役立ちそうな戦術

今まで私は数々の先人の戦術を使ってきました。
育てるのだけは早いから色んな戦術が試せるんですよ。
今回はそれをランク付けしようと思います。

評価の説明

1:実用性

この値が高ければ高いほどフリーやレートのガチ対戦で使いやすいです。
戦術と言ってもロマン溢れるもので実用性があまりないものも多いですから。
高ければ高いほど安定した勝率がとれ、低ければ低いほどロマンにあふれています。


2:攻撃力

この戦術の攻撃力です。
無対策の相手にどれほどの負担をかけられるのか?
ということですね。


3:運要素

戦術はロマン。
そこには必ず普通のポケモン以上の運要素が絡みます。
その運がどれほどまでに絡んでいるのかを表しています。


まあ平たく言えば1、2が高いほどよく3が低いほどいいというわけです。





1:威嚇兵法

実用性:☆☆☆☆☆
攻撃力:☆☆
運要素:☆

「威嚇ってすごく強いですよね。ノーリスクで相手の攻撃力を下げるんだもの」

私が一番長く使っていた戦法です。
パーティ全員を相手の攻撃力を一段階下げる威嚇で固めることで
相手の物理アタッカーを無効化してしまおうということです。
この戦法の恐ろしいところは『いかく』というのは特性なので
リフレクターや置き土産などとは違い交代すれば何度でも何度でも発動できるということですね。
特殊アタッカーには無意味に思えますがそこも威嚇兵法のひとつ、
努力値やアイテムで特防をカバーします。この戦術を考えたのはワキ@さんです。
このパーティは物理ゴリ押しが多いこの世界では意外と良い線行けるので
マイナーで勝利する気分を味わいつつ安定した勝率を求めるわがままなあなたに。


2:専守防衛ボスゴサイクル


実用性:☆☆☆
攻撃力:☆☆☆
運要素:☆☆☆


「ボスゴの諸刃はロマンの一撃。果たして耐えられるかな!?」

バルダンバさんが考えついた、ボスゴドラを主軸にしてそいつを全員がサポートする戦法です。
建前は。むしろこの戦法ボスゴドラは飾りのレベル。
ボスゴドラというポケモンは10個もの耐性を持ち防御力も180という化物ですが、
弱点が2倍水、4倍は超メジャーな格闘と地面というそのあまりのメジャーっぷりにその耐久は
ほぼ無意味と化しています。あと特防は割と紙です。
そこで弱点の格、地、水を半減以下にでき、かつボスゴドラが有利に建てるよう戦況を整えるのが
ボスゴサイクルのメンバーです。グライオン、ルンパッパなどがオススメですね。
余談ですがこの戦術を使うバルダンバさんはボスゴドラ以上に他のポケモンの扱いがとても秀逸で
サーナイトには感動を覚えました。
石頭ボスゴの諸刃ですべてをなぎ払いたい貴方に。



3:トリプルソリッドスフィア大作戦

実用性:☆
攻撃力:☆
運要素:☆☆☆☆☆

「珠が珠持ち珠を撃つ!」

BWで新たに生まれたゴミ技、エレキボールを120%活用しようという戦法です。
エレキボールは自分と相手の素早さ倍率で攻撃力が変化するのですが、
電気タイプ最速を誇るマルマインですらこの技はまったく活かせません。
そこで発想の転換。自分が素早さの差をつけるのではなく相手の素早さを下げてしまえばいい。
地面タイプにも通る蛇睨みと、3体に巻くためのドラゴンテールなどを使い、
マルマインのために相手の素早さをとことんまで下げる。
うまく決まれば発射オーライ。威力140のノーリスクエレキボールを
素早さ140のマルマインが命の珠を持ち放つ。
珠(マルマイン)が珠(珠)で珠(エレキボール)を撃つ。これぞトリプルソリッドスフィア。
しかし実際やってみたところ麻痺をうまく巻けることなどほとんどなく地面タイプに何の手もないことから
正直かなり微妙でした。


4:ヌケニンミラージュ

実用性:☆☆
攻撃力:☆☆☆☆☆
運要素:☆☆☆☆

「見える!相手の爆笑が!これは勝ったも同然!」


ノットさんが編み出した戦法です。
ヌケニンを主軸としたパーティなのですが、他の3体はカバルドン、バンギラス、ユキノオー。
もう一度言います。
カバルドン、バンギラス、ユキノオーです。

自らヌケニンをメタるどうかしているとしか思えないパーティですが、
こんなパーティを見せられればヌケニンはまず出てこないと思うでしょう。そこがまさに思うツボ。
ヌケニンは強力です。不思議な守りという特性は弱点以外すべてを無効化してしまう。
しかし現環境では炎が流行りまくってるし正直どういう状況に持ち込まれても割とどうにでもなるので
あまり危険視されてはいません。
さらにこんなパーティを見せられればもはやヌケニンなど飾り。コイツへの警戒は3%以下まで下がります。
しかしこのパーティのヌケニンは日本晴れを覚えています。
つまり、カバルドン、バンギラス、ユキノオーのパーティで『ヌケニン無双』の土俵を建てるというわけです。
そもそもこの3体自体が強いのでうまく試合を運べば相手のスカーフ1体を残して
ヌケニンにバトンタッチなどができます。そうすればもう勝ったも同然。
スカーフなどのこだわりが蔓延している現環境の中この戦法は結構いけるんじゃないでしょうか。


5:ウルトラファイア

実用性:☆☆☆☆☆
攻撃力:☆☆☆☆☆
運要素:☆☆☆☆☆


「フォレトスは犠牲」

ウルトラファイア。超火力。これは私が考えた戦法です。
物理の大砲(マッスグマ)と特殊の大砲(パールル)を主軸として、
どちらの受けにもダメージを与えられるように。これはボスゴサイクルのアレンジのようなものですね。
この二体の超火力アタッカー、どちらも1ターン相手の攻撃に耐えなければならない。
マッスグマは腹太鼓、パールルは殻を破るをしなければ大砲として完成しないからです。
そこでボスゴサイクルのようにサポートをするわけです。壁を貼ったり置き土産してみたりトリルしてみたり。
うまくコンボが決まれば5割の確立で3タテできます。
さて、この戦術の利点は『サポート』であり、そして欠点が『サポート』です。
なぜならこの戦術を使うには1体以上のサポートポケモンが必要となるからです。
この戦術も能力値は俺TUEEEみたいになってますがもちろん無敵ではありません。
例えばこの物理と特殊の大砲は相手のパーティを見て決めるので、1戦闘にどちらか1つしか持てません。
両立は不可能なのです。それはリフレクターや光の壁の効果時間に影響するのですが。
例えば特殊の大砲パールルならキングドラや水の耐久、
物理の大砲マッスグマならグライオンや鋼全般で割とあっさり止まります。
特にマッスグマの鋼対策のひどさは凄まじいものがあり、有効打が穴を掘るくらいしかなく風船や浮遊、
エアームドにはなんの手もありません。
またそもそもこれはギリギリまで耐えてHP2くらいの状態から無双する戦法なので、
砂ダメ雪ダメ、毒々、やけどなどを食らうとかなり厳しい。マッスグマだとゴツメなんかもキツイですね。
他にもコンボ前に挑発などをされると大砲として完成しないので結構穴だらけです。
よって運要素MAXのロマンとします。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ