ぷよキューよりぷよ小話の方をやりたいけど期待値はぷよキューの方が多いと

アミティ「大変だ大変だ大変だ!!;

アルル「どうしたの?、ボクはコアラのマーチが
    ミッ◯ーマウス・マーチを歌い出した程度では驚かないよ?


アミティ「そこは驚けよ

アルル「まさかとは思うけど『投稿が来てるんだよ!』とか言うつもりじゃないよね?」

アミティ「投稿が来てるん…ウォォオアアアア!?;て、テレパシー開眼…!?」ドキドキ

アルル「∑いやいやそんなオマージュのリスペクトのオマージュみたいなことやられても!;
      いいよもう来てる程度で今更驚かないよ!(汗)


アミティ「ダメだね……アルル、そうなっちまったらもうおしまいなのさ…。
人は裕福になるとその裕福になれちまってありがたいものにありがたみを感じなくなっちまう…。
失ってからじゃもう遅いんだ、日頃から感謝の気持ちを忘れるなよベイビー…」

アルル「何で今日はメチャクチャハードボイルドなの?;

アミティ「いや、なんというか最近ありがたみを忘れてたってね……」
アミティ「今日も今日とて『ハルカ』さんから!これはだいぶ前の投稿だよ!」

アルル「読むよー。えっと、

アミティ「活心エイドスタンプッ!!

アルル「っ!?!?;;え、えっとキャンセル…!?;まだ実在していたの…!?

アミティ「読むのはあたしだ!;キミらいつも勝手に枠を取り上げやがって!

ルナティックの言うことを一日だけ全て聞いてあげて!どんな無茶ぶりもできるだけ!
ルナティック!今回でつもり積もったうっぷんとかストレスとかいろいろ出しちゃってね~♪
…みんながんばれ!!


    とのこと。ルナティック=精神障害者みたいな感じだったからひどい誹謗中傷だね」

アルル「誹謗中傷についてキミが何か口出しする権利はないでしょ…;

アミティ「まあいいや、ルナー!おーい、ルナー!」

ルナ「ん?何?今、今日の新聞に書かれていた『想像妊娠』という
   言葉に対して全力でググってる所なんだけど


アルル「違うからね!?;想像妊娠ってキミが想像してるような意味じゃないからね!?;

アミティ「そーぞーにんしん?何ソレ?それ着て踊るの?

アルル「アミティ。いくらなんでもそれは無理があると思う

アミティ「ていうか、そういえばルナも一応スタッフだったね…;」

ルナ「そうだよー?今まで何だと思ってたの?

アミティ「全キャラ中一番いらない子

ルナ「野球をしようアミティ。私がバッターをやるからアミティはボールをやってね

アミティ「イヤだよっ!;中学野球だとバットが金属バットだから痛いじゃないかっ!;

アルル「アミティ、それだと木製バットなら殴られてもいいように聞こえるよ

ルナ「言い方が悪かったかな、訂正。皆でアミティを金属バットで殴ろう

アミティ「くっ…皆一斉なんて、そんなのルール違反じゃないか……!;

アルル「そしてキミが気にするのは野球のルールなの?(汗)

アミティ「それで?ルナ、何かやりたいこととかある?」

ルナ「出番をください(泣)

アミティ「ごめんねルナ。今回のお願いは一回ポッキリでできることなんだ、持続は無理だよ

ルナ「えー、なら別に……

アミティ「∑ええっ!?;希望無くし過ぎじゃない!?;
       絶望した!希望を失くした現代の若者に絶望した!!;


アルル「そうだよルナ、遠慮しないで。
    今日、静岡県産の良いお茶とお菓子とメイド服が手に入った所なんだよ

アミティ「待ってアルル。今一つ聞き逃せない単語が混ざってた気がするんだけど

ルナ「ごめん、お気持ちとメイド服だけ頂いておくよ

アミティ「何で!?;何でメイド服をちゃっかり頂いてるの!?あたしがおかしいの!?
     誰かこの異次元空間にツッコミ入れてよ!;


ルナ「あ、やりたいことと言えばひとつ……」

アルル「お。何何?」

ルナ「あのさ、前アルル懐中時計を豪快にぶっ壊してたよね?

アルル「これが最後だ、もうあのことを思い出させるな

ルナ「最初の警告で最後だと言われたのは初めてだよ

アミティ「ああ……またあたしの知らない話だ……(泣)

アルル「最近アミティも影薄いね…;それで?あの時計がどうしたの?」

ルナ「あの破片みたいなものはまだ残ってる?」

アルル「まあ、一応……」

アミティ(えっ、なんで?;普通捨てない…?;

ルナ「あの懐中時計をもう一回元に戻して欲しいんだけど……」

アミティ「なるほど、壊れた時計の修理ね!それならアイツにお任せだ!」




りんご「

ルナ「小屋

りんご「よし合格。平均86.7点でした、中々優等生ですね。
    ペーパーテストのケアレスミスが多かったので注意するように


アミティ「∑ペーパーテスト!?;ペーパーテスト何てやってないよね!?;
     そしてなんの点数測ってるの!?;やめてよもう!これ以上ボケないで!;


ルナ「はーい!」

アミティ「∑頷くなぁぁぁぁぁっ!!(泣)

りんご「それで!?この天才にして神童でありながらIQ1400該の安藤りんごちゃんに
    何か御用ですか!?ゴヨウですか!?ゴヨウのフーディンは鬼門!回復の薬やめろ!


ルナ「うん、この時計直せる?」

りんご「テンションの差がリア先輩の絵よりひどいですね。ていうかこれ直せるとか以前に
    ただの残骸じゃないデスカーン!;科学は魔法じゃないんだひょ!!;


ルナ「噛んでる噛んでる(汗)

りんご「失礼、噛みました!

ルナ「うん。それで、時計を

りんご「唸れ私のハリケーンシュート!!」ヴンッ

ルナ「∑危なァッ!?;いきなり何をするダァーッ!;ていうか今のシュートじゃなくて
    左ストレートじゃないか!ここは『幻の左』とかの方がよくなかった!?;


りんご「黙れKY王!;だから貴様は嫌われるんだ!あなたほどのKYは初めて見たわ!;
    キング・オブ・クウキヨメナイ!!


ルナ「いやー、照れるなー」

りんご「どこに照れる要素が!?;おのれ、こんな時計くらい一瞬で直してやらぁ!
    あとで吠え面かくなよ!



30分後

りんご「あれぇ……?んぅ……?;」カチャカチャ

ルナ「まだー?まだー?ねえまだー?まだー?ねえねえまだー?ねえったらー」

りんご「今度あなたの家燃やす。リアルで。

ルナ「こっ……怖っ!?;真顔で放火予告とかやめてよホント……」ガクガク


1時間後

りんご「∑∑部品足りてないですかぁぁぁぉぉぁ!!;
    バカかぁぁぁぁ!?!?;


アルル「あっ、うっかりうっかり♪てへぺろっ(・ω<)v☆」

りんご「今度お前の家燃やす。リアルで。

アルル「プリンプ広場放火予告だね。通報した

りんご「それで!部品は!?どこにあるんだリキッド・ファンデ!!スネークマンショー!」

アルル「部品って、具体的に何が足りないの?

りんご「長針と短針

アルル「気づけよ」

アミティ「お前一時間何やってたんだよ

りんご「ご、ごめんなさい……;

アルル「長針と短針なら、確かラフィーナにシグに預けるように言っておいてシグにはあやクルに預けるように言っておいてあやクルにはルルーに預けるように言っておいたはずだけど

アミティ「∑何で伝言ゲームみたいになってるの!?;普通にルルーに預けろよ!;

りんご「まあいいや、このサイズの時計の長針と短針の予備ならありますし」

アミティ「∑何で!?;おかしくない!?何をどうしたらそんなものが必要になるの!?;



10分後


りんご「よっと……あれ、これ時計の進みが遅いですね…止まってるわけではないんですが」

アルル「とのことだけど、ルナ、どう?一応見た目は直ったけど……」

ルナ「うーん、まあいいや。とりあえず貸して」

アルル「ん」

ルナ「…………」ぎゅっ

ルナ「………よしよし、大丈夫。ありがとー!もう思い残すことはない!

アミティ「∑何がしたかったの!?;時計ぎゅっと握りしめて時計マニアなのかと思ったよ!

アルル「ってちょっと待って!;ってことはルナは今イオルと会話したことに…

ルナ「まあ用事は済んだからそういうことで♪ばいばーい!」



りんご「えーっと…;じゃあ、シーユー★ネクストタ

アルル「ダメだよ、この投稿にはまだ続きがあるんだ。

ここからはルナティックが居ない時に読んでね♪
なんかやらされた人とか、ルナティックが嫌な人はふつーに仕返ししまくっていいからね♪まぐろくんに限ってはあのやると勇者になれるバツゲーム(クルールがやってたやつ)を無理矢理やらさせていいからね♪あ、もちろんほかの人もいろんなことさせていいからねー。じゃ、よろしく!


アミティ「……クッ」

アルル「ククク……」

「「キェェェアアッハッハッハッハッハッハッハッハッwwwwwww」」

りんご「ドSや……;これはドSの笑い方や……;

「「殺せぇぇぇええっ!!」」


「殺気っ!;」


グルンッ(ルナが咄嗟に左へ飛ぶ音)


タタタタタタ(そこに無数のカッターが刺さる音)



ルナ「全員動くなぁっ!!

「「「っ!!;;」」」

ルナ「よし、いい子だ。全員余計な動きは見せないようにね。
    おとなしくその構えた拳銃とナイフを床に置いて、手を頭の後ろに組むんだ

アミティ「ちぃっ、今のを避けるか!さすがルナ、回避能力は抜群と言えよう!

アルル「くそ、誰か通り掛かってくれないかな…」

ルナ「こんな所、誰かが通るわけ無いよ。カッター刺さってて危ないし」

アルル「そしたらルナを半殺しにするチャンスなのに…

ルナ「あの……私、一応ブログのメインオリキャラですよね…?;


まぐろ「本当はキミに知られたくなかった★せめてものーなーさーけーだ★逃げるなら今だ★


「「「っ!!」」」ガタッ

ルナ「誰が動いていいと言ったっ!

アミティ「まぐろくん!;ちょっとこっち来て!この女を殺れ!殺せ!

アルル「大丈夫!法が許さなくてもボクが許可する!;さあ!

りんご「最近不穏な動きをしているとの情報もあるしきっと何か企んでるぞ!早めに殺せ!

ルナ「畜生っ、さすがプリンプのバカ共だ!;友達を売ろうだなんて何て奴らだ!

まぐろ「えーと……★じゃあボクはたこ焼き作らないといけないからこれで★」

アミティ「あっ、ちょっと!;置いて行かないでまぐてぃ!;

まぐろ「果たして月が消えて行くように当然のように進んでいくのかー♪」テクテク

アルル「まぐろくん!;ヘルプミー!ミーヘルプイズヘルプ!;

まぐろ「悲しみはないー恐れはないけどー♪いつまでも私あなたを忘れないわー♪」テクテク

りんご「まぐろくぅぅぅん!!!;






ルナ「……」

アミティ「……」

アルル「……」

りんご「……」

ルナ「こんな所、誰かが通るわけ無いよ。カッター刺さってて危ないし

アミティ「∑通ったよね!?;今思い切り通ったよね!?;;

りんご「くそっ…舞い降りてくれ…急所の神よ……!!;




アコール「死ね死ね死ね死ね死んじまえー♪黄色い豚めをやっつけろー♪」テクテク


「「「きた急所来たっ!!」」」


ルナ「畜生っ!もう限界だっ!;

アミティ「アコール先生!;ナイフを拾え!ルナを殺せ!

アコール「ルナさん。何をしたんですか?;

ルナ「無実です!;そして暴力ですよアコール先生!あなたの生徒が殺人未遂ですよ!

アルル「アコール先生。ルナが『あの先生彼女いないよね…可哀想』って言ってました

ルナ「えっ?」

アコール「少女。名を聞いておこう

ルナ「ルナ。ルナ・クォルティックです」

アコール「そうか。クォルティック、墓石にはその名を刻んでやろう

アコール「『何一つ守れなかった愚か者』とつけてなぁっ!!

ルナ「ちょ










終われ

コメント 2件

コメントはまだありません
ハルカ  
キャハハハハハッ!ざっまぁー見やがれぇっ!!

うふふふふふ。レムフェリの敵はボクの敵だからねーー!うっふっふっふっふっ……。
この投稿いつしたっけ?と、思いながら読んでました。
懐中時計、か。なんかオシャレだと思うっ!
でっはー!

2012/03/15 (Thu) 19:59 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

鬼や…あんた鬼や…(
だいぶ前のですね。11月くらい?

では!

2012/03/25 (Sun) 16:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ