スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛のぷよぷよ小話!

2012/02/22 Wed

アミティ「みゃー(目が覚めたらなんか猫になってた)

アミティ「∑みゃぁぁぁああ!?(ってどういうことだよ!;訳が分からないよ!
      何故猫!?ポケ●ン的なことに!?親方はどこ!?
)」

ねこ「みゃーみゃー(あれ、その声もしかしてアミティさん!?)」

アミティ「みゃ?(あれ、ラフィーナ?キミもポ●ダン的なことに?;)」

ラフィーナ「ええ、ていうかみゃーとか()とか打ち込むのめんどいからこれで行きますわよ

アミティ(ものすごいメタった!!;;

アミティ「でも安心したよ、ラフィーナもなってたなら何か原因があるんだろうね」

ラフィーナ「何でこうなっちゃったんでしょう…;」

アミティ「それにしてもラフィーナ、ピンク色だね…;ピンクの猫とか聞いたことないよ」

ラフィーナ「そっちなんて真っ赤ですわよ?;一瞬虐待された猫かと思いましたわよ、
       心臓に悪いし目にも悪いですわ(汗)


アミティ「げげっ!;早く戻らないと!;とりあえず適当に歩きまわってみよう」

アルル「あれ?猫がいるよー」

シェゾ「ん?ホントだな。…そういえば前、お前が猫になったことがあったな

アミティ「ミートボール、素直に渡してくれればよかったのに…;

シェゾ「フン」


アミティ(ああ、またあたしの知らない話だ…;

ラフィーナ「みゃう!みゃうみゃう!(ちょっと二人共!私はラフィーナですわ!)」

アルル「なんか言ってるよー?わかる?」

シェゾ「そうだな…思うに、『ぼくはねこすけだよ!よろしくね!』だろう

ラフィーナ「みゃう!?(的外れにも程がありますわよ!?;)」

アルル「それにしてもヘンな色の猫だねー、ペンキでも被ったのかな?

シェゾ「お前たまに愉快なこと言うよな

アルル「褒め言葉として受け取っておくよ

アミティ「くっ、かくなる上は……!;」


たたたたっ


シェゾ「お?この赤い猫、俺の肩を登ってきたぞ」

アルル「あっ、いいなーシェゾ!ボクにも触らせてー!」

アミティ「ウッディ!!」ザザザザザ

シェゾ「∑ギャアアアアア!?;俺の顔が!?;イケメン顔が!?;

アルル「ははっ、ざまぁ……ってうん?引っ掻き跡が文字になってる!

シェゾ「∑何ソレ怖い!;ていうか痛い!激痛い!地味に痛い!;」ジタバタ

アルル「どれどれ…『あたしはアミティ』!?;この赤い猫アミティなの!?

アミティ「にゃ!」コクコク

ラフィーナ「ナイスですわ、アミティさん!土壇場で頭が回りますわよね!

アミティ「へっへーん!もっと褒めて!」

アルル「すごい偶然だなー、アミティって名前の猫なのか。よろしくね、アミティ!

アミティ「∑同名の別人だと思われた!!;

ラフィーナ「∑さすがにこれは予想外ですわ!?;

アミティ「みゃみゃうみゃう!;(いや違うってアミティだって!;何で別人だと思うの!?;
     同名なんてありえないでしょ普通!常識をぶち破れ!;
)」

アルル「あっはっは、何言ってるかさっぱりわかんねーや」

アミティ「みゃうーッ!;(アルルッ、アルルゥゥゥゥゥッ!!;)」

シェゾ「ん?よく見るとこの赤いの、目が緑色だな。……もしかして」

アルル「うん?どうしたのシェゾ?」

シェゾ「おい、そこの赤い猫。お前、もしかしてあのバカのアミティか?

アミティ「その比喩は気に入らないけどその通りだよシェゾナイスアシスト!;」コクコク

シェゾ「頷いた…ってことは、間違いなさそうだな。おいアルル、こいつはアミティだ」

アルル「いや、知ってるけど」

シェゾ「そうじゃなくて、あのバカのアミティなんだって!

アルル「ええっ!?;あのバカの!?;通りで何かバカっぽい顔してると思った!

アミティ「お前ら後で覚えてろよ!!(泣)」

ラフィーナ「あ、アミティさん落ち着いて!;」

シェゾ「ってことは、こっちのピンクのはルル……ラフィーナか

ラフィーナ「その間違いだけはッ!ラヘーナは許してもその間違いだけは許さないッ!!

アミティ「お、落ち着いてラフィーナ!;今攻撃して怒って帰られたら大変困る!;」

アルル「ど、どうしよう?二人が猫になっちゃったの?」

シェゾ「みたいだな。とりあえず連れて帰っていじめようぜ

「「∑!?;」」

アルル「さんせー!たまにはいいこと思いつくねシェゾ!

「「∑!?!?;;」」





シェゾのいえ!



シェゾ「ほら、ミートボールだ。欲しいか?」

アミティ「あっ、おいしそう!わーい」あーん

シェゾ「」スッ(手を引っ込める音)

アミティ「アウチッ!!;」ガチッ(空気を噛む音)

シェゾ「悪あがきだったな」もぐもぐ

アミティ「ああぁぁああああたしのミートボール~!(泣)」ギリギリ

ラフィーナ「いや、あなたのじゃないでしょ…(汗)」

シェゾ「さて、アルル、どうする?;俺元に戻す方法なんて知らないぞ」

アルル「ボクは知ってるよ。右回りに三回回って、手を叩きながら前へ5歩、最後に逆立ち!

シェゾ「ああ…あったなそんなことも…;

アミティ「あー、そんな呪文あったね!すっかり忘れてたよー」

ラフィーナ「そ、それをやればいいんですのね?」

アミティ「アッ!;待ったラフィーナ、早まるなっ!;その呪文は


「にゃにゃん」

右回りにワントゥースリーッ!!

「にゃにゃにゃん」

手を叩きながら前進っ!

「にゃん」

ワンッ!

「にゃん」

トゥー!

「にゃにゃん」

スリー!

「フォー」

にゃん。

「にゃんっ」

ファイッ!!



「にゃっ!」

最後に逆立ちっと!




ラフィーナ「こ、これでいいんですの?;……き、き…

アミティ「その呪文は裸になるから…やめ…と…いた…方が……



「きゃああぁぁあぁっ!!(泣)」



そのあと何やかんやで全員戻りました、何で猫になったかって?知るか



終われ

なぜかラフィーナが汚れ役。

コメント

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。