぐ!」だきっ

シグ「うわー」

エフィール「会いたかったぜマイラブリーフレンドバイオレットパワー
      センキュフォママーセンキュフォパパーサイコーエブリディユーアーレジェンド!


シグ「たすけてー、割と本気で助けてー

りんご「離れろそこのピンク頭!;シグにいたずらしていいのは私だけですよ!

シグ「えっ」

エフィール「うるさいトマト!トマトソースは嫌いなんだ!

りんご「何でいちごからトマトになったんですかぁっ!;どこのソードマスターだ!(汗)

エフィール「さあ、シグ。あちらの寝室で私と……」

シグ「???」

りんご「あっ、なんかヤバそうな予感。離れないと電気魔法サイン食らわしますよ

エフィール「へー、そういうこと言っちゃうわけ?いいんだよ?
      別にこっちもエルカンテ使っちゃうよ?


りんご「そんなカイナッツォやスカルミリョーネやバレイシアとかと
    組んでそうな名前の技なんて怖くもなんともないやい!


エフィール「おのれ、言ってはならんことを!」

シグ「助けろ、おい、助けろ





アミティ「……;」

クルーク「……」カキカキ

アミティ「……;;」

クルーク「……」カキカキ

アミティ「ええええええええええええええい!!;お前いい加減にしろよ!

クルーク「∑えええええええええぇぇえええええぇっ!?;;

アミティ「何で思春期男の子が女の子と二人きりなのに超無表情で勉強進めてんの!?
     このガリ勉が!;ものっすごい冷めてるよ!冷やし素麺もびっくりだよ!


クルーク「知らないよそんなこと!;そもそもキミみたいなお子様には興味ないしね!

アミティ「ていうかなんで真面目に勉強してるの!?;ただの口だけの嫌味な奴じゃないの!?
     実力があって嫌味な奴とか最悪すぎる!(汗)


クルーク「だからボクは前年度最優秀生徒に選ばれたくらい頭がいいんだって!;
     これは天賦の才でも何でもなくて自力でつかみとった最優秀!天才ではなく秀才!

アミティ「これじゃまるであたしが真面目に勉強してない大バカみたいじゃないかー!(泣)

クルーク「………」

アミティ「何でそこで気の毒そうに目を逸らすの!?;ここ黙るとこじゃないよ!?;

クルーク「……」カキカキ

アミティ「チクショウ…チクショォォォォ……(泣)





アルル「ベッドの下…棚の裏…棚と棚の間に生まれたスペース…ない…ない…!;」

ラフィーナ「アルルさん、こっちもありませんでしたわよ!

アルル「そんなバカな…;今度はパソコンだ!;パソコンのDドライブにはきっと
    フォルダ分けされたあんな絵やこんな絵があるはずなんだ!;


ラフィーナ「『絵』前提ですのね……;

アルル「げっ、起動パスワード…;パソコンに疎そうだからかけてないと思ってたのに」

ラフィーナ「ほら、アルルさん、もう諦めましょう!シグに悪いですわよ、こ、こんなの…」

アルル「そんなこと言って顔は『見つけたい』って書いてあるよ、
    大丈夫!きっとパスワードは…」カタカタ



『MUSI』


テテンテテーン♪


アルル「∑うおっ、マジで行けた!;

ラフィーナ「∑思いの外単純だった!;

アルル「さあ、マイコンピュータだ!Dドライブ…中は…中は…!?」

ラフィーナ「……何もありませんわね

アルル「……」

ラフィーナ「……アルルさん?;」

アルル「まだだ…まだメインカメラがやられただけだ…;きっとCドライブに…」ヨロヨロ

ラフィーナ(ふ、老けて見える…!;アルルさんが老けて見える……!!

アルル「……!;み、見てラフィーナ!Cドライブに画像フォルダ発見!」

ラフィーナ「お、おお?もしかしてあるんですの!?」

アルル「我々の勝利だラフィーナ!レッツ夢の秘境!」カチッ




20thの壁紙集




アルル「………」

ラフィーナ「………」

アルル「…………」カチッ





削除





ラフィーナ「∑そんな殺生な!!(汗)








りんご「さて、エフィールさんはなんとか追い払いましたし…適当に部屋でも探しますか」

シグ「開かずの間とかないかなー

りんご「面白そうですね、それ!何か禁断の部屋みたいなのを見つけたいですね、
    これだけ部屋があるんですから」

メイド「密航者だな」シュタッ

りんご「」ドゲザァ

シグ「」ドゲザァ

メイド「じょ、冗談ですよ…;お泊りになられるとラフィーナお嬢様から聞いております。
    どうぞごゆっくり


りんご「死ぬかと思った…(泣)」バクバク

シグ「死んだかと思った…(泣)」ドクドク

りんご「……おや?シグ、あそこに見える扉、なんでしょう?」

シグ「……?どこー?」

りんご「あそこですよ、あそこ…ああ、私が視力いいんだった…;ちょっとこっち来い!」ダッ

シグ「おやめになってー」タタタ



りんご「ここですね。ホラ、なんかこうスタフィーのボス戦前の扉的な異様なふいんきが…

シグ「たしかに」

りんご「…あ、開けてみましょうか…?;」

シグ「…お、おう…」

りんご「い、いきますよ……」




ギィ……




→サンドバッグにされたと思われるぬいぐるみの亡骸×432



DUS
ダス…(ドアを閉める音)







りんご「やめよう。所詮私たちは奪われる側の人間だったんですよ…

シグ「そだね…;」






アルル「それでさ、シェゾがいきなり拉致監禁してきて…

ラフィーナ「そんなことがあったんですの……」

アルル「うん、カーくんと出会ったのもその遺跡なんだけどね、ルベルクラクが…」

ラフィーナ「へー……」

アルル「そうそう、運動会みたいなのもあったっけ!ぷよりんぴっくって言ってね、
ウィッチがひどいんだ!『ズンドウ』の『大根足』はひどいよね!ボクそんなに足太くないのにー

ラフィーナ「ふーん……」

アルル「それでね、シェゾがパンツ一丁で

ラフィーナ「∑何ですのその話!?;」がばっ

アルル「いきなり食いついてきた!;





アミティ「ねー、そろそろ寝ようよー」

クルーク「…寝るって言ったって、ベッドがひとつしかないじゃないか…;

アミティ「?そうだけど?何か問題あるのか?

クルーク「……はぁ…;わかったよ、ボクは床で寝る。おやすみ」

アミティ「えっ!?;いやいやそうじゃなくて一緒に寝ようよ!

クルーク「∑エンドルペッパッグラアアァァァアッ!?;;

アミティ「∑ディスイズアグレイトイッツアビュリフォデー!?;;

クルーク「き、ききききキミって奴はキミって奴はキミって奴は……!」オロオロ

アミティ「うん?;…ははーん、もしや『一緒に寝る』を
     そういう意味でとらえちゃったのかなー?


クルーク「さあ勉強だ、最近学力が落ちたから徹夜してでもあばば

アミティ「『あばば』って…;でもよかったー、
     もしかしてあたし女性として全く魅力がないのかと思った…;」

クルーク「はぁ…;まあ一緒に寝ていいっていうならありがたくそうさせてもらうよ、
     この季節床で寝るのはさすがにキツイからね」

アミティ「どーぞどーぞー♪電気消すよー」





カチッ




アミティ「……」

クルーク「……」ドキドキ

アミティ「……」じー

クルーク「な、なんでこっち見てんの?」

アミティ「いや、クルーク寝る時メガネ外さないの?;」

クルーク「…ああ、そうだ…;すっかり忘れてたよ、マンガじゃあるまいしね」


カチャッ


アミティ「……」じー

クルーク「……ま、まだ何か?;」

アミティ「いや、メガネ外したクルークって新鮮だなーって」クスクス

クルーク「そ、そんなにじろじろ見られると眠れないんだけど…;」

アミティ「はーい、じゃあおやすみ、クルークー」

クルーク「…うん、おやすみ」













アミティ「むにゃ…」

クルーク「っ!?;び、びっくりした…;

アミティ「……るーくが…」

クルーク「……?何だ?寝言?」そっ

アミティ「……くるーくが……」

クルーク(……く、クルークが……?)ドキドキ

アミティ「……くるーくがクールに回った、くるくるー……











クルーク「……ダジャレかよ……!!(泣)









終われ

カオスにするつもりがいつの間にかエロ回になってた、なんでだろう。

コメント 8件

コメントはまだありません
覚醒前のハルカさん又の名をミルルラム  
クレイジーテンションミルルラム!!

やあ!毎日1~8回は来てるのにテストでなかなか感想が書けないミルルラムデスヨ
(゜ω゜)シンダメ
だじゃれかよ…(笑)
何もないてそれ何の為のパスワードだよ
シグはあやちゃんが封印された時にシグもあやちゃんとは別の場所で精神身体時間が封印されてて…(中二乙)
違うんデスヨ!
ちょい前の中二爆発記事に被爆したんですよ!中二病ってうつりますよね!?
大量のぬいぐるみがしんでた時はドア閉めよかと思った♪つかしめた
やめたげてよお!
せめてきゅうぴぃにしたげてよお!
ちなみにオレは
1.ディズ■■
2.■ンリオ
3.■ューピ■
がキライ。
好きなのは
1.ぷよぷよ
2.■てきょーヒッ■■ン■ボーン(ジャンプのアレ)
3.■ウル■レイドル世界を喰ら■者(ものっそいマイナーな日本一のゲーム略してソルクレ)
…辺りが萌えるかな?(ボカロは?)
今は(いつでも)ぷよぷよがフィーバーだよ!最高!
後色々まとめちゃうか。しばらく感想書けないと思うし。
白ペンキ
黄ぷよ
それ何処に売ってるん?
レイくんナイスKY(空気読んでる)
中二最高
ダメガネ不憫
いつでも不憫
マジ不憫(笑)
じゃあおじゃまチューぷよは?
ネコミミは正義
獣ミミ正義
心の中はいつでもハイテンション!
ミルルラムでした~!

2012/02/18 (Sat) 02:54 | 編集 | 返信 |   
チョボ  
No title

あの暗号は…解かない方がいいと思うよ、うん。世の中には知らないほうが幸せなこともあるんですよ、クルーク。例えばアコール先生の年齢とか知った日には地獄の逃亡生活g…待ってなんていないですよ、はい。

2012/02/18 (Sat) 11:09 | 編集 | 返信 |   
めと  
No title

いろいろカオスwww
20thの壁紙は消さないで><
MUSIwww
おやめになってーがじわじわきました

相変わらずハイクオリティですね!

2012/02/18 (Sat) 12:16 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
おや、ありやりゃぎさんじゃないですか。

愛が298円で売ってたりしららぎさんが出てきたり…。私も好きですよー、物語シリーズ。イエイ!←
ぬいぐるみwwwwwネネちゃんかよwwwww
まど○ギのコミカライズのマミさん、マミったのシーンの音がめちゃくちゃグロかったんですよ。ゴキュゴキュとかー、バリバリとかー、バキバキとかー。
あ、エフィ姉さんじゃないか。シグラフィの敵?敵だったらルナティック同様嫌いになっちゃうよ?あはっ←
クルーツ…全然男の子男の子してねーなぁ。まあ、相手があめちゃんだもんねぇ。物語シリーズは後々原作を買おうと思っております。うふふふふ←
化物のほうは見てました。アニメ。父親と。
では!

2012/02/18 (Sat) 13:55 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: クレイジーテンションミルルラム!!

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

(゜ω゜)シンダメ ツボったwwww
パスワードはあれですよ、何か『パスワード解く俺かっこいい』的ななんでもないです。
厨二といえば、私のHP『るいぱんこっ!』を更新しました。裏ページを。
移りますよねー。全部KHが悪い。
ディズニ●とサン●オとキ●ューピィが嫌いとな!?
ディ●ニーは大好きです、ホント大好きです。うぇへへへえへhwwwwwwwww
ヒットマンリボーンのことか…ヒットマンリボーンのことかーーっ!

では!

2012/02/18 (Sat) 20:05 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>チョボさん

Die……
アコール先生は永遠の16歳ですよ。ホントデスヨ。

では!

2012/02/18 (Sat) 20:06 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

おーやめーになってー♪おーとのーさまー♪
という歌があってですね。
消してしまえ!全てッ!題3の爆弾『バイツァダスト』!
最近のクオリティ低下具合は異常。あの夏はもう戻ってこない。

では!

2012/02/18 (Sat) 20:07 | 編集 | 返信 |   
レイ  
修羅々木さん!

コメントありがとうございます!

>ハルカさん

グロいの苦手なので化物語とかは知りません、
というか一話でいきなりヤバイことになってて切っちゃった。
偽物語を見ております。今のところグロいシーンがないので安心です。
シグラフィはいいですよね。でもシグタルもありだと思いませんか?

では!

2012/02/18 (Sat) 20:09 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ