むだな抵抗やめた

アミティ「ぷよキューRTA、はーじまーるよー!

アルル「アミティがおかしい

りんご「いつものことじゃないですか」

アミティ「お便り読み上げが終わった時点でタイマースタート、『終われ』でタイマーストップとします!」

アルル「前から思ってたんだけど、アミティはニコニコ動画以外見るものがないの?

りんご「まぁ夏休みですからね。時間が湯水のように溢れて困ってるんでしょうとりんごは推測します」

アミティ「時間が有り余ってるときにやることといえばRTAしかないでしょ!」

富澤「間違いないね

アルル「確かに暇な時しかできなさそうなeスポーツだけど、『SS執筆』でRTAやろうとする人間初めてみたよ」

りんご「もっと建設的な時間の使い方あるでしょう!プライムビデオでデビルマンを見るとか!

クルーク「それはある意味アミティの案よりひどいよ!;暇なら読書すればいいじゃないか!絶対的に建設的な行為だよ!」

アミティ「そんなRADWIMPSの会心の一撃みたいなノリで言われてもあたしはやると決めたらやるんだよ!」

シェゾ「誰だ今の

アミティ「というわけでぷよキューRTAをしたいんだけど、これってタイマーつけて動画撮ったらSpeedrunに載せられるかな?

シェゾ「乗るわけねーだろ

りんご「仮に載ったとしてどうするんですか」

アミティ「世界一位の称号をほしいままにできる!

アルル「誰も走者がいないRTAで世界一位を取るのってただの『空き巣』だよね

りんご「アミティの称号
ゴミティ
靴下
アミテー
思春期のやべーやつ
空き巣←New!

アミティ「それは称号じゃなくて単なる悪口だと思う



アミティ「というわけで、ぷよキューRTAはどういうチャートを組めば早いかみんなで考えようよ!」

りんご「なんだその匿名ラジオばりの『ない話』は!;第一投稿内容によってスピード変わるんですからレギュレーションの組みようがないじゃないっすか!;」

アミティ「まぁ、そこは運要素ってことで。処理の仕方は自由だし、そこまでタイムに差は出ないよ!多分!」

アルル「じゃあ手紙を最速で読み上げた後ハガキを破り捨ててシーユーネクストタイムを詠唱したらいいんじゃないの?

アミティ「そんなことしたらあたしとクルークの首が飛んじゃうよ

クルーク「Σ待て!なんでボクの首まで勝手に飛ぶの!?;どういうロジックだよ!;

アミティ「ほら、クルークとあたしってこう……運命の赤い糸で結ばれてる所あるから」

クルーク「その説明で納得できる人類がいると思ってるのかい?

アミティ「だってクルークって人類じゃないじゃん

アルル「クレセリアの進化系なんじゃない?

りんご「超硬度ナノチューブであるという見解が強まっていますね。クルーク評議会の間では

クルーク「Σ何その限りなく分野が狭い評議会!?;ていうかもはや人間扱いすらされてないの!?(泣)」

アミティ「まぁこのマダオのことはどうでもいいんだけど、とりあえずあたしが考えてきたチャート見てくれない?」


ぷよキューRTA 100%(投稿破棄なし、事前厳選なしレギュレーション)


メンバーは合計6人がオススメ。選出は使い勝手のいい3A、オチ役のクルークまでは必須。
残りのオススメメンバー

・シェゾ
ポストクルーク&ツッコミやバトルもいける。知識も地味に豊富。
・まぐろ
公式チート。「★」のおかげで感嘆符の出番が少なくキャラが大きく崩れにくい。りんごと組むと駄弁りやすいので注意
・サタン
通称『サタえもん』。ぷよキューの30%以上はサタンに会いに行くというイベントを踏んでいるため、初期からメンバーに入れておけば話が早い。
・ラグ(くろいシグ)
公式でキャラがちゃんと定まっていないため、基本キャラ崩壊という概念がなくやりたい放題できる。あと強い。
・エコロ
場がメチャクチャになりやすいが、クルークとは違う強引なオチのかっさらいが出来るので入れておいて損はない。


基本的にツッコミ過多でボケ不足になりやすいのでボケを多目に入れておくと安心。


進行
事前厳選なしなので内容は神に祈る。一番ラッキーなのは質問に解答するだけなど、スタジオから動く必要のないもの。
最も厄介なのはメンバーが多人数指定されており、全員分の分割されたイベントシーンが必要なタイプ。
無茶振り系なら「いかにクルークに落とさせるか」から逆算して考えると早い。



アミティ「さぁ、これでキミもぷよキューRTAにチャレンジしてみよう!」クルッ

りんご「どれだけ暇でもやらないと思いますよ。まだくまさんのホームランダービーRTAの方がマシです」

アルル「https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html

りんご「ハランデイイ!;その地獄のリンクはお正月まで取っといてください!」

アミティ「というわけで早速やっていこう!今日は『アスカ』さんから!久しぶりだね!」

シグ「あっしゅっしゅー?」

りんご「アスカさん違いですよ!;えーと、

レムレスとルルーとドラコとエコロとルナを
全員まとめて極寒大地に送り込んだらどうなりますか?


……とのこと!シンプル・イズ・ザ・ベストですね!」

アミティ「結果:すごいことになる!!!!!!!!!!

アルル「シーユー★ネクストタイ……ってできるか!;そんな小学生のワザップみたいな終わり方じゃ誰も納得しないよ!;」

アミティ「くっ、ここは究極攻略データベースだったか……!;」

アルル「サイト名の問題でもないよ!;」

りんご「レムレスとルルーとドラコとエコロとルナって、どういう選出基準なんでしょうね。おべんとうばこのうたの具材くらい渋めのメンツですが」

シェゾ「フィバ組1人、魔導組2人、7組1人、オリキャラ1人って感じでだいたいまんべんなく選出したんじゃないか?」

アルル「にしても、ドラコって。もうみんな名前すら忘れてるよ

がう!?;ひどくない!?あたしだって好きで空気になってるわけじゃないのに!』

アルル「!?;こ、こいつ直接脳内に……!?

『へへん、ドラコケンタウロス族は脳内干渉のスキルをデフォルトで覚えてるんだよ!』

りんご「そういえばそんな設定もありましたね。奇しくもあの時もさむいさむいマウンテン系の回でしたね」

アミティ「じゃあ、時間もないし早速サタンを呼び出そうか。アルル!早く呼び出しの咆哮を!」

アルル「え?;ボクぅ?」

りんご「なぁオージェさん?

シェゾ「ミノリス帰れ

アルル「まったく、しょうがないなぁ……ていうかRTAするつもりだったなら初めから呼んどけばいいのに。すぅ……


サタンーーーーーーー!!



バサバサバサ……



サタン「アルルーーーー!どうしたいきなり呼び出して!私が恋しくなったか?英語でいうとアイミスユー状態になったか!?ん?良かろうアルル、今夜は私の人肌で

アルル「じゅげ……

サタン「Σ待て!;呼び出して早々出戻りはガバムーブってレベルじゃないから待て!;

アルル「早速だけど、この比較的マイナーな5人組をシベリア送りにしてくれない?

シェゾ「改めて見るとメチャクチャな話だな」

りんご「『全員まとめて極寒大地に送り込んだらどうなりますか?』って、そりゃ凍死以外ないでしょうね

アルル「コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実なことだよね」

アミティ「いや、わかんないよ。もしかするとそのためのドラコだったのかも!ほら、あのコ火吹けるし」

りんご「でもあいつドラゴンタイプじゃないですか。氷の前には敵いませんよ!」

シェゾ「お前ら なんの話してんの?

サタン「なんか話の流れがよく見えんのだが、指定された奴らを極寒地にぶっ飛ばせばいいんだな?」

アルル「そうだよ……って、ん?;サタンってこの場にいない人もぶっ飛ばせたっけ?」

サタン「ああ、この間の大型アップデートでテレポート能力が強化されてな。半径96094274km以内の物体を移動させられるようになった」

シェゾ「魔王の力にアップデートとかあるのかよ

クルーク「ていうか、何その悪意に満ち溢れた数列

サタン「それがシュタインズゲートの選択ってやつだ

りんご「だから私はクリスティーナでも助手でもない!;……ってあれ?口が勝手に……」

アミティ「一秒ごとにぃぃぃぃ~!」

アルル「しかし、ということはお風呂に入っている最中に突然シベリアに飛ばされる人が出てくる可能性もあるわけだよね……地獄だな(汗)」

アミティ「ルナあたりがその役回りを引いてくれたらネタ的にも今後の人生的にも大変嬉しいんだけどね

クルーク「かつてここまで銘々から恨まれたオリキャラがいただろうか

サタン「それでは、レッツゴー極寒の地!『なんか遠くにいるやつぶっ飛ばすビーム』!」


(((命名ださっ!;)))





ヒュウウウウウウゥゥゥ……



レムレス「う~ん……むにゃむにゃ……!?」

レムレス「さ、寒ッ!;なになに!?寒い!異様に寒い!日常でネットスラングを乱用する高校生より寒い!」ガバッ

ルルー「あら、目覚めたのね。おはよう47」

レムレス「誰が47だ!;ボクはハゲてないよ!こ、ここはどこ!?キミは誰!?」

ドラコ「你是誰阿!」

エコロ「大好きな ワン・リーホンに~♪」

レムレス「いーあるふぁんく●ぶを歌い出したわけでもないよ!;っていうか人多!?」

ルルー「もうお昼だっていうのにお寝坊さんねぇ。もしかして夜勤の方かしら?
     私は格闘女王ルルー、ここが何処かはわからないわ、私たちみんな急に飛ばされたのよ」

エコロ「そうなんだー!コリアンダー!パクチーぱくぱく!」

ドラコ「にしてもルルー、よくその格好で寒くないね?;事前に着込んできたあたしでも寒いのに…ぶるぶる」

ルルー「身体の鍛え方が違うのよ。ていうかなんでアンタはそんな厚着なわけ!?;一枚くらいよこしなさいよ!」

ドラコ「いやー、テレパシーでだいたい話の内容が聞こえてきたから……ってがうー!?;服を引っ張らないでよ!」

エコロ「ちなみにボクは寒さを感じないからモーマンタイ!」ポヨーン

レムレス「そ、そうなんだ……;みんな災難だったね。ところで、あそこにある氷像はなんなの?」

ルルー「ああ、あれ?私たちが飛ばされた時には生きてたんだけど……

レムレス「えっ

ドラコ「なぜか知らないけど真っ裸でさ、一瞬で凍っちゃったんだよ。えーと、名前は確かルナとか言ってたっけ

レムレス「Σルナーーー!!;」ガタッ

ルナ「」

エコロ「へんじがない、ただのしかばねのようだー♪

レムレス「Σいや勝手に屍にしないでよ!;な、なんとかしないとルナが死んじゃう!」

ドラコ「あたしのファイヤーブレスでも溶けなかったんだ。気の毒だけど、諦めるしかないよ」

レムレス「諦められないよ!る、ルナ!今助けるからね!」

ルナ「」

レムレス「炎魔法は苦手だけど……ファイヤー!」



ボッ



ルナ「」

ドラコ「やっぱり全然溶けてないよ」

エコロ「焼け石に水ってこういうことを言うんだろうね

レムレス「ちょ、どうすればいいこれ!?わ、わかった!氷の壁を作るんだ!

ドラコ「え?;」

レムレス「ルナが死んじゃう!どうしよう!どうしよう!オムツが死ぬってこれぇ!!

ルルー「どうやら錯乱のあまりミノルさんモードになってしまったようね。気の毒だけど、レムレスは置いていきましょう」

ドラコ「Σミノルさんモードって何!?;そして早くも落伍者2名なんだけど大丈夫かなこれ!?

エコロ「八甲田雪中行軍遭難事件っていう事件があってね……」

ルルー「演技でもないこと言うんじゃないわよ!;早く出口を探すわよ!」

レムレス「ま、待って!ルナとボクを見捨てないで!;きっとなにか方法があるはずだよ!」

ルルー「レムレス。極寒地では時には非情な決断をすることも大事よ。このままじゃみんな凍死しちゃうわ」

エコロ「心配しなくても、ユウちゃんみたいな例もあるしそのうち第三の幽霊キャラ『ルナちゃん』として帰ってくるよ!

レムレス「まったく安心できないよ!;人命救助は魔導師の再優先事項じゃないの!?キミたちだって魔導師でしょ!」

ルルー「しょうがないわね……最終手段よ。あんた治癒魔法は使える?」

レムレス「え?うん、それなりには……でもそれが?」

ルルー「こうするのよ。はぁぁぁぁあ………破岩掌ッ!!」


ガキィィィィン(ルナの入っている氷がルナごと割れる音)


ルナ「」

レムレス「Σルナ!?;ひ、ヒーリング!!」

ドラコ「Σいや四肢爆散してるんだけど!?;ヒーリングで間に合うのかな!?

エコロ「3秒ルール、3秒ルール~♪」

ドラコ「Σ3秒ルールってこういうときに使わないでしょ!(汗)

ルナ「だが復活した!」ドーン

ルルー「自分でやっといてなんだけど、こいつは不死身なのかしら?

ルナ「あれ?ここはどこ?ってレムレス!?;なんでここに!?み、見ないで!///ていうか寒っ!?痛っ!?冷たっ!」ジタバタ

ドラコ「あぁ、いきなり目覚めたから『あらゆる苦痛を一手に引き受けてしまった人』みたいになってる!;」

エコロ「時間停止モノで解除したときってこんな感じだよね~

レムレス「どういう意味かな?」ガチャ

エコロ「あっははー!あめだまなめたろうさん、なんでマジモンの銃なんか持ってるの?;

ルナ「ちょっ、誰か助けて!;寒いし恥ずかしいし全身が痛いし!」

ドラコ「だ、大丈夫?;ほら、あたしのジャケット一枚あげるよ」スッ

ルナ「あっ、優しい!ありがとう、名前知らないけど

ドラコ「やっぱやめた

ルナ「あああぁあぁぁっ!;ごめんなさい!おべべをお恵みくださいぃぃ!(泣)」ジタバタ

エコロ「きっと、そうか。では、己がきさまの身体を乗っ取ろうと恨むまいな!己もそうしなければ、饑死をする体なのだ

ルナ「羅生門じゃんそれ!;ていうかキミは別に乗っ取らなくても飢えはしないでしょ!」ジタバタ

エコロ「そんなことないよ!もう男の欲が飢えて飢えてたまらないんだから!」

ルルー「今まであえてスルーしてたけど、なんなの?この黒々とした性犯罪者は」

ルナ「その定義だとこの場には二人いるかなぁ

レムレス「言うようになったじゃないか

エコロ「ところで、ルナちゃんはなんで真っ裸なの?犯していい?

ルナ「いや、お風呂に入ってたら突然このさむいさむいマウンテンに瞬間移動させられて……;おい今なんつったクソ霊物

レムレス「大丈夫だよルナ。ボク、ルナの替えの服持ってるから

ルナ「Σそれはそれでどういうことなの!?;ありがたいけど!ちょ、ちょっと後ろ向いててね!」

エコロ「だが断る!

ルナ「おい、誰かこのヘンタイをつまみ出せ





結局レムレスのテレポートでみんな脱出しましたとさ


終われ

記録:1:58:32 かかりすぎ


おまけ




アルル「結局なんでルルーはあんな薄着で平気だったの?」

ルルー「言ったでしょ、身体の鍛え方が違うって。私はすでに咸卦法をマスターしているのよ」

アルル「Σ強すぎでしょ!;」




本当に終われ