ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「子供も大人もおねーさんもこんにちは!ぷよキューの時間だよ!」

アルル「前から思ってたことだけど、別にぷよキューって時間決まってないよね

りんご「それは『なんでマリオって落ちた後復活してるの?』
    と同じくらい言っちゃいけないことですよ


ラフィーナ「皆さん、毎日2回ペースでよく気力が続きますわね……;」

アミティ「ここのテーマは『うつ病は甘え』だからね!

シェゾ「∑とんでもないブラック会社だ!;

シグ「さいきんムシ関連の投稿が少ない…」

クルーク「ていうか、むしろ投稿自体が減ってきてるからね…;

アミティ「はいはーい!ネガティブにならない!そこから連鎖が始まるから!

まぐろ「あるある★」

アルル「それじゃ、元気にハッピー!ラッキークッキー!ぷよキュー始まるよ!

りんご「チャンネルはそのままでっ!
アミティ「えーと、今日は『アスカ』さんからの投稿です!」

アルル「アスカと言えばルカだよね

りんご「それはずいぶんこじつけじゃないですか?(汗)

アミティ「えーと、

シェゾ・サタン・エコロの3人の中で
一番のヘンタイは誰ですか?
調べてください!


……うーん、マジで一番ヘンタイじみてるのはサタンかな?」

りんご「いやいやー、エコロなんてエロロという世界最高に不名誉なあだ名が付けられたんですよ

アルル「シェゾのヘンタイ具合は公式だしねー、ちょっと前なんてパンツ一丁だったし

シェゾ「∑なんでお前そんな昔のこと鮮明に覚えてるんだよ!?

りんご「さて、どうやって調べましょうか」

シェゾ「オレの話を聞けぇええええええええ!!;

アミティ「あれだね、いつも通りストーカーしかないよね」

りんご「待った!」

アミティ「待ったはなしだと言っただろう!

りんご「∑知りませんよそんなこと!;いいですか!?いくなんでも最近ストりすぎです!

アルル「気に入ったみたいだね、あの言い回し

アミティ「しっくりきたんだろうね

りんご「ここは少し変わった方法でいくべきです!」

ラフィーナ「ふむ、一理ありますわね」

アルル「でも、例えばどんな?」

りんご「……」

アルル「……」

りんご「……」

アルル「……;

りんご「……」

アルル「そ、そういうの考えてから言ってくれない?;

りんご「……ボイスレコーダーを持たせる?

アルル「∑時間かけて悩んだ割には非常に地味な結論だ!;

シェゾ「あのなー!;何度も言ってるが、オレはヘンタイでは

アミティ「はい、ボイスレコーダー!明日一日これを持っててね!

シェゾ「∑お前らオレの話聞く気無いだろ!;

りんご「こっちの方が楽ですよねー、エコロにも渡してきますっ!いってきマングースVSハブ!

アミティ「これは斬新な挨拶だ!;いってらっしゃイスタンブールパーク!

アルル「何?;最近のトレンドは言葉遊びなの?」

ラフィーナ「知りませんでしたの?昨日のテレビで
『今言葉遊びがアツい!』って熱狂的に紹介してましたわ


アルル「今のはプリンプ広場で暮らしているボクへのあてつけと判断したよ

ラフィーナ「そのような事実は認められておりません

アルル「じゃ、ボクもサタンに渡してくるよっ!いってきマイティーネクスト!

ラフィーナ「いってらっしゃインテリアパネル!ですわ!





りんご「探すよ探すよサーチサーチ!全力凝視!細心注意!
    ナーバス状態フィーバー状態SAGASU!SAGASU!さーっがっーっすー♪」

りんご「って、歌ってる場合じゃなかった…;探すときに限ってエコロいませんねー」

りんご「……こうなったら、あの魔導師の手を使いますか」

りんご「すぅ…エコロ!おまえが欲しい!


ダダダッ

ザジャァ




エコロ「大声で恥ずかしいことを叫ぶのはやめてぇぇぇぇっ!!;

りんご「すごい!マジで来た!この感動を明日学会で発表しましょう!

エコロ「∑話が読めない!;ボクに何か用!?;

りんご「実は、これこれこういうわけでコレを持ってて欲しいんですよ」

エコロ「…うーん、いやだと言ったら?」

りんご「あなたはこれから生涯ドロップスでハッカ味しか出なくなります

エコロ「これほどまでに陰湿な呪いがあっただろうか

りんご「で!?やるのか!?やらんのか!?

エコロ「やらなきゃ…やられるっ!というわけでそれを預からせてもらうよー」




アルル「サタンー!サーターンー!…いないなぁ……;」

アルル「いつも来て欲しくない時にはいるのにいて欲しいときに限って…これがミッフィーの法則か

カーバンクル「ぐーぐーぐ…;」

アルル「うーん……よし、アレでいこうかな」

アルル「サタン、好きだ!結婚して!


バサバサッ ズジャア


サタン「朱肉はこっちだ!

アルル「うわ、まさかとは思ったけどホントにきた……;フクザツな気分だよ

サタン「結婚式はどこであげる!?アルルの好きな場所でいいぞー♪」

アルル「サタン、ボクのお願い聞いてくれる?」

サタン「よし聞こう!お前のためならたとえ火の中水の中草の中スカートの中!

アルル「これを持っていて欲しいんだ」

サタン「………アルル!;いくらなんでもレベルが高すぎないか!?

アルル「∑なんかものすごい勘違いされた気がする!;

サタン「わ、わかった!アルルが望むというのなら…いややっぱりいきなりダメだ!;

アルル「実はこれこれこういうわけなんだ、キミのことがスキっていうのは嘘だよ

サタン「ふふっ、そう照れなくてもいいんだぞ♪だが、そういう理由なら持ちたくないな」

アルル「もし断ればこれからキミが炊く米は全て水っぽくなるよ

サタン「なんて陰湿なやり口なんだ!;わかった、それを持っていよう!」

アルル「うんうん、そういう理解が早いところはキライじゃないよ♪」

サタン「ハッピーィィィィィィッ!!

アルル「うう…こういうことはなんか軽い女みたいでやりたくなかったなぁ…;」





りんご「ただいマンボウが死んでるー!とりあえず渡せました!」

アミティ「おかえり、このセリフだけ聞くと告白後みたいな感じだね

りんご「勘弁して下さいよ

アルル「ただいマウスピース、こっちも渡せたよー」

アミティ「これで明後日返してもらったら、誰が一番ヘンタイかわかるはずだよね!

りんご「なんですか、そのちょっと含んだ言い方は

ラフィーナ「じゃ、とりあえず今日は解散でよろしくて?」

アミティ「うん、みんなお疲れーっ!」







シェゾ「ほら、預っていたボイスレコーダーだ

サタン「これは私の分だ」

エコロ「そしてこれはクリリンの分ー!

アミティ「ん、ありがとー!今日はもう帰っていいよー!

「「「ひどっ!!;」」」




アミティ「じゃ、まずシェゾから聞いてみようか」

アルル「ポップコーンウマー」モグモグ

りんご「こやつめ、今から映画見る気分ですよ

アミティ「再生っと…」




シェゾ「ふぅ、今日もいい天気だ………」

ルルー「今日は雨なのに何言ってるのかしらこのヘンタイ

シェゾ「∑今の発言にヘンタイらしき所はなかっただろ!?;

ルルー「甘い!市販で売ってるマシュマロくらい甘い!貴方の存在自体がヘンタイなのよ!

シェゾ「なんだとこの筋肉ダルマ!」

ルルー「誰がワガママで自意識過剰で魔法を使えないの~みそぷーな肉のカタマリなのよ!

シェゾ「そのセリフはツッコミどころが多すぎる!;とりあえず自覚あったのかよ!

ルルー「何!?やる気!?」

シェゾ「おっ?オレとやる気か?この神をも汚す華やかなる

ルルー「パワーストライク!

シェゾ「がはっ!;おい!名乗りの時は攻撃しないって教わらなかったのか!?;

ルルー「教わってないわよそんな意味不明な理屈!;私はサタン様に会いたいの!どきなさい!

シェゾ「どく!どくからタップするな!;ギブギブギブギブ!;

ルルー「はっ!こんなことしてる場合じゃなかったわっ!今日はサタン様が家にいらっしゃるのよ!

シェゾ「や、やっと開放された……;」

ルルー「ではヘンタイ、ごめんあそばせーっ!」ダダダダッ

シェゾ「ヘンタイって言うな……っていねえ…;

シェゾ「…嵐のような女だぜ…;




シェゾ「こんな雨の日は洞窟の中でゆっくりするに限るな…」

ガラガラガラッ

ゴスッ  ガンッ  ゴンッ

ドドドド




シェゾ「∑なんだなんだなんだ!?;いきなり天井が崩れたぞオイ!

りすくま「おや、人がいたのか。これは失礼」

シェゾ「黙れかわいい小動物!;環境破壊反対だ!

りすくま「こんな雨の日はこういう暗い場所で実験をするに限る…

シェゾ「そんなことしてるのはまず間違いなくお前だけだっ!;

りすくま「のー?」

シェゾ「許すか!そんな可愛く小首をかしげても許すかっ!;出てけ!しっしっ!!

りすくま「押すな押すな

シェゾ「って重っ!!;お前重すぎだろ!;押しても全然進まねえ!

りすくま「のー」

シェゾ「そんな『ガーン!』みたいな表情しても全然可愛くないっ!;ほら、お帰りはこちらです!

りすくま「……あんがー…」

シェゾ「な、なんだ?」

りすくま「どどどどどど」

シェゾ「こ、これはなんかマズイ予感がするっ!;落ち着け名も知らぬクマ!;

りすくま「どっかーん」

シェゾ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁっ!!;





シェゾ「…いてて…;全く、人を簡単に吹っ飛ばしやがって…一般人なら全身複雑骨折ものだぞ

シェゾ「ここは……ラクティ街道か?;ずいぶん飛ばされたな…

ラフィーナ「あら……えーと、シェンタイさん?

シェゾ「∑今非常に外国人っぽいサイケデリックなあだ名をつけられたぞ!;

ラフィーナ「あ、ご、ごめんなさい!ヘンゾさんでしたっけ!?

シェゾ「∑お前絶対わざとだろ!?シェゾだ!;シェゾ!

ラフィーナ「シェゾ…わかりましたわ、ヘンタイさん

シェゾ「わかってねえ!何一つわかってねえよお前!;

ラフィーナ「え、シェゾさんって『シェゾ・ヘンタイ』って名前なんじゃ…

シェゾ「なんだよその根も葉も土もないウワサ!;オレはシェゾ・ウィグィィだ!

ラフィーナ「ごめんあそばせ、今日はシグと買い物に行く約束をしてますの!ごきげんよう」

シェゾ「くそっ!お前にお気に入りの服の袖がちぎれる呪いをかけてやるぅぅっ!!」ダッ

ラフィーナ「やめてっ!;私この服とても気に入ってますの!最後にそんな呪いかけないで!




シェゾ「と、まあ、こんな調子だ」

アミティ「な、なんて理不尽な…;

アルル「なんか理不尽にヘンタイヘンタイ言われてる感じだね…;

シェゾ「わかってくれたか!?;オレはいつもこんな扱いを受けているのだ!

りんご「まあ、実際ヘンタイなんですけどね」

シェゾ「ヘンタイじゃないって言ってるだろ!;オレはただアルルが欲しいだけだ!

アルル「ここまでくると、むしろ清々しい物があるね

アミティ「人のことはわかっても自分のことはわからないもんだね

りんご「えーっと、次は二本のツノがクールなサタン様!聞かせてください!

サタン「…別にいいが」




サタン「うー♪カーバンクルちゃん着ぐるみを着てカーバンクルちゃんベッドで寝る至福のとき♪

サタン「こんな時は、アルルとの生活を妄想するに限る…♪

サタン「新妻のアルルがいて、エプロンなんかをつけて鼻歌交じりに私への料理を作ってくれて…

サタン「『サタン、ご飯できたよ!』『おいおい、サタンじゃないだろう?…あなた、だろう?』
『えっ…じゃ、じゃあちょっと恥ずかしいけど…あ、ア・ナ・タ♪』うおおおおおおおおっ!!



ピーンポーン



キキーモラ「サタン様」

サタン「そして、『おいしいぞ、アルル』と言ってやると顔を真っ赤にして照れるのだ!それから

キキーモラ「サタン様!」

サタン「それから『好きだよ、あなた』『私もだ、アルル』となって!そのまま

キキーモラ「サタンッ!!!

サタン「どわぁぁぁぁあああっ!!;な、なんだ…キキーモラか」

キキーモラ「サタン様、来客です」

サタン「うるさい!今、アルルとの新婚生活の妄想に忙しいのだ!帰らせろ!

キキーモラ「わかりました、じゃあアルルさんにそう言っておきますね


ズコー



キキーモラ「おお、見事なズッコケ

サタン「き、来てるのはアルルなのか!?;

キキーモラ「左様でございます」

サタン「わ、わかった、通せ





アルル「やっほー!ここがラスダン?」

サタン「人の城をラスダン呼ばわりするな!;アルル!よく来たな!上がってくれ!

アルル「違うんだ、実はサタンに渡したいものがあって」トン

サタン「こ…これは…プレゼント箱!

アルル「じゃ、じゃーねっ!」ピュー

キキーモラ「あっ、もうお帰りになられるので!?…行っちゃいました

サタン「…ククク…フハハハハハハ!!

キキーモラ「ああ、ついに壊れちゃいましたか…」

サタン「私は正気だっ!あれだけ逃げるように去っていくということはズバリ!告白の手紙だ!

キキーモラ「あっ、なるほど!アルルさんの気持ちはともかく条件はあいますね

サタン「ふふ、アルルも可愛いやつめ♪直接渡すのが恥ずかしいから手紙でくるとは♪」ガタッ


ビロビロビロー



サタン「バアアアアアアアアアア!!!;;;」




サタン「びっっっびっびっびびっくりした!;びっくり箱か!(汗)

キキーモラ「ざまあな…残念でしたね、サタン様」

サタン「ふ、アルルのこんなおちゃめなところも可愛い…♪
ていうかお前今ひどいこと言おうとしなかったか?





サタン「だいたいこんな感じだ

りんご「一生ツッコミに困らなそうな莫大なツッコミ所があるんですがどうしましょう

アミティ「まあ、シェゾよりはどう考えてもヘンタイだね

サタン「なっ!;それはないだろう!シェゾを超えるヘンタイなぞこの世に存在するわけがない!

シェゾ「∑オレの扱いひどすぎだろ!お前にとってオレってなんだ!はっきりその口で答えやがれ!

サタン「…アスパラの筋>シェゾ

シェゾ「最悪だ!;これほどの暴言は初めてだぞ!;

りんご「それ以上アスパラの筋さんをよってたかっていじめると私が許しませんよッ!

アミティ「そうだよっ!アスパラの筋をシェゾ扱いするなんて許せない!

シェゾ「お前らおかしいだろ!;それだとアスパラの筋を擁護してるみたいぞ!;

アルル「エロロ、そのボイスレコーダーを渡してくれるかな?」

エコロ「流れるような動きで暴言吐くのホントやめてくれない?;

アルル「ぽちっと」

エコロ「スラれたぁぁぁぁっ!!;さりげなく自然に緩やかに美しくレコーダースラれたぁぁ!!




エコロ「おや、あそこに見えるはリデルちゃんかな?おーい!」

リデル「…えっと、エコロさん…でしたっけ?」

エコロ「突然だけど、キミは何が欲しいかなー?

リデル「えっ?えっ?…えと、背が大きくなりたいです」

エコロ「よーしほいきたどんどん!じゃ、背を大きくしてあげるからちょっとそこに寝転がって!

リデル「な、何をするんですか?」

エコロ「ちょっと胸を触って成長促進のチカラを分け与えるだけだから!

リデル「変態ですこの人!!;きゃぁぁぁぁぁっ!!」ダダダッ

エコロ「∑待ってよ誤解だよ!;カタカナじゃない所にリアルを感じる!;

フェーリ「何々!?どうしたの!?」ダダダッ

エコロ「誤解だって!ボクはただリデルちゃんの胸を触って

フェーリ「変態だわこいつ!!;おまわりさんっ!

エコロ「∑しまった!;悪化した!誤解だって!

フェーリ「ご、5回も…!?;信じられない…!おまわりさぁぁぁぁんっ!」ダダダッ

エコロ「畜生ッ!;逃げろミソラさん!」ダダダッ







エコロ「ふ、ふぅ…ここまで逃げればいいかな」

ルルー「ああ、サタン様…あなたはどうしてサタン様なの…?

エコロ「おや、あんな所に綺麗なお姉さんがっ!ねえねえ、そこのキミー」

ルルー「あらぁ?何かしら、この不思議な影は…」

エコロ「突然だけど、なにか欲しい物はない?

ルルー「そうねぇ…サタン様をもらえたら幸せでしょうねぇ……♪

エコロ「わかった、サタン様だね!明日、綺麗に梱包してキミの所に届けるよー♪

ルルー「DEATH」ゴッ

エコロ「危なっ!?;ちょ、いきなり何するの!?

ルルー「この変態!サタン様に触れるものは何人ともユルサナイキキキケケケケケココk


ピー ザザザッ ザーーーー




「「「ようヘンタイ」」」




終われ



結論:プリンプやべえ




コメント 5件

コメントはまだありません
ブロン  
No title

エコロ可愛いよー。
みんなが要らないというなら
私がもらってやりまするよ!(何
・・・失礼いたしました。
えー、この3人ってなんかいいですよね。
投稿された方は神(え

2011/09/11 (Sun) 14:00 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
No title

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーーーん!!!
ヘンタイ大好き!!ヒャッホウウウ!もう私の中ではりんちゃん(りんご)もヘンタイです!私の中でのヘンタイさん達…りんちゃん・ウィッチ・シェゾ・サタン・まぐろ・レムレス・エロロあたりです!エコロも好きです!りんちゃんのセリフに吹きました。『エコロ!おまえが欲しい!』こういうセリフ大好きなんですよぉ!『あなたが欲しい! ですわ。』も大好きだし、昔にシェゾが言ってた『おまえの全てを俺にくれ』も好きです!言われたら、あげちゃいますぅ!…と暴走してました。今回のリクエストしてくれた方に感謝でっす!
see you again!

2011/09/11 (Sun) 17:19 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

>ブロンさん
この3人いいですよね。後半グダりましたが書いてて楽しかったです。

>ハルカさん
お前のすべてを俺にくれ…SUNですね。
ていうかあれはどう解釈しても魔力のことに聞こえない。
まぐろもヘンタイっすかwwww

では!

2011/09/11 (Sun) 19:24 | 編集 | 返信 |   
ハルカ  
No title

おいっす!
なぜか部屋に入るとエラー(エラーコード、応答なし…とか)になっちゃいます。…なぜなんでしょう?あっ!わいふぁいのエラーコードってなんかの説明書にのってた気がする!探してみます!
コメント返し!
はい!まぐろくんもヘンタイです!でも、ほかのひとは変態…ですが、まぐろくんは変体です!そう!変な体質(?)…美顔ビームを出すからヘンタイのくくりにいるのでっす!ぷよSUNはウィッチ(アルルストーリー参照)、シェウィ(シェゾストーリー参照)がおもしろいので好きです!あと、毒舌アルルもね☆(やったことないですが)
と、いうことでわいふぁいでぷよれない理由をさっさと発見して、今度こそ一緒にぷよりましょーう!!
see you again!

2011/09/11 (Sun) 20:30 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

どうしてこうなった…。時間が悪いのだろうか。
参考までに、他の人とやってた時は、電子レンジかなんかを使ってたら
エラーが多発したと言っていました。電子機器に関係あるのだろうか。

変体……その発想はなかった…。
では!

2011/09/11 (Sun) 20:39 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ