レイニードル考察

『新連鎖法を考えたい』
何を思ったかそんなことを考えました。
久々にぷよm@s見たからですねはい。しょうがないね。
では思いつきでパっとできたものをご紹介。
その名は『レイニードル』。
最初に、『4つタテにならんだぷよが』氷柱が落ちてくるように『何度も連鎖を起こす』
というイメージが湧き上がりました。
しかし、本来これは不可能な話だと思います。
なぜなら、『4つタテに並んだ』状態でぷよを消そうとすると、
どうしてもヘルファイアになり連鎖が成立しなくなるからです。


色々考えた結果、私は『レイニードル』をこういう形で再現しました。




わかりますでしょうか。これは最初の発火点と最後の赤を除き、
『すべてダブル』になっている6連鎖です。
ぷよが消えるさまは一応、当初の目的である4つタテに並んだぷよが
連鎖を起こしています。
しかしこれには様々な弱点があります。
まずひとつは、色の難しさ。
これは非常に色んな色のぷよを必要としており、少しでも気を抜けば
物凄い暴発します。かなり配ぷよが良くないとこんな形にはできません。
そして2つ目は、折り返しの難易度。見てください。これは右の5列は全て埋まっており、
一番左端の一列で、8段以上の高さを起爆点として折り返しを組まなければいけません。
無理ゲーですね。しかも横に色んな色がありますから暴発しやすい。
そして3つ目は、火力。
先程も言った通り、折り返しができない以上これは出来てもせいぜい7連鎖くらいの
連鎖になると思いますが、常時ダブルというアドバンテージを持ってしてもこの連鎖は弱いです。
これなら普通に二桁の連鎖を組んだ方が効率もいいし強いと思います。例として、
普通の7連鎖が13800点。7連鎖レイニードルが26990点。普通の10連鎖が38540点です。
企画倒れだなコリャ。と思ったんですがどうしても『氷柱落とし』をイメージとした
レイニードルを諦めたくなく、さらに試行錯誤を重ねた結果、このような形になりました。




同時消しによる利点は、連鎖数が高ければ高いほど跳ね上がります。
つまり同時消しは連鎖の後ろの方。連鎖尾に入れると最大限に力を発揮できると
思ったのです。それで、GTRの連鎖尾として組み込むような形を作ってみました。
これならGTRの安定した伸ばし性能により連鎖は伸ばせますし、
先ほど供述した火力不足の点もかなり解消されると思います。
まあ色が多すぎることによる暴発の起きやすさは解消出来ませんでしたが。
それにこの連鎖法もまた問題があります。使ってて思った一番の問題は、
『この連鎖自体の難しさ』。とにかく組むのに異様な精神力を使います。
次に繋げるために、4つタテぷよの上に次の4つタテぷよへの発火点を入れるのですが、
ここがとにかく難しい。組んでいる途中で『(上に乗せるのは)黄色、黄色』
みたいに復唱しとかないと、とてもじゃないけど組めたもんじゃありません。
そしてやはり凄まじく暴発しやすい。企画倒れだなコリャ。
実はハンバーガー法の『企画倒れだなコリャ』が言いたかっただけです。すいません。
どうでもいいけど氷柱落としなら『レイニードル』じゃなくて『アイスニードル』でいいよね。
自分の名前入れたかったんだもん。しょうがないね。

コメント 2件

コメントはまだありません
めと  
No title

自分は「ミルフィーユEX(仮)」を練習しています!
ミルフィーユと座布団をリバーシブル連鎖で構えるのを
最近意識していますが・・・
まだ練習中なので対人戦では使っていません
ぷよぷよは奥が深いですね
続編はよ

2013/02/07 (Thu) 15:22 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

ミルフィーユEX…?
私は最近ホーリーカウンターを練習しています
なんとか実践でも使えるレベルになりました 決まるとカッコイイ!
続編はよ


では!

2013/02/08 (Fri) 20:10 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ