コメ返信できなくてごめんなさいコメントはちゃんと見てます

アミティ「どうもこんにちは!プリンプタウンのアミティだよ!」

アルル「そしてボクは異世界から飛んできたアルル・ナジャ!」

りんご「さらに

アミティ「話が長い女は嫌われるよ」

りんご「まさか口を開いて三言でそんなこと言われるとは思いませんでしたねー」

アミティ「ところでりんご、最近研究の方はどう?進んでる?APL013はまだできてないの?」

りんご「ええ、最近スランプ気味で……りせぱも同じようでこんな手紙が届きました」


『大ピンチ、略してダ・ピンチ。モナリザもびっくり!   りせぱ』


アミティ「何か余裕あるように感じるのはあたしだけかな」

アミティ「というわけで今日は『あるぱか』さんからの投稿です!」

アルル「アールーパーカー一万尺ーこやぎのうーえでー♪」

りんご「アルパカじゃなくてアルプスな上コヤギの上で何するんですか」

アルル「アルペン踊りをさあ踊りましょー♪」

りんご「重さに耐え切れませんよ!;」

シェゾ「えーと、

どうも、あるぱかです。
被ってるかどうかわかりませんが、
幼児化があるなら大人化もあっていいんじゃないかと思いまして。
ぷよ7を思い出せば大丈夫です、きっと。
特にクルークが気になります。クルークはあやクルに変身してしまうので。
一番格好良かった、可愛かった人には罰ゲーム、最下位には何も無しでおねがいします。
優勝者が罰ゲームは少ないと思いますw

それではー。

……とのことだ。なるほど、確かにクルークの大人姿を見たかったという話はちらほら聞くな」

アミティ「前から思ってたんだけどいつから手紙を読み上げる役は気まぐれ自由になったの?」

アルル「人間なんだからたまには読みあげたい時だってあるさ」

シェゾ「ちなみにこの手紙の件名が
     『あるぱかとあるばか まさに私』と書いてあるんだが何か気に入った」

クルーク「なるほど、大人化かー。今回もまたサタンに頼むことになるかな?」

アミティ「いや!ちょっともうヤドン秋山のコーナーにおける縄跳びレベルでサタンに
      頼ってる気がするからしばらくサタン禁止令をだそう!」

アルル「それだとサタンが登場しちゃいけないみたいになっちゃうよ」

アミティ「じゃあ『サタンの能力禁止令』……いや、やっぱり『サタン禁止令』で」

りんご「その意地は何をもたらすんですか?;」






アミティ「というわけで怪しい薬に定評のあるコンビに来てもらいました!」

ウィッチ「コンビニ?ここってコンビニですの?」キョロキョロ

ゴゴット「怪しくないヨ!漢方きくヨ!」

アルル「この二人息が合いそうだよね」

りんご「早速ですがお二人さん、ストレートに身体が大きくなるオクスリはありませんか?」

ウィッチ「バイアグラ」

ゴゴット「レビトラ」

りんご「はい良い子のお子様たちは決してこのワードを調べないようにしましょうねー
     ていうかクズコンビ何言ってんだ」

アルル「そんな身体の一部じゃなくてさ!;こう、ま●ネットで買える
     『赤いあめ玉・青いあめ玉年齢詐称薬』みたいなのはないの!?;」

ウィッチ「ああ、そういうのをご所望でしたか!」

アルル「何でいきなり敬語なのさ……(汗)」

ゴゴット「それならコレなんかどうネ?『おおきくなれ君X』!お安くしとくヨ!」

シェゾ「ほう。どんな効果があるんだ?」

ゴゴット「自分以外の人が小さく見えるネ」

シェゾ「それ絶対ドラッグによる幻覚だよな」

ゴゴット「そのような事実は認められておりません」

ウィッチ「ようは大変身みたく身体を大きくしたり小さくしたいんでしょう?」

アミティ「平たく言えばそうだね。ていうか何でウィッチが7のこと知ってるの?;」

ウィッチ「一応出演してたじゃない。……それならこの薬なんていかがかしら?」

ウィッチ「この薬はですわ『ダメだ』ね、大変『拒否する』身を応用した『認めん』魔導力の
      『無理を言うな』力で予知『断る』魔法とイリュ『諦めろ』ージョンをって
      拒否りすぎじゃありませんの!?;一つの説明をする前に
      6回もダメ出しされたのは初めてですわ!!;」

シェゾ「ダメなもんはダメだ!;お前の薬は完成する前から全て失敗作だと決まってるんだ!」

ウィッチ「まあ!エジソンは2万回失敗しても諦めなかったんですわよ!?」

シェゾ「知るか!;エジソンとお前は違うんだよ!偉人舐めんな!」

ウィッチ「じゃあ今回の企画はオシマイですわね。あるぱかさんに土下座してきなさい」

シェゾ「ぐっ……;それは困るな…」

アルル「いいじゃん。毒を食らわば皿までだよ、試してみなよシェゾ」

シェゾ「ここに来て名前出しトークやめてくれない?;俺が毒を食らうことになってるじゃねえか」

ウィッチ「いいから飲め」

シェゾ「ちょ




ボンッ



シェゾ「………」

アミティ「お、おお……!!」

アルル「成長してる!;確かに成長してるわ!」

りんご「随分と正当に進化しましたね!さすがシェゾブレない!!」

シェゾ「お前ら無茶苦茶言うな…;視界が高くて落ち着かないんだが」

アルル「なんとなーくシェゾと言えば幼児化ってイメージがあったから新鮮だねー」

ラフィーナ「こうしてみるとシェゾさん結構美形ですわよね」

アルル「あんまりそういうこと言わないほうがいいよ、すぐ調子に乗るから」

シェゾ「うわへへへへwwwwwwwww」

アミティ「それじゃ次ー!シグ行ってみようシグ!」

シグ「おおっとここに来て一言も喋ってない人をあたかもいたかのように呼び出す高等テク」シュタッ

アミティ「プリンプ民なら2秒で来れるからね」

アルル「渋谷区在住の人にとってのコンビニより近いんじゃないかな」




ボンッ




シグ「おー?」

アミティ「おおおー!シグ!随分とイケメンに!;」

アルル「なんとなーくこんな感じになる気はしてたね。クールな面を押し出した感じかな」

りんご「それでは鳳クルークどうぞ!!」




ボンッ







クルーク「……」

アミティ「……」

アルル「……」

りんご「……」

アミティ「……何か…トランプを武器にして戦いそうな顔だよね…」

クルーク「∑どういう意味だよ!;」







アミティ「というわけで一番かっこよかったシグに罰ゲームを与えましょう!」

シグ「甚だ遺憾」

アルル「どんな罰ゲームにしようか?一週間語尾に『メガネクイッ』をつけて話すとか?」

りんご「いやいや。『くっ、俺の左手が…!』を一週間」

アミティ「とりあえず剥いで吊るせばいいんじゃないかな」

シグ「おいちょっとおい」






終われ

どんな罰ゲームを食らったかはご想像に任せる。

コメント 4件

コメントはまだありません
ミルルラム  
うん

クルはそのままそんなイメージがあったなぁー……;
シグの罰ゲームはりんご提案
『頭から練乳ドバー』
だと思えてならない。
って言ってたら練乳食いたくなったよ畜生ッ!!;;

友達が
「7のシェゾ、大変身でかで髪長くなってね?」
って言ってたんですけど、闇の魔導師って銀髪ロンゲになる運命何ですか?ww

ミルルラムでした~!

2012/06/10 (Sun) 18:05 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
ひっきにっくにしーて揚げるー♪

シグっちの罰ゲーム…?
うーんウィッチとゴゴットが最初に言ったモノを飲ませ続けてみるとか?
白ペンキぶっかけとか?
…半分冗談です。
くるるはどうなるんですかね?
ま、どーせあやや様より全然イケメンじゃないでしょうけど。
7の変身であやや様になったということは、将来くるるはあやや様にのっとられるということか…!

でっはー!

2012/06/10 (Sun) 19:16 | 編集 | 返信 |   
あるばか  
うわへへへへwwwwぬるぽ

どうもでsうわへへへへwww

件名?
正直アレ送った後滑ったかなと後悔しました、HAHAHA。
…笑えよ畜生!(ガッ

クルーク…自分はバールのようなものを武器にされて殴られる顔だと思ってたんだ。

土下座じゃ足りぬ、焼き土下座をお願いします!
大丈夫、シェゾなら出来る!
頑張れ頑張れできるできるぜっt(ry

シグの罰ゲームは1週間大人のままでいいんじゃないですかね。いぇあ。

それではふはふー




2012/06/10 (Sun) 20:15 | 編集 | 返信 |   
フラウディ  
もうあやクルが普通キャラでクルークが隠しキャラで良いかと

クルークの大人バージョンか・・・
想像はしたい。だか、想像しようとすると何故か脳内に止められてしまう。

シグの罰ゲ?そりゃやっぱりアコーr

りんちゃんなう!

2012/06/11 (Mon) 16:04 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ