拍手をもらえるとすごい嬉しいんです

アミティ「あれだわあれ

アルル「あれじゃわからないよ。どうしたの?;」

アミティ「なーんか、最近同じことばっかり繰り返してない?

りんご「お前これだけ波瀾万丈な人生送っていて他にどんな刺激を期待してるんですか?;

アミティ「違うんだよ!;あたしはもっとフレッシュなトレンドを掴みに行きたいんだよ!;
      毎日毎日ぷよキューぷよキュー言ってるだけじゃダメだ!;

ラフィーナ「と言われましても…;じゃあ、何をするんですの?」

アミティ「うん。色々考えたけど、やっぱり『タイトル変更』とかいいんじゃないかな?

クルーク「……ってことは、『ぷよぷよアンサー★キュー!』以外の名前にするってことかい?;」

アルル「それは思い切ったね……;じゃあ、次はどんなタイトルにするの?」

アミティ「うーん、たとえば…『ぷよぷよアンサー★キュー!アドバンスジェネレーション』とか

アルル「未練タラタラじゃないか

アミティ「はいはい今日は『シーラビット』さんから!地雷原シーラビットさんですよ!

アルル「相変わらず失礼だな……;じゃあ、読むよー。

皆様、どうお過ごしでしょうか?さて、はたまた皆様にやって欲しいことを思いつきました。
クリスマスの料理といえば、七面鳥ですね。まぁそれはさておき、
皆様には人数問わず鳥料理を作っていただきたいのです。
鳥肉の種類はかまいません。そのあと、誰か2名が審査して、
勝った人には商品券1万円分を、負けた人には5日間半そでで過ごすというのはどうでしょう。


……クリスマス?;」

アミティ「あ、ごめん。これも例によって12月に来た奴

りんご「マジでどんだけ溜め込んでるんですか……(汗)

アミティ「いいじゃん、こうやってこなしてるんだし!それはともかく、
      鳥料理かー。なかなか面白そうだね!」

シェゾ「ああ。ただし、お前が参加しない場合に限るがな

ラフィーナ「今回は人数不問と書いてありますからアミティさんは不参加で

「「「異議なし」」」

アミティ「何当事者の意見無視してあたしが参加しないってことで落ち着いてるのさ

りんご「黙れ靴下。この日本では多数派が正義、少数派が悪と定められてるのです」

アミティ「∑理不尽だっ!;ていうか日本とか言うな!;ここはプリンプだよ!;

りんご「うるさいですねー、ならばこれで文句無いだろう!カモン!セバスチャン!!」パン

まぐろ「お呼びですか★ていうかセバスチャンになった覚えはないんだけど★」シュタッ

りんご「このあみだくじ検定一級を合格し、『あみだくじ!!』のレートランキングでも
常にトップを保ち続けているあみだのプロに参加者と審査員を決めてもらいましょう!


まぐろ「『あみだくじ!!』なんてゲーム知らないし持ってないんだけど★






まぐろ「というわけでこんなんなりました★」

参加者:アルル りんご ラフィーナ シェゾ
審査員:シグ アミティ
傍観者:クルーク


「「「よっしゃぁぁぁぁぁ!!」」」


クルーク「∑って傍観者って何だよ!?;ボク露骨にハブられてない!?;

シグ「しんさいんかー」

アミティ「∑くそっ、参加出来なかったッ!;だけど数ヶ月ぶりにシグと一緒だからいいか!」

アルル「ていうか、このメンツだとオチ要員が誰もいないんだけど……;

りんご「シェゾさんはこと料理においてはかなりの腕ですからね……;」

アルル「そうだね。料理『においては』ね。料理だけだね。シェゾの存在価値=料理だね

シェゾ「俺、褒められてんの?貶されてんの?

ラフィーナ「少なくとも悪意のこもった発言ですわね……;」




シグ「では始まりました!2月に行われるクリスマス企画、鳥料理退会!
     最も評価が高かった鳥料理は商品券一万円分、逆に最も評価の低かった人は
     5日間半そでで過ごすという地味に精神面でもキツい罰ゲームが課せられます!


アミティ「シグがマイク握りしめて熱況してるんだけどあたしどうすればいいの?;

シグ「いや、公式で壊れたからもう何やってもいいのかなって

アミティ「良くないよ!;確かにムシの歌はびっくりしたけどシグはのんびりキャラだよ!?;

りんご「まあ、前の特別漫才デモでも『あっぼんやりしてたすいませんwwwwww』
     とか言ってましたからね


シェゾ「あれはもう許してやれよ……;

アミティ「さて、今回は料理見習いのあたしとムシ狂シグが審査します!
      鶏肉の種類は問いません!制限時間は15分……3、2、1!ゴーシューッ!!




アルル「さーて、いっちょやりますか!」

コカトリス「まずいって!;これまずいって!!;コケコッコーー!」ジタバタ

シェゾ「こっちも食材の準備ができたぞ!」

ドラコ「∑あたし関係ないでしょ!?;あたしは鳥じゃなくてドラゴンだよー!」ジタバタ

りんご「こっちもバッチェ調達してきました!
     海原雄山でもベタ褒めするパーペキ料理を見せてやるぜ!」

イオル「これはダメな奴。これはダメな奴ですってりんごさん」ジタバタ

ラフィーナ「これでみんなの準備が整いましたわね。私も用意出来ましたわ」

ほほうどり「ほっほーう!;オレっちはマジで切られそうで怖いんスが!;」ジタバタ

アミティ「お前らちょっとそこに正座しろ

「「「ごめんなさいでした」」」



アミティ「さあ、何故か4人全員一発ネタをかましましたが仕切り直して再開!;
      皆さん今度はちゃんとした鶏肉を使っていますね」

シグ「いいですねー」

アミティ「あっ、アルルがカーバンクルをまな板に置きました。何をする気なんでしょう?」

シグ「いいですねー」

アミティ「おっと、カーバンクルが切り刻まれていく!これはショッキングなシーンです!

シグ「いいですねー

アミティ「あっ、でもすぐに再生しました。流石カーバンクル。この肉も料理に使うのでしょうか」

シグ「いいですねー

アミティ「さっきからシグ『いいですねー』しか言ってなくない?;
     どこぞのコンテスト審査員じゃないんだからもうちょっと真面目に解説してよ!;


シグ「審査員の仕事は料理の味を見定めることで実況じゃないよ

アミティ「どうしよう、マジレスされた


~~~~~




アミティ「はいはい調理過程はいつもどおりカット!;
      変に見せようとしたのが間違いだったんだ!;」

アルル「はいどうぞ。ローストチキン」

アミティ「あ、どうも。もぐもぐ、美味しいね」

シェゾ「こっちもどうぞ。簡単な炒めものだ」

シグ「うまうま」

ラフィーナ「これもどうかしら。焼き鳥なんだけど」

アミティ「おーいしいー↑!」

りんご「こっちはチキンソテーですよー」

シグ「やったぜ。」





アミティ「……て」

アミティ「∑全員うまいから判断つかないじゃん!;

アルル「∑えぇっ!?;そんなこと言われても判断つけないと!

アミティ「できないよ!;あたしにはできないよ!
      仮に出来たとしても全員うまいからだいぶエグいことになるよ!
;」

シグ「そうだよ」

ラフィーナ「……となると、残された手はひとつですわね」クルッ

シェゾ「ああ」クルッ


クルーク「え?」



アミティ「参加していたら間違いなく最下位になっていたと思われるクルークを処刑しよう

「「「異議なし」」」



「∑おいコラァアアアアアアア!!;;;」








終われ

逃れられぬカルマ。

コメント 3件

コメントはまだありません
きら【3DSがフリーズしまくってイラつくw】  
No title

ク、クルークが理不尽すぎる・・・www

アミティ「参加していたら間違いなく最下位になっていたと思われるクルークを処刑しよう」

・・・参加していたら間違いなく最下位になってたと思われるのはアミt((

最近ぷよキューの更新が多くて嬉しいです!面白いです!

あとイオルとルナにハマってしまったw二人共可愛いです(*′ლ‵*)

これからも面白い小説や素敵なイラスト待ってます!

2013/02/13 (Wed) 16:51 | 編集 | 返信 |   
茶雲  
No title

なんとなく「鳥料理」と聞いた時点で
イオ君がなんか危ない感じで登場しそうなのは予測がついたけど
まさかドラコまで引っ張り出されるとは思わなかった。
いくらネタと言えども翼を持ってて空飛べたら全部鳥と同格ですか!ええ!?

カーバンクルは切られても復活するんですね。
つまりルベルフラクはあれか、ソウル○ェムですか。

実は上のきらさん同様、僕もイオルやルナ、というか
レイさんのオリキャラにハマり始めました。
なんかオリキャラっていいですよね(話脱線

2013/02/13 (Wed) 17:26 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>きらさん

世の中っていうのは理不尽なものなんですよ(
確かに参加していたらアミティが最下位でしょうね。本人は気づかなかったみたいですが。
応援ありがとうございます、これからもどんどん頑張っていきますよ!

>茶雲さん

ほら、ドラコってどことなく鳥っぽいじゃないですか(
カーバンクルは溶けたりもしますからね。物理法則とかは休日なんでしょう。
確かにオリキャラを考えている時は楽しいですね。


では!

2013/02/13 (Wed) 17:45 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ