スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEARLESS HEROの『ぼ』の部分が出せる奴は天才

2012/09/02 Sun

アミティ「今日はぷよ小話セレクションをやろう(提案)

アルル「は?;小話セレクション?なにそれ?」

アミティ「ほら、前ぷよキュー神回セレクションみたいなのやったじゃん、あれを小話でってことで」

りんご「なるほど、生徒会役員共よろしく振り返るんですね」

ラフィーナ「ていうか振り返りネタをやるってことは最終回が近づいてるってことじゃ……

アミティ「さあ、『ぷよ小話アタリ目!
     そもそもぷよ小話自体つまらないけどその中でも
     それなりにはいい出来に仕上がっているオモシロ神回を探してみまSHOW!』始まるよ!


ラフィーナ「Σあれ!?;ねえ、そんなわけないですよね!?ねえ!

アミティ「さて、記念すべき初小話はコレ!」

アルル「あれ?まだネクストで次に行けるよう……

アミティ「アルル。その部分は癒しの星夜最大の禁忌の部分だから二度と触れないように

アルル「りょ、了解……;」

りんご「それにしても二人だけな上改行無し句点多しと色々今と違いますねー」

ラフィーナ「そうですわね。何事も初期は今とかなり違いますわよね」

アミティ「漫画とかでもたまに1巻見てみると今との画風の違いに驚いたりするよね」

クルーク「逆に全く変わらなかったのってあるかな?」


「「「クルークのポジション」」」



クルーク「うん、知ってた





ルナ「そして記念すべき私の初登場回がこれ!

アミティ「やあ、ぷよ小話ワースト1位のお話だね

ルナ「製氷皿買って来なかったからってそこまで言うことないでしょ

アルル「変わったといえば、ルナも最初は別に虐げられるキャラじゃなかったよね」

ルナ「そうだよ!;私はもっと普通なポジにいたはずなんだ!シグあたりの!」

ラフィーナ「シグは狂人ポジですわよ

シグ「覚悟しろよ。二度とロータスの森シリーズの本を借りれない身体にしてやる

ルナ「やめて!;ロータスの森シリーズは私が小学生の時見つけてハマりまくった思い出の本なんだ!

アミティ「小学生向けの本なのに嫌にグロいんだよねあれ」




イオル「それで、僕の初登場はこれですね」

アミティ「イオは今まであんまりブレなかったね、名前欄は最初『イオ』だったんだねー」

アルル「ボク、イオルは色々と苦い思い出があるから嫌いだ……;

イオル「本当なら三ヶ月前くらいから僕主人公の長編がしばらく続くはずだったんですが
      大人の事情で急遽中止となり、他の伏線も全部おじゃんです」

クルーク「ははっ、ざまぁ



スッ(イオルが無言でクルークの足をつかむ音)


バサッ(そのまま飛び立つ音)


ゴガッ(上空からクルークを思い切り叩きつける音)


ゴッゴッゴッ(クルークが数バウンドする音)



クルーク「」

アミティ「Σ製氷皿買って来なかったからってここまですることないでしょ!?;

イオル「知りませんよ製氷皿なんて」

ラフィーナ「イオルさんといえばこれはひどかったですわね……;

アミティ「そうそう。あんなヤブ医者四日市に行ってもなかなか見ないよ

アルル「『アルルの手足が動かなくなったんだけど』って言われた時は脳がしばらく動かなくなったよ

シグ「なんであんなことしてたの」

イオル「すみません、医師に急用ができたらしくて、僕に代わりを頼まれたので」

アミティ「へー、お医者さんと知り合いなんだ。どんな人?」

イオル「白衣に茶色の髪の人ですよ

アミティ「あれー、それドッペルにも聞いたなー。
 そろそろ会えるんちゃう!?もう六ヶ月すぎたよ!?

イオル「そうですね。名前は『ベンゼン』って言うんですが、少し変わった人なので注意して下さい」

アルル「大丈夫だよ、今ボクの周りには変わってない人が誰もいないから」

イオル「言うようになったじゃないですか

アミティ「イオといえば水中遺跡あったねー。あの後身体がふやけたよ

アルル「結局あれなんて書いてあったんだろう?」

りんご「私が生み出した発明品ナンバーAPL014『ほんやく婚約』によると、 
      『ロックンロールの決まりその1、親が死んでもノってるシンガーを邪魔するな』
      と書いてあるらしいですよ


アミティ「色々と言ってやりたいことはあるけど発明品ナンバーひとつ飛んでない?

りんご「APL013はすでに完成済みです、今度見たけりゃ見せてやるよ」


アミティ「それでは、前回カットされたラフィーナとシグとクルークの絶叫をどうぞ!

「「「Σえええええっ!?;」」」






『ラフィーナさまー、ラフィーナさま、診察室前でお待ちください』


クルーク「ほらラフィーナ、呼ばれてるよ」

ラフィーナ「ごめんなさい、さすがに今の出来事を見た上で自ら地獄へ足を運ぶ勇気はまだないですわ

アルル「今逃げたら、数分後にはもっと大きな勇気が必要になるぞ

ラフィーナ「くっ……;わかりましたわよ!行ってきますわ!
        身体は鍛えてるしいざとなったら蹴り飛ばせばいいんですわ!」ガタッ

りんご「おみやげ買ってきてねー!」

ラフィーナ「Σ診察室で何を買ってこいと!?;

りんご「医者が頭につけてるCDとか?

ラフィーナ「リッパーズの曲だったら買ってきますわ」ダッ


「きゃぁああああああああああ!!!;」


「やめろっつってんだろ!!」ガンッ


「!?残像……!?Σいやぁぁああぁあ!!;;;」






ラフィーナ「」

アルル「そこそこ善戦したみたいだね

ラフィーナ「はっ!;私は一体何を……」

りんご「記憶が混乱しているようだな、ここは病院です」

アミティ「」

アルル「いや、それよりアミティが今の悲鳴でジョーカーに
      絶望させられたキュアピースみたいな顔になってるんだけど


アミティ「あの悲鳴はラフィーナのものだ…あれは医者の幽霊だ……!
      はは……幽霊ならラフィーナの攻撃をかわすくらい楽勝だよな……はは…ははははは
」ガクガク

アルル「落ち着いてカインズ氏!;そうだ、この鎮魂錠を飲め!!

アミティ「んっ……ふう、落ち着いたよ。ていうかラフィーナ、一体どんな目にあったの?」

ラフィーナ「クルークみたいな目

アミティ「人間の耐えられるレベルじゃないね

クルーク「Σおいコラどういう意味だ!;ボクの目ってそこそこ綺麗でしょ!?;」

アミティ「そういうこと言ってるんじゃないんだよ」

シグ「コラコラコラコラ~ッ!(`o´)」



ワイ将さまー、ワイ将さまー、診察室前でお待ちください



アミティ「……シグ?;」

シグ「正直すまんかった(戒め)

りんご「やってしまいましたなあ

シグ「じゃーいってくるー」


「ほわあぁぁぁぁ!! だっしゃらあぁぁぁぁぁぁ!!!」

「ひいぃぃぃ!! がばあぁぁ!!!」


「ああん!!! ごえっ! 
 ばひゃああああああああ!!」




シグ「」

りんご「なんてことだ…なんてことだ……

アミティ「これは大変なことやと思うよ」

クルーク「もう(ボクが生き残れる道)ないじゃん

シグ「(メガネごときに命は)与えられねーわ

アルル「さて、謎のなんJネタを挟んだ所で次はクルークだね。死ぬ覚悟はできた?」

クルーク「全然できてないからもう帰っていいよね、ハイチャラバ!;」ダッ

りんご「待つよろし」

クルーク「待つよろしくない

りんご「もしここで逃げたら3DSのLRキーと充電器の差し口が故障する呪いをかけますよ

クルーク「うわあ何その地味に嫌な呪い!;わかったよ行けばいいんだろ行けば!」


ダメガネ様ー、ダメガネ様ー、診察室前でお待ちください




クルーク「あれー?;ボク名前欄はちゃんと『クルーク』って書いたよね?;どうなっ天皇?

りんご「私が描き直しておきましなんでもないです世間の目ですよ、諦めなさいクルーク

クルーク「その『なんでもないです』はドルピックタウンのパチンコステージで
        下まで落ちちゃった時のジャンプくらい手遅れだと思うよ


アルル「でも呼ぶ時の声がこころなしか晴れやかだったね

ラフィーナ「すっきりしたんでしょうね」

クルーク「やめてよ!;多分そんなことないよ!

シグ「いいからはよいけ」





「……」


「……」


「………」





クルーク「終わったよー」


(((格が違った……!!;)))






アミティ「以上、未公開シーンでした!」

アルル「未公開といえば他にも色んな未公開映像があるよね」

りんご「そうですね。ぷよ小話はうまくいった奴だけを取り上げてますから結構ありますよね」

アミティ「じゃ、今度は未公開映像集でもやるとして今日はここらへんで切り上げる?」

ラフィーナ「そうですわね、そろそろ有野さんですし」

アミティ「それでは、みなさんさようなら!」


「先生さよおなら、みなさんさよおなら!!」







終われ

コメント

Secret

何があったんだ?

クルークのときナニガドウナッタ?
あと、3DSでは書き込み制限されるからタブレット端末使ってます

No title

はじめまして。

No title


ごめんなさい間違えた。

クルークのキャラの安定間がすきです
まあシグにかなうはずはない!(私の脳内で

分かります!クルークのキャラ性は自分も気に入ってます!

No title

同感の人がい嬉しいです!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイ

Author:レイ
あるブログを見て、
何かを感じたので作成。
元リザレス。
毎日更新してます。
ポケモンとか好きです。
ぷよぷよも好きです。
テイルズも好きです。


リンクフリーなのです。
自由きまま気軽に
リンクぺたして
くださいなのです。

うごメモという物をやってた。



現在、禁止ワードに
「http」を設定してあるので、
お手数ですがHP等を書きたい
場合、hを抜くなどして
対処をお願いしやす。
フレンドが多すぎるので
フレコ交換は跳ねる
時があります。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別
09  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
訪問者数
カウンターです。。。
閲覧数
現在の閲覧者数:
ポケモンXYカウント
メールBOX

名前:
件名:
本文:

いままでのきろく
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
くりっくしてね

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。