君は今もあの頃みたいにいるのだろうか

アミティ「考えたんだよ」

アルル「あれ、デジャヴ?」

アミティ「ふつおたがないなら、『被り投稿』を墓地に送り続ければいいということに!」

りんご「いよいよ卑劣の極地みたいな場所まで到達しましたねあなたも」

アミティ「いや~、実際300回もやってるのに100枚も来てたら投稿内容死ぬほど被ってるはずなんだよね。
     今回はそれをデストロイデストロイデストロイ!していきたいと思います!」

シェゾ「『デストロイする代わりに次のその投稿者の投稿を優先する』ってルールだったが、どうするんだ?」

アミティ「『次』なんてないんだよ。ここには誰も居ないんだから。ぷよキューBOXはもうないんだから」

シグ「ぷよキューBOXがない状態で墓地におくるならルールがなりたってなくない?」

アミティ「???」

アルル「まぁそうだよね。発動条件と効果はセットなのに、効果だけ拝借してるようなもんだから」

アミティ「???」

アルル「おい、バカのふりをするな」

りんご「いや、バカなんですけどね。純然たる」

アミティ「うるせ~~~~~~!知らね~~~~~~!ファイナルファンタジー!『メタモル☆プリズム』さんから!


皆でお泊まり会とかどうですか?
いつもの6人メンバーは必ず呼んで、
それ以外の人もOKです!では、
4609♪

……というわけで前回のむーにゃんさんの投稿に綺麗に被ってるので墓地行きッ!!」バァン

アルル「こいつ認めない気だ!;」

りんご「まぁ、流石にお泊まり会は小話も含めれば二度三度じゃなくて死ぬほどやってますし、もういいんじゃないでしょうか」

アミティ「よーし!この調子でどんどん墓地に落としていくよ!次だレイくん!」

レイ「ないよ」

アミティ「ゑ?」

レイ「………『完全に内容が被る』投稿はこれでおしまい」

アミティ「は?」

レイ「………『肝試し』とか『寒い所に放り込む』とか『黒歴史暴露』とか、イベントだけなら被る奴が結構あるけど、
   出演キャラクターやシチュエーションを具体的に指定されていたりみんな上手いこと差別化してきてる」

アルル「へ~、みんな意外と考えててくれたんだね。ありがたいことだよ」

アミティ「1ミリもありがたくないよ??あたしこの墓地芸で言っても10枚くらいはロストするつもりだったんだけど?」

りんご「浅はかでしたね」

シェゾ「コイツのハガキ処理戦術、全部ハズレてんな」

シグ「かとうひふみみたい」

レイ「……強いて言うなら、これかな。『フラウディ』さんの投稿。


はいはいはいはい!どーもどーもどーも!フラウディでございます!
えー、最近我らがクルークの楽しそうな顔を見ないので、クルークにプレゼント!今回、クルークは何をしても、許されます!クルーク以外の人達はけっして仕返ししないでください!
あ、あやクルとアコール先生は、別室でポケモンやイナイレのゲームで遊んだり、お菓子をつまんで待っていてください!
あ、あとアミティは最後にアコール先生のストレス発散に付き合ってあげてください!」


アルル「あ~~、そういえばあったねぇ。クルーク無双回。趣旨は若干違うけど」

りんご「まぁ、やることは殆ど同じなんで被ってるっちゃ被ってるんですかね」

アミティ「や、やった!じゃあこれも墓地行きね!徳川くんやっとまともにうまくいったぞ!」

シェゾ「ん~、でもどうなんだ?これで被り扱いってのはちょっと厳しい気もするな」

レイ「……(プレート:ここは間を取って、アミティがアコール先生のストレス発散に付き合うことにしよう)」


「「「意義なし」」」


アミティ「は?」

アコール「ストレス発散させてもらえると聞いて飛んできました」シュタッ

アミティ「は?」

アルル「ご当地三点倒立!」

アミティ「は?」

りんご「ご当地逆上がり!」

アミティ「は?」

ラフィーナ・シグ・クルーク・シェゾ・アルル「ご当地組体操!!」

アミティ「は?」

アコール「ご当地ピッチャー第一球を投げました!!」ブンッ

ポポイ「は?(ブン投げられる)」

アミティ「ご当地空振り三振ッ!!」カイヒッ

アコール「は?」

アコール「ご当地人生初戦敗退」

アミティ「は




                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....





終われ