たとえ道を間違っても、心は必ず真実につながる!

アミティ「これから皆さんにキャンプに行ってもらいます…

アルル「まあ…ギリギリセーフだね……(汗)」

アミティ「一応まだ『キャンプ』には行ってないでしょ?
      今日はバンガローに止まってワイワイやるよー!林間学校だ!」

りんご「林だ!バンガローだ!カレーだ!夜のコイバナだ!

ラフィーナ「注:3月です

アミティ「そこをあえて3月にやる!それが小話クオリティー!

シグ「林にはムシがいっぱいいるー」キラキラ

クルーク「注:超寒いです






バス



アミティ「久しぶりのバスです!

アルル「いやー、海はいっぱい行ったけどそういえば山はあんまり行かなかったねー」

りんご「まあ、山より海の方が映えますしね。それでも山には山の魅力がありますよ」

アルル「お?;なんか今日はえらく綺麗なりんごだね、取り替えたの?

りんご「取り替えるか!;私の手に握られたリンゴはずっと同じものですよ!!」

アミティ「あ、ねえねえラフィーナ」

ラフィーナ「な、何ですの?;」

アミティ「今唐突に思い出したんだけどさ、前『太陽の栞』をまだ持ってるか聞いてきたよね?」

ラフィーナ「ああ、そんなこともありましたわね…」

アミティ「あの時はいつもの頭の持病かと思ったけど、あれってどういう意図で聞いてきたの?」

ラフィーナ「アミティさん。あなたとは後で話がありますわ

アミティ「えっ!?;何何?もしかして愛の告白!?やだなラフィーナー!恥ずかしいよー!」

りんご「アミティ。一応主の祈りでも唱えたらどうですか?

アミティ「天にまします我らの父よ……

ラフィーナ「話を戻しますけど、あなたは後で太陽の栞を返しておいたほうがいいですわよ?」

アミティ「ほえ?なんで?」

ラフィーナ「『星のランタン』『太陽の栞』『月の石』はあやクルさんの事件以来
      もうああいうことが起きないようプリサイス博物館で保管されているはずですわ


アミティ「え?;でもあたし持ってるよ?」

ラフィーナ「だから不思議なのよ。太陽の栞が二枚あることになっちゃうでしょ?

アミティ「なにそれこわい



りんご「さて」

アミティ「スルー!;全力ダッシュ!トランプなんて出来ないようなスピードで突っ切れ!!

アルル「奇跡はこれからだよスルー!;法定速度なんてブチ壊すためにあるんだ!!

りんご「安全運転!;安全運転を心がけましょう!

アミティ「うえー…;やっぱり、持ってきたの?」

りんご「ええ、原点回帰のダウトDEATHよ!、さあやりましょうやりましょう!」

クルーク「あ、ボクパスね

りんご「お前ふざけんなよ

クルーク「∑だって負けるって決まってるじゃん!;ゲームなんてものは勝つためにあるんだ!
      負ける勝負なんて絶対にゴメンだね!


りんご「情けない!;情けないぞダメガネ!そんなこと言ってると自称唯一の取り柄の
    カードゲームすらなくなって取り柄が何もない劣化のび太になりますよ!?;


クルーク「∑うわああああっ!そんなのは嫌だぁぁあっ!!(泣)

りんご「よろしい!ならばトランプだ!」



アミティ「順番はいつものでいいかな?

アルル「構わないよ。アミアルりんラフィシグルークだね」

りんご「略してダブルAR+SK!!

アミティ「じゃあ行くよ!、1!!」

アルル「2だよ」

りんご「3DEATH」

ラフィーナ「4ですわ」

シグ「5ー」

クルーク「6だy


「「「ダウト」」」


クルーク「オーケー、場のカードを6枚ゲット

アミティ「さすがだよなクルーク

クルーク「∑ていうか早くない!?;ヘタすりゃ数字言う前にもう決めてなかった!?

アミティ「でも嘘ついてたじゃん。これ6じゃなくて11だよ」

アルル「ほらほら、何でもいいから再開しようよ」

クルーク「うう……;えーと、回収したカードは……」


1枚目:♠4
2枚目:♥7
3枚目:♠13
4枚目:♣5
5枚目:♥2


クルーク「ただのっ…ただの一人も…!;正直者がいない……!!(泣)

アミティ「どうしたのさ、いきなり目を伏せて男泣きしだすなんて

クルーク「せめて最初の1くらいはホントのを出してもいいものを…;7!

アミティ「8だよー」

アルル「9」

りんご「10DEATH」




……




アミティ「き、緊迫してきたね…;

アルル「場のカードも結構多いし、みんなのカード数もだいたい同じ…となると」

りんご「仕掛けどころが肝心ですね……;

ラフィーナ「4ですわ」

シグ「5ー」

クルーク(参ったな、一周してきちゃうなんて…;6何て持ってな…あれ?

アルル「どったの先生?クルークの番だよ?」

クルーク(6がある…さっきはカードの間に隠れて見えなかったのかな?これはラッキーだ)

クルーク「はい6」

りんご「………む」

アミティ「クルークダウトォォッ!!

クルーク「かかったね!さすがバカティ!はい、プレゼントフォーユー」

アミティ「∑げげっ!?;持ってんのかよ!ヘラに地震ってありえなくないかお前!?;
      格闘タイプと弱点かぶりまくってるんだぞ!!(汗)


クルーク「お前は何を言っているんだ

りんご「やりますねダメガネ…;見直しましたよ、一周目は三味線を引いてたわけですか

アルル「さすがに事前にあんなこと言ってただけあって特訓はしてきてるみたいだね」

シグ「成長してる」

クルーク(今更カードが見えなかっただけ何て口が裂けても言えまい



ブロロロロ


アルル「お、ついたみたいだね」

アミティ「ってことは、今一番枚数が多いあたしの負けかー!;がーん!

クルーク「………アミティ」

アミティ「うん?」

クルーク「ダウトって…面白いね……!!」キラキラキラ

アミティ「∑こ、コイツ……完全に手のひら返しやがった……!!;

アルル「まあ勝つのは楽しいよねー、負け続きだったんだから喜びも人一倍だろーね」

りんご「は?一倍なら普通と同じじゃないですか?バカじゃないの?

アルル「殺す。影縫戦の阿良々木の傷よりレイニーデビル戦の傷より酷く殺す

りんご「ごめんなさいでした」ドゲザァ

アミティ「さあ、それでは早速バンガローへ

クルーク「待ったアミティ。お待ちかねの罰ゲームタイムだよ」

りんご「アミティ。一応主の祈りでも唱えたらどうですか?

アミティ「くっ、ここで天丼か!;まあいいや、負けたのは事実だし好きにしろこんにゃろー!」

アルル「おお、意外と潔い。では好きにさせてもらうよ」

りんご「今回の罰ゲームはどうしましょうかねぇ……打ち首獄門?いやいやぬるいか…

アミティ「おい

クルーク「……いや待てよ?…アミティ、罰ゲームが決まったよ」

りんご「は?;ちょ、ダメガネ何を勝手に…

アミティ「ドキドキ……」

クルーク「今回のキャンプ、キミは絶対に晩飯の料理に関わるな!!

アミティ「∑ががががーーーーーん!;楽しみにしてたのに!!(泣)

アルル「そ、そうか!;泊まりがけのキャンプならそうなるよね!その可能性を忘れていた!」

りんご「ナイスダメガネ!まさかのファインプレーですね!見直しましたよ!

シグ「これからメガネのことクルークって呼ぼうと思う

ラフィーナ「株急上昇ですわね」

クルーク「や、やった…!何だか知らないけどやった……!!;」

アルル「まあでも安全が保証されたと同時に料理ネタ潰しちゃったよね

りんご「これならアミティに再起不能の罰ゲームを与えたほうがお得だったと思いますよ

ラフィーナ「ていうか下手したら今回の小話のオチ潰してるし

シグ「これからメガネのことダメガネって呼ぼうと思う

クルーク「なんでやねん





アミティ「ついたー!森林浴だーー!!」

ラフィーナ「有野さん

アミティ「延長で」







続け

コメント 4件

コメントはまだありません
めと  
No title

人一倍は等倍ですよねw
日本語って難しい・・・
オーケー、カードを6枚ゲットw定番ですね
続き期待してますよ!

2012/03/27 (Tue) 00:59 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: No title

コメントありがとうございます!

日本語って難しい、そして面白いw
オーケー、場のカードを6枚ゲット。さすがだよな俺ら
続きはWEBで!(

では!

2012/03/27 (Tue) 12:16 | 編集 | 返信 |   
ミルルラム  
そういえば

結構前ウィッチホィッスル吹くとアミさんが薬漬けっていうの言ってたの思いだして吹いたら
3回で出来ました~!
アミさんの他にはなんかありますか?

正直ものが誰もいないダウト…だと…?!
ドッペルゲンガーアルルとダークアルル。

あ、言っただけッス
ミルルラムでした~!

2012/03/27 (Tue) 14:52 | 編集 | 返信 |   
レイ  
Re: そういえば

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

私は2時間かかりました(泣)
アミさんの他には黒シグとかがいたんですが
データ吹っ飛んだので戻ってこないと無理ですね…(泣)
極端な話ダウトは正直者がいなくても成立しますからね。

では!

2012/03/27 (Tue) 16:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ