スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ続き!

2012/03/29 Thu

アミティ「産業でわかるあらすじ!

・クマやー
・シグ怖い
・そして夕食へ

以上!」




アミティ「夕食タイム!」

アルル「カレー作りだねー、役割分担決めよっか」

りんご「火起こしなら任せろ!!」シュシュシュ

アルル「いや、火なら魔法で起こせるけど…(汗)

ラフィーナ「薪割りなら任せなさい!!」ガンッガンッ

アルル「いや、薪はすでに割ってあるけど…(汗)

クルーク「料理はできないけど試食係なら任せてよ!

アルル「働け屑

アミティ「あたしも料理手伝うよ!!

アルル「ダメだっ…もう終わりだ…!!(泣)

りんご「あ、アミティは休んでてくださいよ!;私達で作りますから!」

アミティ「やだよ、そんなのっ!!何のためにキャンプに来たと思ってるの!?;
     みんなと一緒に語り、笑い…泣き…そうやって一緒に遊ぶために来たのに、
     一人だけ仲間はずれなんてダメだよ…みんなでやろうよ!一緒に!


りんご「くっ、マジレスが良心に響く…!;」

クルーク「うん…そうだね…!ボクもそう思うよ…!一緒につくろう、アミティ…!(泣)

アルル「∑そして何でキミは泣いてるの!?;今の泣く要素あった!?;

ラフィーナ「こうなったらアミティさんの毒を打ち消すほどおいしい料理を作りますわよ!

りんご「おうともよ!!」



アルル「まず豚トロをカレー粉で軽く炒めます」

りんご「こまめにアクを取ることを忘れずに。決して目を離してはいけません」

アミティ「頃合いを見計らってトリクロロエチレンを投入します

りんご「次の曲は鏡音レンで『パラジクロロベンゼン』

アルル「∑何で余計なことすんの!?;今のでおいしいカレーの作り方が
      お手軽潜入殺戮毒の作り方になっちゃったよ!?;


ラフィーナ「ひるむなアルルさん!;これは予想済みですわ、続行しますわよ!」

クルーク「少し放置するとカレーの表面に膜が張ってきます」

りんご「すかさずチーズを軽く投入して、溶けてなくなるまで煮込みます」

アルル「玉ねぎを切ります。だいたい13つくらいに分けて切りましょう」

アミティ「投入したら大さじ1杯の濃硫酸を注ぎ込みます

アルル「次の曲はキングダムハーツ358/2daysで『Dirge of the Fourteenth(14番目の葬送歌)』

ラフィーナ「ひ、怯むな……怯むな、王冠キッスの麻痺エアスラくらいで怯むな…!;

りんご「それ絶対怯みますよ…!!;

アミティ「ふーんふふーん♪」




……






どろぉ(効果音)


アルル「どうすんだよこれ……(汗)

りんご「どうするって言ったって…食べるしか……お腹ペコペコですし…(汗)」

アミティ「んー、いい匂い!

クルーク「∑キミ正気か!?;;

ラフィーナ「で、でも一応結構頑張って作りましたし…もしかしたら美味しいかも」

アルル「淡い希望だね……それではみんな、覚悟はいい?ボクはできてる

りんご「オーケー、赤信号みんなで渡れば怖くない。
     取っ手の取れるティファール、死なばもろともですよ

ラフィーナ「それでは、せーの……」


「「「いただきます!!」」」






夜 テント




アルル「ダメだ!;このままじゃ残念キャンプで終わっちゃうよ!
    ここは盛り上がるコイバナでしめよう!


りんご「コイバナですか!B型H系ですか!暴走型変態系ですか!?いいですねヒャッホウ!

アミティ「何何?えっちな話?」

アルル「いや別にそういうわけじゃないんだけど…;アミティ、最近シグとはどうなの?」

アミティ「それあてつけ?

アルル「あ、ごめん…;何も進展ないよね…あったらボクが最初にわかると思うし(汗)

アミティ「それよりアルルこそ!シェゾとはどーなのさ、進展

アルル「シェゾとは最初から何もないよ?

アミティ「何言ってんのさ!;アルルにしては苦しい嘘だよ!肝試し以来目ぼしいことが

アルル「シェゾとは最初から何もないよ?

アミティ「ははっ、アルル。ナイスジョークだよ!それで!?シェゾと一緒に

アルル「もう一度……言わせる気……?

アミティ「はい、忘れました


アルル「さて、残るは……りんご!!」ビシッ

りんご「∑ほぇ!?;」

アミティ「現実の女は『ほえ?』とか『はわわっ』とか言わない

りんご「いいんですよ、私二次元の女の子ですし」

アルル「りんご!キミはどうなの!?;ボクたちに比べて
     比較的まぐろ関係でいじられてないけどどんな感じなの?


アミティ「まあ、普通に公開カップルみたいなもんんだからねー……;愛はないんだろうけど」

りんご「どうって言われても…;進展はないですよ、いつも通りDEATH

アルル「それでいいのりんご!?;恋は戦争なんだよ!?勉強と同じで長期戦になればなるほど
     負ける確率は上がっていくよ!?;浪人生にならないためにも一歩踏み出せよ!


りんご「わ、私はいいんですっ!まぐろくんは幼なじみですし、その…」

アルル「……」

りんご「そ、それより皆さんはどうなんですか!?;アミティ、シグとは

アルル「アミティ

アミティ「オーケー。おーいりんごー、実は昨日シグとキスしちゃったんだよね

りんご「∑ウォオアアァアアアアアアアッ!!?;」がばっ

アミティ「ほい投入っと」

りんご「んぐっ!?;……き、貴様…今……私の口に何を入れた……!?」カクカク

アミティ「正直太郎…飴玉ヴァージョンだっ……!!

りんご「な、何て卑劣な!;卑怯者!外道!梅干しの種!黄緑色!通信ケーブル!

アルル「さありんご!、まぐろくんのことを赤裸々に暴露しろっ!

りんご「*****が*******って****で

アルル「しまった早まった判断だったか!;放送禁止用語がつらつらと!?;

アミティ「ちょ、ちょっとカメラストップ!;ラフィーナストップ!

ラフィーナ「カメラ係は辛いぜ」





男性陣 テント


クルーク「……」ペラ

シグ「メガネー、なにやってるの?」

クルーク「キミの目は五円玉かい?、見ての通り有意義な読書をしてるのさ

シグ「あっそ、じゃあね

クルーク「あっ、寂しい

シグ「ぐぅ」

クルーク「やめてよ狸寝入りなんて!;せっかくキャンプにきたんだし何かお話しようよ!」

シグ「たとえば?」

クルーク「そうだね。例えば原油高騰に伴う諸々の値上げとサブプライムローン問題が及ぼす
     株価と経済への影響についてどう考える?


シグ「ぐぅ」

クルーク「∑だからやめてよ!;寂しいだろ!?;ちょっとしたジョークだよ!

シグ「なんだうそか」

クルーク「シグ、ちょっと左手見せてくれない?」

シグ「ん」

クルーク「………やっぱり、前より色が濃くなってる…シグ、いつ頃から左手が変になったの?」

シグ「えーと、アミテーと同じクラスになった時の夢見月くらい」

クルーク「ふーん……ねえシグ、ちょっと脱いでくれない?

シグ「------------------------------------

クルーク「やばっ、フリーズった!;違うんだシグ!;脱ぐって言うのは上着を脱いで左手を

シグ「」ガタガタガタガタガタ

クルーク「ヤバイHDDならこれブルスク寸前だ!;誤解だよシグ!左手の侵食の確認を

シグ「おまわりさぁぁぁあん!!

クルーク「やめろぉぉぉおおっ!!;




アミティ「なになに!?;泥棒!?;」シュタッ

シグ「あみてー、メガネが脱がしてくる

アルル「ヒューバート………

クルーク「∑ち、違うんです!;これはマリク教官が…

アミティ「クルーク……どうやらキミにはお仕置きが必要なようだね……

クルーク「あ、ちょ、あのさ。人間は霊長類、唯一会話手段を持つ生物なんだからもっと話し合いをしていかないといけないと思うんだ。ほら、誤解で暴力なんてことにならないためにも…あ、そんなに近づかないで…









アオーン







  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
             .  。          。  *。, + 。. o ゚, 。*,
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +     ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。
。 .  .。       . 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  。。. ゚。+ 。 .。  .  。  ゚  ,
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .








アミティ「あれがデネブ、アルタイル、ベガ

アルル「キミが指さす夏の大三角

りんご「覚えて

ラフィーナ「空を見る……この流れ4回目ですわ……(汗)」

アルル「いやー、前きた時から色々あったね。イオルに出会って…
      ラフィーナのお姉さんにも出会って……」

アミティ「ダークイオ戦とかもあったねー、あれは燃えた!」

りんご「羽つきとかもやりましたね、結構楽しかったですよー」

クルーク「スケートで転んで転んで転びまくったのも今ではいい思い出ってわけだね」

アミティ「いや、別によくはないよ?

クルーク「はい

アミティ「……変わらないね、この夜空は」

アルル「変わってくもの、変わらないもの。色々あるよね……ボクたちは変わったのかな?」

アミティ「さあ?それはわからないけど……でも」






アミティ「あたしたちの絆は、ずっとずっと変わらないと思うよ」






終われ

こういう3連の小話の最後はいい感じに締めるのが小話の掟なんですよ。

コメント

Secret

なん…だとー…(シグ風)

まじかー最近の女子って
「ほえ?」とか「はわわっ」って言わないのかー
夢がねえな。
残念対象やるよ。
人間として終わったよ
アルルでも言ってるぜ
ばたんきゅーとばっちぐーは基本言わないとアウト。
つーかオレは二次派なんでー

……………ッ………(泣)
いや、言ってみたかったんですよ?
決してイヤナヤツが回りにいるとか、
そう言うんじゃn([ry]⊂(・ω・´)トン
ごめんなさい。
上感想じゃねぇ。
いや、男子も女子もイヤナヤツ率高くてちょっと『人ってネット上とオタクな話が分かる人、友達以外消えたほうがいいよ』的人間不振に…
シグ「てつこ、それにんげんふしんちゃう、なまけや。」

アミティ…バツゲームはどったの……?
君は実にバカだなぁ(テト風)
クルーク……大丈夫、お前のファンは結構いるよ…女子二人位。(哀れみに満ちた顔)
シグはこういう時に限って…
ラフィーナェ……
後、フハハハハハハハとカフェおーれで良いから呼んでやれよ!男子テント寂しすぎんだろ!!

以上ミルルラムでした~!


すいまっせんでしたっ!(爆発)

最近、友の勧めでソウル○ーターのキ○ド君にはまってますwww

「脱げばいいってモンじゃない」?アンタ、バカじゃないの?
いい加減ヤる気も失せるわ それじゃ、おやすみ!

あ、歌いたかっただけです。ハイ。
あめちゃんの料理は相変わらずヤバそうだね。シグの服脱がすとか…クルーるサイテーだね!なんかイイ終わり方ですね。あははっ。
ふっ、私は『ほえ?』くらいなら使いますよ!ドヤァ←

私は!友達で軽いゲーマーでオタクじゃない人達と私にオタクの全てを教えてくれたといってもかもんじゃないオタ友がリアルにいて、おもしろいブログと色んな同士さん達がいれば満足です。
ちなみにオタ友は私に、声優と、ボカロと、BA○ARAと、ソウル○ーターと…まあ色々教えてくれましたー。

では最後にツンデレ(?)を…
わ、私が毎日通ってるとこはこ、ココだけですけどっ…か、勘違いするなよ!ここのキャラ崩壊が好きだとか…な、ないからなっ!

では(笑)

No title

コメントありがとうございます!

>ミルルラムさん

言いませんよ、それどころか『~~わよ』とかすら言いませんよ。
男気全開ですよ。ちくしょう。男子テントが寂しいのはいつものことです。
ラフィーナはいつも脇役。
罰ゲームなんてブチ壊すためにあるんですよ。

>ハルカさん

思い返してみるとアミティ以外に料理下手な人って結構少ないですね。みんな上手。
現実とアニメをごっちゃにするのはよくないよ……(迫真)
ソウルイーターは興味あるんですがなかなか手が出せない。
ちなみにキングダムハーツにソウルイーターという武器があります。

では!

No title

おまわりさんこっちです!あの眼鏡の男の子が青い髪の男の子の服を無理やり脱がそうとして…しかも女の子を押さえつけていたんです!阿部さんなんです!

そういえばシグの左手がああなった原因って…まぁいい。

No title

面白かったですー^^
シグは最強w
怒らせてはいけない…(゚A゚;)ゴクリ
私も同感です(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
そういえば私のリクエストってちゃんと届いてます?

No title

アミさんはあのカレー喰っててノーダメージなのか・・・?
そうだとしたら彼女は人知を超えた何かを持ってる人ということですね。
・・・まあ、そういう人はあらゆる2次元探ってれば
あと数十人出る気はしますが・・・

変態関連の話で困った時にマリク教官のせいにするのは
結構有効な手段ですよね。まあ、本人がそこにいればですが。

No title

コメントありがとうございます!

>チョボさん

どう見てもヘンタイです。本当に(ry

>瑠依さん

シグ最強説。恐るべし。
シグだけは怒らせてはいけませんよ。なまはげばりの形相で襲われますよ。
リクはちゃんと届いてますよ!

>茶雲さん

いえ、アミさんも自身で食らったら大ダメージです。
だからこそ巧みな会話術で自分が被害をうけるのを避けてるんです。
ヘンタイ関連は全部マリク教官のせいですね。

では!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。