カウンターメモ

長い。
ホーリーカウンターについて。
私は一週間ほど前、ホーリーカウンター使いに4連続であたり4連敗しました。
しかもその人は、連勝数が半端無くほぼホーリーカウンターだけで
のし上がってきたようです。それに魅力を感じて、前々からやってみたかったこともあり
本格的にカウンターを勉強しはじめました。





カウンターといえば皆さん、大方こんな形を想像するのではないでしょうか。
私もだいたいおなじでした。面倒くさがりの私は、カウンターを1から勉強何て
面倒だと思い、こういう形を覚えようとしました。



しかし後々になって気づけば、これはありえませんね。
何故だかわかりますか?理由は色々あるんですが、一番の問題は『3列目の高さ』。
カウンターはおじゃまぷよを受けてから反撃に出る戦法です。
窒息地点にぷよを起きすぎてはいけないのです。GTRに組み込んでしまうと、
最初に3列も埋まってしまいます。連鎖尾でも組み込もうものならもっとひどい。
というわけでこれは却下。あえなく最初の形を勉強しはじめたのですが、
これが鬼のように組みにくい。何時間か練習し、なんとか組めるようになったものの
ツモに左右されすぎてまともに動けない、火力もないで散々でした。
そもそもカウンターは発火色が来なければ終わりですからね。
しかしそれでも私は諦められませんでした。あの時当たった人が恐ろしく強く、
それに魅力を抱いてやまなかったのです。
というわけでこれ以外の定形をいくつか覚えることにしました。
まあ殆ど某サイトの受け売りなんですが。



一つ目はこんな形。土台が最初のパターンよりも組みやすいのが利点です。
しかし上に伸ばすのはなかなかツモ運が必要となり、勝率は低めでした。



次がこんな形。土台が平たく、連鎖尾を入れやすいのが特徴です。
伸ばしや組みやすさについては2つ目とどっこいどっこい。

とにかく、パターン1以外の最初のL字部分が恐ろしく難しいんです。
パターン1ならば、



こんな形からぐんぐん伸ばしてしまえるんですが、



こんな形から上に伸ばすとなると、ゾロ目やその上に
必要な赤などを乗せるのが非常に難しく、土台を組み終わる前に発火されて
\(^o^)/となることがありました。しかし、ホーリーカウンターというのはそもそも
高さゆえなのかどうかは知りませんが組み終わるスピードが結構速く、
ツモがそこそこなら余裕で組み終われます。それよりも問題なのが、
ホーリーカウンターの火力の無さ。上伸ばしは限界点が決まっているので、
連鎖尾を入れまくらなければならないのですがなかなか難しい。


連鎖尾1



みんな大好き階段です。
組みやすく安定しています。ただ火力は低め。

連鎖尾2



典型的な雪崩ですが、催促が組みにくいので形悪し。

連鎖尾3



座布団にもつれ込む感じです。
簡単に伸ばせて、催促や潰しも組みやすいのでかなりGOOD。
ただし、座布団連鎖尾が入れられるのはパターン3のみです。




というわけで、総合的に考えて一番いいと思われるパターン3を
主軸としてカウンターをやっていくつもりだったのですが、
やはりどれだけやっても最初のL字部分が完成させられない。
色々悩んで何時間かやりまくって、そこで見つけた偶然の産物。
それは、




こんな感じの形でした。
そうです。組みにくいなら底上げしてしまえばいいのです。
これでパターン1と同じ形で上に伸ばせるので、めちゃくちゃ組みやすい。
そして連鎖尾も入れやすい。至れり尽くせりですね。
そんな感じのノートでした。講座ではないです。メモです。

コメント 2件

コメントはまだありません
めと  
No title

いいね!
ガチ勢ですか?
カウンターは1列目を捨てるのも作戦かと思ってますが
連鎖数が減るのは致命的ですよね
自分はカウンターは全消し戦か
ツモがとてもいい時しか使いません

2013/02/13 (Wed) 11:26 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>めとさん

ガチ勢目指してます!
最近カウンターを使いまくっているのですが、割と刺さります
というよりカウンターのメインは催促や潰しのタイミングかも


では!

2013/02/13 (Wed) 11:31 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ