ぷよぷよアンサー★キュー!

アミティ「ウーイエ!

アルル「いきなりどうした!;

りんご「人間、時には意味もなく叫びたくなる時もあるんですよ……

アルル「えっ、何いきなりシリアスな話を展開しようとしてるの?;

シェゾ「……」

ラフィーナ「……」

アルル「ねえ、なんでみんなも押し黙ってるの!?;そういう話じゃねえからこれ!;

りんご「ところで話は変わりますが、シグの様子がなんかおかしくありませんか?」

アミティ「BBBBBBB!!

アルル「∑本当にさっきから何言ってるの!?;

シグ「……ふぅ…人生ってなんだろう

まぐろ「本当にどうしたの★

クルーク「…この雰囲気、まさか黒シグ!?

アミティ「え?何言ってるの?どこからどう見ても至って普通のシグだけど

アルル「そのメガネの度、合ってないんじゃない?

りんご「たまには床屋さんに行ったほうがいいですよ

クルーク「チクショオオオオオオオオ!!;

シグ「最近これといって出番がない…」

アミティ「あー、そういえば最近シグ空気気味だったねー…;

アミティ「今日は安定の『ハルカ』さんから!」

アルル「もうチャンピオンレベルの投稿回数だね」

りんご「サウザーくらいは強くなったんじゃないでしょうか」

クルーク「キミ達さっきから何言ってるの?;」

アミティ「えーと、

おいっす!今回も応援しにきたよ。まず、応援。ルナさんのいじられキャラが定
着してきてるよね。面白いよ。私、Sだから(黒笑)。あとー…小話のアミティの入
り方(みなさん、●●をします。…みたいな。)が好きだよ。
で、リクエスト。
・・・・・・この前私のリクエストでやらなかった、『ぷよキューメンバーで、
シェゾはシェリーで、クルールはあやクルで、命令拒否無し!!ムチャぶり☆王
様ゲーム』をやってほしい!もームチャクチャな命令しちゃってOK!!あっスタ
ッフも入れてね!
また長くてゴメン。


……はぁっ…はぁっ…!!;」

アルル「おー、息切れしてる息切れしてる」

りんご「とりあえず『クルール』って誰やねん!;

クルーク「ああ…とうとう名前も間違えられるほどに…!;

アミティ「ようクルール

りんご「クルール、落ち込まないでください。どうせこの世はホジャラカホイホイです

アルル「クルール、早くあやクルに身体を渡してよ

クルーク「ほら見ろォォォォ!!;ネスレ・ミロ!;ちょっとでも間違えると常にこうなるんだよ!

シェゾ「今さりげなくオレの強制女装指令が書かれてなかったか?;

アルル「はいはい、シェゾはあっちで着替える!」ズイズイ

シェゾ「断る!;闇の魔導師が何度も女装なんてしてたまるかァッ!!;

アルル「やらなければキミはこの先毎日グロい夢を見るよ

シェゾ「なんて陰湿な呪いなんだ!;やるからそんな地味にハートが傷つくのはやめてくれ!

シグ「ていうか、前から思ってたけど
   ヘンなメガネに乗り移られたくないならその本燃やせば?


クルーク「それが、燃やしても海に沈めても埋めても破っても翌日元に戻ってるんだ

シグ「なにそれこわい

あやクル「ふぅ」

クルーク(魂)「もはや一日で魂状態でいる時間のほうが長くなってきたんだけど

アミティ「それが世界の選択だよ」

クルーク(魂)「最悪すぎるよ!;ボクは人間だぞ!

アルル「黙れ小僧!お前があやクルを超えられるか!?

クルーク(魂)「わからぬ!だがともに生きることはできる!

あやクル「いや、私はお前と共に生きるとか冗談でも笑えないのだが

クルーク(魂)「そこは『クルーク…!』みたいに感動してくれよ!;

アミティ「さて、王様ゲームという名の欲望のデスマッチを開催しようか…」






アミティ「というわけで……ここに人数分のくじがあります

アルル「うう、ドキドキするなぁ…」

りんご「なんせここの奴ら、ガチですからね

ラフィーナ「あなた含めてね

アミティ「じゃ、はじめようか!」


「「「王様だーれだっ!!」」」


アルル「私だ」

アミティ「前から思ってたけど、王様になったら『私だ』っていうのがルールなの?;

りんご「そうです、トランプ放り投げる時『イッサッサー』っていうくらいルールです

アルル「えーっと、じゃあ7番が1番にローキックをかます!全力でね!

りんご「こいつはひどい

ラフィーナ「あ、7番ですわ」

あやクル「…1番だ


「「「これはまずい!!!;」」」


ユウ「これはなんだか色々まずい気がする!;

あやクル「…む、まあ命令だし仕方ないか……」

ラフィーナ「え、ええええ!?;私にあやクルを蹴れと!?

アルル「うん、そりゃもう全力で!」

アミティ「おいアルル!キミはそれでも人間かっ!あやクルに手を出すなんて!

りんご「まったくですっ!だから貴方はフィバになってもツモが2しかないんですよ!時代遅れ!

アルル「∑ちょっとだけ気にしてたのに!;ていうかボクは何も悪くないよね!?

ラフィーナ「じゃ、じゃあちょっと蹴るくらいで…」

アルル「もうそれでいいよ、これ以上なんか言うと後ろのレイくんに殺られそうな気がする

レイ「……賢明な判断」

ラフィーナ「じゃ、じゃあ……えいっ」トスッ

あやクル「…………」

ラフィーナ「………」

あやクル「…………」

ラフィーナ「…………」



アミティ「ねえ、もう泣いていいかな

アルル「言うな、ボクだってくじけそうなんだ

「「「王様だーれだっ!!」」」


シグ「私だ」

アミティ「げっ、シグ!;

りんご「シグの思考回路は謎に満ちてますからねー…;どうなるやら」

シグ「えーと、じゃあ4番が4番と口喧嘩する

りんご「やっぱり意味がわからなかった

シェリー「む、四番だ


シェリー「……really?」

アミティ「はい」

シェリー「はァァァァァ!?;マジで己と口喧嘩しろと!?;どうやれって言うんだよ!

アルル「こうさ、『バーカ!』『なんだとボケ!』みたいなことを一人でいうわけだよ

シェリー「ふざけんなよ!;女装した闇の魔導師が一人口喧嘩とか最悪の光景だ!

りんご「早くしないと紙くずをゴミ箱に投げても必ず外す呪いをかけますよ

シェリー「∑お前は最近おかしいんだよ!;でもちょっと凹むから嫌だ!;



シェリー「このヘンタイ野郎!

シェリー「なんだと!ヘンタイっていうほうがヘンタイなんだぞ!

シェリー「じゃあお前も今言ったじゃねえか!」




アミティ「楽しそうで何よりだよ

アルル「オーケーアミティの頭かボクの耳が狂っているというのはよくわかったよ

りんご「……果たしてそうでしょうか」

アルル「え?;」

りんご「彼から見たら…私たちの方が狂っているのかも知れません

アルル「あいつ、ゴジラかなんかなの?





「「「王様だーれだっ!!」」」




まぐろ「私だ

アミティ「げげっ、人の嫌がることを考えるのは天才的なまぐろくん!

りんご「まぐろくんは全てにおいて天才!それがたとえ人の嫌がることであっても!

まぐろ「それじゃ、6番と3番が下ネタオンリーで漫才をする★

りんご「最悪すぎた

シグ「6ばーん

あやクル「3番だな

りんご「最悪すぎた

アミティ「ま、まぐろくん…;これはさすがにちょっとまずくない…;」

シグ「シモネタって何?新しいムシ?

あやクル「ん…む……ぁぅぅ…」

まぐろ「撤回はしないよ★

アミティ「はっきり言おう、気に入らんな

まぐろ「どうも。気休めかもしれませんが、大佐なら上手くやれますよ!



あやクル「あ、あややです!」

シグ「あやクルだろー
」ビシッ

あやクル「痛っ!OOOOOOOOOOOOUTH!!;左手はやめろ左手は!;

シグ「ごめん、だいじょうぶー?」

あやクル「何か踏んだと思ったら犬の糞だった時くらい大丈夫……」バタッ

シグ「…………;」


「「「……………;」」」




あやクル「すまん、ちょっと旅に出てくる

アミティ「ああっ!;あやクル!面白かった!面白かったよ!?;

アルル「そんな今にも自殺しそうな哀愁を引き連れてどこへ行くつもり!?






アミティ「…ふぅ…ふぅ…;も、もう二時間くらいはやったよね?;

アルル「りんごにくだされた『次当たるまで円周率を言い続ける』の命令は半端なかったね…;

りんご「8230301952 0353018529…あははははははは

アミティ「じゃ、そろそろ最後にしようか…;」

「「「王様だーれだっ!!」」」



ユウ「私だ」

アルル「む、最後はユウちゃんかー…ちょっと読めないね」

ユウ「じゃ、じゃあ1番と10番の人が一番自信のないモノマネをやる!




レイ「あ、10番」

アルル「1番だ!」




(((り…リアクションしにくい!;)))






終われ

最後のほうぐだった



コメント 2件

コメントはまだありません
ハルカ  
No title

こ・ん・に・ち・は♪
ク…クルール…素で間違えた…。くっ…(笑)よし!これからはクルールって呼びまっす!シェリー、シェリー♪あやや、あやや♪
ヘイ!今からぷよれるかい?今回はテレビを消してのチャレンジだよ!!そのかわり7時半までだけどね♪おkだったらよろしく!…デス。
see you again!

2011/09/12 (Mon) 18:27 | 編集 | 返信 |   
レイ  
No title

コメントありがとうございます!

クルールェ……
先役がいるのでちょっとだけならぷよれます。
って、7時半…過ぎた?;
では!

2011/09/12 (Mon) 19:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ