今の自分を支えてる 未来の自分を創ってる

アルル「うーん、暇だなー……;」

カーバンクル「『暇』とか言い出したら歳をとった証拠と

アルル「おいちょっと息の根止まれ

カーバンクル「∑ぐぐっ!?;

アルル「よし、今日は買い物にでも行こう!カーくんは何か欲しいものある?」

カーバンクル「ぐーぐぐぐーぐ、ぐっぐぐぐ」

アルル「チンジャオロースー、パークパクって?;キミはいつからそんなに
     チンジャオロースーに入れ込むようになったんだか……;




アルル「まどーうおーんどーはとってもたのしー♪」テクテク

サタン「世の中には魔導音頭より楽しいことがあるんだが二人で愛の結晶でも築きあげないか?」シュタッ

アルル「人違いです」ダッ

サタン「∑あっ、おい!;人違いですっていう逃げ方はさすがに予想外だったぞ!?;ていうか早っ!」

アルル「∑っていうか追ってこないでよ!;帰れアホサタンー!(汗)」

サタン「ちゃうねん!そういうのちゃうねん!お前最近ちょっと被害妄想気味だぞ!;」

アルル「じゃあ今のセクハラ発言をどう捉えればよかったのさ……;」

サタン「『えっ!そんな…サタン、恥ずかしいよ…でも、サタンとならボク……』みたいな感じで」

アルル「やめろ」

サタン「はい」

アルル「それで、それだけ?;ボクは買い物に行きたいんだ。用がないならもう行くよ」

サタン「いや、そうではなくてだな。ちょっと困ったことがあるんだ」

アルル「おめでとう」

サタン「∑その返しはひどくないか!?;とりあえず助けてくれ!拒否権はないっ!」グイッ

アルル「きゃー、痴漢!!」

サタン「やめろ!;人がいたら社会的に抹殺されそうなことを叫ぶんじゃない!」






ぷよぷよ「ぷよぴゅ」

アルル「あれー、ぷよぷよだ!これがどうかしたの?;」

サタン「いや、コイツがさっきから私に話しかけてくるんだが
     何て言っているか全くわからなくて困っているのだ」

アルル「えっ、サタンなんだからホンヤ●ホンニャクとか出せるんじゃないの?;」

サタン「たまにサタえもんとか言われるが流石の私もそこまで優秀じゃないからな」

アルル「なるほど……;ぷよぷよの言葉ねぇ」

ぷよぷよ「ぷよぴゅ」

りんご「やっほーYAHHO!!Googleアルル!何やってるんですかー?」

アルル「あ、りんご!ちょうどいい所に!ねぇ、ぷよぷよの言葉がわかる機械とかない?」

りんご「へっ?いきなりどういうこと?」

サタン「アルル ぼうそうちゅう」

アルル「あのね!今このぷよぷよが言っていることについて調べてるの!」

りんご「なるほど、確かに不思議な言葉だね!ボクもそのぷよぷよに興味が湧いてきたよ…
     っていつまで続くんですかこの流れ?;」

サタン「ツッコミ不在だから終わらないんだよ…;」

りんご「しかしぷよぷよの言葉くらい私にかかればお茶の子さいさいですよ!
     赤子の足をくすぐるようなもんですよ」

アルル「キミたち赤ちゃんに何か恨みでもあるの?」

ぷよぷよ「ぷよぴゅ」

りんご「ぷよぷ?ぷよぴょ、よよぷよぷ、ぷよぷよ」

ぷよぷよ「ぷよよ」

りんご「なるほど……」

アルル「∑えっ!?;まさか今の会話でホントに何かわかったの!?;な、何て言ってる!?」

りんご「『ぷよぴゅ』と言っています」

アルル「うわ…」

りんご「アルル。人はそういう反応が一番傷つくんですよ」

サタン「仕方ない……!こうなれば私が8年の歳月をかけて完成させた秘策を使うか!!」キリッ

シェゾ「失敗したらお前の8年が全て無駄になるぞ」シュタッ

サタン「そう考えると出すのが怖い」

アルル「流れるような動きで出てきたねシェゾ。どこ行ってたの?」

シェゾ「3日前からお前をストーキングしてたら面倒なアホ魔王と会話してたから
     草陰で様子を見てたけどツッコミ不在だったから俺が登偶然会っただけだ」

アルル「その『偶然会っただけだ』は全員麻痺食らった後のしんぴのまもりくらい手遅れだと思うよ」

シェゾ「それで、お前らは何をやってるんだ?遠目で見てると
     モンスターに話しかけてる可哀想な集団にしか見えなかったが」

アルル「事実だと思うから否定しない。ねぇ、シェゾはぷよぷよの言葉ってわからない?」

シェゾ「は?;ぷよぷよの言葉?」

ぷよぷよ「ぷよぴゅ」

アルル「うん、このぷよぷよが何か伝えようとしてるみたいなんだけど……」

シェゾ「ぷよぷよの言葉、ねぇ…。よし、やってみよう」




シェゾ「おい、ぷよぷよ。お前は一体何を伝えたいんだ?ジェスチャーで表してみろ」

ぷよぷよ「ぷよっ。ぷよっ。ぷよ!」ジャンプジャンプ

シェゾ「おお、すけとうだら顔負けの華麗なステップ……じゃないっ!;
     ジェスチャーは無理があったか…。よし!ならば文字だ!
     ホラ、この木の枝を使って一体何を伝えたいのか書いてみろ!」

ぷよぷよ「ぷよー、ぷよー、ぷよー!」カキカキ

アルル「あれ!?;アレどうやって書いてるの?ぷよぷよって手無いよね?」

サタン「あれだろ?青いタヌキが何か持つ時だけ指が出現するみたいなもんだろ?」

アルル「なにそれこわい」

シェゾ「おっ、描けたみたいだぞ!どれどれ?」



『ぷよぴゅ』



シェゾ「              」

シェゾ「」オベリスクゲージ┣━━━━━━━→

アルル「∑ハッ!;しぇ、シェゾ!;抑えて!抑えて!」

シェゾ「」オベリスクゲージ┣━━━━━━━━━━━━━━→

サタン「ぷよぷよだって悪気があってやったわけじゃないんだ!;ウェイトウェイト!クール!」

シェゾ「……」オベリスクゲージ┣━━━━━→

りんご「ていうか、私のノーレッジ使えばすぐわかるじゃないですか。皆バカなの?」

アルル「」┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━→ ガッシャーン

サタン「」┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━→ ガッシャーン

シェゾ「」┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━→ ガッシャーン







あやクル「ん?今日は大勢だな……りんごはどうしたんだ…;」

りんご「ちょっと濃い衆にもまれてね」ボロッ

アルル「ねえ、あやクルって確か『ノーレッジ』って本持ってたよね?」

あやクル「あ?ああ。無暗に使うものでもないから今は本棚に置いてあるが」

りんご「∑ええっなにそれMOTTAINAI!;私の努力の結晶を一体なんだと

アルル「オベリスク」

りんご「はい」

シェゾ「それで、その相手の心が読めるという趣味の悪い本で
     コイツの思ってることを見て欲しいのだ」

ぷよぷよ「ぷよぴゅ」

あやクル「わかった。ノーレッジよ、ぷよぷよが何を思っているのか教えてくれ」

ノーレッジ「少しずつ…少しずつ、気温が変わって夏が近づいて来ましたね。どうも、ノーレッジです」

あやクル「お前そんな登場の仕方だったか?;いいからさっさと教えろ」

ノーレッジ「『仲間のぷよが木に引っかかって大変!このままじゃ落ちちゃうよー><』だとよ」

あやクル「急に若者言葉になったな……;って、仲間のぷよが?」

アルル「そりゃ大変!;急いで助けに行かないと!」ダッ

シェゾ「待て!;木って言っても範囲広すぎだろ!;おいノーレッジ、もうちょっと絞れないのか?」

ノーレッジ「『具体的に言うとここから45度上の方角へ328歩歩いたところにある木』らしいぜよ」

シェゾ「具体的すぎるわ!;もういい、片っ端から探すぞ!」

アルル「……」

シェゾ「な、なんだよ…;」

アルル「いや?あのシェゾが自分になんの利益もないのに誰かを助けるなんて意外だなって」

シェゾ「どういう意味だよ、変なこと言ってないで早く助けに行くぞ!」

アルル「……うん!」

サタン「………」むっ







木!




ぷよぷよ「ぷよーっ!(泣)」





サタン「おー、これまた綺麗に引っかかったな」

アルル「うーん…;さて、どうやって助けたものか」

サタン「よし!シェゾの闇の剣を使って棒高跳びの要領で……」

シェゾ「∑闇の剣を折る気か!;お前が翼で飛んで助けに行けばいいだろう!」

サタン「あ、その手があったか」ポン

シェゾ「お前、誰も反論しなかったら本気で闇の剣を折る気だったろ……;」




サタン「ばさばさつばさ、魔王のつばさ…せおいやすいすい…ちょっと語呂が悪いな」バサッ

ぷよぷよ「ぷよー!(泣)」

サタン「はいはい怖くないですからねー!痛みは一瞬だけだからなヒャッハァ!」

ぷよぷよ「ぷよっ!?;ぷよーー!!(泣)」

サタン「じょ、冗談だよ……;ホラ、さっさと降りるぞ!」






サタン「ふぅ、何とか助けられたな」シュタッ

アルル「おー、さすがサタン!空を飛べるって便利だよねー」パチパチ

サタン「私はお前のおかげで何度も空に飛ばされてるがな」

アルル「わ、悪かったよ……;」

シェゾ「今日は何かやけにすっきり終わったな。それじゃ俺は帰るぞ」

アルル「あ、うん!バイバ

ウィッチ「ワイール!あなたが欲しいですわー!!」ビューン

シェゾ「∑うおっ!?;ちょ、やめろウィッチ!今仕事中だぞ!;」

ウィッチ「今仕事中だぞって言えば何でもどうにかなると思わないことよ!その服寄越せー!」

シェゾ「コラくっつくな!;今お前にやれるものなんて何もねえ!;
     財布の中はレシートとパワーストーンしかないぞ!」

アルル「………」







終われ

『とっても!ぷよぷよ』を買いました。



アミティ「あれ?今日、アミティ……出てなくない……?;」

コメント 1件

コメントはまだありません
めと  
No title

オベリスクゲージwww
レイさんの小説が見られなくのはさみしいです
うまくコメントできないけど
すごくいい作品だと思いますよ!

2012/05/29 (Tue) 22:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ