賭博黙示録プヨヨ

16


アミティ「……これだ。あたしは、この沼をやりたい」


アルル「アミティくん、何を考えてるかは知らないが…
     悪いことは言わない、やるなら他のスロットにすることだ…
     ダメです『沼』はダメ…!あれはノーチャンスです…!」

アミティ「うるせぇっ・・・・!やるしかねぇんだ…!」


パッキーだ

アミティ「パッキーだ。まず5コイン!」

りんご「はっ!」

今回のアミティの目的は、コイン9千万を持って帰ること。
アミティはプヨホワールという船で9千万の借金を負ってしまったのだ。
このぷよスロットは、『444』『555』『666』の場合は投入したコイン×20のコイン、
その他のゾロ目の場合は×10のコインとなる。
そして『777』または『123』が揃った場合は、フィーバー状態へと突入し、
大当たりがとんでもなく出やすくなるという。
初手はアミティ、手堅く5コイン。ここで大きな消費はできない、様子見の安泰手…。

ネタ1

出目は455。

アミティ「…まあ、最初はこんなもんだろ……」

次の目は…555!!

ざわ・・・
 
                ざわ・・・・




アルル「っ!;おい、あれはなんだ!来てるじゃないか!」

りんご「んなこと言われても知りませんよ(冷静)」

アミティ「い、いける…!この台いけるぞ!」

調子に乗るアミティ。そして順調に当てていく、カンストの99999のまま777への確率が上がっていく。

だが!
それがこの沼の凶悪な所!
アミティ!!調子に乗って!!


ネタ16


1000コイン投入……!そこからは落ちていくのみ…!アミティ、傲慢…!


ネタ8

消える!


ネタ9


消える!

ネタ10

ただ無意に消えていくコイン!!



アミティ「あ…あああああ~~~」ぐにゃ~~

アルル「ククク…!どうしましたアミティ……!まだあなたのコインは二万以上ある…!
     さあ…存分にスロットをお楽しみ下さい……!!」

アミティ「くそ…!見せてやるっ…!あたしの勝負強さをっ………!!」


そして!運が味方する!

ネタ7



アミティ、『555』を揃えて1000×20の20000コイン獲得!息を吹き返した!


アミティ「勝ったっ…!賭けに勝ったっ……!あ、アルル…!見たかっ……!」

アルル「見てない」カチカチ

アミティ「Σ見てろよ!!;」



が、しかし。運はここで尽き、とうとう四桁に突入する。


ネタ11

ネタ12


アミティ「くそ…!奇跡はいらない…!平運……!
      極普通の当たり前の現象…!起こってくれよ…あたしに…!」


ネタ13


0 Coin


アミティ「っ……!あるかよ…!こんなことって……!今まで勝ちの刺客…!念入りに積み上げた…!
      それが…結局は不運…流れ…アンラッキー…!そんなもののために消えるっていうのか!?」

アルル「終わりなんだよ…!コインがなくなりゃ……!!お前はもう客じゃないっ…!
     対等口をきくなっ……!!」

アミティ「くそっ…くそぉぉおおおおっ……!」ボロ…ボロ…


アミティ、敗れる。誰もがそう思ったその時、アミティのポケットが鳴る。



アミティ(……!!残っていやがった……!最後の牙が……!)

アミティ「続行だ…!」

アルル「何を言ってるんだ……もうコインはないんだろ…?」

アミティ「いや…ポケットに1009枚だけ入ってた…」

アルル「Σ多っ!?;入らないでしょ!;しかも微妙に中途半端!!;」

アミティ「おい」

アルル「あ、はい。どうぞ」


アミティ「泣いても笑ってもこれが最後っ…!来い……来い…!運命……!」




そして……!

ネタ17




アミティ「神様っ……!」





アミティ「ありがとうございます……!



ネタ14

アミティ「出る!出る!20000コインが!何度でも……!」


ネタ15



結局、アミティが9千213万3250個のコインを抱えて勝利に終わった。





訳:スロット作りました

コメント 1件

コメントはまだありません
ショートケーキ  
今欲しいもの : お金

あぁ、ショートケーキも1回当たり出たら何回もやるタイプ…
で結局全て振りだしっと…(・ω・`;)
な、なぜに1009コイン…?

2012/09/23 (Sun) 22:30 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ