逆境こそ燃える!需要がなくなった今こそ本気になる時ぷよぷよ小話!

アミティ「これから皆さんにストーカーをしてもらいます…

アルル「ギターソロカモン」ガチャッ

りんご「ソロモン流テコンドーナイズドスイミング」ガチャッ

アミティ「意味不明なこと言いながら退室しないでよ、
      テコンドーとシンクロナイズドスイミングってどんな異色コラボだよ
」ガシッ

りんご「∑離してけろミスターA!;離さないと猫缶を家の近くにバラ撒きますよ!匂いが充満して
     隣人から苦情が来ますよ!?;精神的にこたえますよ!?いいんですか!?


アミティ「何その陰湿かつ高威力な嫌がらせ!;良くないよやめてよ!
      りんごはストーカー仲間じゃなかったの!?


りんご「最近はストーキングより盗撮にハマってるんで……

アミティ「すでに次元を超えていた」

アルル「ところで今日は随分早いね、今現在朝の5時21分くらいです」

りんご「札幌雪まつり並の寒さですね」

アミティ「そういう気分の日もあるんだよ」




アミティ「もしもし?うんうん、オーケーだって!そっちは何してるの?は?未来?
      未来ビジョンBOXはもう終わっただろいい加減にしろ!;

アミティ「え?カッター買ったら高かったー!?;あんまり面白くないよ!?63点!
      最近ギャグセンス落ちてない!?全盛期はカルボナーラでダジャレを作れたのに!


アミティ「うんうん、そうそう。エコバッグが廃止になったってのはガセだから……うん!
      連帯保証人の件?りせぱに任しといたよ!」





アルル「ねえ。あれって確かイオルと電話してるんだよね?;

りんご「きっと電話ではテンションがレイザーラモンHG並に高くなっちゃう人なんでしょう

アルル「まあ確かにそういう人たまにいるけどさ……(汗)」

アミティ「ふぅ。それじゃ早速向かおうか」

アルル「待って、今回3人だけなの?;それと誰をストーキングするの?」

アミティ「うん、今回は3人だけ!誰をストーキングするかって言うのは……」

アルル「言うのは?」

アミティ「ここで突然のはなまるBOX!!」ドンッ

アルル「∑ラスパルマスガフラヘッ!?;」

アミティ「はなまるBOXを用意しましたのでどれかを指定して下さい!!

アルル「ツッコミ所が6つほどあるけどとりあえず今日は素直に従うよ。はなまるの『な』で」

アミティ「オウケイ!ポケウィーゴー!!」バッ




『リデル』


アミティ「というわけで今日はリデルをストーキングしましょう!!」

アルル「今完全にランダムに決めたよね!?(汗)

アミティ「いやいやアルル。あたしはね、ストーキングするべき人を決めるのは
      自分自身じゃなくて運命だと思うんだ。運命の羅針盤に決めてもらった方が
      いいと思ってこのような方法をとったんだよ」

アルル「昔ボクの先生が同じようなことを言ってたけど人が違うとただのクズにしか見えないね

りんご「ルシファー先生をクズ呼ばわりですか」

アルル「∑何で知ってるの!?(汗)

ルシファー「悪はいいですよ……」スゥ

アルル「∑何でいるの!?;あと先生それルシファーじゃなくてルーンロードですよ!?(汗)





リデル「かーらーすー♪なぜなくのー♪カラスの勝手でしょー♪」テクテク




アミティ「前から思ってたんだけど、いつまでウォークソングというトレンドは終わるの?

アルル「しかも夕方どころか明朝な上志村けんの替え歌ってとんでもないセンスだね」

りんご(歌を歩く……?;

アミティ「それはともかくリデルをストーキングしていこう、目立つ行動は絶対しちゃ駄目だよ?」

アルル「ご、ゴクリ……」

アミティ「棒立ちとかしないでよ?目立つから

アルル「∑ええぇっ!?;立ってちゃ駄目なの!?じゃあどうしろと!?;

アミティ「常に逆立ちしろ

アルル「無茶振りすぎるよ!できないよ!あとそっちの方が目立つよ!!(汗)

りんご「えっ、アルル逆立ちできないんですか?私なんか私生活はずっと逆立ちですよ

アルル「何なの?キミはワルプルギスの夜かなんかなの?

りんご「ヴァルポォギスッ!」

アルル「ていうかリデル何でこんな朝早くに起きてるんだろ…;何か用事でもあるのかな?」

アミティ「そう、気になるでしょ?言っとくけどあたしたちのストーカーはただの犯罪的欲求を
      叶える行動じゃなくてその人が何か悩みを抱えてないか探る優しき行動だからね


アルル「何言ってもキミはただの犯罪者だからね

アミティ「ほら、リデルって何だか若干距離を感じるし、亜人ってことも気にしてるみたいだし
      もっと仲良くなってプリンプを楽しんで欲しいじゃん!」

アルル「何言ってもキミはただの犯罪者だからね

アミティ「人見知りなところあるし、もしかしたら何か大きな悩みを抱えてるかも知れないって
      あたし心配で……!」

アルル「どうしよう、ここまで純粋な目でそんなこと言われると犯罪者に見えなくなってくる

りんご「あ、目的のブツが動きますよ!追うぞスネーク!ハブネーク噛み付く!」ダッ

アミティ(ブツって……;)






リデル「ちゃーじーん♪ごーごー♪研♪ごーごー♪研♪」テクテク




アミティ「まさかのチャーケニスト」

アルル「あっちは確かポポイのお店だよね?何かあるのかな?」こそっ

りんご「………!!」

アルル「…!?;ど、どうしたのりんご!?何か何時になく深刻な表情してるけど!?

りんご「アルル……ちょっと助けて欲しいんですが…」

アルル「何!?緊急事態!?;」

りんご「このクロスワードがどうしても解けなくて…!;『ミ●ク●』ってなんなんだ…!;」ガクッ

アルル「∑∑このミラクルバカ!!;今そんなことやってる場合じゃないでしょ!!;

りんご「ミラクル…!?それだ!ありがとうございます神様!

アルル「助けたつもりはないよゼタギガントウルトラスーパーメタリックバカ!;

りんご「ちょ…大声出さないでくださいよ…見つかったらどうするんですか……」

アルル「何でいきなりリアルトーンになるのさ……;;

アミティ「でもりんごの言うとおりだよ。あのリルデのことだし見つかったら
      よくて一族郎党クルーク皆殺しだよ」

アルル「クルーク理不尽すぎるだろ






ポポイのおみせ



リデル「あの、ポポイs

ポポイ「いい話があるんd教えてやるニャ知ってたかニいい話いい話いい話ダナー知ってた教えてや

リデル「ポポイさん、私は豆知識を連打しにきたわけではありません

ポポイ「はっ……;さっきまで連打されてたからつい…;今日はなんの用ニャー」

リデル「例のアレに参加したいんですが……

ポポイ「……山」

リデル「……ガム

ポポイ「よろしい、通れ」

リデル「へへっ」





アミティ「な、何やってるのあの二人……!?;何かリデルも変装して
      美術館の秘宝部屋に侵入できたコソ泥みたいな笑い方してるし……;


アルル「どんな例えさそれ……;」

りんご「山に対してガムだと……?リデル…彼女、相当の手練ですよ…!まさにイレギュラー…!」

アルル「前から思ってたんだけど、『山』『川』みたいなやり取りは何か意味があるの?;

りんご「実力表明ですよ」

アミティ「ともかくリデルの後を追うよ!予想通り何か秘密があるみたいだし!」ダッ

ポポイ「そうは問屋がオニドリルなのニャ」ズジャァァ

アミティ「ディフェンス回避!疾風ダッシュ!」ザンッ

ポポイ「ヘイヘイヘイヘイ!ピッチャーびびってる!」ズザザザザ

アミティ「あ、あっちに空飛ぶスカイフィッシュが!」ビシッ

ポポイ「ディーフェンス!ディーフェンス!!」ズザザザザ

アミティ「お前隙なさすぎだろ!!(汗)




アルル「小さい身体で頑張るなぁ……;」

アミティ「何で通してくれないの!?;いいじゃないかメールアドレスくらいタダでも!!」

ポポイ「そんなバンナムの某アイドルゲームみたいな話は知らないニャ。
     おミャーはこの裏の闇オークションには通せないニャ


アミティ「闇オークション……だと……;」

ポポイ「帰った帰った、シッシッ、ニャ」

アミティ「あ、後ろにアコール先生が

ポポイ「∑ポポイランス回避ッ!!;ここでインド人を右に!」ヨコットビッ

アミティ「裏切られても裏切らないお互いの気持で生んだ信頼!」ズジャァァ

ポポイ「∑し、しまったニャ!;」

りんご「いや、開いたんだろ!

アルル「またそんな超マイナーなわかりにくいネタを!;」







アミティ「というわけで何とか闇市に侵入!闇市って言うと何かポケモンのバグっぽいよね

アルル「n番目でセレクトBBは基本だよね」

りんご「波乗りピカチュウとか作りましたよねー。バグもある意味バグ無しより楽しいDEATH」

アミティ「ということで来たれ相撲部!はやぶさバッヂを0円で寄越せ!!



ガチャッ



『ガサ入れ上等!やらかしちゃうぜ!俺達のブラック競売所!』




アミティ「こ……これはあの幻の……!!;」

アルル「サーカエロウカー」クルッ

りんご「ストップ!アルル トライバッジを持つ者同士 どちらが強いか確かめるよ▽

アルル「何チャレン風に呼び止めてるの!?;嫌だ!ここはもう嫌だ!生理的に無理!!

りんご「何かオークションにトラウマでもあるのか……;いいじゃないですか参加しましょうよー!」

アルル「カエルカエルカエルカエルカエルカエルカエル

りんご「レムレスかお前は…;ほら、開会の挨拶が始まるみたいですよ」





司会「エー、ァン、ホンジツワ、オアツマァリ、イタダキマス」

アミティ(∑何で司会カタコトの外人なの!?;)ガーン

司会「アァン?マ、マコッ……マッコッ…………」

アルル(しかも何か詰まっちゃってるよ!;)

係員「誠にありがとうございますだって!誠にありがとうございますだって!!」ヒソヒソ

司会「?マトコ?」

りんご(∑懸命に教えてますよ!;)




司会2「えー…ごほん。本日は御集まり頂き、誠にありがとうございます!」

アルル「∑交代しちゃったよ!?;何だったの!?

司会2「…… ……ということで ……は ………なので……」ペラペーラ

アミティ「何か話してるけどどうする?居座る?それともボルチェン?」ヒソヒソ

りんご「ここはもう少し様子を見ましょう、まだこのオークションの内容もリデルの姿も見えませんし」

司会2「というわけで、上位3名の方にはこのブルーレイBOXを…

アミティ「ブル………?」

アルル「はっ……!?;み、みんな伏せろぉおおおおおおおっ!!!;;


アミティ「ブルブルブルブルアイアイwwwwwwwブルベリアイwwwwwwww」

アルル「∑うわっ、声大きい!;そして踊りにも今まで以上のキレが!?;

アミティ「はいっwwwwわかさ生活のブルベリアイwwwwwwwww

アミティ「あいっwwwwwあいっwwwwwあいっあいっあいーwwwww

アミティ「北欧生まれのブルーベリーでwwwwアントシアニンパワーwwwwww

りんご「しかも北欧バージョンですよ!;相当たまってたんだ!!;;」キンキン

アミティ「デケデケデケデケデケデデデーwwwww

りんご「しかも謎のギターソロ入りましたよ!!;ボイスパーカッションでギター!?;」

アミティ「ブルブルブルブルブルブルブルwwwwwww

アミティ「わwwwwwwwかwwwwwwwwwさwwwwwwwww生活wwwwwwwwwwwwwww










リデル「……今の声は………」

リデル「まあ、いいか……」







終われ

忘れた頃に?

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ