ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「皆さん、こんにちはー!ぷよ☆キュウの時間だよ!」

アルル「そうとう危うい所まで持ってきたね

りんご「あれですよ、こう落ちる寸前で遊んでみたりするでしょ皆

アミティ「あー、よくわかんないけどあるある」

ラフィーナ「というか…最近ペース早くないですこと?;」

シェゾ「……ペースの速さは暇人度を表しザシュッ

まぐろ「あれ、今『ザシュッ』て言わなかった?★

クルーク「日本刀か、軽く済んだ方だね

まぐろ「もうついていけないよ★」

シグ「そんなことはきにしたらまけの

アミティ「ストップ、キミがそれ言うと色々シャレにならないからストップ

アルル「アミティー、そろそろいつものよろしく」

アミティ「はいはーい!」
アミティ「えーと、今日は『らたェ』さんからの投稿です!」

アルル「らたェ……

りんご「どうやって発音するんですか?えーと、ら、ら、らてぇ…違うな、らたぁぇ…うーん

ラフィーナ「そういうのを無駄な時間って言うんですわよ…ら、らたえ…らて…らっっぇ……

アミティ「あー、なんかやりたくなってくるよねそういうの

アルル「ならないならない

アミティ「えーと、

くじ引きで当たった人と、1日デートしてください!
異性でも同性でもいいですので!

………で、でででででっでデスゾーン3!?


アミティ「∑いったい何の話をしているんだ!;

りんご「なかなか面白そうです!得に『異性でも同性でも』って所にセンスを感じます!

シェゾ「頼むから男となるのだけは勘弁してくれ

まぐろ「すべてはくじ次第★」

アミティ「じゃ、くじを作るよー……ってあれ?;これ…全員がってこと?

アルル「え?」

アミティ「これ、ペアになった全員がってことなのかな?それとも1組だけ?

りんご「…うーん、一組だけの方がいいんじゃないですか?ポンポンデートしてもあれですし」

アミティ「本音は?

りんご「一組だけの方がストーキングに本気を出せていいショットが取れそうDEATH

アミティ「うん、あたしでもわかりやすい本音だね畜生

アルル「それじゃ、運命のくじを引こうか……」





アミティ「…今、この中に人数分の紙が入っている。印が2つはいってる、あとはわかるね?」

アルル「こいつぁ面白くなってきたぜ!

りんご「いやそこ煽るトコじゃないですよ!?(汗)

クルーク「な、なんかドキドキするね……」

アミティ「あ?

クルーク「えっ?(汗)

アルル「『ドキドキするね』とか言っちゃう男の子って…」ハァ

りんご「しかも、まさか自分が当たると思ってるんでしょうか。オチ要因しかないでしょう常考」フゥ

アミティ「いるんだよねー、ちょっと優しくすると浮かれちゃう人」ペッ

シェゾ「皆にとってお前とは遊びの関係にすぎないんだよ」ヤレヤレ

クルーク「いやいや、それ以上の関係いかれるとボクとしても困るよ!?;

アミティ「まあ、くじを引くだけだよ?それくらい発情期のサルでもできるって

クルーク「∑なんで発情期限定なの!?;普通のサルじゃダメなの!?

アミティ「じゃあ、普通のサルで……いや、やっぱり発情期のサルで

クルーク「その異常な発情期へのこだわりと粘りはなんなんだよ!;

りんご「じゃ、ここは間を取って発情期のクルークでどうでしょう?


「「「それだっ!!!」」」


クルーク「オウマイガッデムッ!!;


アミティ「じゃ、そろそろグダるだけなんでいっくよー!」

アルル「今サラっと放送事故レベルのことをぶっちゃけたよ

りんご「先ずは私からいくぜ相棒!……ハズレッ!しかし我人生に一片の悔いなし!

ラフィーナ「りんごさんはどちらかと言うと見て楽しむ側ですからね…;

アルル「次はボクだねっと……ハズレかー、まあ特にデートしたい人なんていないし万々歳だ」

アミティ「よく言うよ

りんご「もうね、このツンデレ具合が昂ぶりますよね

アルル「高ぶらないよ、プラマイ0むしろマーイだよ

ラフィーナ「な、懐かしっ!;懐かしすぎますわそれ!(汗)

アミティ「もう●ンタの神様も終わっちゃったしねー…

シグ「もんた?」

アミティ「おい」

シェゾ「次はオレだな……オレも外れか、なかなか来ないな

アルル「これはちょっと予想できなくなってきたねー、今のところダブルA敗退だよ

アミティ「えっと、あと残ってるのはラフィーナとシグとまぐろくんとあたしかな?」

クルーク「たまにはボクのことも思い出してやってください

まぐろ「次はボクかな……よっと、ハズレー★残念賞★

りんご「ティッシュをどうぞ!

まぐろ「ありがとう、りんごちゃん★」

アミティ「うーん、相変わらずこの二人のテンションには追いつけそうにないや…(汗)

アルル「どうでもいいけど、『まぐりん』っていうとなんかまぐろのあだ名みたいだよね

アミティ「あー、わからないでもない」

シグ「えーい……あ、あたり

ラフィーナ「はい、読めましたわー

りんご「なるほど、定番ですね!だがそれがいいっ!エレキブル、バトルスタンバイッ!!

アミティ「りんごはそろそろ落ち着きなよ!;あたしが引くね、えーっと………」

ラフィーナ「シグ、レディには優しくするんですわよ?」

シグ「??レディアントマイソロジー?

ラフィーナ「…今度は誰の入れ知恵ですの?

シグ「まぐろ

ラフィーナ「…………(キッ)」

まぐろ「な、何?;★




アミティ「あ…ハズレだ……」


「「「∑ええええええええ!?(汗)」」」



アルル「盛り上がってまいりました

りんご「BGMはペアぷよライフ1でお届けします

アミティ「えーと、残りは……ラフィーナと……クルーク…!?;」

ラフィーナ「な、なんだかもうなんだか…!;

クルーク「いったい何が始まるんです!?;

アルル「さあ、先ずはラフィーナ……そのディスティニークージを引くんだ

ラフィーナ「あ、『くじ』の英語はわからなかったんですわね……;



ラフィーナ「………は、ハズレですわ





         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i




アミティ「さらに盛り上がってまいりました

りんご「BGMはエクストラストーリーの8回戦目でお届けします

クルーク「と、いうことは……;ああ、あたりだ…;」

りんご「シグクル……だとっ…!ハイレベルすぎてさすがの私も完全に意表をドリルくちばしです

アミティ「ま、まあなんにせよ、が、頑張ってね!」

シグ「………(´・Д・`)

クルーク「おいなんだその露骨に嫌そうな顔は!;くじで決まったんだから仕方ないだろ!

りんご「じゃ、適当に一日デートを楽しんでください!私たちはそこらの木影からストります!

クルーク「∑いやストりますってなんだよ!?;何ぷよりますみたいに略してるんだよ!


「「「さらばだっ!!」」」



クルーク「待って!;お願いだから待って!;シグととか絶対無理だから変わって!

シグ「うまく にげられた」

クルーク「それキミが言っていいセリフじゃないだろ!?;






アミティ「ああ、もしもし!?うんうん、番狂わせ番狂わせ大番狂わせ!シグとメガネ!

アルル「前も誰かと話してたけど、誰と話してるんだろうね

りんご「さあ?アミティしかしらない遠い友達じゃないですか?」

ラフィーナ「そういえば、ルナさんもアミティさんの紹介で友達になりましたわね」

アルル「もしかして、アミティって意外と友達作るの上手なのかな

アミティ「え!?;農家の返事はNOかって!?;何それオヤジギャグ!?
     あんまり面白くないけど!
」ケラケラ

アルル「……アミティの友達って個性的だよね

ラフィーナ「今のは私への挑戦状と判断しましたわ

アルル「滅相もございません」

りんご「さーて、ストーキングは長旅DEATH!みんな簡単なお菓子を買っていってください!

ラフィーナ「じゃあ私はナイススティックで

りんご「おーっと、いきなりお嬢様と思えない発言が飛び出した!;

アルル「そういえば、ラフィーナの家ってお金持ちなんだよね?豪邸でしょ?」

シェゾ「そういえば、金持ちの割には服装に金目のものが少ないな」

りんご「前から思ってたんですが…アレですか?金持ちでも根は庶民的タイプですか?

ラフィーナ「そ、そんなことないですわっ!;宝石大好きですし!

アルル「じゃ、ボクは魚肉ソーセージでいいや

シェゾ「オレはサラミで

りんご「ここまでおやつなし

アミティ「うん、うん!連帯保証人の件ならオーケーオーケーばっちぐー!まったねー!」ガチャッ

アルル「やぁアルル、誰と話してたの?」

アミティ「ん?イオルくんだよ!」

りんご「…イオル、イオル……ちょ、ちょっと待ってくださいよ、今思い出しますから…

シェゾ「すげえ、りんごでも反応できないレベルだ

アルル「誰?カツマ●くん並に誰?

アミティ「ほら、前猫になっちゃった時にルナの代わりに入れようとか言ってた……」

アルル「……ああ、あの人実在してたんだ…;てっきりその場のノリの空想人物かと

アミティ「まあ、そいつのことはいいとして、早速ストーキングに向かうよ!」

りんご「はい!私はメロンパン買っときます!」

アミティ「そうだなー、あたしは光麺冷やし坦々つけ麺でいいや

りんご「おい待てコラ」ガシッ

アミティ「ちょっ、何何!?;いきなり首捕まれて宙吊りぐぇぅ!;ぎ、ギブギブ!

りんご「いいですか!?;想像して見るがいいですよ
男のデートをストーキングしながら麺をすする少女の姿を!


アミティ「わ、わかったよ…じゃあハーゲンダッツで我慢する

りんご「何をどう我慢したと言うんだ…;フリーダムすぎますよ…





シグ「で、クソメガネ

クルーク「∑いきなり罵倒された!

シグ「あ、ごめん、メガネのこと考えてたらつい

クルーク「そんなデートにありがちなセリフを言っても文脈的に暴言にしかならないよ!;

シグ「ナーエの森いきたいけどいこう」

クルーク「待った、今言葉のステップがひとつ抜けてた気がするよ

シグ「あ?」

クルーク「ごめんなさい



アミティ「ハーゲンダッツウマー」パクパク

アルル「うーん、予想通りというかなんというか一方的だね

りんご「どうやらナーエの森に移動するみたいですね!急ぎましょう!」

ラフィーナ「そうですわね、クルークもシグも無駄に足早いんですもの

アミティ「ラフィーナ、世の中に無駄なことなんて無いんだよ

ラフィーナ「くぅ……!まさかよりによってアミティさんに
      世の中について諭される日が来ようとは…!(汗)


アルル「さあ、キリキリ移動!」





クルーク「も、森に来たけど…相変わらずムシだらけで気味の悪い場所だ

シグ「ここが宝島か

クルーク「全然宝島じゃないよ!;こんなところで何するって言うんだい!?;

シグ「ムシとりー♪」

クルーク「イヤだ!;ムシとか勘弁してよ!ボクはもう帰るからな!」

シグ「まてやコラ」ガシッ

クルーク「みんな聞いてくれ、今コイツは流れるような動きでボクの足に手をかけ
     地に叩きつけた後、マウントを奪い左手を首筋に当てている


シグ「ムシのどこがこわいの?こわくないよ?そばにおいで?

クルーク「キミだっていきなりゾンビがムーンウォークで襲いかかってきたら怖いだろ!?

シグ「怖い」ガクガクブルブル

クルーク「それと同じで、ボクもムシが怖いんだよ!オーケー!?;

シグ「うん、ごめんクソメガネ」

クルーク「……先が思いやられる…;」



アミティ「シグひどいな!;

アルル「深層心理だから仕方ないよ

りんご「それよか、ダメガネもよく耐えてますねー……」

ラフィーナ「ええ、私があんなコト言われたら片足タックルから
マウント奪って泣いて謝るまで拳を振りかざすかも知れませんわ


シェゾ「こいつはひどい

アミティ「ねえ、今考えてみたんだけどさ」

アルル「ん、何?」

アミティ「もういっそロケット●よろしく変装してあの二人の前に飛び出すのはどうかな

ラフィーナ「アミティさん、あなた天才ですわね

りんご「神算鬼謀すぎる!これからはアミティの時代ですねっ!

アルル「∑いやいやいや待ってよ!;間違い無くバレるじゃんソレ!

アミティ「大丈夫、バレたらシェゾを突き出せばいいから

アルル「それもそうだね

シェゾ「鬼畜!悪鬼羅刹ッ!;謝れ!平身低頭で謝れ!;頭を深々と垂れて!




クルーク「ねえシグ、キミはムシが好きなんだよね?」

シグ「すきすきだいすっき

クルーク「ムシのことを知りたいなら、図書館へ行けばいっぱい

シグ「何してるの!?早くプリサイス博物館へ向かおうっ!

クルーク「∑変貌した!今確実に変貌した!;

シグ「……メガネ」

クルーク「な、なんだい?;やっぱり図書館はやめにする?」

シグ「ちょっと代われ

クルーク「えっ?それってどういう

あやクル「ふぅ」

クルーク(魂)「早すぎるんだよ!;ウサイン・ボルトも真っ青だよッ!!(汗)

あやクル「久方ぶりだな、我が身体よ」

シグ「ヘンなメガネ、実はこれこれこういうわけで」

あやクル「…で、デート?デート…デート…デート…

シグ「?ヘンなメガネ?」

あやクル「ちょっと待ってくれ……今思い出すから…デート…?デーモンズハットの略か…?;

クルーク(魂)「∑知らなかったのかよ!;

あやクル「む、むぅ…そ、そうだ、こういう時のケータイというやつだ…!」カチャカチャ

シグ「???;」

あやクル「えっとだな…ネットというのは……これか?」カチッ プルルルル プルルルルル

クルーク(魂)「∑電話してどうする!?;

あやクル「はい、もしもし……警察ですか?はい、デートの意味を…ガチャッ ツーツーツー

シグ「いまのぼくにはりかいできない

あやクル「…最近の機械はよくわからぬ…」ショボーン

シグ「…まあ、ムシとりでもする?」

あやクル「うむ、するか…」





アミティ「( ;∀;) イイハナシダナー

アルル「あ、あやクルが機械音痴っていうのは聞いてたけど…まさかここまでとは…;

りんご「いい絵がとれましたよー!これでまたアップル商会がうるおいますよー!

アルル「ねえ、それ後でボクにも一枚頂戴!」

りんご「そういえばですね、徳川家康は三方が原の戦いに敗れた時、恐怖で漏らしたんですよ












アルル「∑えええええええ!?;なんで今そんな話するの!?

りんご「つまりですね!いくら今言い伝えになっていて偉い人でも所詮人間ということですよ!







あやクル「…このムシは私も初めて見るな、知らないムシだ」

シグ「みぎにおなじく」

あやクル「…フフ」

シグ「?どったのあやや?」

あやクル「あやや言うな。…こんなちっぽけな虫の世界でも、
数千年生きてきた私が知らないこともあるのだな…とな


シグ「なるほど」

あやクル「…世界はまだまだ広い。そういう意味では、
封印を解かれて本当に良かったと思っている…。
強欲ながら、まだまだ知りたいことがたくさんあるのでな


シグ「たとえば?」

あやクル「…そうだな、まずはこのケータイを使いこなせるようになりたい…

シグ「がんばろー」

あやクル「…フッ、そうだな」





アミティ「( ;∀;) 」

アルル「デートはできてるみたいだし、邪魔しちゃ悪いからここらでシーユーネクストタイム!」








終われ

コメント 2件

コメントはまだありません
ハルカ  
No title

こ・ん・ば・ん・は♪…っと、ハルカでっす!
シグとあやや様が…BLは苦手ですが、この二人は絵になりますぅ!この二人大好きでっす!私は、主に紫陽花組と、ヘンタイさん達(欲しがる人×2とあげようとする人×1…誰か分かりますよね?)と、前髪そろい子さんが好きです!
昨日、9時から部屋(レイさんが募集してたとこ)行ったんですけど、何回入ってもエラーになってました。なんでか分かります?それとも私のとこの通信状況が悪いだけ…?
あと、私もオリキャラ考え中でっす!気がむいたらアナログ絵ですが、るいちゃんねるに出すと思います。また気がむいたら見てみてくださいっ!
あと、ふと闇夜さんを見てて思ったんですが、レイさんはレティとかラグ(闇夜が好きなら分かるはず!デス)とかって出さないんですか?いやー私、あの人達けっこー好きなんでちょっと気になって…。あっ!だっ、出してほしいわけじゃないですからねっ!!本当にですよ!本当にレティラグとかいいなとかリティラヘもカワイイとか、おっ、思ってませんからねっっ!!

2011/09/08 (Thu) 20:26 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

紫陽花組はほんと絵になる。ヘンタイ組…あいつらですね、わかります。
エラーの原因はわかりません…。ただ、今日別の人とやった時はいたって快適でした。
レティとかラグは出さないって決めてます。(断言)
もしかすると黒シグとかは出すかもです。声違いは
1.いい加減闇夜さんとかぶりすぎて苦情がくる
2.書いてる方が混乱してくる
ということで今のところレティ達を出す気はありませんのですみません~。
何卒ご了承を。
ではっ!

2011/09/08 (Thu) 20:48 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ