だいぶ前からやろうと思っていた話

アミティ「」ズーン

アルル「ほらほら、落ち込んでないで!;キミがコールしないと小話は始まらないんだよ!」

りんご「そうですよ!今の状況を笑点で言えばテーマ曲流れないで無音で幕開けみたいなもんですよ!」

アミティ「投票が来ないのは許すとしても……誹謗中傷を書く必要はないんじゃないかな……?」ズーン

シグ「コールはよ」

アミティ「はいはい……これから皆さんに本音暴露大会をしてもらいます…」

「「「さらばだっ!!!」」」ダッ




アミティ「というわけで気を取り直して例のアメを99個ほど買ってきました!」

アルル「何なの?キミはふうせんかずらなの?」

アミティ「皆さんの溜まっている欲望を開放してあげようかな、ということですよ………」

りんご「これだけ見るとエコロにも見えますね」

エコロ「Σあれぇ!?;今えころんとかエロロとか言わずに普通に本名言ってくれた!?」

りんご「どうでもいいけど『エコロ』って文字、何か右肩上がりですよね」

エコロ「Σ知らないよそんな非マナーコピペみたいなのは!;いや確かに右肩上がりだけど!」

アミティ「さあ、さっさと舐めろ!そして吐け!全てをッ!」

アルル「げろげろ……」

りんご「そういう使い古されたネタはいいですからベッカム」

アルル「Σだからいつまでベッカム引っ張るつもりなの!?;」

まぐろ「それでは順番決めはあみだでいいかな★」

りんご「そうですね、あみだのプロフェッショナルであるまぐろくんにかかれば
     きのこたけのこ戦争も2秒で静まりますよ」

まぐろ「そして5秒で完成★」

りんご「さすがまぐろくん、落書帝国(インペリウム・グラフイケース)もびっくりのスピードだよ!」

まぐろ「それほどでも★」

エコロ「リア充死ね」

ラフィーナ「今の会話にそんな要素ありましたか?;」


あみだの結果

1 ラフィーナ 2 シグ 3 アルル 4 シェゾ 5 エコロ 6 りんご 7 まぐろ 8 クルーク 9 アミティ


アミティ「になりました!」

クルーク「良かった…;とりあえずオチは免れたっぽいからよかった……!;」

ラフィーナ「ま、まずは私からですわね……うう」ぱくっ

アミティ「よし食べた!さあみんな、ラフィーナを質問攻めだ!」




「「「………」」」


ラフィーナ「……」



「「「………」」」


ラフィーナ「……?;」


「「「………;」」」


ラフィーナ「……;;」



ラフィーナ「……効果、切れましたわよ…」

アルル「ごめん、なんかごめん」

りんご「改めて考えるとラフィにゃんに聞きたいことなんて何もないですよね」

ラフィーナ「Σ地味にひどくないですの!?(泣)」

アミティ「さあ、次はいきなり鳳のシグだ!」

シグ「鳳の意味を言ってみろ」

アミティ「黙秘権を使用します」

シグ「しゃーない」ぱくっ

アルル「よし質問攻めだ!シグ、好きな建物は!?」がばっ

りんご「Σ何その質問!?;何を意図して好きな建物を聞くんですか!」

シグ「ルートヴィヒ財団美術館」

りんご「Σ何であなたの解答も地味にマニアックなんですか!;」

アミティ「シグ、好きな人は?」

シグ「ムシ」

アミティ「どうしよう、あたし『人』って聞いたはずなんだけどなぁ」

シェゾ「コイツの中ではムシは人と同等なのかよ……;じゃあシグ、好きなアニメは?」

アルル「何でそんな所攻めるの?;もう少しうまい生き方あったよね?;」

シェゾ「何でいきなり人生論語られないと行けねーんだよ」

シグ「名探偵コナン」

アミティ「そしてシグもさっきから謎チョイスだな!;確かにコナン面白いけど!」

シグ「………あ、もどった」

りんご「時間切れですか。どうでもいいけどこれ時間切れになったかどうかは
     本人が言うしか無いからわかりにくいですよね」

クルーク「今のりんごの発言には無限の可能性が秘められている気がする」

アミティ「ニセランダムとキズランダムの並行は勘弁してよ。次はアルルだね!はよ!」

アルル「わかったよわかったよ、急かすな急かすな」

シグ「あばれんなよ…あばれんな……!」

アルル「……;うう……」ぱくっ

シェゾ「Σよっしゃ食べたな!アルルッ!お前が欲しい!!」

アルル「それ質問じゃないよね、道頓堀に放り込まれて溺死しようね」

シェゾ「死のう」

りんご「アルル、この中で一番キライな人は?」

エコロ「何地味に気まずくなりそうなこと聞いてるのさ」

アルル「キライな人……うーん、ルナかな」

アミティ「どうしよう、今この場にいない人の名が出てきたんだけど……(汗)」

シグ「そこまで恨んでいるのか……(困惑)」

まぐろ「シグがさっきからおかしいんだよなぁ……★」

シグ「最近壊れました」

エコロ「じゃあ最後に!アルルちゃん、ボクのことどう思ってるー?」

アルル「生ゴミ>シェゾ>ルナ>G>>>>切り干し大根>>>エコロ って感じかな」

りんご「切り干し大根の何が悪いんですか」

シェゾ「ていうか俺の位置生ゴミ以下かよ!;低っ!;俺達は友達じゃなかったのか!?」

アルル「違うよ、同種族以上他人未満が関の山だよ」

シェゾ「Σ前は他人以上知り合い未満じゃなかったか!?インフレしすぎだろ!(汗)」

アルル「あれからまた考えなおして下がったんだよ」

アミティ「ほらほら、夫婦漫才やってないで次行くよ!;もう尺無いんだから!」

アルル「Σ夫婦漫才って何!?;ていうか次はシェゾでしょ!ほら、さっさと食え!」

シェゾ「改めて考えると俺が口を開ける義務は幸福並に全くないよな」

アルル「前か後ろか、どっちからがいい?」

シェゾ「Σ食べます!;食べますから不穏なことは言わないで下さい!!;」ぱくっ

アルル「それでいいんだよ」

エコロ「さて、それでは質問していこー!シェゾってビビンバ好き?」

シェゾ「オムライスの次くらいには好きだ」

エコロ「よしOK、もうボクが思い残すことはなにもないよ」

アミティ「エコロって時々わかんないよなぁ……;」

りんご「歳が?」

アルル「じゃあシェゾ、キミが今一番欲しいものは何?」

シェゾ「すばせか新作」

アルル「Σそうきたか……;」

ラフィーナ「じゃあ、犬派?猫派?」

シェゾ「どっちかっていうと猫派」

りんご「へー、ちょっと意外ですね。ではガブとマンダはどこで差がついたと思いますか?」

シェゾ「慢心、環境の違い」

シグ「うちさぁ、ムシかごあるんだけど……観察していかない?」

シェゾ「遠慮しておく」

まぐろ「お母さん、お馬さん、ここはどこ、キミは誰★」

シェゾ「ここはぷよキュースタジオ、俺はってΣ俺にだけやけに質問多くないか!?;」

クルーク「それじゃ次、りんごだね」

りんご「すみません、私アメは医者に止められてて」

アミティ「そうか、医者に止められてるなら仕方ないね」

アルル「りんごに並々ならぬ恨みがあるボクでも流石に医者に止められてるなら中止せざるを得ない」

りんご「自分で言っておいてなんですが何でそんなに医者神格化されてんの?」

アルル「まあマジレスするとりんごが本音言いまくると放送禁止用語が入るからなんだけどね」

りんご「う、嬉しいやら悲しいやら……;」

まぐろ「次はボクやね★ぱくりとな★」

アミティ「よっしゃ!;まぐろくん潔く行ったね!まぐろくんって結構謎だらけだから今こそ質問攻めや!」

エコロ「それで?、何人くらいの女を弄んでは使い捨てたの?」

まぐろ「6人くらい?★」

シェゾ「おいコイツ即答しやがったぞ」

シグ「あみだの玄人とか言ってるけどホントのとこどうなの?そんなにあみだに情熱かけられてる?」

まぐろ「板東英二のゆでたまご愛の半分ほどの情熱です★」

クルーク「それは多いのか少ないのかよくわからないね……;」

アミティ「負けた時タンマかけてけん玉で自分縛るの何なの?興奮する?」

まぐろ「はい★」

シェゾ「コイツは予想以上の大物だった」

まぐろ「もういいかな★」

アルル「まあいいか……;じゃ、次はクルークだね」

クルーク「とうとう来てしまった……;大爆笑のオチだけは免れたいところだよ」ぱくっ


「「「好きな人は!?!?」」」バンッ


クルーク「Σ何その今までにない統一感!?;そんなに気になるの!?」

アミティ「それはそうだよ!実質今一人だけ誰が好きかわかってない人だからね!」

アルル「そうだよね、結局誰が好きなの?ラフィーナ説が一番有力だけど」

りんご「次点であやクル説、他はルナ説とかフェーリ説とかもありますね」

シェゾ「ていうか何でツッコむ余裕があったんだ?;本音バラすアメ舐めてんだからバレるはずだが」

クルーク「ボクの状態異常耐性はすでにキリトのソードスキル並のレベルに達してるんだよ」

アミティ「Σええええっ!?;そんなのチートやチーターやろそんなん!;」

りんご「それでは結構駆け足でしたが最後アミティですね。ほれアメ」

アミティ「ジャアアアアアアアアアアアアアアアアッップ」

りんご「は?;」

アミティ「いや、なんとなくやらなくちゃいけない気して」

りんご「?;まあとにかく食べなさい、ほらあーん」

アミティ「あーん」

りんご「ハァッ!!!」ズギュン

アミティ「Σ!?;



アミティ「げほっげほっ……;口内に掌底突きとかマジやめてよ……;」

りんご「ちょっとスタイリッシュにあーんをやってみただけですよ。
     それにこれくらいでへばってちゃ恋人できた時タイヘンですよ」

アミティ「ごめん、それはちょっと良くわからない」

アルル「じゃあ質問攻めしてみようか。アミティがここ最近で一番衝撃的だったことって何?」

アミティ「ゆるゆりの千歳の声優が唯の人だって知った時。別に声色変えてるわけじゃないのに
      一期から見てても全く気づかなかったよ、ただの池沼かと思ってたけど恐るべし中の人」

アルル「これまた随分リアルな……;」

りんご「じゃあアミティはシグが好きですか?」

アミティ「いいえ」

ラフィーナ「Σシグが好きですか?って随分ピンポイントですわね!?;普通誰が好きですかとかでしょ!?」






























「「「えっ」」」


「え?」








「「「Σええええええぇぇえええぇぇぇえ!?!?!?;;;」」」




アルル「Σどういうこと!?;どういうことなのアミティ!?ミチランダムごっこでもしてるの!?」

りんご「Σ話が違うぞデュラムセモリナ!?;
       あなたはシグ目掛けてフィジカルバーストじゃなかったんデスカーン!?(汗)」

ラフィーナ「Σアミティさん!?;どうしたんですの!?まさかもう効果が切れてるんですの!?」

アミティ「え?;いや、え?」

シェゾ「ええじゃない!;見ろ!誰がどう考えたってもう続けられる状態じゃあるまい!」

シグ「なんてことだ……なんてことだ……」

ドサクサ妖精「ダイッコンッランです!;ダーイコンラン!」ジタバタ

キリト妖精「いい加減きずけよ!あぁ!_?」ジタバタ

妖精さん「・ワ・にんげんさんらぶです?」

アルル「し、知らん!お前なんか知らん!帰れ!;B組に帰れ!!」

まぐろ「ちょっと、タイヘンだよ★」

りんご「Σ何がタイヘンなんですか!?;今こっちはサハラ砂漠並にタイヘンだからまたにしてウミガメ!;」

まぐろ「ボクのガリガリ君コーンポタージュ味、あたりだ★」

りんご「カーイートー!;今そんなこと言ってる場合じゃないんですよ!;」

シグ「ガリTとかいらないから(正論)」

アミティ「え?;え?;え?;」









強引に終われ

とりあえず『いいえ』が言えればそれで良かった。
なぜよかったのかはこれからわかるかわからないか。

コメント 5件

コメントはまだありません
りおっち  
No title

アミティ、票が少なくても落ち込まないで!
私は、トリプルAの中ではアミティが一番好きですよ!

2012/09/09 (Sun) 17:32 | 編集 | 返信 |   
カエハ  
No title

切り干し大根が可哀想でした。りんごさんに賛成。

2012/09/09 (Sun) 22:44 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>りおっちさん

アミティ「感謝っ……!圧倒的感謝っ…!」ボロ…ボロ…
量より質ですよね。

>カエハさん

切り干し大根の何が悪いんですか、美味しいですよね切り干し大根。
切り干し大根と白米のペアは無敵。


では!

2012/09/10 (Mon) 19:02 | 編集 | 返信 |   
えぞサン&いちこぽ  
No title

はじめまして。えぞサン&いちこぽです よくこのブログに来てます。
切り干し大根、自分は好きだけどな~りんごの言う通り何が悪いのかな?
あ、ところで、リンク追加します。あと、3DSフレンドになりませんか?
プロフにコード書いてあったので…
ちなみにえぞサン&いちこぽのフレコは2793-0839-5540です。

2012/09/10 (Mon) 20:08 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

「リンク追加します」なんて終始形のコメントもらったのははじめてです、はじめましてユニークな方。
3DSフレコは明日あたり追加しておきます。

2012/09/10 (Mon) 21:57 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ