もう無駄だ!何もかも無駄なことだったんだよ!!

アミティ「どうもこんにちは!あたしプリンプタウンで暮らしてるアミティだよ!

アルル「……だから?その情報に一体なんの価値があるって言うの?

アミティ「∑ええええただの自己紹介で何でここまで罵倒されないといけないの!?(汗)

アルル「その文字を読むのに一人平均3秒かかるとして
     全国1億人の読者で総計3億秒もの無駄が生じたよ


アミティ「うわああ全国の皆さんごめんなさい!(泣)…って絶対読者1億人もいないだろ!;

りんご「アルル荒んでますねー、リストラされたのが相当ショックだったんでしょうか…;」

アルル「そもそも今時ラジオ形式のSS何てきょうび流行んないんだよ……無駄無駄

アミティ「とうとうぷよキューそのものを否定し始めたんだけどコイツ

ラフィーナ「絵に描いたように病んでますわね…;」

アルル「絵に描いたに決まってるでしょ?アルル・ナジャ何て
     二次元にしか存在しないんだから…馬鹿じゃないの?


ラフィーナ「おい、誰かこいつを黙らせろ」

シェゾ「しかし最近ぷよキューのペースが落ちてるな。
     投稿してくれてる人もそろそろキレるんじゃないか?;」

アミティ「まあ気長にやってこうよ、ネット何て内輪ネタで
      盛り上がってればいいってふひきーも言ってたし


アルル「全く関係ない

ドッペル「どうしよう、早く返さないと…って焦ってると逆に返せなくなっちゃったりするからね。
      あんまり気にしない方がお互いにとってもいいんじゃないかな」

サタン「100万円を闇金で借りてそのうち30万円しか返せなくても焦らなくていいのと同じだな!

ドッペル「いや、それは即刻返さないとヤバいと思うので焦りましょう
アミティ「えーと、今日は『フラウディ』さんからだよ!」

アルル「シーラビットさん並のかっこ良さだね

りんご「えーと、

フラウディです!突然ですが、ぷよキャラでLBXバトルをしてください!
チーム戦でもいいですけどだれか裏切ると思います!メンバーはそちらにまかせますが、
あやクルとシェゾだけは絶対に入れてください!ビリの人はバツゲームで(まぐろ君が考えたヤツ)
LBXは好きな物を使ってください!でわ!


……どうしよう、おそらくメンバーの中でLBXバトルなるものを知ってる奴がいないと思うんですが

シェゾ「L(りんご)B(馬鹿)X(クロスカウンター)でいいんじゃないか?

りんご「色々と言ってやりたいことはありますがクロスカウンター無理矢理すぎだろ

アミティ「ググってみたけどダンボール戦機のバトルらしいよ」

アルル「あー、ボクダンボール戦機見てないんだよね…;イナズマイレブンなら世界編まで見てたけど」

ラフィーナ「誰もルールを知らないとなるとまさかの企画倒れですの?;」

アミティ「しかし!!一度やると決めたことは最後まで突き通すのがあたしの信条ッ!!

ラグナス「で、出た!;アミティの謎の信条!;

アミティ「知らないなら考えればいいのさ!ぷよキュー創設者たるもの豪快に行かないと!」

アルル「豪快ってどれくらい?

アミティ「通勤ラッシュの時間帯に本物の線路の上で電車ごっこやって乗車者を地獄に突き落としたり

アルル「即答で導きだされたキミの答えに一瞬感動すら覚えたよ

りんご「考えるということは、ミリしらシリーズみたいにLBXバトルを想像するんですか?;」

アミティ「そんな所だね、とりあえずダンボールロボットみたいなの用意してもらおう!サタン!

サタン「何だ?今自分の顔が乗った最高金額の紙幣を作る作業で忙しいんだが

アルル「ツッコミどころが8つほどあるけど
     とりあえず何で10001円なの?
いや最高金額は最高金額だけどさ…;」

サタン「『一円に泣くものは一円に泣く』理論を根本から潰しにかかった紙幣だ

りんご「それじゃあマスカット・ル・ヴォワールさん。シクヨロ!」

サタン「もはや誰だよ…;とりあえずモビルスーツみたいなのを作ればいいんだな!そぉい!」









「「「チチャが歩いた!!」」」



シェゾ「うっせえな!;冒頭からでっかい声出すんじゃねえよ!誰だよチチャって!;

りんご「私の黒猫ですよ!今日はじめて歩いたんです!!

シェゾ「あー、あー、それはよかったなー。でもそのネコ拾ったの割と結構前だよなー」

りんご「そうなんですよ、今まではムーンウォークしかできなくて……

シェゾ「∑そっちの方が遥かにすげえよ!;明らかに成長の順序がおかしいだろ!?;

アミティ「それはともかく、これがLBXバトルロボット?;

サタン「ああ。こっちがDキューブ…だったか?えーと、確か小人化してこの中で戦うんだよな」

アルル「そんな感じだったと思うけど……どうやって小さくなるの?;」

りんご「決まってるじゃないですか、そんなのタルタルの裸を

アルル「ごめん、これからキミの発言は全て無視する

サタン「そうだな。やはり小さくなるならスモールライ

アルル「ごめん、キミの発言もすべて無視させてもらう

Dシェゾ「小さくなるライド死ね

アルル「ごめん、キミはもはや何を言っているのかよくわからない

ラフィーナ「まあそこら辺のアフターフォローはサタン様に任せましょう。
       それで、チーム戦にしますの?」

アミティ「そうだねー、そっちの方が手っ取り早いし盛り上がりそうだもん」

アルル「じゃあチーム決めるよー!まぐろくん、よろしく!」

まぐろ「アイアイサー★玄人のあみだを見せてやるぜ★」





チーム

A             B

レイ          アミティ
ドッペル        りんご
Dシェゾ        クルーク(魂)
サタン         アルル        
まぐろ         シェゾ
シグ          ルナ
あやクル       ラグナス
ラフィーナ      ユウ



「「「勝ったぁぁぁあ!!」」」


「「「待ったぁぁぁあああ!!;;」」」




アミティ「何!?;何この悪意あるチーム分け!;クルークとかもう戦力じゃないでしょ!

まぐろ「完全に運ですよ★運★

りんご「おのれまぐろくん!;玄人はイカサマしてはいけないという絶対ルールがあるのに!」

アルル「素人ならイカサマしてもいいのかよ!;でも、それにしてもこれはひどい!;

ユウ「でも一度決められた以上変えられないよー!;」

シェゾ「大丈夫だ!奴らは基本火力バカだらけ!しかしこちらには知恵がある!知力で勝つぞ!

アミティ「そうだね!あたしたちは知力を振り絞って勝つんだ!!

アルル「………」

りんご「………」

アミティ「え?;何でみんなあたしの方を見るの?;あたし何か悪いことした?;」

ラグナス「バトルロボットLBXか……何か緊張してきた…;」

ルナ「そういう時には相手をカボチャの煮付けやパンプキンスープだと思えばいいんだよ!

アミティ「∑何故調理済みにする!;シンプルに『カボチャ』でいいでしょ!?;

ラグナス「でもさ、よくカボチャに思えとか言うけどカボチャに思う→
      腹が減る→腹が減っては戦が出来ぬ、ということで逆効果だと思うんだよね


アルル「歴史変動の瞬間を見てしまった

サタン「何か向こうチームがこっちを火力バカと批評した上に美味そうな話してるぞ

まぐろ「今日の夕飯はパンプキンスープでも作ろうかな★」

Dシェゾ「腹減ったな。おいサタン、何か食べ物はないか?」

サタン「全く時空の水晶め、一昨日の朝ジンギスカン鍋食べたばかりだろ?

あやクル「∑そこは毎日食わせてやれよ!!;そして食生活どうなってるんだ!;

ラフィーナ「ああ、メンバーの都合上あやクルさんがツッコミに……;

あやクル「早めに終わらせたい」







アミティ「いけー!発進!アミティ号!」

アミティロボ「ブットバス!ブットバス!

ラフィーナ「行きますわよ!ラフィーナロボ!」

ラフィーナロボ「ケリコロス!ケリコロス!

アミティ「∑怖い!;発信音が怖いよ!!;

りんご「変形だ!りんごロボ!」

りんごロボ「ヘンケイコウドウカイシ……ローディングナウ

あやクル「何っ、変形だと!?;一体どんな変形が……」



ガッシーン(効果音)



ぶどうロボ「ヘンケイカンリョウ

あやクル「∑まさかの果物チェンジ!!;」

クルーク(魂)「待って!;ボクのロボット何でメガネの形してんの!?;使いにくいよ!

アルル「ロボットの形は使用者の本質に影響されるらしいよ」

りんご「機械にも『メガネ』って認められたということですね

クルーク(魂)「死のう





わいわいがやがや





シェゾ「……何か…」

サタン「すごく……」

「「子供っぽいな……;」」






終われ

どっちが勝ったかって?Aに決まってるじゃないですか。

コメント 1件

コメントはまだありません
まつこ  
(^∀^=⊃)¶д¶_)

ダンボール戦記って何?初めて知った。アニメ全然見ないし。
ドラエモンぐらいカナ♪

2012/08/24 (Fri) 17:10 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ