2012年11月26日のボツキュー

アミティ「皆さんこんにちはこんばんわ!ぷよキューの時間だよ!」

アルル「ぷよキューの時間って相当不定期だからね」

アミティ「時間に縛られないアグレッシブかつインターナショナルな日々を送ってるんだよ」

りんご「インターナショナルの日本語訳を言ってみろ」

アミティ「黙秘権を使用します」

シグ「あぁ……やっぱりワルイージピンボールのBGMはいい……」

アルル「マリオカートやってる場合じゃないよシグ!;ぷよキューだぷよキューだ!」

シグ「うるせえ!いいんだぜ?お前は事務所に言って首にしてもらったっていいんだからな」

アミティ「なんてことを……」

アミティ「というわけで今日は『モンブラン』さんから!初投稿だね!」

りんご「やっぱり自称初投稿兄貴じゃないか(憤怒)」

アルル「は?;」

アミティ「えーと……

初投稿です。レムレスを心身ともにボコボコにして欲しいのです。
手段は指定しません。とにかくボコって下さい。理由は…
日頃の恨みって事で。お願いします。

……とのこ

フェーリ「2秒やる。神への祈りを済ませろ」

ルナ「ユリウスを守る」

アミティ「出たなトリッピー親衛隊コンビ」

フェーリ「センパイをいじめようなんていい度胸ね……許さないわユルサナイユルサナイ」

ルナ「私も許さないって言いに来たけど、なんか隣の人が全部やってくれそうなんで帰っていいかなぁ」

アルル「いいよ。ていうか、帰って欲しい、切実に」

ルナ「やっぱり絶対に帰らないでおこう」

アルル「さやかはボクをいじめているのかい?」

アミティ「ええいっ!誰になんと言われようとやるよあたしは!ぷよキューは絶対!レッツゴー!」




アミティ「というわけで、レムレス・ガーディアン、略してムレアンはサタンの力で排除しておいたよ!」

アルル「排除っていうか、将棋部屋に飛ばしたんだけどね」

りんご「眼の前に将棋盤と記録係がいたら指したくなるのが棋士ってなもんですよね」

ラフィーナ「あのふたり、棋士でしたっけ」

クルーク「聞くところによると、中継で試合の模様を全国放送しているらしいよ」

アミティ「あ、ほんとだ。えぇ~っ、ルナって早石田とか指すの~?;意外と攻撃的だなあ」

りんご「フェーリは手堅く棒金で受けてきましたね。さぁ、ここからどう動くのか……」

ラフィーナ「スマホで見るな!;ていうかなんで試合模様わかるんですの!?;」

アミティ「バカだなラフィーナ。一度刑務所で過ごした人ならみんな将棋がうまくなるんだよ」

ラフィーナ「今の貴方の発言については深く考えないようにさせてもらいますわ」

アルル「賢明な判断だね」

りんご「あっ、そういう言ってるうちにとりっぴいが現れましたよ!突撃DA!」



レムレス「~~♪」テクテク

りんご「やあやあハローレムレス、できたてのポップコーンはいかが?」

アルル「あれ、作るのは買う側なんだけどね」

アミティ「そう考えるととんでもない詐欺師だよねキ●ィちゃん」

レムレス「あ、みんな~!こ・ん・に・ち・わぁ~!!」

りんご「それ、どこぞのムシキング・ジョニーもよく言ってましたね」

アルル「イメージカラーが緑な所とか髪型とか一緒だし、ひょっとしてレムレスってパクリなんじゃない?」

アミティ「開発もセガだしね」

レムレス「Σえ!?;なになに!?;いきなり知らないキャラクターの盗作疑惑をかけられたんだけど!」

りんご「うるせえ!食らえ究極必殺技スーパーカワセミハッグ!!」ガバッ

レムレス「ぐえっ苦しい!;そしてなんでちょいちょいムシキング押しなんだ!;」

アルル「ドラァッ!!」ドガッ

レムレス「ぐはっ!;い、いきなり腹パンはひどすg

シグ「オラオラオラオラオラオラオラオラァァァッ!!」ドドドドドドド

レムレス「」

アミティ「喰らえッ、喰らえ!!」

ラフィーナ「オラッ、オラオラ!! 」


やがて彼は動かなくなった。



     Bad Ending............




           l  l、         /          00
. ヽ、        l.   l        ∠ _       「二^^l
.\ `ヽ.  .  |`ヽ、.!.  l.   ,、,ヘ   __ ~`` ‐ 、_    | | ;‐i
  \ ,へ|\.l    ヽ.   l / | |''"´  _,二ニ=-  > 「二__lニ ニl
   /  ,l  .l   |ミミ`ゝ、//! ! l,, ‐'"´   , ‐'"´      〈/!_| ;‐i
___/  .,l  ,l  l   ゙〃 ::::l. |_. L_ ,, ‐'´              lニ ニl
_  ._/ / ,/       ::::l__ ``‐、、ヽ>               〈/!_|
/⌒ヽ./ ./ .∠、 _\     ::::∠-‐`` ‐、!、`\
l./゙ヽ.,| | |、 !、_ノ `i、  ::/!_ノ //./ `\ \
ヽゝ( ,| | |ヽー─-    、ー'''"l`/   1回目のバッドエンドだ…
 `ヽ、| | |         /  :!/
\  | l |.     ∈ニ'   :i
.  \ !. l|. |`‐、       /
   `| l ! |`‐、.`‐.、.  /      罰ゲーム!心の崩壊、マインドクラッシュ!!
   _,l ! l | //`` 7`''´‐-、_



指定したアンカーのコンマ1桁によって罰ゲーム内容が決定します 

1・全員の好感度が30ダウン
2・好感度の低い人物上位3名の好感度が25アップ
3・プリンプに無法者出現
4・好感度の高い人物上位3名の好感度が25ダウン
5・最も好感度の低い人物の好感度が30アップ
6・エコロ大量発生
7・アルルの家で火災発生
8・毒ガス
9・台風上陸
0・サタン様の祝福


アミティ「7で!」

アルル「Σ待った!;ていうかこんな絶対に誰もわからないようなパロやらないでよ!」

りんご「何言ってんですが、誰にも通じないパロはいつものことでしょう。それがぷよキュークオリティ」

ラフィーナ「じゃあ、肉体的にはボコボコにしましたし次は精神的ですわね」

アミティ「その前に、なんでクルークはレムレスのリンチに参加しなかったの?」

クルーク「尊敬してるからだよ」

アルル「ふうん、アタイらに楯突こうっていうんだ?」

クルーク「Σそんな同調圧力を強制してくる女子グループみたいに脅されてもボクは悪くないでしょ!;」

りんご「いや、あなたが悪いですよ。生まれてきた時からずっと」

シグ「りんごってたまに松本人志みたいなこというよね」

りんご「そしてシグは絶対にそういうことを言わないはずのコですよね」

アミティ「まあいいや、『むこう一週間お菓子禁止』って背中と頭と股間に貼っとけば堪えるでしょ」

アルル「なんでそんな多数に渡って通知する必要があるんだ」

りんご「シーユーネクストタイム!」




終われ

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ