ぷよぷよアンサー★キュー!

クルーク「さぁ…!シャドーダークネス!我に力を…!シルバームーン!魔力(マナ)をうんたら…

アミティ「クルークが厨二病こじらせた

アルル「厨二病の定義ってなんなんだろうね」

りんご「少なくとも、今のヤツは紛れもなく厨二病ですね

アルル「…あり?アミティ、服変えた?」

アミティ「あっ、気づいた?えへへ、ちょっと早いけど衣替えー!」

アルル「ちょっと所じゃない気がするけどスルーしておこう

りんご「はーっ、でも馬子にも衣装ですねー」

アルル「馬子っていうか、馬鹿だけどね

アミティ「泣いてない、断じてあたしは泣いてない

ラフィーナ「あの、そろそろぷよキューの方を……;

シェゾ「最近投稿少ないしな、もうちょっとペース上げろよ」

シグ「これいじょうあげたら色々とヤバイことになる

アミティ「と、いうわけで!ぷよキュー始まるよ!

アルル「BGMはベストウイッシュのカオス回の軽快なアレで!

りんご「いや、わかる人いないから

アミティ「えーと、今日は『あかりんごましおぼー』さんからっ!」

アルル「ごま塩?;

りんご「待ってくれ、私たちは盛大な勘違いをしていたようだ……

シェゾ「どういうことだリンバヤシ!?

りんご「そこはリバヤシで。…まず、『ごましおぼー』の部分…『ごま塩』といえば、白黒」

アミティ「ご、ゴクリ…」

りんご「白黒といえば、今はポケットモンスター……そして『ぼー』の部分…

アルル「こ、こくり…

シェゾ「寝るなよ

りんご「『ぼー』を『ボウ』に直してみると、『ボウ』とは『蝶結び』の意味を持つ…

クルーク「つ、つまり……!?」

りんご「『白黒』に『蝶結び』…『蝶結び』が『絡まる』ということを意味しているのだとすれば!

アルル「す、すれば!?」

りんご「『ポケットモンスターベストウイッシュの1時間SP前に
     列車事故が起き、また放送が中止され話がこんがらがる

     という警告だったんだよーーーーー!!!」

「「「な…なんだってーーー!!」」」


アミティ「…いや、さすがに今回はこじつけだったね…;

アルル「まあ、それでもなんとかまとめられたのは評価するよ」

りんご「はいはい、じゃあ本文行きますか!

討論会第3回!!
テーマは、
「夏に厚着で踊る」か、
「冬に水着で踊る」
かです!

どっちもしないという選択肢はないのだろうかこいつには


アミティ「あっ!;どさくさに紛れて読む枠取られた!最近はあたしが読んでたのにっ!;

りんご「甘いっ!ブルーベリーアイより甘い!

アミティ「∑それあんまり甘くなくない!?

りんご「この世は弱肉強食!弱い肉を強くしてから食べる!
    これが基本でありグローバルスタンダードなんです!


アルル「∑意味違うしさっきの行動と全然関係ない!;

りんご「黙ってオレについてこいっ!あの果てしない男坂をよ!

アミティ「先生!りんごの脳波が乱れていますッ!!先生ーッ!

アルル「えっ、先生役ボク!?と、とりあえず落ち着いて…」

アミティ「先生ッ!患者の熱が39度です!

アルル「うるさい!並べ!団体行動見だすなァッ!

りんご「男女男男女男女ッ!フゥッフゥー!!

アミティ「しまった、悪化した!;ねえアルル、そろそろ落ち着かせないとフリーダムだよ!

アルル「今刺激してはまずい!精神安定剤を入れろ!眠らせるんだ!

ラフィーナ「40、50,60,70,80,90…ミュウツー、脳波正常に戻りつつあります

りんご「うっ…これは…トリクロロ…」バタンッ

ラフィーナ「脳波正常。ミュウツー、眠りに入りました

アミティ「永遠のね

アルル「さて、とんでもなく話がそれたけど、夏に厚着で踊るか冬に水着で踊るか」

シェゾ「さて、プリンプにはこんな言葉がある

アルル「そんな言葉は間違いなくないから安心して

シェゾ「まだ何も言ってねえよ!;…
寒さは服を着こめば防げるが、熱さは服を脱いでも防げない』」

りんご「結構いい言葉ですが割とマジで聞いたことがないんですが

アミティ「りんご復活早っ!?;

りんご「ほら、私残機制ですから

アミティ「ごめん、ちょっと意味が分からない

りんご「私は夏に厚着がいいかなー、寒いのよりはマシな気がします」

アミティ「そう?あたしは夏に厚着がいいと思うけど

アルル「いやいや、夏に厚着しか無いでしょ

ラフィーナ「皆さん、ここは夏に厚着でしょう?

シェゾ「ちょっと待てコラ

りんご「はい終了!閉店ガラガラー!」

シェゾ「待てって言ってんだよ!;なんだよそれ!真面目に議論しろよ!

アルル「いや、だってさ、普通そういう経験なくない?;」

シェゾ「オレはあるが

りんご「その報告はしなくていいです

アルル「いいこと言った!すごいいいこと言ったよ!今りんご輝いてるよ!進化できるよ!

りんご「マジ!?BBBBBBBB!!

シェゾ「ああもう…;こいつらはいいや、男性陣で何とかしよう

まぐろ「ボクは冬に水着かな★」

シェゾ「ふむ、その心は?」

まぐろ「暖房をつけちゃいけないとは書いてないからね★

クルーク「そう来たか!;

シェゾ「オレは夏に厚着だな、水着は似合わん」

クルーク「ボクは冬に薄着かな、厚着で踊るのもなんだかね」

シェゾ「そういえば、お前は自称『プリンプで一番踊れる』ヤツだったか?

クルーク「なんで知ってるの!?;それキミに教えた覚えはないんだけど!

シェゾ「そりゃ、ダメガネ辞て……いや、なんでもない

クルーク「その話、あとでボッキリ詳しく聞かせてもらおうか

シグ「冬はムシが少ないから夏以外ありえない

クルーク「シグはなんなの?ムシの大群に命を救われでもしたの?

シグ「ムシのよさがわからないとかさすがダメガネ

クルーク「わからないよ!;日本人の8割はわからないよ!;



アミティ「アルルー、喉乾いたー」

アルル「かっわいたー♪叫びがー♪

アミティ「くじけそうなー♪胸を突き刺すー♪

アルル「キミをー誘ってー♪世界をみたいなー♪

アミティ「歌わすな!;喉乾いてるって言ってるでしょ!?;

アルル「ポン酢でも一気飲みしてればいいよ

アミティ「ごめんなさいでした、水を恵んでください」ドゲザァ

りんご「わかりました、はいヤクルト」

アミティ「ん、ありがと…ってなんでヤクルト?;しかも蓋開いてるんだけど

りんご「気のせいです、目の錯覚です、天使じゃありません

アミティ「い、嫌な予感がするからいいや…;」

アルル「あっ、出されたものはちゃんと飲む!食い物飲み物を粗末にしない!」

アミティ「ごめん、ヤクルトは医者に止められてて…

アルル「それなら仕方ないね

りんご「あー…なんか今日はぷよキューらしからぬだらだら感ですねー」

アミティ「ね、もしもぷよぷよがさ」

りんご「ふむ?」

アミティ「ゼリーだったらどうする?

りんご「いや、どうするって言われても

アミティ「赤ぷよは苺味かな?」

アルル「………」

アミティ「あたしの帽子じっと見るのやめてくれない?;食べないでね?;死ぬからね!?;

アルル「じゃ、緑ぷよってなんだろう」

アミティ「うーん…メロンとか?」

アルル「…………」じー

りんご「なぜ私の髪留めをじっと見るのですか?;食べないでね?
これインフルエンザにかかった鶏の肉よりヤバイシロモノですからね?;


アミティ「あっ…」

りんご「ん?」

アミティ「りんごってさ」

りんご「美味しくないからね

アミティ「おいしそ…くはないね

りんご「………(汗)」

アミティ「惜しいけどね……

アルル「センスはいいよね…



シェゾ「そもそもだな、踊るということは自然に疲労することになる

まぐろ「汗で濡れた状態で冬はマジでヤバイ★

シグ「実はカブトムシとかの昆虫には痛覚がなく、痛みなんて完全に消しちゃえるんだと言いたいところだけど、末梢組織・神経と脊髄以上の上位中枢がある場合人間で言う所の『痛み』は感じてしまう。しかしそれにより苦痛が来るかといえば

クルーク「おーい、帰ってこーい

シェゾ「――――で、――――だから

まぐろ「――は、――なら―――になるんじゃないかな★

クルーク「…し、シーユーネクスト・タイム……。」





終われ


なんというかもう…もう…

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ